私たちについて知りたい方は

your SELECT.バナー:私たちについて

転職理由で選ぶ!保育士におすすめの転職サイト11選|専門家が失敗しない職場の選び方を解説

野上美希さん

目次

今の職場に不満や悩みがあり、転職を考えている保育士さんもいるでしょう。
転職したいと思いながらも、長く働くにはどんな職場に行ったらいいか悩んでいる人も多いです。実は、転職したいと感じた理由から自分に合う転職先がわかることもあるのです。

保育園や幼稚園などの施設を運営している野上さんに、保育士の転職理由や次の転職先を見つける方法、おすすめの転職サイト、転職成功のポイントについてお聞きしました

\転職サイトは複数登録がおすすめ!/

転職サイトを最大限活用するには、複数登録がおすすめです。 保育園側も求人サイトや転職エージェントの全てに求人を掲載しているわけではありません。 利用料は無料なので「いいとこ取り」をするイメージでいくつか登録してみましょう!

PR

しんぷる保育

案件ボックス画像_しんぷる保育_2

しんぷる保育からご紹介してもらえる保育園は関東圏内においてはほぼ100%!
しんぷる保育の利用者(2020年8月まで)による顧客満足度アンケートの点数は【平均で99.1点】の実績あり。

また、「保育士さんに信頼される紹介会社」として顧客満足度調査No.1に選出 されている。

※実査委託先:ゼネラルリサーチ(2019年12月)

2019年度の顧客満足度調査では3冠達成
  • 保育士が選んだおすすめ転職サービスNo.1
  • 信頼して任せられる保育士転職サービスNo.1
  • 関東の保育士転職に強い転職サービスNo.1
  • 今すぐおすすめの保育士転職サイト11選を知りたい方はこちら↓
    野上美希

    一般社団法人キッズコンサルタント協会 代表理事

    野上美希さん

    産後母の孤独を解消すべく、子育てひろば開設を皮切りに働く母の支援のため幼児教育をベースとした民間学童や複数の認可保育園を開設。また、幼稚園に長時間預かり保育を拡充するなど、働く母が安心して働ける環境づくりのため活動中。CDA(キャリアカウンセラー)資格を生かし、保育士のための仕事紹介サービス「保育Willキャリア」も主宰し、子育てに関わるあらゆる課題の解消に努める。

    専門家が教える!

    保育士の転職サイトは「転職理由」から選ぶ

    自分に合った転職サイトを選ぶためには、まず、転職したい理由から次の転職先候補を考えるところから始めましょう。

    そして、その転職先の候補に合わせて転職サイトを選ぶ方法がおすすめです。

    それでは早速、以下4つの「保育士のよくある転職理由」を元に、おすすめの転職先候補、おすすめの転職サイトを紹介していきます。

    <保育士のよくある転職理由>

    1. 人間関係の悩み
    2. 労働条件などの待遇面への不満
    3. 働く時間に制限がある
    4. 保育士以外の仕事につきたい

    参考:2022年1月~「保育士転職理由ランキング」

    また、転職サイトには以下の2種類がありますので、混同しないように注意しましょう。

    • 求人検索型の転職サイト

      キャリアアドバイザーはつかず、自分で求人を探して直接応募する

    • 転職エージェント

      キャリアアドバイザーが担当につき、求人の紹介、応募や連絡の代行をしてくれる

    ▼転職サイト・転職エージェントのメリット・デメリット比較

    転職サイト
    転職エージェント
    メリット ・好きな時に好きな条件で求人を探せる
    自分のペースで転職活動ができる
    応募書類の添削、面接対策をしてもらえる
    ・企業の雰囲気などを教えてもらえる
    ・非公開求人を紹介してもらえる
    デメリット ・自力で転職活動をしなくてはいけない ・サポート期間が決まっていることがある

    1.人間関係の悩み

    保育士が転職を考える悩みとしてもっとも多いのは、人間関係です。
    多くの保育施設が1クラスに2人以上の保育士がいる複数担任制をとっています。同じクラスを2人で担当し、コミュニケーションやアイコンタクトをとりながら仕事を進めていきます。

    どうしても相性はありますし、うまくコミュニケーションがとれないとお互いの仕事の負担が増えるため、不満やストレスがたまりやすくなります。

    野上さん取材風景2

    担任の組み合わせは4月に決まり、基本的に1年間は変わらないため、合わない人と日々働き続けることで気持ちが疲弊し、結果的に転職を考える方は多いです。

    こうした人間関係に疲れてしまった方におすすめの転職先の方向性はこちらです。

    • オープニングの保育施設で働く

      ゼロからのスタートなので、対等な人間関係を構築しやすいです。

    • ベビーシッターやナニー、保育ママとして働く

      基本的に1人で保育を担当するので、保育士どうしの人間関係の悩みが起きにくいです。

    • 学童保育で働く

      指導対象者が小学生であるため、乳幼児と比較すると細かな連携が少なくなります。そのため、職員どうしの人間関係の悩みが起きにくいです。

    オープニングの保育施設で働く

    既存の保育施設に転職する場合、ある程度人間関係ができているため、なじみにくいと感じることがあります。

    その点、オープニングの保育施設は職員全員が同じスタートラインに立て、対等な人間関係を築きやすく、仲間意識が芽生えやすいので、人間関係に悩んでいる人におすすめです。

    待機児童の問題を背景に、東京23区を中心として今後も新規開園は続きます。

    ▼オープニングの保育施設を探している人におすすめの転職サイト

    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    お客様満足度No.1*

    保育士バンクロゴ
    ・オープニング求人が多い
    ・保育士転職サイトランキング6部門NO.1*
    ・業界最大級の非公開求人数
    詳細はこちら
    正社員以外も探せる

