私たちについて知りたい方は

your SELECT.バナー:私たちについて

【皮膚科医監修】化粧水おすすめ12選|年代&肌タイプ別の正しい選び方を解説

化粧水おすすめMV

目次

毎日のスキンケアに欠かせない化粧水。乾燥肌には高保湿タイプ、脂性肌にはさっぱりタイプなど、化粧水の種類や選び方は何となくわかっているつもりでも、

「今使っている化粧水は本当に自分に合っているの?」
「もっとピッタリな化粧水があるのでは?」

と、疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、美容皮膚科医の大久保先生、美容家のayakaさんにそれぞれインタビュー。化粧水を選ぶうえで知っておきたい肌タイプの見極め方や自分の肌質に合った化粧水選びのポイントを伺いました。編集部おすすめの化粧水12選とあわせてご紹介します。

<化粧水選びのポイント>

  1. 年代に応じた成分で選ぶ
  2. 肌が弱い人・敏感肌の人は保湿重視で選ぶ

【年代別】

おすすめ化粧水をPick up!

【20代向き】
ニキビや毛穴の
しつこい悩みに

オルビス_クリアフルローション

オルビス

【30代向き】
乾燥を防いで
ハリのあるつや肌へ

エリクシール シュペリエル

エリクシール

【40代向き】
ヒト型セラミドが
ふっくら肌に

デンシア

アヤナス

【年代別】おすすめ化粧水12選をすべて見る▼

自分に合う化粧水を見つけるために

肌タイプ、
きちんと理解してる?

はじめに、自分の肌タイプの見極め方について、美容皮膚科医の大久保先生にお伺いしました。

大久保先生プロフ

エルムクリニック 表参道院 院長

大久保里紗さん

広島大学医学部医学科卒業。広島大学病院および関連病院勤務を経て、2021年7月からエルムクリニック表参道院 院長に就任。
美容皮膚科医/産業医/抗加齢学会専門医/化粧品検定1級/化粧品成分検定1級/コスメコンシェルジュ/化粧品成分上級スペシャリスト/美人コンパス®︎公認インストラクター/サウナ・スパ健康アドバイザー
ホームページ:https://www.elm-clinic.jp/

乾燥肌、脂性肌、混合肌…など、さまざまな肌タイプがあるといわれていますが、その見極め方がわからないという人は多いのではないでしょうか?

肌がピリつきやすい、化粧ノリが悪いなどの肌悩みがある人は乾燥肌の傾向があります。

一方で、鼻周りや顎、眉間に赤みが出やすい人は脂性肌の傾向があり、おでこや頬、顎のベタつきが目立つ傾向があります。

また、乾燥肌と脂性肌の肌悩みがあわさった混合肌の人も。頬は乾燥するものの、鼻周りはベタつきやすいなど、パーツごとに異なるのがこのタイプです。

とはいえ、肌の状態はホルモンバランスの乱れやストレス、季節や気温、湿度など、さまざまな要因で変化するものです。

そのため、乾燥が気になる部分には保湿力が高い化粧水を重ねづけしてしっかりとうるおす、皮脂が気になる部分にはさっぱりしたタイプの化粧水を使うなど、複数の化粧水を部分使いするのがおすすめです。

<肌タイプ別よくある悩み>

肌タイプ よくある肌悩み
乾燥肌 ・肌がピリつきやすい
・化粧ノリが悪い
脂性肌 ・鼻周りや顎、眉間に赤みが出やすい
・おでこや頬、顎がベタつきやすい
混合肌 ・頬周りは乾燥しやすい
・鼻や顎周りはベタつきやすい

美容皮膚科医に聞く!

化粧水選びのポイント

大久保先生インタビュー中1

数ある化粧水の中から、自分の肌質や目的に合った化粧水を選ぶためには、どうすればよいのでしょうか? 化粧水選びにおける2つのポイントを大久保先生に伺いました。

<化粧水選びのポイント>

  1. 年代に応じた成分で選ぶ
  2. 肌が弱い人・敏感肌の人は保湿重視で選ぶ

年代に応じた成分で選ぶ

注目したいのは年齢による肌の変化です。一般的に若い人ほど皮脂の分泌量が多く、ニキビなどの肌荒れに悩まされやすい傾向があります。反対に、年齢を重ねれば重ねるほど水分量や皮脂の分泌量は減少し、乾燥やしわなどの悩みが増える傾向があります。

