英会話スクールおすすめ10選!英語学習の専門家・塚本亮さんに聞いた英語学習メソッド付き

英会話メインビジュアル

目次

「自分に合った英会話スクールの選び方がわからない」
「オンラインとオフライン、どっちが学びやすい?」

英会話スクールで英語を習得して、ビジネスシーンやプライベートで、スキルを生かしたい。そんなふうに考える人は少なくないのでは。そこで、この記事では英語学習専門家の塚本亮さんをインタビュー

塚本さんに、ビジネス英会話レベルの英語をマスターするために必要な学習のコツと英会話スクールで英語を学ぶ場合にどんなスクールを選べばよいかを教えていただきました

塚本亮さん

ジーエルアカデミア株式会社
代表取締役

塚本亮さん

ジーエルアカデミア株式会社代表取締役。 マッチャモーレ京都山城代表。1984年京都生まれ。高校時代、偏差値30台、退学寸前の問題児から一念発起し、同志社大学に現役合格。卒業後、ケンブリッジ大学大学院で心理学を学び、修士課程修了。帰国後、京都にてグローバルリーダー育成を専門とした「ジーエルアカデミア」を設立。心理学に基づいた指導法が注目され、国内外の教育機関や企業、トップアスリートなどから指導依頼が殺到。これまで延べ6000人に対して、世界に通用する人材の育成・指導を行う。主な著書として『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』(明日香出版社)、『頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き』(すばる舎)などがある。

SELECTorが教える!

英語学習の専門家がおすすめする英会話習得のコツ

英語学習の専門家の塚本さんがおすすめする英会話習得のコツや、英語学習方法についてお話を聞きました。

英会話をマスターする学習方法とは

英会話ポイント1

――英会話を習得するうえで重要なことを教えてください。

「英語=日本語に訳すもの」とイメージしている人も多いかと思いますが、実は読解において最大の敵が“全文を訳そうとすること”なのです

一文一文訳していくのではなく、問題に対して何が言いたいのかを正確に読み解いていくことが、英会話をマスターするためには非常に重要です。日本語に訳すのではなく、文章の本質をイメージでつかんでいくことを意識してみましょう。

例えば、「A young man was standing in the garden」であれば、「一人の若い男が庭に立っていた」という意味になりますが、これだと解釈のスピードが落ちてしまいます。そもそも日本語と英語では語順が違うので、日本語の順番に整理しながら理解する必要はありません。英語で書かれているとおりに「A young man(一人の若い男)/was standing(立っていた)/in the garden(庭で)」と読んだうえで、実際の描写をイメージしていきましょう。結果的にリスニング力向上にもつながりますし、ビジネス英会話を習得するうえでも役立ちます。

――日本人がネイティブな英語を身につけるにはどんな姿勢が必要になるのでしょうか?

日本にいた頃の勉強法は、とにかく外国人観光客と接することでした。自然な英語力を習得するために、駅の乗り換えや切符購入に困っている外国人観光客を見かけては、積極的に話しかけていました。

オーストラリア訛りやイギリス訛りなど、イントネーションの異なる英語に苦労しながらも、少しずつ“生の英語”を学んでいきました。とはいえ、私とまるっきり同じような経験を積むのは難しいと思うので、英会話スクールに通って生の英語に触れて覚えるのも一案ですね。

塚本さんインタビュー01

その後渡英しましたが、大学院時代も現地の英語が理解できないことが多々ありましたね。

ですが、ネイティブな英語を話せないからといって落ち込む必要はなくて……世界で16億もの人が英語を話しているなかで、実はネイティブな英語を話しているのはたった4億人しかいません。流暢な日本語を話す外国人コメンテーターもどこかイントネーションやリズム感が日本人とは異なるのと同様に、日本人が完全なネイティブ英語を習得するためには高い壁があります

“自分らしい英語”を話し「英語にはいろいろな訛りや表現がある」と理解したうえで柔軟に聞き取る姿勢が必要です。それが英会話をマスターするためのひとつのポイントになります。

英会話スクールに通い、挫折せずに英会話をマスターする方法

英会話ポイント2

――英会話スクールに通ってもマスターできない場合の改善策はありますか?