    保育fineロゴ
    月最大5万円のサポート金が、3ヶ月支給される求人あり
    ・正社員、パート、アルバイトの求人を探せる
    詳細はこちら
    求人数が多い

    indeed
    ・転職サイトに出回っていない求人が見つかる
    ・働きたいエリア名で求人を探せる
    詳細はこちら

    *日本マーケティングリサーチ機構調べ

    ベビーシッターやナニー、保育ママとして働く

    保育のスキルに自信があり、1人で保育を完結させたいという方は、ベビーシッターやナニー、保育ママになるという選択肢があります。

    • ベビーシッター

      ベビーシッターは、保護者が不在のときに自宅に出向き、子どもの世話をします。保育だけでなく、家事代行、保育園や学童、習い事への送迎、病後児保育など保護者の要望に合わせたサポートをすることもあります

    • ナニー

      ナニーは英国王室が発祥といわれ、おもに家庭訪問型で保育サービスを提供する、保育のプロフェッショナルです。
      長時間の勤務のケースでは、起床から就寝までを過ごす場合もあるので、お子さんから見ると第二の母のような存在で、ベビーシッターよりも距離感が近いです。

    • 保育ママ

      保育ママは、自治体の認定で許可された小規模の保育園のことです。自宅などを小規模な保育施設として運営します。保育ママ1人あたり3名の子どもを預かることができます。(他の保育ママと協業する場合は5名まで)
      開業するには、自治体の認可が必要です。自治体によって認可が下りる条件が違うため、事前に自治体に確認してみましょう。

    ▼ベビーシッターやナニーとして働きたい人におすすめの転職サイト

    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    ベビーシッター専門

    キズナシッターロゴ
    ・保護者とベビーシッターのマッチングサービス
    ・業界最高水準の時給1600円~
    詳細はこちら
    未経験者歓迎

    ポピンズ
    ・業界最大手のベビーシッターサービス
    ・ナニーになるための研修サポートあり
    詳細はこちら

    学童保育で働く

    学童保育の職員は、小学校の放課後に学童に通う子どもたちの安全を見守り、指導します。保育資格は必須ではありませんが、保育経験を生かせます。

    子どもたちと一緒にイベントを企画するなど、さまざまな経験をしたい方におすすめです。

    野上さん取材風景

    自分の意志や感情をうまく伝えられない乳幼児と比べて、コミュニケーションがとりやすい小学生が対象のため、細かな連携が少なくなります。そのため、保育施設に比べると職員どうしの人間関係の影響が少ないといえるでしょう。

    ただ、資格が必要ではない分、パートやアルバイトなどの雇用形態が多く、給料は安い傾向にあります。

    ▼学童保育で働きたい人におすすめの転職サイト

    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    量・質を兼ね揃えた求人

    保育士ワーカー
    ・年間転職成功者数30000人
    ・学童保育の求人多数保有
    給料交渉や条件交渉もサポート
    詳細はこちら

    2.労働条件などの待遇面への不満がある

    労働条件や待遇面の不満もよくある転職理由の一つです。

    昔ながらのよくない慣習が続いていて、休憩を取りにくかったり、サービス残業が多かったりする保育施設もあるようです。

    ただでさえ忙しい保育士ですが、新型コロナの感染防止対策のため、園児が触れたところを滅菌する作業が増えるなど、勤務状況は過酷になっています。

    そのような方におすすめの転職先の方向性はこちらです。

    • 企業内保育園で働く

      一般の保育施設と比べて、労働時間が少ない傾向がある

    • 転職エージェントを利用する

      転職先のリアルな勤務条件などを、転職エージェントを通して聞くことができる

    企業内保育園

    企業内保育園は企業の社員の子どもを対象としているため、小規模な保育施設が多く、じっくり園児と向き合えます。
    また、一般の保育園に比べて行事が少ないので、土日はしっかり休めるなど労働条件が良いところも多いです。

    また、開園時間が企業の始業と同じケースが多く、一般の保育園より始業が遅い場合もあり、企業で雇用される場合はボーナスの水準が高い傾向があります。

    ▼企業内保育園で働きたい人におすすめの転職サイト

    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    圧倒的な求人数

    マイナビ保育士
    ・保育士転職サイト認知度4年連続NO.1
    企業内保育園の求人も多数保有
    ・給与から求人を探せる
    詳細はこちら

    じっくりと相談して勤務先を探す

    労働条件について質問をしすぎると選考に影響するのではと思い、なかなか聞きづらいという人も多いでしょう。

    こうした悩みのある人は、じっくりと相談して転職活動を進められる中小規模の転職エージェントに相談するのがおすすめです。

    ▼じっくりと相談できる中小規模の転職エージェント

    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    厚生労働大臣認可

    保育willキャリア
    ・専門のアドバイザーが相談に乗ってくれる
    納得いくまで求人紹介してくれる
    詳細はこちら
    寄り添い型サービス

    保育のおまもり
    ・元保育士が転職サポートしてくれる
    ・電話面談が土日祝や夜間も可能
    詳細はこちら

    3.働く時間に制限がある

    育児との両立などで時短勤務をしたい場合は、転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

    もし、働ける時間がかなり少ない場合は派遣社員として働くという選択肢もあります。派遣社員として働く場合は契約が数ヶ月単位で更新されるため、自分と合わない職場だった場合に契約を更新しないという選択ができます。

    野上さん取材風景

    一方で、派遣社員を募集している保育施設はそのタイミングにおいて人手不足である確率が高いです。そのため、職場の環境については派遣会社に事前に確認しておくことが大切です。

    ▼派遣社員で働きたい人におすすめの派遣サイト

    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    実績40年の実力派

    パソナ
    ・大手派遣会社なので安心
    ・パソナの福利厚生を受けられる
    詳細はこちら

    4.保育士以外の仕事につきたい

    保育士以外の仕事にも興味がある、別の職業に転職したいという人は、以下のような選択肢があります。

    • 保育経験を生かして転職
      保育士専門エージェントのアドバイザー、保育施設の事務などに転職
    • まったく未経験の業界に転職
      総合転職サイトを活用して、未経験歓迎の職種に転職
    野上さん取材風景

