私たちについて知りたい方は

your SELECT.バナー:私たちについて

おすすめのETCカード13選!クレジットカードのプロが選び方を解説!

おすすめのETCカード13選

「ETCカードを発行するならどのクレジットカードを選べばいい?」
「特典や還元率が気になる」

料金所をスムーズに通過できるのはもちろん、時間帯によっては通行料金の割引が受けられるETCカード。クレジットカードを紐づけて利用できるので、カード会社によってポイント還元やガソリン代の割引など、さまざまな特典を受けられるのもうれしいところです。

クレジットカードの専門家であり、ETCカードにも詳しい菊地さんに、ETCカード発行のためのクレジットカードの選び方や、おすすめのクレジットカードを教えてもらいました。

菊地崇仁さん

株式会社ポイ探 代表取締役

菊地崇仁さん

北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。
90枚超のクレジットカードを保有し、約150万円の年会費を支払っている。実際に利用することで、信用できる情報提供をめざしているクレジットカードの達人。

プロ直伝!

ETCカード選びにまつわる基礎知識

では、どのようにクレジットカードを選んでETCカードを発行すればいいのでしょうか。ここでは、クレジットカードを選ぶ際に知っておきたい基礎知識を菊地さんに聞きました。

話している菊地さん

ETCカードの発行の仕方

――ETCカードを手持ちのクレジットカードで発行する場合と、新規でクレジットカードを探してから発行する場合と、どのような違いがありますか?

ETCカードを選ぶときにまず考えたいのが、年会費が無料のカードを選ぶことです。ETCカードはクレジットカードに比べて利用回数が少ないため、ポイント還元などで年会費を取り戻すことが難しいからです。

それを踏まえると、年会費が無料とわかっているクレジットカードを新規で発行するのが確実です。手持ちのクレジットカードのETCカードを発行した場合、年会費や発行手数料がかかるかもしれないからです。ただし新規でクレジットカードを発行する場合、審査で時間がかかることがあります。すぐ使いたい場合、手持ちのクレジットカードなら審査がないため、費用が許容範囲であれば、そちらで発行するという選択肢もあります。

手持ちのクレジットカードで発行する場合 新規のクレジットカードで発行する場合
・審査がない分、早く発行できる
・発行日数は1〜3週間くらい
(一部、即日発行できるカードがある)
・クレジットカード自体の審査がある
・審査が終わってしまえば、発行日数は1〜3週間くらい(一部、即日発行できるカードがある)
ETC専用ゲート

快適なドライブには必須のETCカード。ぜひ入手しておきたい

ETCカードの年間コスト

――ETCカード選びをする際、年間のコストはどのようにチェックしたらいいですか?

コスト面でチェックが必要なのは、以下の4つです。これらがすべて無料になるクレジットカードを選べば、年間のコストは0円。ETCで利用した費用のみがクレジットカードで引き落とされます。

<ETCカード発行時にチェックしたい費用>

  • 新規クレジットカードの場合はクレカ自体の年会費
  • ETCカードの年会費
  • ETCカードの発行手数料
  • ETCカードの更新手数料

クレジットなしの「ETCパーソナルカード」とは?

中にはクレジットカードなしでETCカードが発行できる「ETCパーソナルカード」を利用する人もいます。東/中/西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同で発行する「ETCパーソナルカード」は、クレジットカードと連携していない分、デポジット(保証金)最低2万円と年会費(1257円・税込)がかかります。費用がかかるため、コストを抑えたい人にはおすすめできませんが、審査なしでETCカードを発行したい人にはメリットがあるでしょう。

ETCカードの最近のトレンド

――ETCカードのトレンドを教えてください。

有料道路だけではなく、駐車場やドライブスルーなどでキャッシュレス&タッチレス決済できる「ETCX」というサービスが試用運行されています。駐車場などでも精算できるので、メリットを感じる場所も多いでしょう。今後使える場所が増えていくようですし、積極的に利用していきたいサービスです。「ETCX」に参加しているカード会社のクレジットカードでETCカードを発行すれば、誰でもサービスを利用することができます。

・ETCX(イーティーシーエックス)とは?

駐車場やガソリンスタンド、飲食店のドライブスルー利用などの際に、ETCカードを使うことで車内から出ることなくキャッシュレス決済できるサービス。今後数年のうちに、カーフェリーやEV充電スタンドなどでも実施される予定です。利用できるのは、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナース、オリコ、イオンなどのクレジットカード。5分程度の登録を済ませたらすぐに利用できます。登録料・年会費は不要。

プロが教える!