人はどうしてもマンネリ化してしまう生き物なので、漠然と英会話スクールに通うだけでは飽きがきてしまいます。英語を学んでも生かせる場所がないと、どうしてもモチベーション低下の原因になるんです。

受験勉強のように明確なゴールや目標がないビジネス英会話を学ぶ場合には、“何をゴールにするか”を明確に決める必要があります。「〇月にこの試験をパスしよう!」といったように、ひとつの目標に向かって学んでいくとよいでしょう。

また、英会話スクールに通っても英語力が向上しない場合、教室や講師との相性が悪い可能性も考えられます。ビジネス英会話を学びたいのであれば、同じ志をもつ仲間と切磋琢磨しながら学べる環境がおすすめです。

「第二の動機」と呼んでいるのですが、第一の動機である「英会話習得の意思」に加えて、「学ぶ目的をいくつか見つける」のも、モチベーションを維持させる方法のひとつです。「毎週会いたい先生や仲間がいる」「次はこんな話をしたい」など、些細なことでいいので英会話を学ぶ理由をいくつか思い描いてみてください。

英会話スクールで教室選びに気をつけたいポイント

英会話ポイント3

――スクールはオンラインorオフラインではどちらがおすすめでしょうか?

大前提として、英会話スクール選びは“マンネリ化するもの”として選んだ方がいいですね。そのうえで、オンラインとオフライン、個別とグループ授業のどれが自分に合っているのか吟味してみてください。複数のスクールの体験授業を受けて、比較するのも大事ですね。

オンラインの特徴は担当の先生が固定制ではないところが多いですね。同じ人が教えてくれるわけではないので、成長度合いを実感しづらいデメリットがある反面、さまざまな国の先生と話せるメリットがあります「DMM英会話」などが良い例ですが、楽しく英語を学びたいときにはおすすめです

一方、オフラインの英会話スクールの場合は、毎週1人の先生が専任で教えてくれることがほとんどなので成長度合いがわかりやすいです。その分、先生のキャラクターや質によって学習速度やレベルが大きく左右されてしまいますね。

いずれにせよ、英会話を習得するうえで重要なのは「受け身」にならないことです。当日話したいエピソードやそれに必要な単語や文法を調べておくなど、事前の準備に力を入れましょう。

塚本さんインタビュー2

――英会話スクールというと、マンツーマンレッスンとグループレッスンがあります。それぞれのメリットとデメリットを教えてください。

マンネリ化を防ぎ、第二の動機を作るためには、グループレッスンの方が効果的です。ただ、どうしても複数人いるので、1人あたりの会話量が少なくなってしまうデメリットも……。

とはいえマンツーマンだからといって、必ずしも会話が増えるわけではなく、おしゃべり好きな先生が担当の場合は、リスニング力は身についてもスピーキング力が伸びないことも多いんです。

どちらのレッスン形態を選ぶにせよ、なるべく自分の話を聞いてくれて会話を引き出してくれる先生を見つけるようにしましょう。

パーソナルトレーニングジムでボディメイクや筋トレをするときと同じ感覚で、英語も自分と相性の良いトレーナーに教わるのが最も大切です。教室選びではなく“先生選び”を重視してみてください。「来週も会いたい」「次会ったらこんな話をしたいな」と思える先生と出会えることが、英会話をマスターする最善策だと思います

「英会話スクール」で大切な学習方法とは?