    保育士専門エージェントのアドバイザーはコミュニケーションスキルが必要となり、夜型のシフト勤務になりやすいです。事務職の場合は事務経験者が優遇されやすいため、どんな保育士さんにも合うキャリアステップとはいえません

    そのため、未経験の職業に転職する場合は、「自分がどんな仕事をしたいか」をしっかりと考え、幅広い選択肢から選んでいくことをおすすめします。

    また、若手のうちは未経験転職が比較的しやすいですが、経験を重ねていくと難しくなってくる傾向があります。未経験転職を考えている人は、なるべく早く次のステップについて考えるといいでしょう。

    ▼未経験転職におすすめの転職サイト

    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    業界最大手の転職サイト

    リクナビnextロゴ150
    ・圧倒的な求人数
    未経験歓迎求人も多数保有
    ・企業からのスカウト機能あり
    詳細はこちら

    保育士におすすめの転職サイト11選比較とその詳細

    ▼保育士の転職におすすめの転職サイト11選

    転職理由
    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    人間関係の悩み
    保育士バンクロゴ ・オープニング求人が多い
    ・保育士転職サイトランキング6部門NO.1
    ・業界最大級の非公開求人数
    詳細はこちら
    保育fineロゴ 月最大5万円のサポート金が、3ヶ月支給される求人あり
    ・正社員、パート、アルバイトの求人を探せる
    詳細はこちら
    indeed ・転職サイトに出回っていない求人が見つかる
    ・働きたいエリア名で求人を探せる
    詳細はこちら
    キズナシッターロゴ ・保護者とベビーシッターのマッチングサービス
    ・業界最高水準の時給1600円~
    詳細はこちら
    ポピンズ ・業界最大手のベビーシッターサービス
    ・ナニーになるための研修サポートあり
    詳細はこちら
    マイナビ保育士 ・保育士転職サイト認知度4年連続NO.1
    企業内保育園の求人も多数保有
    ・給与から求人を探せる
    詳細はこちら
    保育士ワーカー ・年間転職成功者数30000人
    ・学童保育の求人多数保有
    給料交渉や条件交渉もサポート
    詳細はこちら
    労働条件などの待遇面への不満
    保育willキャリア ・専門のアドバイザーが相談に乗ってくれる
    納得いくまで求人紹介してくれる
    詳細はこちら
    保育のおまもり ・元保育士が転職サポートしてくれる
    ・電話面談が土日祝や夜間も可能
    詳細はこちら
    働ける時間が限られるパソナ ・大手派遣会社なので安心
    ・パソナの福利厚生を受けられる
    詳細はこちら
    保育士以外の仕事につきたいリクナビnextロゴ150 ・圧倒的な求人数
    未経験歓迎求人も多数保有
    ・企業からのスカウト機能あり
    詳細はこちら

    【オープニングの求人が多い】保育士バンク!

    保育士バンク

    出典:https://www.hoikushibank.com/

    <おすすめポイント>

    • 保育士の求人数が日本最大級

      日本全国の求人を掲載しているので、地方で転職活動をしたい人にもおすすめです。

    • オープニング求人が多い

      オープニング求人や好条件の求人を多数保有しています。登録しておくと、Web上に出回っていない非公開求人も紹介してくれます。

    「保育士バンク!」
    公式サイトはこちら

    <求人取り扱い地域>

    ・47都道府県全て
    ・主要都市から探せる
    千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区
    大阪市、名古屋市、京都市、横浜市、神戸市、北九州市、札幌市、川崎市、福岡市、広島市、仙台市、千葉市、さいたま市、静岡市、堺市、新潟市、浜松市 岡山市、相模原市、熊本市

    求人情報

    求人数(東京) 5336件
    オープニング募集 369件

    ※2022年3月時点

    保育士バンク!は、あなたの希望に合う求人を紹介してくれるエージェント型の転職サイトです。
    「WEB面接OK」「車通勤可」「復帰率高」など、こだわり条件の検索軸が41もあり、さまざまな軸で求人を探せます。

    >>>保育士バンク!の詳細を見る

    【パート・アルバイトも探せる】保育Fine!

    保育fine!

    出典:https://hoiku.fine.me/

    <おすすめポイント>

    • パート、アルバイト求人も保有

      正社員以外の求人も数多く取り揃えています。

    • 3ヶ月サポート金が支給される「シンデレラ保育士制度」

      月最大5万円のサポート金が、3ヶ月支給される求人が掲載されています。

    「保育Fine!」
    公式サイトはこちら

    <求人取り扱い地域>

    ・47都道府県全て
    ・人気のエリアから求人を探せる
    新宿区、世田谷区、足立区、大田区、横浜市、川崎市、さいたま市、千葉市、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

    求人情報

    求人数(東京) 3411件
    オープニング募集(東京) 134件
    企業主導型保育施設 180件

    ※2022年3月時点

    保育Fine!は、自分で求人を検索する転職サイトです。施設形態、運営法人形態、雇用条件、福利厚生などさまざまな軸で求人を探せます。
    地方求人はそこまで件数が多くないので、首都圏で仕事を探している人におすすめです。

    >>>保育士Fine!の詳細を見る

    【エリア名で求人を探せる】Indeed

    indeed

    出典:https://jp.indeed.com/

    <おすすめポイント>

    • 働きたいエリアで絞り込める

      Web上にある多くの求人を横断的に検索できます。町名単位での検索もできるので、勤めたいエリアが明確な人におすすめです。

    • 直接応募の人気求人も探しやすい

      一般的に転職サイトは企業が掲載料を支払って掲載しています。Indeedは掲載期限がなく無料で求人を掲載できるので、他の転職サイトに掲載されていない求人にも出合えます。