ETCカードの選び方 5ヶ条

ETCカード選びで「ここだけはチェックしたい」という5ヶ条を菊地さんに聞きました。気になるクレジットカードをチェックするときの参考にしましょう。

  1. 年会費の金額
  2. 発行・更新手数料の有無
  3. ポイントの種類や還元率
  4. 有用な特典の有無
  5. ロードサービス特典の付帯

1. 年会費の金額

一般的に利用回数や利用額がそれほど多くないETCカードの場合、還元ポイントで年会費を取り戻すことが簡単ではありません。年会費無料のETCカードを選ぶことが賢く利用するためのコツといえます。

最近は利用促進をねらって「年1回以上のETC利用で年会費無料」とするカード会社が増えており、高速道路を利用する予定があれば実質無料で所有できます。また、一般カードは年会費がかかるけれど、プラチナやゴールドなどの上位カードではETCカードの年会費が無料になる、というクレジットカードもあります。

<年会費が無料になるケース>

  • 基本的に年会費が無料
  • 「年一回以上のETC利用」など条件付きで年会費無料
  • プラチナやゴールドなどの上位カード

2. 発行・更新手数料の有無

チェックを忘れやすいのが、発行手数料と更新手数料です。「年会費は無料だけど、発行と更新には費用がかかる」というETCカードは意外と多いので注意しましょう。

もう一点覚えておきたいのは、ETCカードは、車載器での抜き差しを繰り返すうちにチップが故障するなど不良が生じる可能性があることです。そのような場合にカード自体を取り替えてもらうのですが、発行手数料がかからないETCカードなら無料で交換できます

発行手数料とは? 更新手数料とは?
・無料もしくは550〜1100円(税込)が相場
・申し込み時や、カードの故障・紛失などで新たに発行する際に支払う
・無料もしくは550〜1100円(税込)が相場
・4〜5年で自動更新されることが多い

3. ポイントの種類や還元率

ETCカードは、楽天ポイント、dポイント、Oki Dokiポイント、永久不滅ポイントなど、クレジットカードと同じポイントが同じ還元率で貯まります(一部例外あり)。新規でクレジットカードを選ぶ場合、ふだん使っているポイントと同じ種類で、さらに高還元の1枚を選ぶとポイントを貯めやすくなります。中には、ネットのショッピングモールやガソリンスタンドなど、特定の店舗の利用でポイントアップができるETCカードなどもあり、その条件が自分に当てはまればさらにポイントが貯まりやすくなります。

4. 有用な特典の有無

数は少なめですが、下記のように特定の人にマッチする特典の付いたETCカードもあります。自分に当てはまる特典ならメリットを感じやすいでしょう。特に注目されやすいのが、ガソリンの割引サービスです。車に乗る機会が多い人はメリットを感じやすいはずです。

<よくある特典>

  • マイレージサービスが受けられる
  • 時間帯によって割引制度がある
  • ETCゲート 車両損傷お見舞金制度(イオンETCカード)
  • ガソリン代の値引き(ENEOSカードS)

5. ロードサービス特典の付帯

ロードサービスが付帯されたETCカードでは、レッカーが一部無料になるなどのサービスを受けられます。プラチナカードやゴールドカードなどに付帯するロードサービスとは窓口が異なり、若干電話がつながりにくいケースもありますが、万が一のときのための安心感を得られるといえそうです

菊地崇仁

例えば「子どもが車内灯をつけっぱなしで気づいたらバッテリーが落ちていた」といった不測の事態などもあるので、バッテリー充電などのサービスが無料で受けられるのは安心感につながります。ただ、レッカーやパンクなどのトラブルはそう多くはないので、年会費無料かつポイント還元を優先しつつ、ロードサービスが付いていたら安心、というくらいで私は考えています。また、年会費無料のETCカードのロードサービスは、有料のロードサービスなどとは使い勝手が違う、ということも覚えておきたいところです。

プロがおすすめ!

