Yutaro Mori

森 祐太朗

エンジニアリング
プラットフォームエンジニア

Career

2015年に大学を卒業後、新卒でSIerの会社にて5年間、インフラ運用やネットワーク通信のテストなどに従事。2020年にヘルステック系のベンチャー企業に転職し、パブリッククラウド上で展開するWEBアプリケーションサービスの運用やインフラ基盤改善などを担当。2021年にキュービックに転職し、100台を超えるメディアサーバーのインフラ運用や監視運用に従事し現在に至る。

入社動機

100台を超えるサーバーのインフラ運用を経験できるのはなかなかない機会で、自身のキャリアアップにつながることが魅力のひとつでした。
また、これからキュービックがさらなる成長を遂げるためにインフラ基盤の改善が大事だと面接の場でマネージャーから伝えられて、取り組めることがたくさんあることがわかり、挑戦できる環境であること、そして、全社向けとは別にエンジニア用の育成制度が用意されていることなど会社からの支援を受けられる点も入社を決めたひとつでした。
そして一番大きかったのが、金融や士業など一般人が情報を取得するのに難しい領域でWEBメディアを展開し、情報格差をなくそうとしているのが私の価値観と一致していることから入社しようと思いました。

キュービックの好きなところ

挑戦することを是としており、挑戦するための施策も会社として用意してくれる点。所属部署だけに閉じないようにバックオフィス部隊が、積極的に他部署とのコミュニケーション機会を用意してくれる点。個人で好きに学習してもよいパブリッククラウドのアカウントが使える点。

キュービックでの目標

これからもどんどん成長するキュービックの事業スピードにまだまだシステムインフラ基盤が追いついていません。クラウドサービス上で展開されるサーバー基盤の強化や構築をもっとすばやく誰にでも行えるように自動化改善を積極的に推進していこうと考えています。

moriyutaroがハットをかぶってポーズをとっている写真

趣味

TVゲーム、博物館巡り、読書(IT技術書、小説、新書)