英会話ポイント4

私がおすすめしているのは、朝に英会話レッスンを受けてから出社する学習方法です。
「早起きして英会話を学んだ」と、自己投資の時間を実感できるので、その日の仕事に対してモチベーションが上がります。また、朝の時間は仕事やプライベートな予定に左右されないため、自分のペースや学習のリズムを確保しやすくなるんです。

24時間対応のオンライン英会話スクールはもちろん、最近は教室型でも早朝から開講している英会話スクールもあります。第二の動機となる“充実感”を覚えるきっかけにもなるので、朝の英会話学習はおすすめです。

レッスン頻度は最低でも週3以上、できれば毎日英語に触れる機会をもつのが理想的。短期間で集中的に英会話を習得したい場合には、オンラインとオフラインのレッスンを併用するのも有効です。

また、ビジネス英語をマスターしたい場合には、自分が働いている業界の単語を学ぶ必要があります。型を覚えてしまえば習得スピードも早まるので、フレーズのパターンを覚えてから英会話レッスンに臨むとよいでしょう。

SELECTorが教える!

失敗しない!初心者が英会話スクールを選ぶ4つのポイント

4つのポイント

英会話スクールの種類(通学・オンライン)を徹底解説

英会話スクールには教室に通う「スクール英会話」と、パソコンやスマートフォンを使って授業を受ける「オンライン英会話」があります。

どちらのタイプが向いている?

  • スクール英会話が向いている人
  • 英語学習仲間を作りたい、ネイティブ講師から質の高い英語を学びたい、比較的時間に余裕がある

  • オンライン英会話が向いている人
  • スキマ時間を有効に使いたい、休みが不定期、週4回以上レッスンを受けたい

スクール英会話の特徴は、学習のリズムが身につき継続して学習しやすいことです。
レッスンのスケジュールやカリキュラムが事前に決まっているので、自分の弱点を克服しながら段階的に英語力を身につけられます。

また、グループレッスンを通じて同じ目標をもつ仲間に出会えるのもスクール英会話の魅力のひとつです。一方、デメリットとしては価格が高額になってしまうこと、レッスンの“数”をこなせない分どうしても学習量が不足する点が挙げられます。

オンライン英会話は、スキマ時間を有効活用できるのが最大の特徴
授業のスケジュールや進め方、受けるコマ数も自由に選べるので、休みが不規則な方や仕事が忙しくレッスンに通えないビジネスパーソンにもおすすめです。

「20~25分/4500~6000円前後」とスクール英会話よりもレッスン料金が安い点もメリットのひとつです。一方で、講師ごとの質のばらつきや学習の継続が難しい点がデメリットとして挙げられます。オンライン英会話でしっかり英語力を身につけるためには、自分に合うレッスン形式や講師を見つける必要があるのです。

英会話スクールのおすすめのレッスン形式は?

英会話スクールのレッスン形式は、グループレッスンマンツーマンレッスンがあり、それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。

<英会話スクールのおすすめのレッスン形式>

グループレッスン マンツーマンレッスン
講師 担当固定制 担当固定制
教材、カリキュラム スクールオリジナル教材、雑談形式、ディベート形式など スクールオリジナル教材
レッスンの時間 1コマ40~60分程度 1コマ40~50分程度
レッスンのスケジュール 受講スケジュールに沿う 受講スケジュールに沿うが、振替や変更も柔軟に対応

英会話スクールの料金相場は?

英会話スクールの料金は、グループレッスンかマンツーマンレッスンかによって大きく異なります。下記の表を参考に、英会話スクールの料金相場を確認しておきましょう。

<英会話スクールの料金相場>

レッスン時間 料金相場
グループレッスン 40~60分 2500~5000円前後
マンツーマンレッスン 40~50分 6000~1万円前後

講師と1対1でレッスンを進められる分、グループレッスンよりもマンツーマンレッスンの方が価格は高めに設定されています。週1回のレッスンで月額3万円以上になるケースも多いので、契約前に必ず確認しておきましょう。

