【2024年】日焼け止めのおすすめ15選!美容皮膚科医が用途別の選び方や正しい使い方を解説

2024年日焼け止めのおすすめ15選!美容皮膚科医が用途別の選び方や正しい使い方を解説

紫外線は年中降り注いでいるので、スキンケアの観点からも日焼け止めは季節を問わず毎日塗っておきたいところ。しかし、商品によって成分や効果などが異なるので、どういったものを選ぶといいのかわからない人も多いでしょう。

そこでこの記事では、美容皮膚科医の三宅真紀先生日焼け止めを選ぶ際のポイントを教えてもらいました。

<美容皮膚科医が教える!日焼け止め選びのポイント>

  • 紫外線を浴びる時間が長い日ほど、SPF・PAの数値が高い日焼け止めを使う
  • マリンスポーツ用、汗をかく夏場用などは「ウォータープルーフ」「UV耐水性」表記があるものを選ぶ
  • 化粧のしやすさを重視するならジェル化粧の上から塗り直すならパウダーがおすすめ
  • 白浮きが気になるなら、散乱剤不使用のものに注目

さらに、your SELECT.編集部おすすめの日焼け止め15選もご紹介しているので、参考にしてみてください。

おすすめの日焼け止め15選
用途 日常使い レジャー向け 敏感肌向け
メーカー
商品名
ニベア花王 ロート製薬 花王 ORBIS 日本ロレアル ALBION POLA POLA スタイリングライフ・ホールディングス BCL カンパニー ロート製薬 ニベア花王 資生堂 大正製薬 ALBION アクセーヌ
ニベアUV ディープ プロテクト&ケア ジェル スキンアクア スーパーモイスチャーUVジェル ビオレUV アクアリッチ アクアプロテクトローション(水層パック) オルビス リンクルブライトUVプロテクター(医薬部外品) ラ ロッシュ ポゼ UVイデアXL スーパー UV カット インテンスコンセントレート デイクリーム B.A ライト セレクター N ホワイトショット スキンプロテクター DX(医薬部外品) クリアラスト フェイスパウダー ハイカバー N キラ肌オークル スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンスゴールド ニベアUV ディープ プロテクト&ケア エッセンス アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク NA コパトーン プロテクションUVプラス ミルク スーパー UV カット ノンケミカル クリーム スーパーサンシールド ブライトフィット
花王|ニベアUV ディープ プロテクト&ケア ジェル ロート製薬|スキンアクア スーパーモイスチャーUVジェル 花王|ビオレUV アクアリッチ アクアプロテクトローション(水層パック) ORBIS|リンクルブライトUVプロテクター(医薬部外品) 日本ロレアル|ラ ロッシュ ポゼ UVイデアXL ALBION|スーパー UV カット インテンスコンセントレート デイクリーム POLA|B.A ライト セレクター N POLA|ホワイトショット スキンプロテクター DX(医薬部外品) BCL|クリアラスト フェイスパウダー ハイカバー N キラ肌オークル ロート製薬|スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンスゴールド 花王|ニベアUV ディープ プロテクト&ケア エッセンス 資生堂|アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク NA 大正製薬|コパトーン プロテクションUVプラス ミルク ALBION|スーパー UV カット ノンケミカル クリーム アクセーヌ|スーパーサンシールド ブライトフィット
参考価格(税込) 794円 1155円 822円 3750円 3762円 9990円 1万2100円 6600円 1327円 920円 794円 3250円 1073円 4000円 3300円
SPF 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 40 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 50+
PA ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ +++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++
購入サイト Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo!
表参道美容皮膚科 副院長
三宅真紀さん
三宅真紀
2005年、関西医科大学医学部を卒業。都内総合病院勤務を経て、シロノクリニック入職。シロノクリニック横浜院院長を務め、現在は表参道美容皮膚科で副院長を務めている。4万例以上の美容皮膚科治療実績をもち、美容・スキンケア全般に精通。数多くの有名化粧品開発にも携わる。テレビ・雑誌などのメディアにも多数出演。

本記事は、提携する企業のプロモーション情報が含まれます。掲載するサービス及び掲載位置に広告収益が影響を与える可能性はありますが、サービスの評価や内容などはyour SELECT.が独自に記載しています。(詳しくはAbout Usへ)

目次

美容皮膚科医が解説!日焼け止め選びの5つのポイント

日焼け止めを選ぶとき、紫外線をしっかり防げるかどうかは外せないチェックポイントです。でも、毎日使ううえでは、使い心地や化粧との相性、オフのしやすさなども気にしたいところ。せっかくなら、紫外線をしっかり防ぎつつ、仕上がりや使い勝手も満足のいく日焼け止めを選びたいですよね。