もちろん個人差はあるので一概にはいえませんが、自分の年代に合った化粧水を選ぶのもひとつのポイントです。

~20代におすすめの成分

20代頃までの人や肌のベタつきが気になるという人は、薬用成分配合による抗炎症作用が期待できるスキンケアを取り入れるのがおすすめです。グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、ビタミンA(皮膚がピリつきやすい人はバクチオール)などが配合されている化粧水がいいでしょう。

化粧水_20代

30代におすすめの成分

30代に入ると皮脂分泌量は減るものの、肌のトーンダウンが気になる人が増えてくるため、日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐことが期待できるトラネキサム酸やビタミンA、環境ストレスから肌を守ってくれるビタミンC、メラニン色素の生成を抑制してくれるアルブチンなどが配合された、肌悩みに対応した化粧水を選ぶのがいいですね。

化粧水_30代

40代~におすすめの成分

40代以降では、エイジングケア(※)をうたった化粧水でハリ感アップを目指すのがおすすめ。ふっくらとしたハリ感のある肌へ導く効果が期待できるレチノールをはじめ、ナイアシンアミドやビタミンAが含まれているものに注目です。

※年齢に応じたお手入れのこと

化粧水_40代

肌が弱い人・敏感肌の人は保湿重視で選ぶ

肌トラブルが起こりやすい人は、ピーリング成分が入ったふき取り化粧水のように刺激が強いものの使用は避け、保湿重視で選ぶようにしましょう

商品名に「しっとりタイプ」「敏感肌用」、パッケージに「高保湿」と書かれている化粧水であればわかりやすいですね。成分でいえば、外部の刺激から肌を守ってくれるはたらきがあるセラミドやヒルドイドのようなヘパリン類似物質が配合されたものを選ぶのがおすすめです。

また、肌が弱くない人でも、もし使っている化粧水が原因で肌トラブルが起こってしまった場合は、すぐに使用を中止し、皮膚科医に相談しましょう。成分表を写真に撮っておくと、診察のときに役立ちますよ!

敏感肌用しっとりタイプ

肌トラブルが起こりやすい人は、「敏感肌用」や「しっとりタイプ」と書かれている化粧水を選ぶのが◎

年代で選ぶ!化粧水おすすめ12選

大久保さんから教えていただいた「化粧水を選ぶポイント」をベースに、編集部が年代別におすすめ化粧水をピックアップしました。自分にぴったりの化粧水を見つけるヒントとして、ぜひ参考にしてみてください。

<年代に応じたおすすめ成分>

  • 20代…グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、ビタミンA、バクチオール
  • 30代…トラネキサム酸、ビタミンA、ビタミンC、アルブチン
  • 40代…レチノール、ナイアシンアミド、ビタミンA

皮脂量の多い【20代】におすすめ! 抗炎症作用のある薬用化粧水4選

まずはニキビなどの肌荒れに悩まされがちな20代の肌におすすめの化粧水をご紹介。水分を補給しながら大人ニキビにアプローチしてくれる商品をピックアップしました。

繰り返すニキビに。肌質によって選べる2タイプ

ORBIS

オルビス クリアフル ローション<医薬部外品>

こんな人におすすめ

  • 繰り返すニキビトラブルを何とかしたい
  • 毛穴詰まりや黒ずみが気になる
おすすめの肌タイプ 乾燥肌、脂性肌、敏感肌
価格(本体容量) ボトル入り:1650円(180ml)
つめかえ用:1430円(180ml)
バリエーション Lさっぱりタイプ/Mしっとりタイプ
注目成分 グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)
関連商品 クリアフルウォッシュ/クリアフルモイスチャー

※価格はすべて税込です

1990年に登場して以来、繰り返すニキビに悩む女性たちから大きな支持を得ているオルビスのクリアシリーズが、「クリアフルシリーズ」としてリニューアルして登場。ローションは、脂性肌におすすめのさっぱりタイプと乾燥肌におすすめのしっとりタイプの2種類から、肌タイプに合わせて選ぶことができます。

肌荒れを予防しながら、肌を整えるグリチルリチン酸ジカリウムを配合した医薬部外品。オルビス初回の方は、ライン使いでたっぷり試せるトライアルセットも用意されているので、まずはこちらで肌との相性を確認してみるのもおすすめです。