また、英会話スクールを利用する場合、料金形態は下記の3つに分類されます。各料金形態の特徴と注意点もあわせて確認しておきましょう。

  • 契約期間払い
  • 教室型のスクール英会話で利用されている「契約期間払い」は、一定の期間(数ヶ月~1年程度)継続してスクールに通うことを前提とした契約、料金形態です。多くの場合は必要なレッスン費用を一括で支払う必要があり、初回時にかかる経済的な負担が大きくなります。一方で、前払いによる割引が適用されることによって、都度払いや月謝制と比べて料金が安くなるメリットがあります。
  • 月謝制
  • 毎月決まった料金を支払う「月謝制」は、オンライン英会話とスクール英会話の両方で取り入れられている料金形態です。1回あたりの経済的な負担は少なく、比較的手頃な価格でレッスンを受講できます。毎月支払う金額が決まっているため、支出を把握しやすいのもメリットのひとつです。
  • 都度払い制(チケット制、ポイント制)
  • オンライン英会話を中心に取り入れられているのが、レッスンの受講に必要なチケットやポイントを購入して、受講のたびに消費していく「都度払い制」です。購入するチケット枚数やポイント数を調整できるので、気軽にレッスンを受講できます。しかし、購入したチケットやポイントにはレッスンの期限が定められているケースが多いため、期限切れになる前にレッスンを受講するよう注意しましょう。

英会話スクールのカリキュラムの組み方

英会話のレベルや目標とするゴールは人によって大きく異なります。
一口に英会話レッスンと言っても、「日常会話が話せるレベルになりたい」「ビジネスシーンで英語をメイン言語にしたい」など、目標とするレベルやゴールによって受講すべきカリキュラムにも差があるのです。

カリキュラムや授業の進め方に関しては、オンライン英会話の方が自由度は高く、生徒の希望通りにカリキュラムを組める特徴があります。「英語を基礎から学び直したい」「現地で使える文法や単語を知りたい」「資格取得のための英語を学びたい」など、一人ひとりのニーズに合わせたカリキュラムで受講可能です。

スクール英会話の場合、自由度は低いものの、長年培った教室ごとのノウハウを生かしたカリキュラムを設定してくれているので、成果を実感しやすいメリットがあります。

英会話を習得するためには、“自分の習熟度”や目的に応じた授業を受けることが最大のポイント。自らの理解度や目標までのアプローチに合わせて、カリキュラムをカスタマイズできる英会話スクールを選ぶように心がけましょう

編集部厳選!初心者におすすめの英会話スクール10選

スクールの様子

ここからは、英会話初心者におすすめの英会話スクール10教室をご紹介します。

ビジネス英会話に特化したカリキュラムやグループレッスン展開など、塚本さんから教わった英会話学習メソッドに沿った英会話スクールを厳選! 資格取得やビジネス英語を学べる英会話スクールを探している人はもちろん、イチから英語を学び直したい方にもおすすめです。

リンゲージ|朝7時から開講!“朝活英会話”に最適

Linguage

出典:https://www.linguage-school.jp/

<塚本亮さんの英会話学習メソッド>

朝活英会話 会話時間 カリキュラムの自由度

おすすめポイント

  • 早朝7時~夜22時までレッスンが受けられる
  • 急な予定変更もオンラインで振替可能
  • グループレッスンが月4回5800円~
公式サイトへ

10時開講の英会話スクールが多いなか、「リンゲージ」は早朝7時からレッスンを受けられます。出社前に英語に触れる時間がもてるので、塚本さんが勧める“朝活英会話”にもぴったりです。

モチベーション維持につながるグループレッスンも開講しています。
グループレッスンは月4回の月謝制で、料金も月額5800円からと非常にリーズナブルです。初心者からレベルアップを目指したいビジネスパーソンまで、多様なレッスンの中から自らの習熟度に合わせて自由に選べます。

<グループレッスン>

入会金 0円
受講料 5800円~
料金形態 完全月謝制
受講時間 40分×週1回
受講人数 最大5名

<プライベートレッスン>

入会金 0円
受講料 4万3200円
料金形態 完全月謝制
受講時間 40分×週1回

イーオン|大手ならではの手厚いサポート!