ETCカード13選

上記の選び方5ヶ条を踏まえ、菊地さんにおすすめのETCカードを教えてもらいました。一部を除き、年会費・発行手数料・更新手数料が無料のカードを選んでいます。

<ETCカード発行におすすめのクレジットカードを大別するとこうなる>

目的別おすすめETCカード一覧

<おすすめのETCカード13選>

カード名 年会費 ETC年会費 ETC発行手数料 ポイント還元率 ETC還元率 公式サイト
リクルートカードリクルートカード 無料 無料 無料(JCBのみ) 1.2~4.2% 1.2% 詳細
Likeme by saison cardLikeme-by-saison-card 無料 無料 無料 1.0% 1.0% 詳細
Orico Card THE POINTOrico Card THE POINT 無料 無料 無料 1.0% 1.0% 詳細
JCBカード WJCB CARD W 無料 無料 無料 1.0%(特約店では2.0%以上) 1.0% 詳細
楽天カード楽天カード 無料 無料(楽天PointClubがプラチナ以上の場合) 無料 1.0% 1.0% 詳細
dカードdカード 無料 初年度無料(1年に1度でも使えば翌年も無料) 無料 1.0%(特約店では1.5%以上) 1.0% 詳細
au PAYカードau PAYカード 実質無料(年に1度の利用で無料) 無料 1100円※発行1年以内利用で請求差し引き有 1.0%※au PAYチャージ&利用で1.50% 1.0% 詳細
エポスゴールドカードエポスゴールドカード 5000円(年間ご利用金額50万円以上で、翌年以降年会費永年無料) 無料(VISAのマークの付いたエポスカードを持っている場合のみ申し込み可能) 無料 0.5~1.5% 0.5% 詳細
三菱UFJカード VIASOカードVISAO 無料 無料 1100円 1.0% 1.0% 詳細
ダイナースクラブカードダイナースクラブカード 2万4200円(税込) 無料 無料 1.0% 0.5% 詳細
イオンカードセレクトイオンカードセレクト 無料 無料 無料 0.5%(イオンでは1.0%以上) 0.5% 詳細
ENEOSカードSENEOSカードS 初年度:無料/2年目以降:1375円(税込) 無料 無料 0.6~2.0% 2.0% 詳細
セゾンカードインターナショナルセゾンインターナショナル 無料 無料 無料 0.5%(有効期限なし) 0.5% 詳細

※価格はすべて税込です

高還元のETCカード4選

ETCカードで感じやすいメリットといえば、やはりポイント還元です。基本的にETCカードの還元率はクレジットカードと同じ。もともと高還元のクレジットカードを選んでおけば、ETCカードを発行してからさらにポイントが貯まりやすくなります。ここでは、年会費無料で還元率1%以上のETCカードを紹介します。

還元率1.2%でポイントが貯まりやすいリクルートカード

リクルートカード

リクルートカード
申し込み資格 18歳以上で安定した収入のある方
年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 JCBで発行する場合のみ無料※
ポイント還元率 1.2~4.2%
貯まるポイント リクルートポイント
ETC還元率 1.2%
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
付帯保険 海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
電子マネー モバイルSuica

※VISA、Mastercardの場合は1100円(税込)

出典:https://recruit-card.jp/

リクルートカードは、リクルートホールディングスがJCB・三菱UFJニコスと提携して発行したクレジットカード。還元率0.5%のクレジットカードが多い中で、1.2%という高還元率を誇ります。ETCカードでも100円利用で1.2ポイントのリクルートポイントが貯まり、宿・ホテルの予約サイト「じゃらん」や飲食情報サイト「ホットペッパー グルメ」など各種リクルート運営サービスで、1ポイント=1円として利用できます。クレジットカード、ETCカードともに年会費は無料です。

菊地崇仁さん

ここまで還元率が高いカードは他にあまり見かけません。JCBとVISA、JCBとMastercardなど、2枚持ちができて使い勝手もいいです。ただ、ETCカードをMastercardやVISAで発行すると手数料がかかるため、JCBで発行するのを忘れないようにしましょう。

公式サイトへ

キャッシュバックで使い勝手がいいLikeme by saison card

Likeme by saison card

Likeme-by-saison-cardセゾンETCカード2
申し込み資格 18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生を除く)
年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ポイント還元率 1.0%
貯まるポイント 永久不滅ポイント
ETC還元率 1.0%
国際ブランド Mastercard
付帯保険 カード不正利用補償(オンライン・プロテクション)、海外旅行傷害保険最高3000万円(利用付帯)
電子マネー iD、Apple pay、Google Pay、モバイルSuicaなど