水分と油分のバランスを整え繰り返すニキビにアプローチ

ファンケル

アクネケア 化粧液<医薬部外品>

こんな人におすすめ

  • あごや口周りのニキビが気になる
  • 繰り返すマスク荒れを何とかしたい
おすすめの肌タイプ 混合肌
価格(本体容量) 1650円(30ml)
バリエーション なし
注目成分 グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)
関連商品 アクネケア 洗顔クリーム/アクネケア エッセンス/アクネケア ジェル乳液

※価格はすべて税込です

ニキビの原因となる過剰な皮脂を抑え、水分と油分のバランスを整えてくれるファンケル定番のニキビケアライン「アクネケアライン」シリーズ。繰り返す大人ニキビに配慮し、殺菌剤不使用、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤無添加。定期便やサイト経由でまとめて購入するとお得に買うことができます。

独自の保湿成分「アクアプレゼンターIII」に注目

IPSA

ザ・タイムR アクア<医薬部外品>

こんな人におすすめ

  • 日中、肌のテカリが気になる
  • 肌のインナードライを何とかしたい
おすすめの肌タイプ 脂性肌
価格(本体容量) 4400円(200ml)
バリエーション なし
注目成分 アクアプレゼンターIII(保湿成分)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)
関連商品 ザ・タイムR デイエッセンススティック/ザタイムリセット マイクロミスト/バリアセラム

※価格はすべて税込です

独自成分「アクアプレゼンターIII」によってうるおい成分を抱えた水の層を肌の表面につくり、肌のみずみずしさをキープしてくれる薬用化粧水。しっかりうるおしてくれる一方で、テクスチャーはさらさらで使用感はさっぱりとしています。特に、肌のベタつきが気になる人におすすめです。

1974年発売のロングセラー!アルビオンの名品化粧水

ALBION

薬用スキンコンディショナー エッセンシャル<医薬部外品>

こんな人におすすめ

  • 最近、化粧のりの悪さを感じる
  • 拭き取り化粧水としても使いたい
おすすめの肌タイプ 混合肌
価格(本体容量) 3850円(110ml)/5500円(165ml)/9350円(330ml)
バリエーション なし
注目成分 グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)
関連商品 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル ペーパーマスク E/スキンコンディショナー フェイシャルソープ N

※価格はすべて税込です

1974年に登場して以来、荒れがちな肌や日焼けした肌のケアに愛用者が多い“スキコン”ことスキンコンディショナー。季節や環境の変化によって崩れた肌のコンディションにアプローチし、うるおしながら心地よく引き締めてくれます。水のようにさらりとしたテクスチャーで、肌がベタつきやすい人におすすめです。

乾燥によるくすみが気になる【30代】におすすめ! ワントーン明るい肌を目指す化粧水4選

続いて、肌のくすみやトーンダウン、シミ予防などが気になり始める30代におすすめの化粧水をピックアップしました。

なめらかで均一なハリで「つや玉」をつくるハリ感化粧水

資生堂

エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション T<医薬部外品>

\ たっぷり1週間分!お試しセット968円

まずはお得に試してみる

こんな人におすすめ

  • ふっくらハリつやのある肌になりたい
  • スキンケア後に肌がベタつくのが苦手
おすすめの肌タイプ 脂性肌、乾燥肌
価格(本体容量) 3300円(170ml)
バリエーション さっぱり/しっとり/とてもしっとり
注目成分 トラネキサム酸(美白有効成分)
関連商品 エリクシール シュペリエル リフトモイスト エマルジョン T

※価格はすべて税込です

肌にコラーゲンを与えることで均一にハリ感を整え、頬の高い位置に光る「つや玉」が続く肌へと導いてくれるエリクシールの人気化粧水。トラネキサム酸配合でシミ予防にもアプローチできるのがうれしいポイントです。乾燥による小じわやハリ感不足が気になり始めた肌におすすめです。

特許取得のライスパワー®No.11を配合

KOSE

米肌 肌潤化粧水

こんな人におすすめ

  • 乾燥による小じわが気になる
  • 肌のごわつきを何とかしたい
おすすめの肌タイプ 乾燥肌
価格(本体容量) 5500円(120ml)
バリエーション なし
注目成分 ライスパワーNo.11(保湿成分)
関連商品 肌潤石鹸/肌潤改善エッセンス/肌潤クリーム ほか

