Julia Araki

荒木 珠里亜

マーケティング
ビジネスディベロッパー

Career

1994年、東京都生まれ。
社長室 長期インターン事業責任者。 2017年国際基督教大学を卒業。在学中、キュービックにインターンとして入社。
メディア企画などを経て、採用チームの立ち上げに参画。内定者時代からインターン・新卒採用の責任者を担い、これまで約400人のインターン採用、そこから24人の新卒登用に携わる。
2020年7月より社長室に異動。「長期インターンを日本に広め、就活をアップデートする」というミッションのもと、長期インターン紹介サービス「ドットインターン(https://dot-intern.com/)」の事業責任者を務めている。

入社動機

もともと新卒で入社することは考えていなかったのですが、長期インターンとして働いていたとき、当時の上司にまるでプロポーズのような感動的なオファーをもらったことがキッカケで、本気でキュービックを就職先として考え始めました。
他にも魅力的な会社があり迷う中で、「何の制約もなかったとして、一番大切にしたいことは何か」という問いをもらい、考え抜いたとき、結局最後は“一緒に働く人やカルチャー”が私にとってもっとも重要だと行き着きました。
長期インターンをしていたおかげでそれがもっとも見えていて、ここでならがんばれると心から思えたことと、キュービックが大事にしていることを大事にしたまま組織を大きくしていく挑戦を一緒にしたいと思ったことが、入社の決め手でした。

キュービックの好きなところ

人の良い部分が引き出されるところと、本質に向き合い続けられるところです。大人になればなるほど、いろいろなことがあると思うのですが(笑)、キュービックでは常に「ヒト・ファースト」のコアバリューに向かって、本質的に何が大切か?に向き合い続けられると感じています。だからこそみんなが「当たり前に大切なこと」に向かうので、良い部分がたくさん引き出されているなと感じます。学生インターンが多く、いつもピュアに問いかけてくれることが、その文化を保つうえでとても大切な存在になっていると思っています!

キュービックでの目標

まずは、今取り組んでいる「三方よしの長期インターンを広め、就活をアップデートする」というミッションのもと、日本に長期インターンの文化を広めていきます。また並行して、同じビジョンに向かう他の会社さんと資本提携や業務提携などを行い、共創を推進できる人材になります。そしてもう1つ、女性のキャリアロールモデルとして、学生インターンのみんなや後輩たちが、未来に希望をもてる働き方を体現し続けたいです!

arakijuriaがハートを持っている写真

趣味

人と会うこと・映画・音楽・アート・コテンラジオ・ディズニー・飲み会・旅行・ダンス・カラオケ