出典:https://www.saisoncard.co.jp/creditcard/lineup/084/

出典:https://www.saisoncard.co.jp/creditcard/benefits-service/etc-card/

Likeme by saison cardは、2021年3月にクレディセゾンがZ世代などの若年層をコアターゲットとして発行を開始したクレジットカード。美容やファッションなどのトレンドに敏感なZ世代にメリットが多いという特徴があります。ETCカードでも、1ヶ月分の利用額に対して1%が毎月の引き落とし時にキャッシュバックされます

菊地崇仁さん

ポイントではなくキャッシュで還元されるETCカードは数えるほどしかありません。受け取ったキャッシュはお買い物はもちろんガソリン代に回すことができて便利です。

公式サイトへ

入会6ヶ月間は還元率2.0%Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTオリコETCカード
申し込み資格 18歳以上(高校生を除く)
年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ポイント還元率 1.0%
貯まるポイント オリコポイント
ETC還元率 1.0%
国際ブランド Mastercard、JCB
付帯保険 国内外オリコパッケージツアー割引サービスなど
電子マネー iD、QUICPay

出典:https://www.orico.co.jp/creditcard/list/thepoint/

出典:https://www.orico.co.jp/creditcard/list/etc/

数あるオリコカードの中でもっとも高還元にこだわっているのがOrico Card THE POINTです。クレジットカードと同様、ETCカードでも常時1%還元されて、オリコポイントが貯まります。貯まったポイントは「オリコポイントゲートウェイ」で商品やギフト券に交換可能。マイルやWAONポイントなどにも交換できます。

菊地崇仁さん

入会6ヶ月間はポイント2倍になるのがありがたい1枚。もともとの還元率も1%と悪くないので、使っていて損はないでしょう。ネットショッピングで「オリコモール」を経由すると、基本のオリコポイントに0.5%が上乗せされて1.5%になるので、ネットショップをよく使う人もメリットを感じやすいはずです。

公式サイトへ

年会費無料なのに還元率1%とお得JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD WETCスルーカード
申し込み資格 18歳以上39歳以下
年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ポイント還元率 1.0%(特約店では2.00%以上)
貯まるポイント Oki Dokiポイント
ETC還元率 1.0%
国際ブランド JCB
付帯保険 海外旅行傷害保険最高2000万円
電子マネー QUICPay

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w2.html

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/add/etc/through-card.html

JCB CARD Wでは、JCBから発行されるETC専用カード「ETCスルーカード」を発行することができます。年会費・発行手数料が無料で、還元率1%。貯まったOki Dokiポイントは優待店舗などで利用できます。優待店舗には運転中に立ち寄ることが多いガソリンスタンドやコンビニが含まれているため、ポイントの使い勝手もいいです。

菊地崇仁さん

年会費・発行手数料が無料なのに、還元率1%が得られるお得なカードです。クレジットカードを発行するには39歳までの年齢制限がありますが、年齢をオーバーしていても更新できます。

公式サイトへ

条件付きで年会費無料になる高還元のETCカード3選

基本的に年会費が無料のETCカードに対して、条件付きで年会費無料になるカードを紹介します。実質無料になることも少ないため、条件面だけ注意しておけばポイントが貯まりやすいです。

ETC利用のたびに楽天ポイントが貯まる楽天カード

楽天カード

楽天カード楽天ETCカード
申し込み資格 満18歳以上
年会費 無料
ETC年会費 無料(楽天PointClubのランクがプラチナ以上の場合)
ETC発行手数料 無料
ポイント還元率 1.0%
貯まるポイント 楽天ポイント
ETC還元率 1.0%
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、American Express
付帯保険 海外旅行傷害保険最高2000万円
電子マネー 楽天Edy

出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

出典:https://www.rakuten-card.co.jp/service/etc-card/

楽天カードはポイントが貯まりやすく人気のクレジットカードです。ETCカードは、通行料金100円で1ポイントの楽天ポイントが貯まります。楽天ポイントは旅行やグルメ、ショッピングなどさまざまなジャンルを網羅しているのが特徴で、「すべて楽天ポイントでまかないたい」という人に特におすすめします。

菊地崇仁さん

「楽天ETCカード」の年会費が無料になるのは、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの他に、一般カードで楽天PointClubのランクがプラチナ以上の人です。それ以外は年会費が550円(税込)かかってしまいます。そのことを知らずに申し込んでいる人が意外と多いので、注意しましょう。

