転職支援サービス
キュージェント
CUEM事例インタビュー vol.2

「キュージェント」は、求職者が自分に合った転職エージェントを指名できるマッチングメディアです。特定の領域に特化した転職コンサルタントをご紹介しているので、求職者と転職コンサルタントとのミスマッチを防ぎ、従来の転職サービスでは実現できなかった最高の転職体験を提供しています。担当者である又平峻介に、メディアの特長や今後の展望を聞きました。

ミスマッチを減らすことで「理想の転職」へ

キャリアマーケットディビジョン キュージェントPJリーダー
又平峻介

―メディアの概要を教えてください

又平:最大の特徴は、求職者が気に入った転職コンサルタントを直接指名できる点です。一般的な転職サービスでは、サービスを提供する企業が転職コンサルタントの担当を振り分けるため、担当となるコンサルタント自身の実績や人柄、得意・不得意領域がわかりません。一部の求職者からは「課題を汲み取ってくれない」「提案される求人が意図通りではない」「そもそも人柄が合わない」といったミスマッチの声が聞かれることもあります。
「キュージェント」なら、転職コンサルタントの経歴、実績、強み・弱み、口コミなどの情報を見てから指名できるので、ミスマッチを減らすことができます。自分のことを深く理解してくれるコンサルタントと出会うことで、効率的に転職活動を進めることができます。転職コンサルタント側のメリットは、自分の得意・不得意ジャンルをプロフィールページで公開できるので、求職者のニーズと合致しやすいということが挙げられます。

「キュージェント」は、単なる仲介屋ではありません。求職者の要望に対して、指名された転職コンサルタントがふさわしいか判断します。ミスマッチが生まれそうだと判断した場合は、違う転職コンサルタントを提案することもあります。求職者と転職コンサルタントの最適なマッチングを、第三者の立場から支援しているのです。

インタビューで導きだすユーザーの隠れたインサイト

―ミスマッチを減らすために、メディア運営において気をつけていることはありますか。

又平:インタビューを実施し、ユーザーが本音では何を求めているのか追求しています。求職者の潜在的な欲求は、データや数字ではわかりません。それなら、求職者に直接聞けばいいと考えています。対話を通じて掘り下げていくことは、インタビューだからこそできるのです。もちろん、転職コンサルタントに対してもインタビューを行い、生の声を聞いています。

―求職者の「隠れた課題」をつかむために工夫していることはありますか。

又平:求職者自身は漠然とした答えを持っていることが多いのですが、具体的に言葉にするのは困難です。本人も気づいていないインサイト(深層心理)を発掘するには、事前に徹底的な情報収集をし、どのような課題を抱えているのか仮説をもって臨みます。

また、週1回転職コンサルタントとお話をして、業界情報を収集しています。転職における年齢の壁は年々低くなっているという声もあるようですが、転職コンサルタントからすれば「35歳を超えると転職が難しくなる」という実態はいまだ根強く存在しているようです。このようなリアルなコメントを常に触れることで、ユーザーの抱えている課題に対する仮説構築の精度が上がると考えています。

―どのようにインサイトを探り当てるのですか?

又平:ユーザーの行動を順番に振り返っていきます。具体的な回答が出せるよう「はい・いいえ」で終わらないオープン・クエスチョンを投げかけていくのです。答えに詰まった場合は、つい質問を重ねて回答を誘導しがちですが、60秒程度は待ってユーザーの生の声を引き出せるよう工夫しています。

専門家の監修により、信頼性と意外性を担保

―記事を作成するうえで心掛けていることはなんですか?

又平:メインのページは、転職コンサルタントに監修していただいています。専門家に情報の信憑性を担保してもらうことで、CUEMの構成要素であるCredible(信頼性)を強化できると考えています。また、前提条件が事実と異なっているギャップに気づける場合もあります。

例えば「高卒で就職せずフリーターになった人」と「大卒で就職せずフリーターになった人」のどちらが正社員で転職しやすいでしょうか。大卒の人は学歴の点で転職しやすいと思う方が多いかと思います。しかし、フリーターの就職支援に特化している転職コンサルタントによれば「高卒で就職せずフリーターになった人」は、企業から好感を持たれているそうです。10代で将来を定められずフリーターになったことは、社会情勢に鑑みるとしかたがないと考えるからだそうです。一方、20歳を超えても仕事を通じた未来像が構築できない大卒フリーターを問題視する人が多いそうです。

一般論と現実の間にあるギャップこそ、CUEMの要素のUnexpected(意外性)な情報なのです。これこそ、ユーザーにとって本当に価値のある情報なのではないかと思っています。

担当コンサルタントに満足できないユーザーへの配慮と工夫

―「キュージェント」をより多くの人に知ってもらうための工夫はありますか?

又平:弊社で運営している「HOP!」という転職者向けのメディアでも「キュージェント」を紹介しています。そこでは「一般のコンサルタントで満足できなかった人に最適」といった一言を添えています。こうしたひと工夫で、登録した転職エージェントサービスに満足しなかった求職者にも「キュージェント」という新しい選択肢を提示できるというわけです。

コンテンツ構成の面では「キュージェント」を通じて転職に成功した人のインタビューや体験談を掲載しています。転職活動には、孤独や不安がつきものだと考えています。似たような境遇の方の体験談は、求職者を勇気づけて一歩進むためのキッカケになると思っています。

さらなる理想の実現に向けて、CUEMを通じた新しいチャレンジ

―今後はどのようなメディアへ進化していきますか?

又平:現状は、記事やコンテンツを一方通行で発信していますが、今後はユーザーと双方向での対話を目指してチャットボットの導入などを検討していきます。これによって、サイトを訪れたユーザーの疑問に応答し、一人ひとりの課題解決方法を提案できるようになります。より精度の高いマッチングを行うことで、ユーザーの体験価値がさらに向上するのではないかと考えています。

サービス面では、特定の領域に特化した転職コンサルタントをより多く紹介したいと思っています。転職コンサルタントの人数が増えれば、今まで以上に多くのユーザーにマッチングの機会が増えていく。専門領域の拡充も、引き続き進めていきます。

―今後拡大を図るにあたり、どのようなメンバーと共に働きたいですか?

メンバーに求めているものは、能力というよりも世界観の共感。本気で人材業界の課題を解消したいと思えるような人がいいですね。もちろんスキルも大事ですが、それ以上に、この事業に共感できる人や、本気で世の中を変えたい人のほうがマッチするんじゃないかなと思います。

Ready For
A New Challenge?

採用のご応募はこちらから