AEON

出典:https://www.aeonet.co.jp/

<塚本亮さんの英会話学習メソッド>

朝活英会話 × 会話時間 カリキュラムの自由度

おすすめポイント

  • 丁寧なカウンセリングで不安なく授業を進められる
  • 現地採用した講師から“生の英語”を学べる!
  • “日本人の英語の弱点”を知る、日本人講師も在籍
公式サイトへ

英会話スクールの老舗として、実績と信頼を積み重ねてきた「イーオン」。
10倍以上の倍率から採用したネイティブ外国人講師は、北米オフィスで現地採用しているので、“生の英語”を学びたい人にぴったり! ネイティブだからこその自然な言い回しやニュアンス、表現力を身につけられるスクールです。

また、定期的なカウンセリングを実施しているため、学習における悩みごとは何でも相談可能。目標を達成するまで、講師陣とカウンセラーが一体となってサポートしてくれます。無料体験レッスンも実施しているので、「どんな授業があるの?」「自分に合うカリキュラムや先生って?」など、気軽に問い合わせができるので試してみてくださいね。

<料金例/グループレッスンの場合>

入会金 3万3000円
システム管理費 月額1650円
教材費 1~2万円
料金形態 一括、分割払い

※レッスン時間、内容、料金は授業ごとに異なります

ベルリッツ|自分だけの専用プランが見つかる、豊富な授業展開

Berlitz

出典:https://www.berlitz.com/ja-jp

<塚本亮さんの英会話学習メソッド>

朝活英会話 会話時間 カリキュラムの自由度

おすすめポイント

  • 豊富なコースから自分専用の学習方法が見つかる
  • TOEIC受験対策講座があり、試験特化の学習も可能
  • カリキュラムが豊富で、一人ひとりにマッチ!
公式サイトへ

楽天、資生堂、JTBなど、多くの有名企業がプログラムを活用している、英会話スクール「ベルリッツ」。
「ビジネス英会話コース」「短期集中英会話コース」「TOEIC受験対策講座」「日常英会話コース」など、生徒一人ひとりのニーズに寄り添う豊富なコース&カリキュラムが用意されています

<レッスン内容例>

ビジネス英会話コース:初級~上級までのレベル別コースがあり、生徒一人ひとりの語学力に合わせて幅広く対応可能。日本人カウンセラーと海外ビジネス経験豊富な講師陣が、短期間で成果を実感できるように、最適な学習プランを設計してくれます。

TOEIC受験対策講座:TOEIC L&R TEST、S&W TESTS対策に特化した授業。独学では難しいリスニングケアもできるので、短期集中レッスンとしてもおすすめです。

<料金例/マンツーマンレッスンの場合>

入会金 0円(秋の早得キャンペーン適用時)
教材費 最大6万6000円相当オフ(秋の早得キャンペーン適用時)
受講料 1レッスン(40分)/約6000~8000円台

<料金例/少人数(2~3人)レッスンの場合>

入会金 別途案内
教材費 別途案内
受講料 1レッスン(40分)/3000円台(週1日2レッスン)

NOVA|駅前留学から受け放題のオンラインレッスンまで!

NOVA

出典:https://www.nova.co.jp/

<塚本亮さんの英会話学習メソッド>

朝活英会話 × 会話時間 カリキュラムの自由度

おすすめポイント

  • 固定制と自由予約制のフリープランレッスンの2タイプを用意
  • 英語以外の言語も学習可能
  • 経済的負担の軽い、低価格の月謝制
公式サイトへ

コストパフォーマンスの高いスクール英会話として人気の高い「NOVA」は、グループレッスン&マンツーマンレッスン、短期集中コース、LIVE配信レッスンと幅広いコース展開が魅力です。「1万円ポッキリ留学」「2万2222円マンツーマン留学」など、スクール英会話ながら低料金の月謝制を採用しているので、経済的な負担を気にすることなく、英会話学習に専念できます。