    「Indeed」
    公式サイトはこちら

    <求人取り扱い地域>

    ・47都道府県全て

    求人情報

    「保育士 オープニング 東京都」で検索 3505件
    「保育士 オープニング 神奈川県」で検索 1630件

    ※2022年3月時点

    Indeedは、アメリカで生まれた世界No.1の求人検索エンジン(※総閲覧数第1位 2017年comScore社調べ)です。現在は人材業界大手のリクルートのグループ企業となっています。

    職種やエリア、特徴など組み合わせて検索できるので、「企業保育園 東京都」など自分の希望を入れて調べてみましょう。

    >>>Indeedの詳細を見る

    【ベビーシッター専門】キズナシッター

    キズナシッター

    出典:https://kidsna-sitter.com/sitter

    <おすすめポイント>

    • ベビーシッターのマッチングサービス

      24時間アプリから仕事を検索して申し込みができ、業務報告もアプリ上でできる仕組みになっています。

    • 保険に加入している

      万が一のケガや事故に備えてキズナシッターが保険に加入しています。個人で保険に入る必要はありません。

    「キズナシッター」
    公式サイトはこちら

    <求人取り扱い地域>

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、愛知県、福岡県など都市部を中心に展開中

    キズナシッターは、「保育士バンク!」を運営している株式会社ネクストビートが運営するベビーシッター専門のマッチングサービスです。仕事内容や、保護者とのやりとりなどのサポートを行ってもらえるので、ベビーシッターが初めての方でも安心です。

    >>>キズナシッターの詳細を見る

    【ナニーの求人がある】ポピンズ

    ポピンズ

    出典:https://www.poppins.co.jp/recruit/

    <おすすめポイント>

    • 未経験からナニーを目指せる

      ナニーになるための研修制度が整っているため、未経験も歓迎しています。

    • キャリアの選択肢が豊富

      ナニーだけではなく、学童やベビーシッターになることもできます。さらに副業も可能であったり、キャリアの選択肢が豊富なのも特徴です。

    「ポピンズ」
    公式サイトはこちら

    <求人取り扱い地域>

    ・全国で320園以上の保育施設を保有
    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、名古屋県、愛知県、三重県、静岡県、大阪府、兵庫県、札幌市、室蘭市、仙台市、滋賀県草津市、奈良県大和郡山市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市、愛媛県新居浜市、福岡県糟屋郡新宮町、大分県大分市

    株式会社ポピンズは保育士が個人宅に訪問し、0~18歳までの子どものお世話をするベビーシッターサービスを提供しています。

    その中の一つとして「ナニー」のサービスがあり、料理や掃除などの家事の他、テーブルマナーや身のこなし、部屋の片付け、話し方など、日常生活におけるしつけや教育を親の代わりに行います。

    ナニーは日本ではまだ認知度が低いですが、今後ニーズが高まる可能性があります。ポピンズではナニーとしての経験をいちはやく積むことができるのでおすすめです。

    >>>ポピンズの詳細を見る

    【面接対策も手厚い】保育士ワーカー

    保育士ワーカー

    出典:https://hoikushi-worker.com/

    <おすすめポイント>

    • 学童求人が多い

      公開求人だけで約3万9000件の保育求人があります。求人数が多いため、学童求人も多く扱っています。

    • 転職サポートが手厚い

      面接対策や、給与などの条件交渉など、一人では難しい転職のポイントを丁寧にサポートしてくれます。

    「保育士ワーカー」
    公式サイトはこちら

    <求人取り扱い地域>

    ・47都道府県
    ・全国15ヶ所に支社あり
    東京本部、横浜支社、大宮支社、札幌支社、仙台支社、新潟支社、名古屋支社、静岡支社、大阪支社、神戸支社、京都支社、広島支社、高松支社、福岡支社、熊本支社

    求人情報

    総求人数 4万610件
    学童施設 288件

    ※2022年3月時点

    保育士ワーカーは、キャリアアドバイザーが保育士との面談だけでなく、保育園側との調整も行います。丁寧なサポートが特徴なので、一人で転職活動をするのは不安、給与などの条件交渉が苦手、という人におすすめです。

    >>>保育士ワーカーの詳細を見る

    【圧倒的な求人数】マイナビ保育士

    マイナビ保育

    出典:https://hoiku.mynavi.jp/lp2/chat-2.html

    <おすすめポイント>

    • 企業内保育園の求人が多い

      企業内保育園の求人も多く扱っています。

    • 保育経験を生かせる保育士以外の仕事も紹介してくれる

      保育経験を生かして、営業事務、営業職、医療事務などに転職するサポートもしてくれます。

    「マイナビ保育」
    公式サイトはこちら

    <求人取り扱い地域>

    ・47都道府県
    ・人気のエリアから求人を探せる
    八王子市、武蔵野市、三鷹市、調布市、町田市、横浜市、川崎市、さいたま市、川口市、千葉市、船橋市、柏市、松戸市、名古屋市、大阪市、堺市、神戸市
    ・東京都23区から求人を探せる
    千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、杉並区、中野区、渋谷区、世田谷区、大田区、品川区、目黒区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区

    求人情報

    総求人数 2万296件
    企業内保育園 677件

    ※2022年3月時点

    マイナビ保育士は、人材業界大手のマイナビが運営しているサービスです。自分で求人を検索する求人転職サイトとしての機能と、キャリアアドバイザーがサポートしてくれる転職エージェントとしての機能をもっていることが特徴です。