※価格はすべて税込です

角層をうるおいで満たし、キメが整った乾きにくい肌へと導いてくれる「ライスパワーNo.11」を配合した化粧水。ライン使いで試せるトライアルキットが用意されているので、まずはそちらで肌との相性を確かめてみるのもおすすめです。

うれしいプチプラ。美白系ドラコスの定番アイテム

ロート製薬

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水<医薬部外品>

こんな人におすすめ

  • しみ、そばかす対策をしたい
  • コスパのよさを重視したい
おすすめの肌タイプ 脂性肌、乾燥肌
価格(本体容量) オープン価格(170ml)
バリエーション ノーマルタイプ/しっとりタイプ
注目成分 グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)、高浸透ビタミンC誘導体:3-O-エチルアスコルビン酸(美白有効成分)
関連商品 薬用しみ集中対策美容液/薬用しみ集中対策 プレミアム美容液/薬用しみ対策 美白ジェル/薬用しみ対策 保湿クリーム/集中対策マスク/ディープクリア酵素洗顔

※価格はすべて税込です

美白ケア(※)ができる薬用プチプラ化粧水として根強い人気を集めるメラノCCの美白化粧水。ドラッグストアで1000円前後(編集部調べ)と手頃な価格で購入できるのも魅力です。美白有効成分高浸透ビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑えてくれるので、シミ・ソバカスの予防に適しています。

※メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

独自成分ピテラ™を配合した名品化粧水

SK-II

フェイシャルトリートメントエッセンス

こんな人におすすめ

  • 肌のくすみが気になる
  • うるおいは保ちつつ、皮脂バランスも整えたい
おすすめの肌タイプ 混合肌
価格(本体容量) 7480円(75ml)/14960円(160ml)/19360円(230ml)
バリエーション なし
注目成分 ピテラ(整肌保湿成分)
関連商品 公式HPでご確認ください

※価格はすべて税込です

透明感のあるクリアな素肌へと導いてくれる、SK-IIの看板化粧水。肌のうるおい成分に似た独自の成分「ピテラ」を90%以上配合。値段は張るものの、エイジングケア(※)化粧水の中では根強い人気のある名品です。トーンダウンが気になり始めた肌におすすめ。

※年齢に応じたお手入れのこと

しわ(※)・ハリ感ダウンが気になる【40代】におすすめ! エイジングケア用化粧水4選

※乾燥による小じわを目立たなくする

最後にピックアップするのは、肌のハリ感ダウンや小じわが気になり始めてくる40代におすすめの化粧水。ふっくらとした若々しい印象へと導いてくれる名品をご紹介します。

ヒト型セラミドを配合。ふっくらとした肌へ

DECENCIA

アヤナス ローション コンセントレート

こんな人におすすめ

  • 敏感肌で肌荒れしやすい
  • 年齢によるしわが気になる
おすすめの肌タイプ 乾燥肌
価格(本体容量) 5500円(125ml)
バリエーション なし
注目成分 セラミドナノスフィア(保湿成分)
関連商品 アヤナス リンクルO/L コンセントレート/アヤナス エッセンス コンセントレート/アヤナス クリーム コンセントレート ほか

※価格はすべて税込です

敏感肌のハリ不足、キメの乱れリスクに着目したエイジングケア(※)シリーズ「アヤナス」。人がもつセラミドと同じ構造のヒト型セラミドを使った保湿成分「セラミドナノスフィア」を配合し、ふっくらとハリのあるキメの細かい肌へ導いてくれます。定期購入でコストを抑えることができるのもうれしいポイントです。また、アヤナスシリーズをライン使いでお試しできるトライアルセットが用意されているのもポイントです。

※年齢に応じたケア

大人気化粧水がバージョンアップしてリニューアル

ドクターシーラボ

新・VC100エッセンスローションEX

こんな人におすすめ

  • 年齢によるシミの発生を抑えたい
  • 保湿力を重視したい
おすすめの肌タイプ 脂性肌
価格(本体容量) 1045円(28ml)/5170円(150ml)/8580円(285ml)
バリエーション なし
注目成分 ナイアシンアミド(整肌成分)、ヒアルロン酸(保湿成分)
関連商品 VC100ホットピールクレンジングゲルEX/VC100ダブルリペアセラム ほか

※価格はすべて税込です

高浸透ビタミンCを従来品の2倍配合し、乾燥・うるおい不足による毛穴の目立ちや、乾燥・うるおい不足によってキメが乱れたことで見えるくすみ、ハリ、乾燥、キメの5大悩みによりアプローチできるようリニューアルされたドクターシーラボのVC100エッセンスローションEX。ヒアルロン酸のみで再現されたとろみのあるテクスチャーがぜいたくな使い心地です。

美容液のようなリッチなテクスチャーが話題に!