英語の他にも、フランス語・ドイツ語・中国語・韓国語など、幅広い言語のレッスンを開講。ビジネスシーンで必要となる言語を、全てネイティブの外国人講師によるレッスンで習得できます。

<料金例/1万円ポッキリ留学コース>

入会金 受講料に含む
教材費 受講料に含む
受講料 月4回のグループレッスン/1万円

ライザップイングリッシュ|英語力も結果にコミット!短期集中学習にも強い

RIZAP

出典:https://www.rizap-english.jp/

<塚本亮さんの英会話学習メソッド>

朝活英会話 会話時間 カリキュラムの自由度

おすすめポイント

  • 一人ひとりに合わせた個別カリキュラムを設定
  • 全レッスンオンライン視聴可能
  • 完全個室完備でプライベートな英会話レッスンがかなう
公式サイトへ

「結果にコミット」でおなじみのライザップが展開する「ライザップイングリッシュ」は、挫折させない独自の英会話メソッドが魅力です。

英会話学習の環境作りにもこだわり、周りの声や視線が気にならない完全個室レッスンルームを完備。「イントネーションが違うかも……」「発音に自信がない」など、スピーキングに抵抗を感じている初心者の方でも安心してレッスンを受けられます。

また、一人ひとりの生活スタイルに合わせながらレッスンを組めるので、TOEIC L&R TESTのスコアアップに向けた短期集中レッスンにもマッチ。効率的に学習しながら、ワンランク上の結果を目指しましょう。

<料金例/回数別英会話コース>

回数 受講期間の目安 受講料
16回 2ヶ月 39万8000円
24回 3ヶ月 52万8000円
32回 4ヶ月 65万8000円

<料金例/TOEIC L&R TEST スコアアップコース>

回数 受講期間の目安 受講料
16回 2ヶ月 32万8000円
24回 3ヶ月 45万0000円
32回 4ヶ月 57万2800円

ビズメイツ|職場で使える英会話をマスターするなら!ビジネス特化型

Bizmates

出典:https://www.bizmates.jp/

<塚本亮さんの英会話学習メソッド>

朝活英会話 会話時間 カリキュラムの自由度

おすすめポイント

  • 朝5時から受講可能で、出社前にレッスンできる
  • ビジネス英語に特化したカリキュラム
  • 英語でのメールや資料作成についても学べる
公式サイトへ

社内やクライアント相手に使える英語を学びたい方には、ビジネス特化型オンライン英会話「ビズメイツ」がおすすめです。一般的な英会話スクールで学べるリスニングやスピーキングスキルに加えて、英語でのプレゼンテーション資料作りやメールの書き方など、実際のビジネスシーンで活用できるビジネスコミュニケーション力を身につけられます

レッスン時には、実践的な4つのレッスンタイプから自由に選択可能。初心者からネイティブに近い英会話スキルを習得したい方まで、ビジネスシーンでの自信につながる英会話力を段階的にマスターできます。

<料金例/毎日50分プランの場合>

レッスン時間 25分×2回
受講料 9000円(秋のHAPPY CAMPAIGN適用時、通常時1万8000円)

<料金例/レッスンチケット>

レッスン時間 1日に何度でも受講可能
受講料 1200円/1枚(25分)

ECCオンラインレッスン|仕事の関係で英語を急いで勉強する必要ができた人向け

ECC

出典:https://online.ecc.co.jp/

<塚本亮さんの英会話学習メソッド>

朝活英会話 会話時間 カリキュラムの自由度

おすすめポイント

  • 実践的なシーンを想定した、リアルなビジネス英語を習得できる
  • 朝6時~深夜2時まで開講
  • 英語での表現力や細やかなニュアンスも学べる
公式サイトへ

