ベビーシッターサービスおすすめ6選!専門家がサービスの選び方を解説

目次1 ベビーシッターに依頼できることは?1.1 自宅でのシッティング1.2 散歩や公園遊び1.3 保育園、幼稚園、習い事の送迎1.4 食事補助1.5 入浴補助1.6 病児保育1.7 コロナの臨時休園、休校対応2 ベビーシッターの選び方2.1 シッターサービス提供者にはどんな種類が?2.2 安心安全なシッターサービスはどうやって選べばよい?2.3 みんなはどのようなシーンでシッターを活用している?2.4 シッターは高額?自己負担最小限でサービスを利用する方法3 ベビーシッターサービスおすすめ6選3.1 MaryPoppins|人柄重視で安心!3.2 JBSジャパンベビーシッターサービス|創業49年の老舗ベビーシッター会社3.3 ラビットクラブ|保育のスペシャリストが提供する安心のシッターサービス3.4 ポピンズナニー|ハイクオリティのシッティングサービス3.5 マザーグース|協会加入で良心価格!3.6 Bears|入会金なしで高品質なシッターサービスを提供4 ベビーシッタートラブルを防止するためのチェック項目4.1 認定事業者とは4.2 認定ベビーシッターとは5 ベビーシッターに関するQ&A5.1 Q. 夜間もみてくれるの?5.2 Q. 保育園が休みの土日の対応も可能?5.3 Q. どのくらいの距離まできてくれるの?5.4 Q. 何歳までみてくれるの?6 まとめ 保育園や幼稚園、学童などに通っていない子どもをみながら仕事をするには限界がありますよね。とはいえ、そういった保育機関、教育機関にすぐ入園・入所できるとは限りません。 そこで頼りになるのがベビーシッターです。ところが、ベビーシッターに依頼するとなれば、金銭面や安全面での不安がつきもの。そこでベビーシッター、保育園などの事業を営む専門家に意見を伺いました。 ベビーシッターの選び方、費用の相場、シッター利用の注意点、そしておすすめのシッターサービスについても解説しますので、シッター選びの際の参考にしてください。 ベビーシッターに依頼できることは? ベビーシッターサービスでは、以下のサービスを依頼できます。 自宅でのシッティング(お世話) 散歩や公園遊び 保育園、幼稚園、習い事の送迎 食事補助 入浴補助 病児保育 自宅でのシッティング ベビーシッターと聞いて多くの方が思い浮かべるのが、自宅でのシッティングです。シッターさんが自宅に立ち入ることに不安を感じる方もいらっしゃいますが、立入禁止の部屋を決めておけば、プライベートな空間は守られます。 自宅でのシッティングでは、慣れた空間で、いつものおもちゃで遊べるため子どものストレスも少ないでしょう。 散歩や公園遊び あらかじめ依頼をしておけば、散歩や公園遊びもお願いできます。午前中から夕方までの長時間のシッティングを依頼する場合は、屋外遊びを取り入れてもらいたいですね。ただし、多くのシッターサービスでは自転車での移動には対応していないようです。 保育園、幼稚園、習い事の送迎 保育園や幼稚園、習い事などの送迎もシッターさんにお願いできます。子どもを起こして朝ご飯を食べさせて登園させるといった朝の一連の育児を依頼できますので、早朝勤務の方も安心です。 また、未就学児だけでなく、小学生の習い事の送迎や宿題の見守りなども依頼できます。 食事補助 シッティング中に、朝食、昼食、夕食の時間が含まれる場合には、シッターさんに食事の補助をお願いできます。食事は、保護者が用意する必要がありますが、時間がなければ出前サービスを活用してもよいでしょう。 … Continue reading ベビーシッターサービスおすすめ6選!専門家がサービスの選び方を解説