公式サイトへ

還元率1%で特約店にカーライフ関連が多いdカード

dカード

dカードドコモETCカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
ETC年会費 初年度無料(1年に1度でも使えば翌年も無料)
ETC発行手数料 無料
ポイント還元率 1.0%(特約店では1.5%以上)
貯まるポイント dポイント
ETC還元率 1.0%
国際ブランド VISA、Mastercard
付帯保険 なし(ショッピング保険はあり)
電子マネー iD

出典:https://d-card.jp/st/

出典:https://d-card.jp/st/abouts/etc/etc.html

ドコモが発行するクレジットカードで、クレジットカード、ETCカードともに還元率は1%。ETCカードの年会費は初年度無料で、2年目以降は前年度に一回でもETC利用があれば無料になります。dカードにはENEOSやオリックスレンタカーなど車関連の特約店があり、100円につき1ポイントの決済ポイントに加えて、利用額に応じた特約店ポイントが追加されます

菊地崇仁さん

年一回の利用で翌年のETCカードの年会費が無料、もしくは、dカードGOLDを利用している人は永年無料になります。dポイントで月々の携帯電話料金を支払うことができるため、ドコモユーザーやdポイントを貯めている人にメリットが大きいカードです。

公式サイトへ

還元率1%でauユーザーにおすすめau PAYカード

au PAYカード

au PAYカードau PAY ETCカード
申し込み資格 18歳以上(本人または配偶者に定期収入のある方)
年会費 実質無料(年に1度の利用で無料)
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 1100円(税込)
※発行1年以内利用で請求差し引きあり
ポイント還元率 1.0%
※au PAYチャージ&利用で1.50%
貯まるポイント Ponta ポイント
ETC還元率 1.0%
国際ブランド VISA、Mastercard
付帯保険 海外旅行傷害保険最高2000万円
電子マネー iD

出典:https://www.kddi-fs.com/

出典:https://www.kddi-fs.com/function/etc/

au PAYカードは、auから発行されているクレジットカードです。ETCカードを100円利用するごとに1ポイントのPontaポイントが貯まります。貯まったPontaポイントは携帯電話の支払いに充てることができるため、auの携帯電話を使っている人や、Pontaポイントを貯めている人におすすめです

菊地崇仁さん

発行手数料と再発行手数料がかかりますが、1年以内にETC利用があれば無料になる利用特典があります。また、au PAYゴールドカード会員は発行手数料がかかりません。PontaポイントはシェルSS、出光SS、apollostationでも使えます。

公式サイトへ

ポイントアップできるETCカード2選

もともとのポイントもしくはキャッシュバック還元が、ETC利用によってポイントアップできるカードを2つご紹介します。ETCの利用が多い人に特におすすめです。

ETC利用で最大3倍のポイントアップエポスゴールドカード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード
申し込み資格 18歳以上
年会費 5000円(税込。年間ご利用金額50万円以上で、翌年以降年会費永年無料)
ETC年会費 無料(VISAのマークが付いたエポスカードを持っている場合のみ申し込み可能)
ETC発行手数料 無料
ポイント還元率 0.5~1.5%
貯まるポイント エポスポイント
ETC還元率 0.5%
国際ブランド VISA
付帯保険 海外旅行傷害保険最高1000万円
電子マネー

出典:https://www.eposcard.co.jp/goldcard/main.html

マルイグループのサービスをお得に利用できるエポスゴールドカード。ゴールドカードでETCカードを発行すると年会費が無料になります。家族カードがないことがデメリットとして挙げられるカードですが、マルイをよく利用する人や、家族カードが必要ない人におすすめです。ETCカードでは100円の利用で0.5%が還元されます。

菊地崇仁さん

ゴールドカードには「選べるポイントアップ」という、指定した3つのショップでポイントが最大3倍になるサービスがあります。その3つの中にETCを選んでおくと、もともとの還元率0.5%が1.5%になってお得です。また、使えるお店が多いSuicaを選んでおくのもおすすめです。つまり、3つの中にETCとSuicaを入れておくと、ポイントが貯まりやすい人が多いです。

公式サイトへ

ETC利用でポイントが2倍VIASOカード

VIASOカード

VISAO
申し込み資格 18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 1100円(税込)
ポイント還元率 0.5~10%
貯まるポイント VIASOポイント
ETC還元率 1.0%
国際ブランド Mastercard
付帯保険 海外旅行傷害保険最高2000万円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuicaなど

出典:https://www.cr.mufg.jp/apply/card/m_viaso/index.html

VIASOカードは、三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードで、カード利用で貯まったポイントがすべてキャッシュバックされるのが特徴。ETC利用でポイントが2倍になり、ETCを使うほどポイントが貯まっていくというメリットがあります。年会費は無料で、発行手数料がかかります。

菊地崇仁さん

ETC利用でポイントアップでき、さらにポイントが自動でキャッシュバックされる貴重なカードです。発行時に手数料がかかるため、ETCカードを紛失しないように注意しましょう。

公式サイトへ

特殊な特典が付くETCカード4選

特典が付くETCカードを紹介します。自分に合った特典が見つかれば、カード選びの決め手になるはずです。

ETCカードを最大5枚まで発行可能ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードダイナーズETCカード
申し込み資格 年齢27歳以上の方
年会費 2万4200円(税込)
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ポイント還元率 1.0%
貯まるポイント ダイナースクラブ リワードポイント
ETC還元率 0.5%
国際ブランド Diners
付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
電子マネー Apple Pay

出典:https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/dinersclubcard.html

出典:https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/etc.html

ダイナースクラブカードはダイナースのプロパーカードで、年会費は比較的高額ですが多くの豪華特典が付帯するのが特徴です。カード会員は、ETCカードの年会費と発行手数料がともに無料。ETC利用が少ない人でも安心して発行することができます。カード会員が所有する車両台数(車載器台数)に応じて、ETCカードを最大5枚まで発行できるのがメリット。ポイント還元は利用額200円につき1ポイントです。

菊地崇仁さん

ETCカードは通常クレジットカード1枚につき1枚発行可能ですが、このカードでは5枚まで発行できます。例えば個人事業主で会社の車と自家用車を分けたい、という場合に役立つのではないでしょうか。自分用にメインとサブを持ちたい場合も、1社で発行できたほうが管理しやすいかもしれません。

公式サイトへ

ETCゲートの開閉バー衝突で一律5万円イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトイオンETC専用カード
申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ポイント還元率 0.5%(イオンでは1.00%以上)
貯まるポイント WAON POINT
ETC還元率 0.5%
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
付帯保険 ETCゲート 車両損傷お見舞金制度、ショッピング保険
電子マネー iD

出典:https://www.aeon.co.jp/card/lineup/select/

出典:https://www.aeon.co.jp/service/etc/

イオンが発行するクレジットカード。年会費・発行手数料無料。土・日・祝日を除く平日14時までに申し込みが完了すれば、最短で申し込みの翌日にカードが発送されます。他にはないメリットとなるのが、ETCゲート 車両損傷お見舞金制度です。ETCゲートを通過中、万が一開閉バーに衝突してしまった事故に対して、年一回、一律5万円分のお見舞金が支払われます。免許を取ったばかりの人など、運転技術に不安がある人は安心できるかもしれません。

菊地崇仁さん

イオンカードはもともと、商品を買ったときの補償が180日間であるなど、補償が手厚いのが特徴です。最近増えているスマホの画面割れもショッピング保険の対象となり、「イオンカードは保険がいい」と覚えておくといいでしょう。開閉バーのお見舞金も、その保険のひとつです。

公式サイトへ

ガソリン代がずっと安いENEOSカードS

ENEOSカードS

ENEOSカードSENEOS ETCカード
申し込み資格 18歳以上、ご本人に安定継続収入のある方
年会費 初年度:無料/2年目以降:1375円(税込)
※年1回以上の利用で2年目以降も無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ポイント還元率 0.6~2.0%
貯まるポイント ENEOSカードポイント
ETC還元率 2.0%
国際ブランド JCB
付帯保険 レンタカー優待、ロードサービス、メンテナンス料金割引、ポイントプログラム
電子マネー Apple Pay、QUICPayなど

出典:https://www.eneos.co.jp/consumer/ss/card/card/kind/card_s.html

出典:https://www.eneos.co.jp/consumer/ss/card/card/addition/etc.html

石油元売の最大手のひとつであるENEOSが発行するクレジットカード。C、P、Sの3種類のうち、Sは実質年会費無料で所有できます。クレジットカード自体にガソリン・軽油がずっと2円/L引きになる会員特典が付きます。ENEOSのロードサービスが付帯され、レッカー車による移動が10kmまで無料、バッテリー上がりやキーの開錠サービスなど30分以内の作業が無料になります。