ビジネス英会話を自分のペースで習得したい方には、ECC総合教育機関が運営する「ECCオンラインレッスン」のビジネス英会話コースがおすすめ。相手に好印象を与える自己紹介の仕方や交渉を有利に進める術など、独学では難易度の高いネイティブな表現力を身につけられます

シチュエーションによって適切な表現は異なるもの。あらゆるビジネスシーンに対応できるよう、表現・細やかなニュアンス・シチュエーションをセットで学べるカリキュラムを採用。ECC厳選のビジネスシーンを題材として、実践的なビジネスコミュニケーション力の理解を深められます

<料金例>

レッスン回数 講師 受講料
1日1回~(受講分のみ) フィリピン人講師 月891円~(税込)
月2回プラン ネイティブ、バイリンガル日本人講師 月8360円~(税込)
月3回プラン ネイティブ、バイリンガル日本人講師 月1万2540円~(税込)

DMMオンライン英会話|講師の多様性が魅力!1レッスン163円~

DMM

出典:https://eikaiwa.dmm.com/

<塚本亮さんの英会話学習メソッド>

朝活英会話 会話時間 カリキュラムの自由度

おすすめポイント

  • 講師に多様性があり、英語の奥深さと幅広さについて学べる
  • 24時間、365日開講
  • 1日1レッスンコースが月額6480円の低価格
公式サイトへ

オンライン英会話の先駆けとして、お得な価格帯でレッスンを提供している「DMMオンライン英会話」。塚本さんも「講師陣の多様性が魅力」と語り、アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・南アフリカ・アイルランドなど、133ヵ国の講師陣がそろっています(2020年9月時点)。

イントネーションの違いを感じながら英語の楽しさに触れるのもよし、ネイティブの発音をマスターするもよし。自分の好みや希望に応じて、講師やレッスンを自由に選択してみましょう。もちろん日本人講師も在籍しているので、オンライン英会話に慣れていない初心者の方でも安心です。

<料金例/回数別英会話コース>

レッスン回数 レッスン時間 受講料
1日1レッスン 1日25分 6480円(初月3240円※)(税込)
1日2レッスン 1日50分 1万780円(初月5390円※)(税込)
1日3レッスン 1日75分 1万5180円(初月7590円※)(税込)

※スタンダートプラン入会、早期入会特典適用

BBTオンライン英会話|グローバル化が進む社会の第一線で活躍したい人向け

BBT

出典:https://bbtonline.jp/

<塚本亮さんの英会話学習メソッド>

朝活英会話 会話時間 カリキュラムの自由度

おすすめポイント

  • ビジネスに直結する表現力や英語力が身につく
  • 朝6時から23時30分まで開講
  • 短期間で英語力がアップする「レッスン無制限予約」も用意
公式サイトへ

「BBTオンライン英会話」は、ビジネスの最前線で活躍するために必要な英語力習得を目指した学習サービスです。レッスンには、経営コンサルタントの大前研一さんが手がけるビジネススクールのノウハウが生かされた独自プログラムを採用

単純な英語学習ではなく、ビジネスに直結するコミュニケーション力や表現力の習得までを目標としています。

グローバル企業や政府機関での勤務経験やMBA保持者など、さまざまなビジネスに関係するバックグランドをもった外国人講師が在籍し、他の英会話スクールにはない“ビジネスと直結する英語”を体感できます。

<料金例/1レベルアップコースの場合>

レッスン回数 40回分
受講料 6万1200円(1530円/回)
(秋の最大35%OFFキャンペーン適用時、通常時7万2000円)

<料金例/集中トレーニングコースの場合>

レッスン回数 120回分
受講料 14万400円(1170円/回)
(秋の最大35%OFFキャンペーン適用時、通常時21万6000円)