アテニア

ドレスリフト ローション

こんな人におすすめ

  • 肌のハリを取り戻したい
  • 香りも重視して選びたい
おすすめの肌タイプ 混合肌
価格(本体容量) 3625円(150ml)
バリエーション なし
注目成分 サーチュライザーS6、タイムブレスDN、発酵コラーゲン(すべて保湿成分)
関連商品 ドレスリフト フェイシャルウォッシュ/ドレスリフト デイエマルジョン/ドレスリフト ナイトクリーム

※価格はすべて税込です

年齢とともに角層が厚みを増し、うるおいが浸透しにくくなる大人の肌悩みに着目。浸透力にこだわり、40代からの肌特有のダメージや外的環境に負けない肌を育みます。まるで美容液のようなとろみのあるテクスチャーもぜいたくです。ライン使いを14日間試せるお得なハリ体験プログラム(お試しセット)で使用感を試せるのもポイント。

酵素に着目して作られたランコムの人気No.1化粧水

ランコム

クラリフィック デュアル エッセンス ローション

こんな人におすすめ

  • 肌のごわつきが気になる
  • 透明感のある肌を手に入れたい
おすすめの肌タイプ 混合肌
価格(本体容量) 1万2100円(150ml)/1万6500円(250ml)
バリエーション なし
注目成分 酵母エキス(保湿成分)
関連商品 クラリフィック ディープクレンズ ウォッシュ/クラリフィックバランシング ウォーターリーエマルジョン/クラリフィック ホワイト セラム/クラリフィック プランプ ミルキークリーム n

※価格はすべて税込です

酵素サイエンスにまつわる独自研究を経て誕生した、ランコムで人気のスキンケアラインクラリフィック。乾燥によるくすみを明るい印象に導き、うるおいを与えることでなめらかで毛穴が目立ちにくい肌を育みます

使い分けが大事!

化粧水の種類と特徴

続いて、化粧水の種類と特徴についておさらいしましょう。化粧水は大きく以下の4種類に分けられ、目的によって正しく使い分けることが大切です。

化粧水_タイプ

基本的に「化粧水」とは、メイク落としや洗顔、入浴などで奪われた水分を補うためのもの。保湿を目的に選ぶのであれば、「柔軟化粧水」を選ぶのが一般的です。さらにその中で、美白効果を求めるなら「美白化粧水」を選ぶようにしましょう。

収れん化粧水は、洗顔後すぐに使用するものもあれば、スキンケアの最後に使用した方が効果が出やすいものもあるため、商品によって使うタイミングが異なるので注意が必要です。ふき取り化粧水は古い角質を取るもので、保湿を目的とした化粧水としての使用はおすすめできません。

化粧水は種類ごとに役割が異なるため、違いをしっかりと理解し、目的に合った化粧水を正しく使うことが大切です。

化粧水_おすすめ_1

美容インフルエンサーayakaさんに聞く!

化粧水の効果を高めるポイントは?おすすめの美容法は?

ここからは、人気美容インフルエンサーであるayakaさんに、化粧水の塗り方やスキンケアのポイントなどを教えていただきました。

ayakaさんプロフ

ビューティクリエイター

ayakaさん

ビューティクリエイターとして活動。インスタグラムは8万フォロワー超え、ツイッターは4万フォロワー超えと、幅広い年齢層に支持されているほか、YouTubeで動画配信を行うなど、活動は多岐にわたる。書籍に「好きすぎて全部試したからわかった 自分史上最高の顔になれる神コスメ」がある。
Twitter:https://twitter.com/ayaneko_san
Instagram:https://www.instagram.com/ayanekotan/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC9rSFWiWI9Jopjr4e44V_MQ