    >>>マイナビ保育士の詳細を見る

    【納得いくまで求人紹介】保育willキャリア

    保育willキャリア

    出典:https://hoikuwillcareer.jp/

    <おすすめポイント>

    • 保育士の悩みや転職に精通している

      サービス運営元の関連法人が幼稚園や保育園を経営しているので、保育士の悩みや転職への理解が深いです。

    • 希望に合う求人を探してくれる

      個人の希望に合う求人を、納得いくまで何度も探してくれます。

    「保育willキャリア」
    公式サイトはこちら

    <求人取り扱い地域>

    ・都道府県
    東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県、千葉県、宮城県、新潟県、愛知県、大阪府、兵庫県、富山県
    ・人気のエリアから求人を探せる
    世田谷区、大田区、港区、中央区、新宿区、練馬区、品川区、杉並区、江東区、板橋区、八王子市、府中市、横浜市、川崎市、相模原市、藤沢市、茅ヶ崎市 横須賀市、さいたま市、川口市、川越市、所沢市、春日部市、戸田市、船橋市、柏市、松戸市、浦安市、流山市、市川市

    保育Willキャリアは、中小規模の転職エージェントです。「なぜ転職を考えているのか?」という想いに寄り添ったコンサルティングを行っているので、じっくり相談しながら転職活動を進められます。

    >>>保育Willキャリアの詳細を見る

    【寄り添い型サポート】ほいくのおまもり 転職版

    ほいくのおまもり

    出典:https://ponpococco.com/tenshoku/

    <おすすめポイント>

    • 保育士の悩みに寄り添ってきた企業が運営

      『ほいくのおまもり』は保育士お悩み相談や、保育士へのインタビュー、保育士交流会を通じて500名以上の保育士との交流経験があります。そのため、保育士への理解が深いです。

    • 平日休日や夜間も対応

      キャリアコーディネーターとの電話面談は土日祝や夜間など、幅広く対応してもらえます。

    「ほいくのおまもり」
    公式サイトはこちら

    ほいくのおまもり転職版は、保育士向けの情報メディアから生まれた転職エージェント。保育士経験のあるアドバイザーや、支援人数5000人を超えるアドバイザーがサポートします。

    >>>ほいくのおまもりの詳細を見る

    【派遣社員として働くなら】パソナ

    パソナ

    出典:https://www.pasona.co.jp/

    <おすすめポイント>

    • 創業40年の実績

      派遣業界で長い間活躍しているパソナ。求人数が多く、大手企業の求人も保有しています。

    • 福利厚生が充実している

      パソナと契約して派遣社員として働くため、パソナの福利厚生や待遇を受けられます。

    「パソナ」
    公式サイトはこちら

    <求人取り扱い地域>

    ・47都道府県
    ・人気エリアから求人を探せる
    港区、千代田区、中央区、横浜市西区、市原市、さいたま市桜区、大阪市中央区、大阪市北区、神戸市中央区、野洲市、京都市中京区、和歌山市、奈良市 名古屋市中区、浜松市中区、豊田市、岐阜市、四日市市、札幌市中央区、仙台市青葉区、郡山市、盛岡市、青森市、つくば市、高崎市、松本市、新潟市中央区、甲府市、宇都宮市、富山市、金沢市、福井市、倉敷市、岡山市北区、福山市、出雲市、山口市、米子市、高松市、松山市、徳島市、高知市、福岡市中央区、福岡市博多区、鹿児島市、長崎市、宮崎市、熊本市中央区、大分市、那覇市

    「有給休暇」「社会保険」「交通費全額支給」「育児・介護休暇」など、サポートが充実な点が特徴です。安心して働きやすい環境を整えているので、派遣が初めての人にもおすすめです。

    >>>パソナの詳細を見る

    【未経験職種への転職なら】リクナビNEXT

    リクナビNEXT

    出典:https://next.rikunabi.com/

    <おすすめポイント>

    • 最大級の転職サイトなので、多くの求人と出合える

      5万3820件の求人が掲載されています。未経験歓迎の求人が1万6443件も掲載されていますので、応募しやすいです。(※2022年3月時点)

    • 求人のレコメンド機能がある

      独自のAIがあなたを分析し、マッチした求人を教えてくれます。

    「リクナビNEXT」
    公式サイトはこちら

    <求人取り扱い地域>

    ・47都道府県
    ・地域×こだわり条件(年間休暇日数、福利厚生など)で求人を探せる

    求人情報

    営業 1万919件
    事務・管理 7598件
    企画・マーケティング・経営・管理職 3231件
    サービス・販売・外食 2701件
    Web・インターネット・ゲーム 2978件
    クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン) 1033件
    専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産) 3206件
    ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ) 1万41件

    ※2022年3月時点

    リクナビNEXTは、人材業界トップクラスのリクルートグループが運営する転職サイトです。ユーザーが自分の希望条件で求人を絞り込んで応募する求人検索型の転職サイトですが、オファー機能があるので、企業からオファーが届く可能性もあります。

    >>>リクナビNEXTの詳細を見る

    保育士が転職サイトを利用するメリット・デメリット

    転職サイトや転職エージェントにはメリットもありますが、デメリットもあります。

    まずはデメリットから紹介していきます。

    転職サイト・エージェントを利用するデメリット

    <デメリット>

    • 転職サイトだと保育園の内情までわからない
    • 転職エージェントの担当者によってもサポートにバラつきがある

    転職サイトの場合、転職エージェントのキャリアアドバイザーのような担当者がつきません。求人情報の条件が良くても、実際に働いてみたら「思っていたのと違った」という場合も。

    そのような事態を防ぐためにも、転職えージェントの利用がおすすめです。専属のキャリアアドバイザーが、保育園の雰囲気や働いているスタッフの特徴なども詳しく知っているため事前に聞くことができます。

    また、転職エージェントのキャリアアドバイザーも、人それぞれスキルにバラつきがあることも事実です。

    そのため、人によってサポートの質も異なるため、自分に合ったキャリアアドバイザーに担当してもらえるよう、合わないと感じたら担当者の変更を申し出ることも可能です。

    転職サイト・エージェントを利用するメリット

    <メリット>

    • 沢山の求人情報を知ることができる
    • 非公開求人を見ることができる
    • 転職エージェントの場合面接対策や条件交渉も行ってくれる

    転職サイトや転職エージェントを利用する最大のメリットは、沢山の求人情報を知ることができる点です。 また、その中でも「非公開求人」と呼ばれる、Web上に掲載されていない好条件の求人情報を教えてもらえることもあります。

    他にも、転職エージェントでは応募書類の添削から面接の対策、給与などの条件交渉なども行ってくれます。

    一人で転職活動を進めることが不安な方は特におすすめです。

    専門家が教える!