Ays English|短期集中で“即戦力”となる英語を身につけたい人向け

Ays

出典:https://www.ays-e.com/

<塚本亮さんの英会話学習メソッド>

朝活英会話 会話時間 カリキュラムの自由度

おすすめポイント

  • 集中カリキュラムによって短期間で英語力アップ!
  • 月~日曜日までの朝7時から25時まで開講
  • 成果を実感しやすい、固定担任制
公式サイトへ

「英会話を短期間で上達させたい!」「日本にいながらネイティブな英語をマスターしたい」と考えている方におすすめなのが、「Ays English」のスパルタコース。
短期間での確実な英語力アップを目指すコースで、効果的学習を促すために「5日以上連続受講」「1日4時間、6時間レッスン」といった集中的なカリキュラムが組まれています

もちろん忙しいビジネスパーソンでも無理なく受講できるように、レッスン時間は柔軟に対応可能です。

    授業例/1日4時間受講の場合

  • スピーキング(話す):1レッスン50分
  • グラマー(文法):1レッスン50分
  • ボキャブラリー(単語): 1レッスン50分
  • リーディング(読解):1レッスン50分

<料金例/レッスン日数別>

レッスン回数 レッスン数 受講料
10日間 50分×40レッスン 3万5000円
2週間 50分×56レッスン 4万9000円
4週間 50分×112レッスン 9万8000円

まとめ

多様なカリキュラムやクラスが展開されているなか、自分に合う英会話スクールやレッスンを選ぶことが英会話マスターへの近道です。本記事でご紹介したように、英会話スクールやレッスンごとに魅力や特徴が異なります。料金面や通いやすさだけでなく、自分が“前向きに、能動的に学べるのか”を軸に英会話スクールやレッスンを選びましょう

全国の大手英会話スクール一覧

英会話スクールはオンラインとオフラインがあり選択肢が豊富です。実際に通う場合は、全国に展開する大手英会話スクールを選ぶのもいいかもしれません。大手英会話スクールのエリア別教室数の一覧を表にまとめました。

<大手3大英会話スクールエリア別教室数一覧>

ECC外語学院 英会話AEON 駅前留学NOVA
北海道エリア 6 9
東北エリア 福島県1 青森県1/秋田県1/岩手県1/山形県1/宮城県3/福島県4 青森県3/秋田県1/岩手県2/山形県1/宮城県5/福島県3
関東エリア 東京都28/神奈川県16/埼玉県8/千葉県6/栃木県2/茨城県2 東京都43/神奈川県22/埼玉県14/千葉県11/栃木県2/茨城県5/群馬県3 東京都55/神奈川県25/埼玉県16/千葉県15/栃木県5/茨城県7/群馬県5
中部エリア 静岡県5/岐阜県2/愛知県32 静岡県7/山梨県1/岐阜県4/愛知県32/新潟県2/長野県4/石川県2/富山県2/福井県2 静岡県7/山梨県1/岐阜県4/愛知県18/新潟県3/長野県3/石川県3/富山県2/福井県1
近畿エリア 三重県3/滋賀県3/大阪府25/兵庫県14/京都府8/奈良県6/和歌山県1 三重県5/滋賀県1/大阪府14/兵庫県12/京都府3/奈良県3/和歌山県1 三重県3/滋賀県7/大阪府20/兵庫県11/京都府8/奈良県4/和歌山県1
中国エリア 岡山県1/広島県1 岡山県4/広島県9/島根県2/鳥取県2/山口県5 岡山県2/広島県6/島根県2/山口県3
四国エリア 香川県1/徳島県1/高知県1/愛媛県1 香川県3/徳島県6/高知県2/愛媛県3
九州エリア 福岡県3/鹿児島県1 福岡県8/佐賀県1/長崎県2/熊本県1/大分県1/宮崎県1/鹿児島県1/沖縄県1 福岡県12/佐賀県2/長崎県2/熊本県2/大分県2/鹿児島県3/沖縄県3
全国 168 254 299

(2020年9月現在)

英会話スクール選びや学習方法に迷ったときには、塚本さんの英会話学習メソッドや英会話スクールへ通う「第二の動機」を思い浮かべてみてください。

TOP