菊地崇仁さん

ガソリン会社系のクレジットカードは年会費がかかるものも多いのですが、ENEOSの場合は年会費も実質無料で、ETCカードの発行手数料も無料。

ガソリン代は店頭価格から実質1L4〜5円引き。30L入れた場合は最大150円安くなりますが、ガソリンスタンドは店舗によって1L10円ほど開きがあることとも。安いスタンドをあらかじめ知っていて、さらにENEOSカードSで割引になるなら、ガソリン代を効率的に安くすることができます。

公式サイトへ

店舗申し込みで即日発行が可能セゾンカード インターナショナル

セゾンカード インターナショナル

申し込み資格 18歳以上
年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ポイント還元率 0.5%(有効期限なし)
貯まるポイント 永久不滅ポイント
ETC還元率 0.5%
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
付帯保険 なし
電子マネー WAON

出典:https://www.saisoncard.co.jp/creditcard/lineup/001/

出典:https://www.saisoncard.co.jp/creditcard/benefits-service/etc-card/

クレジットカードの入会金・年会費が永久無料で、永久不滅ポイントが貯まるのが特徴です。ETCカードも発行・年会費が無料。また、ETCカードが最短で即日発行できます。即日発行をしたい場合はセゾンカウンターで、セゾンカードと本人確認書類があれば申し込みが可能。インターネットや電話での申し込みでも最短で3日後に発送されます。

菊地崇仁さん

即日発行できるのは、他ではほとんどないサービスです。「翌日に出張するので今日中にETCカードを発行したい」「明日から旅行なのにETCカードの発行を忘れていた」などの希望があるなら、即日発行が役に立ちそうです。

公式サイトへ

プロに聞いた!

ETCカードにまつわるQ&A

語っている菊地さん

Q. デビットカードでもETCカードを発行できますか?

A. デビットカードの残高が足りないと、ETCのゲートから出られません。それもあって、デビットカードで発行できるETCカードはごくまれ。ほぼクレジットカードのみと考えていいと思います。

Q. ETCカードを複数発行するメリットは?

A. 例えば、2枚持っているとETCカードを忘れたときや故障してしまったときにサブを使うことができて便利です。メインとサブを所有していて、メインは車の中に、サブは財布の中に保管しています。旅行先などでレンタカーを利用する際に「忘れた」となることがあるので、そんなときにサブがあると助かります。また、ETCカードのチップがダメになってしまった、こすれて使えなくなったといった場合にも備えられます。

ただ、サブはふだんあまり使うことはないので、「知らないうちに年会費が引かれていた」ということがないように、サブを持つ際には年会費がかからないETCカードを選ぶことをおすすめします。

Q. ガソリン代の割引があるクレジットカード(ETCカード)はおすすめですか?

A. ガソリンスタンドはフランチャイズで店舗によってガソリン代が違うため、難しいところです。1Lで1円や2円の違いなら、1回にガソリンを30L入れても30〜60円引きですから、ポイント還元率など他のメリットに目を向けたほうがお得といえるかもしれません。

話している菊地さん

Q. ETCカードの見直しは定期的にしたほうがいいですか?

A. ライフイベントなどに合わせてときどき見直してもいいのではないでしょうか。例えば「出張する機会が減った」「趣味で遠出することが少なくなった」「子どもが小さいうちは頻繁に遠出をしていたけど、成長してからあまりETCを利用することがなくなった」ということもあると思います。年会費が永年無料のETCカードならそのままで構いませんが、年一回の利用で年会費が無料になるような場合、ETCの利用が減ったタイミングなどで見直してもいいでしょう。

まとめ

毎日のように使用するクレジットカードとは違い、ETCカードは使う回数が限られている人がほとんど。中には「年に1度も使わなかった」ということもあるのではないでしょうか。使う機会が少ないのに年会費を支払っていると損をすることになりますので、年会費・発行料・更新手数料が無料になるETCカードを選ぶことをおすすめします。

ETCカード発行にかかる費用をゼロにしたうえで、ポイント還元率や特典など、自分に合ったカードを選ぶことが、カード選びの決め手となるはずです。

TOP