CEO BLOG

社長ブログ

商号変更のお知らせ〜社名・ロゴの変更および経営理念の再構築

昨日2016年10月24日をもちまして、(旧社名)株式会社キュービックホールディングスは、(新社名)株式会社キュービックに商号を変更させていただきましたことをここにご報告させていただきます。

「キュービック」という社名のコアには、顧客・ユーザー・メンバーの3者と全て同じ距離で「ヒト」として向き合い続ける会社であり続けたいという意志が込められています。「クライアント」「ユーザー」など「集」を表す言葉に向かうのではなく、そこに存在する一人の「ヒト」に向かうことを何より大事にしています。

また、高さ(成果軸)だけでない、タテ(将来価値)やヨコ(巻き込む範囲)を含む3方向への立体的な(キュービクな)成長は、会社としての成長哲学にもなっており、メンバーの評価軸としても明確になっているものです。

なお、新社名「キュービック」は英文表記ではCUEBIC.Incとなります。

「CUE」は英語で「キッカケ」を表します。私たちの市場におけるバリューは、デジタルマーケティングの技術を用い、

・クライアントにとっては「新規顧客獲得」
・インターネットユーザーにとっては「購買やサービス利用の意思決定の背中を押す」

という「キッカケ」を生み出すことです。

コーポレートミッション「ヒト・オリエンテッドなデジタルマーケティングでみんなの明日が変わるキッカケを生み出し続ける」を改めて宣言するにあたり、社名のつづりに変更を施しました。

加えて社名の「BIC」はもともとはbigから来ている英語の方言と言われており、「外見だけでなく中身も伴った大きさ」を表しています。

logo_01

一筆書きで描かれたシンプルなキューブ(立方体)の新しいロゴマークは、終着点に向かってコーポレートカラーである青色を濃くグラデーションしつつ右肩上がりの直線を描いています。ここには「ベンチャー企業として力強く成長していく覚悟」を表現しました。ロゴタイプの「i」には「ヒト・ファースト」の経営理念である「ヒト」への想いを込めています。

経営理念「ヒト・ファースト」は、決して「仲間を大事にしよう」「ヒトに向かえばコトは二の次でいい」という意味ではありません。

もちろん、

・短期的な事業成長よりも長期的なメンバーの人間成長を優先すること
・取引先企業様とは業者としての関係ではなくパートナーとしての関係を築くことを追求すること
・スキル採用よりも人柄やカルチャーフィットを重視した採用を行っていくこと

など、一緒に働くヒトに正しく向き合うことは今後も変わらぬ私たちの姿勢です。

しかしこれにとどまらず、過去10年にわたり培ってきたデジタルマーケティングという事業領域における私たちのコアコンピタンスも、やはりヒトと向き合う姿勢です。

マーケティングにおいてデータや数字が重要なのはもちろんですが、私たちはデジタル広告というものが「PCやスマホの画面の向こう側にいるヒトを動かすもの」という原点を忘れてはいけないと考えております。エンドユーザーとの直接の対話やクライアント企業様の顧客対応担当者様などから「現場」の「ナマ」の情報を収集し、ネットとリアルの壁を破壊する技術が私たちの強みの源泉であり、ヒト・ファーストの理念にもつながっています。

創立からの10年間は皆様に支えられてばかりの弊社でしたが、ここからの10年はこれまでにいただいたものを何倍も大きくしてお返しできるよう成長を志向していく所存です。引き続き株式会社キュービックをどうぞよろしくお願いいたします。

  • 115