    保育士が転職を成功させる4つのポイント

    保育士が転職を成功させるポイントは以下4つです。

    1. 転職エージェントをうまく活用する
    2. 転職前に必ず職場見学をする
    3. Twitter、インスタグラムでの情報収集も有効
    4. リファラル採用も活用する

    よくある保育士の転職失敗事例とともに解説していきます。

    1. 転職エージェントをうまく活用する

    リクナビNEXT利用者

    29歳女性
    公立保育園→民間保育園

    業務内容が保育士の仕事だけではなく、給食業務も交代で対応することを働き始めてから知った。面接や採用の時には給食業務についての説明は一切なかった…。

    転職エージェントを利用する場合、担当のキャリアアドバイザーをうまく活用しましょう。
    労働条件などが気になっていても、あまり質問しすぎると選考に影響がありそうで聞きにくいもの
    こうした質問をキャリアアドバイザーに聞いてもらう、年収アップの交渉をしてもらう、模擬面接をしてもらうなど、受けられるサービスはすべて受けましょう。

    そして、キャリアアドバイザーに転職を応援してもらうためには、きちんと信頼関係を築くことが重要です。

    野上さん取材風景

    基本的なことですが、求人を紹介されたら早くレスをする、正直に意見や希望を伝えるなど、誠実な対応を心がけるといいでしょう。

    2. 転職前に必ず職場見学をする

    リクナビNEXT利用者

    26歳女性
    幼稚園→保育園

    私立幼稚園の時、園長の保育方針やワンマン経営が嫌で公立保育園に転職したが、そこでもお局のパートさんがおり、自分の好きなように保育していて結局自分の思い…描いていた理想の保育を行うことができなかった…

    リクナビNEXT利用者

    36歳女性
    保育園→保育園

    電話で職員数を確認したところ10人以上と回答された。実際の職員数は10人以上ではあったが、正規職員が4人で他はパート勤務。正規社員が多いところを希望していたので、失敗したと思った

    転職前には必ず職場見学をするようにしましょう。
    なぜなら、保育士の悩みの上位にあがってくる人間関係の悩みや労働環境の悪さは、「園見学」でしっかりと観察をしておけばわかることも多いからです。

    転職エージェントを利用している場合は、キャリアアドバイザーに依頼すれば施設側との調整をしてもらえます。

    園見学でのチェックポイント

    • 働いている職員の人数や雰囲気
    • 壁面装飾の様子
    • 休憩をとれているか
    • 事務作業はIT化されているか

    働いている職員の人数や雰囲気

    働いている保育士の人数と園児の人数のバランスを確認しましょう。明らかに保育士の人数が少ない場合には、職員にも余裕がありません。皆が余裕がなくイライラしている職場は、人間関係も悪くなってしまう可能性が高いでしょう。

    壁面装飾の様子

    壁に保育士が作った壁面装飾が数多く貼られている保育施設もあります。しかし、こうした装飾が多すぎる場合は注意が必要です。装飾が多いということは、それだけ職員が準備する時間も長く必要になるため、残業などにつながる可能性があります。

    また、こうした装飾が子どもにとって必要なのかも疑問です。昔からやっているからと惰性で続けているような場合、保育内容を時代に合わせて変化できていない可能性もあります。

    休憩を取れているか

    職員が休憩を取れていそうかを確認しておくといいでしょう。休憩が取りにくそうな職場はサービス残業なども常態化している可能性があります。

    事務作業はIT化されているか

    職員が事務作業を手書きでしているか、パソコンなどで入力しているか確認しておきましょう。PCなどのデバイスがどのくらいあるかを確認してみてください。

    野上さん取材風景3

    3. Twitter、インスタグラムでの情報収集も有効

    リクナビNEXT利用者

    27歳女性
    公立保育園→空港保育園

    公立保育園よりも給与がよかったので転職したのですが、外国人の子どもが多く(9割が中国人)、親御さんも日本語が上手く話せないという方が結構いて、英語で話しかけられるのでコミュニケーションをとるのに難航しました。

    Twitterやインスタグラムなどで採用広報をする保育施設も増えています。SNSでは画像などの情報が多く、職員の顔も写っているので、雰囲気がよりリアルにわかります。「#保育士募集」などのハッシュタグで検索してみましょう。

    4. リファラル採用も活用する

    リクナビNEXT利用者

    50歳女性
    保育園→保育園

    人間関係がすごく悪く失敗したなあと思いました。主任保母が仕切る人で、色々いじめにあうし、やはり女の職場はトラブルが多いなあと実感しました。

    保育士の友人が勤務する保育施設のクチコミなども大切な情報源です。実際に働いている人からは職場の雰囲気や労働環境などのリアルな話を聞けるからです。

    「いい職場でも、友人と一緒に働くのは避けたいな」という人もいると思います。1つの法人が複数の保育施設を運営していることもあるので、同じ系列の別の施設で採用をしているかを聞いてみてもいいと思います。