ふだんのスキンケアについて教えてください

朝も夜も土台美容液(ブースター)、化粧水、美容液、乳液、クリームの順にしっかりと時間をかけてスキンケアをしています。肌の土台をうるおしてくれる化粧水はもちろん大切ですが、化粧水だけで済ませてしまうと、かえって乾燥してしまったり、逆にオイリーになってしまったりするので、1本で済ませてしまうことは避けたいですね。

また、私は乾燥しやすい肌質なので、化粧水はしっとり系のテクスチャーのものを選んでいます

今は、朝はドクターケイの「薬用Cクリアホワイトローション」、夜はPOLAの「B.Aローション」がお気に入りです。ライン使いにはこだわらず、自分の肌に合うものや、欲しい効果が期待できそうなものを選んで使っています。

「B.Aローションは特にお気に入り、リピートしています!」とayakaさん

ayakaさんがふだん行っている化粧水の塗り方を教えてください

化粧水を手のひらに出し、指先までしっかりなじませてから、皮膚を動かさないよう注意して肌になじませます。

「指先までしっかりと広げてから顔になじませるのも大切なポイントです」とayakaさん

摩擦が気になるので、コットンは使わず、肌を引っ張ったり、押したりしないよう気を配りながらハンドプレスします。

ayakaさんハンドプレス

「ハンドプレスするときの力加減は強くなりすぎないよう要注意です」とayakaさん

また、化粧水の使用量はメーカーが規定している量よりも少し多めに。年齢が表れやすい首元や、デコルテ下までまとめてスキンケアを行っています。

スキンケア以外で肌のために大切にしていることは?

肌も体の一部なので、日常的に口にする調味料などは、なるべく余計なものが入っていないものを選ぶなど、できる範囲で添加物を避ける食生活に切り替えましたね。気をつけるようになってから、肌荒れが起こりにくくなった気がしています。

それから、乾燥が気になる冬は加湿器で適度な湿度を保つ、外に出るときはUVケアができるクリームを使用するなど、紫外線対策をしっかりすることは忘れないようにしています。

「スキンケアは未来の肌をつくってくれるものなので、一番若いといえる今から見直すのがおすすめです」とayakaさん

美容皮膚科医に聞く!

化粧水使用上のQ&A

大久保先生インタビュー中2

最後に、化粧水を使ううえでの素朴な疑問について大久保先生に答えていただきました。

Q. 化粧水の保存方法を教えてください

A. 成分が変性してしまう可能性があるので、高温や極端な低温、直射日光の当たる場所は避けて保存するのがいいですね。パッケージにも保存方法が記載されていると思いますので、その指示に従ってください。

Q. 化粧水はボディケアに使っても大丈夫?

A. 顔に使うものを体に使っても問題はありません。ただし、顔の皮膚は薄いので、ボディ用の化粧水などを顔に使う場合は注意が必要です。全身用を顔に使うときは、「顔を含む全身に使える」と明記されているものを選んでくださいね。

Q. 化粧水を使用中に肌トラブルが起こったら?

A. 化粧水を使用していてピリピリとした刺激を感じる、赤みやかゆみが出る、湿疹が出る……といったふだんと違う症状が出てしまった場合、ひとまず化粧水の使用を中止しましょう。肌の状態は日々変わるので、今までは問題なく使えていた化粧水でも、ある日突然肌荒れを起こしてしまうということは少なからず起こりえます。使用を中止しても状態が改善しない場合は、皮膚科医に相談してください。

まとめ

肌にうるおいを与えるのはもちろん、年齢とともに増えていくさまざまな肌悩みにアプローチできるのが魅力の化粧水。

大久保先生いわく、20代は皮脂量が多いのでニキビができやすく抗炎症成分が配合されたもの、30代はメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカス予防の効果が期待できるもの、40代は肌にハリを与えてくれるものなど、年代に応じた肌悩みに応えてくれる化粧水を選ぶのがおすすめとのこと。

毎日使うものだからこそ、自分の肌質や悩みにぴったりの1本を見つけたいですよね。 ぜひ本記事を化粧水選びの参考にしてみてください。

当記事は、弁護士法人ネクスパート法律事務所監修のもと、薬機法、景品表示法等で定められたルールを遵守して作成しています。

このページをシェアする

人気の記事

TOP