    その際は、必ず自分が配属される施設の職場見学をさせてもらいましょう。

    転職サイトや転職エージェントをうまく活用するコツ

    転職サイトや転職エージェントは、利用料が無料のサービスがほとんどです。

    無料だからと遠慮せずに、最大限活用して転職を成功させましょう。

    複数の転職サイトや転職エージェントを同時に活用する

    まず初めにお伝えしたいこと、それはいくつかの転職サイトや転職エージェントに同時に登録するということです。

    保育園は、転職サイトや転職エージェントに求人を掲載する際に莫大な費用を支払います。そのため、保育園側も手当たり次第色々なサイトに求人を出しているわけではありません。

    また、転職サイトで自分でも求人を探しながら、転職エージェントでキャリアのサポートを受けるという方法もおすすめ。

    よりたくさんの求人をチェックしたいという方は特に、複数登録してみましょう。

    転職サイトをうまく活用するコツ

    1. 経歴書などを細かく登録する
    2. こまめに求人をチェックする

    経歴書などの書類を登録しておくと保育園側からスカウトメールが届くこともあります。

    なるべく詳細に記載することで保育園側から見つかりやすくなりますので、今すぐに転職を考えていなくても登録しておくことをおすすめします。

    また、転職サイトの求人は日々変動しています。人気のある求人には応募が集まって掲載してある期間よりも早く締め切ってしまうことも。

    求人をこまめにチェックして逃さないようにしましょう。

    転職エージェントをうまく活用するコツ

    1. 連絡をこまめに返す
    2. 転職の熱意があることを伝える
    3. 嘘をつかない

    前述の通り、転職エージェントのキャリアアドバイザーも人間ですので、やる気のある方には積極的にサポートしてくれます。

    連絡をこまめに返したり、転職に対しての熱意を伝えてしっかりサポートしてもらえるようにしましょう。

    また、転職したい理由やキャリアなどに嘘をつかないようにも注意しましょう。折角あなたにぴったりの求人を探そうとしても、嘘ついてしまうとどこかで矛盾が生じてしまうもの。

    キャリアアドバイザーはあなたの味方ですので、信頼して頼ってみましょう。

    保育士から異業種に転職したい人におすすめの転職サイト

    保育士から保育士への転職だけでなく、異業種への転職も検討している方に向けて、おすすめの転職サイトや記事をご紹介していきます。

    やりたいことが決まっていない保育士におすすめの転職サイト

    「やりたいことが決まっていないけど保育士を辞めたい」と考えている保育士には、転職エージェントがおすすめです。

    転職エージェントでは一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーが付き、キャリアの相談をすることができます。 まずは転職エージェントのキャリアアドバイザーに、転職の相談から始めてみると良いでしょう。

    おすすめの転職エージェントは以下の3つです。

         
    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    リクルートエージェント
    ロゴリクルートエージェント150
    ・転職支援実績No.1
    ・求人数が多く幅広い情報を知れる
    詳細はこちら
    マイナビエージェント
    マイナビエージェント.logo
    ・転職が初めての人におすすめ
    ・20代の転職に特化している
    詳細はこちら
    パソナキャリア
    パソナキャリア.logo
    ・手厚いサポートを受けられる
    ・顧客満足度3年連続1位
    詳細はこちら

    また、年代によってもおすすめのサイト・エージェントが異なるので、よかったらこちらの記事もご覧ください。

    ▼他にもたくさんのサイト・エージェントを知りたい方はこちらの記事もおすすめ

    アイキャッチ画像:転職サイトおすすめ21選!転職のプロがあなたに合った活用法を診断【2022年】

    転職サイトおすすめ21選!転職のプロがあなたに合った活用法を診断【2022年】

    Read More

    IT業界に行きたい保育士におすすめの転職サイト

    未経験からでも挑戦しやすい業界の一つにIT業界があります。IT市場は今後も成長し続けていくため、なるべく長く働きたいと考えている保育士におすすめです。

    IT業界におすすめの転職サイトはこちらです。

         
    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    ワークポート
    ワークポートロゴ
    ・IT、Web業界に特化した転職エージェント 詳細はこちら

    ▼IT業界やエンジニアに興味がある方はこちらの記事もおすすめ

    アイキャッチ画像:IT/Webエンジニア向けおすすめ転職サイト13選比較|専門家が厳選

    IT/Webエンジニア向けおすすめ転職サイト13選比較|専門家が厳選

    Read More

    介護業界に行きたい保育士におすすめの転職サイト

    介護業界も、少子高齢化が進んでいる今人手不足が加速している業界です。未経験からチャレンジしやすく求人も多く出ているので、介護業界も検討してみてはいかがでしょうか?

    介護業界に行きたい人におすすめのサイトは以下です。

         
    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    きらケア
    きらケアロゴ
    ・介護業界に特化した転職エージェント
    ・高待遇の求人が多い
    詳細はこちら

    ▼介護士についてより詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ

    アイキャッチ画像:介護士転職サイトおすすめ6選比較!介護ブロガーに聞く後悔しない転職活動

    介護士転職サイトおすすめ6選比較!介護ブロガーに聞く後悔しない転職活動

    Read More

    保育士転職のQ&A

    保育士の転職のよくある質問を取り上げて、お答えしていきます。

    転職サイトや転職エージェントに登録した後はどうなるの?

    転職サイト:好きなタイミングで求人検索ができ、好きなタイミングで保育園に応募ができます。

    転職エージェント:担当のキャリアアドバイザーから連絡が届きます。電話や面談で転職の相談をした後に、転職の悩みに合わせて求人紹介をしてもらい、応募の流れになります。

    転職エージェントはなぜ無料なの?

    転職エージェントは、求職者の採用が決まった際に紹介先企業から紹介手数料を受け取るビジネスモデルとなっています。

    手数料は採用者の理論年収の35%が一般的です。そのため、求職者からエージェント利用手数料を取ることはありません。

    認定こども園の特徴と働く魅力とは?

    保育士

    認定こども園は、幼稚園と保育園の2つの要素を兼ね備えた施設を指しますが、細かく分類すると以下4タイプとなります。

    1. 幼保連携型認定こども園…認定こども園として、幼保連携型認定こども園教育・保育要領に基づいた運営を行う
    2. 幼稚園型…認可幼稚園に保育園の要素を加えたもので、幼稚園教育要領に基づいた運営を行う
    3. 保育所型…保育園に後から幼稚園の要素を加えたもので、保育所保育指針に基づいた運営を行う
    4. 地方裁量型…幼稚園や保育園として認可されておらず、地域ごとに認定こども園としての機能を提供する

    それぞれのタイプで求められる経験やスキル、働き方は異なりますが、保育と教育の2軸で、幅広い年次の子どもに関わり経験を積める点が魅力です。

    保育士の資格はどうやって取得する?

    保育士の資格は、保育士試験に合格するか、都道府県知事の指定する保育士養成学校や施設で、所定の課程・科目を履修し卒業することで得られます。

    参考:保育士資格を得るには

    保育士の平均年収、給与は?

    保育士 給与

    賃金構造基本統計調査によると、保育士の平均年収は364万円となっています(令和1年度)。平成29年度が342万円、平成30年度が358万円となり、保育士の給与は年々上昇の傾向ですが、全職種と比較すると保育士の月給は11.4万円低い水準でした。

    参考:厚生労働省「保育士の現状と主な取組」

    保育士の有効求人倍率は?

    令和3年10月、保育士の有効求人倍率は2.66倍となり、前年同月比で0.08ポイントの上昇となりました。令和1年の3.86倍、令和2年の2.94倍と比較すると有効求人倍率は落ち着いて見えますが、令和3年の全職種有効求人倍率が1.16倍であることから、保育士は他職種より人手不足感が強いといえるでしょう。

    参考:保育士の有効求人倍率の推移

    ブランクがあっても大丈夫?

    保育士の仕事を一度辞めて数年のブランクを経た後に、再び保育士として職場復帰されるケースも多いです。国も保育士の再就職支援を行っており、ブランクのある保育士の再雇用時研修の費用を、国が補助する取り組みも見られます。

    参考:保育士の現状と主な取組

    みんなの志望動機はどんなものが多い?

    保育士養成校に通う人たちの志望動機は、「もともと保育者になることが夢だった」「資格がとれるから」「授業で保育の面白さを知ったから」といったものが多いです。実習が楽しかったことも、保育士として働く動機の1つとなっています。

    保育士の面接対策はどうすればよい?

    面接対策

    保育士の面接では、「実習が楽しかったから」だけでなく、「なぜこの園を選んだのか」「具体的にどういう保育スキルを身に付けてきたのか」という質問もされるでしょう。転職エージェントを活用すれば、園ごとの想定質問を教えてもらえたり、志望動機の組み立て方や話し方のコツまでアドバイスを受けることができます。

    まとめ

    保育士が転職する際は、転職したい理由から自分に合った職場を探すという選択肢があります。

    たとえば、人間関係に悩みがあるとしたら、対等な人間関係を築きやすいオープニングの保育施設、基本的に1人で保育を担当するベビーシッターやナニー、細かな連携を必要としないため人間関係の悩みが起きにくい学童保育などの選択肢があります。

    転職サイトにはそれぞれ特性があるので、希望の職場の求人を多く掲載しているサービスを選び活用していきましょう。

    また、最近ではSNSを利用して積極的に情報発信をしている保育施設も増えています。インスタグラムを活用して情報収集をして、職場の雰囲気をつかむのもいいでしょう。

    ▼保育士の転職におすすめの転職サイト11選

    転職理由
    転職サイト
    特徴
    公式サイト
    人間関係の悩み
    保育士バンクロゴ ・オープニング求人が多い
    ・保育士転職サイトランキング6部門NO.1
    ・業界最大級の非公開求人数
    詳細はこちら
    保育fineロゴ 月最大5万円のサポート金が、3ヶ月支給される求人あり
    ・正社員、パート、アルバイトの求人を探せる
    詳細はこちら
    indeed ・転職サイトに出回っていない求人が見つかる
    ・働きたいエリア名で求人を探せる
    詳細はこちら
    キズナシッターロゴ ・保護者とベビーシッターのマッチングサービス
    ・業界最高水準の時給1600円~
    詳細はこちら
    ポピンズ ・業界最大手のベビーシッターサービス
    ・ナニーになるための研修サポートあり
    詳細はこちら
    マイナビ保育士 ・保育士転職サイト認知度4年連続NO.1
    企業内保育園の求人も多数保有
    ・給与から求人を探せる
    詳細はこちら
    保育士ワーカー ・年間転職成功者数30000人
    ・学童保育の求人多数保有
    給料交渉や条件交渉もサポート
    詳細はこちら
    労働条件などの待遇面への不満
    保育willキャリア ・専門のアドバイザーが相談に乗ってくれる
    納得いくまで求人紹介してくれる
    詳細はこちら
    保育のおまもり ・元保育士が転職サポートしてくれる
    ・電話面談が土日祝や夜間も可能
    詳細はこちら
    働ける時間が限られるパソナ ・大手派遣会社なので安心
    ・パソナの福利厚生を受けられる
    詳細はこちら
    保育士以外の仕事につきたいリクナビnextロゴ150 ・圧倒的な求人数
    未経験歓迎求人も多数保有
    ・企業からのスカウト機能あり
    詳細はこちら

    ▼転職サイトの詳しい情報を知りたい方はこちらもおすすめ

    アイキャッチ画像:転職サイトおすすめ21選!転職のプロがあなたに合った活用法を診断【2022年】

    転職サイトおすすめ21選!転職のプロがあなたに合った活用法を診断【2022年】

    Read More

    このページをシェアする

    人気の記事

    TOP