そこで、日焼け止め商品の開発・監修にも携わったことのある三宅先生に、日焼け止め選びの5つのポイントを教えていただきました。

1. 効果の持続時間と効力は「SPF」と「PA」をチェック

一口に「日焼け止め」といっても、効能やオフのしやすさといった特色が異なる

一口に「日焼け止め」といっても、効能やオフのしやすさといった特色が異なる

紫外線をしっかり防ぐいでくれる日焼け止めを選ぶためには、屋外でどれくらいの時間紫外線を浴びるのか、その日の予定によって最適な日焼け止めを使うことが重要です。そのためにもまずチェックしたいのが、SPFとPAの表示です。

日焼けの原因である紫外線は、波長の長さによって「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類に分けられます。日焼け止めは、このうち人の肌や健康に影響を及ぼすUV-AとUV-Bを防ぐためのアイテムです。SPFとPAは、それぞれの紫外線をどれだけ防げるかという指標になります。

UV-A,UV-Bの違い

出典:光老化コンセンサスステートメント|日本香粧品学会誌

SPFは「Sun Protection Factor」の略で、肌が黒くなったりシミの原因になったりするUV-Bを防ぐ指標です。SPF2~50までで表記されますが、日本国内では50を超えると「50+」と表されます。

SPF1あたり約20分間のUV-B防止効果があります。SPF30と表記されていれば、UV-B防止効果は約10時間持続するという意味になります。

SPFとUV効果の持続時間の関係

PAは「Protection grade of UVA」の略で、シワやたるみの原因となるUV-Aを防ぐ指標です。+の数で表され、数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高くなります。市販品では、+~++++の4段階で表記されます。

「SPFとPAは表示が義務付けられているので、パッケージを見れば確認できます」と三宅先生

「SPFとPAは表示が義務付けられているので、パッケージを見れば確認できます」と三宅先生

<用途別SPFとPAの選び方例>
用途 SPF PA
日常使い、屋内ショッピングなど SPF10~SPF30 +~++
軽いレジャー、屋外スポーツなど SPF30~SPF50+ ++~++++
1日かけて行うレジャー、マリンスポーツなど SPF50+ ++++

上記の表のように、用途に合わせて日焼け止めを使い分けると日焼け防止効果を高められます。ただし、SPFやPAの数値が高くても、汗をかいたり水に濡れたりして日焼け止めが落ちてしまった場合、効果は低減します。SPFやPAの数値を過信しすぎず、こまめに塗り直すようにしましょう。

2. 落ちにくさはUV耐水性をチェック

先述したとおり、汗や水で日焼け止めが落ちれば効果は低減するので、日焼け止めの効果を持続させるには、水や汗で落ちにくい(ウォータープルーフ)かどうかも重要なポイント。そこでチェックしたいのが、2022年12月から新たに加わった新基準「UV耐水性」です。

UV耐水性とは、SPFをどれだけ維持することができるかを表した指標です。★または★★で表されます。

<UV耐水性の評価基準>
UV耐水性 評価基準
UV耐水性★ 20分×2セット水に浸かり、SPFの値が50%以上維持されている
UV耐水性★★ 20分×4セット水に浸かり、SPFの値が50%以上維持されている

UV耐水性は、現時点で猶予期間中の基準です。2024年11月30日までは、汗や水に強い日焼け止めにおいて、従来どおり「ウォータープルーフ」の表記のみでも販売できます。ただし、12月1日以降はUV耐水性表示が必須になるので、耐水性表示があるか、または耐水性表示とウォータープルーフが併記されているかをチェックしましょう。

ウォータープルーフ表記(左)とUV耐水性表示(右)

ウォータープルーフ表記(左)とUV耐水性表示(右)

汗をかきやすい季節は、日常使いでもUV耐水性★、あるいはウォータープルーフ表記のある日焼け止めを選ぶのがおすすめです。プールや海水浴など、思いっきり水に浸かる予定の日は、UV耐水性★★の日焼け止めを使うといいでしょう。

「ウォータープルーフの日焼け止めは水や汗で落ちにくいぶん、オフもしにくいです」と三宅先生

「ウォータープルーフの日焼け止めは水や汗で落ちにくいぶん、オフもしにくいです」と三宅先生

一方で、日常使いの日焼け止めはオフのしやすさを重視したいという方も多いと思います。オフのしやすさについては、SPF・PAやUV耐水性のように明確な数値基準はありません。パッケージに「お湯で落とせる」「せっけんで落とせる」と表示されているかどうかをチェックしましょう。

パッケージの表にある「せっけんで落とせる」表示。裏面に載っている場合も

パッケージの表にある「せっけんで落とせる」表示。裏面に載っている場合も

日焼け止めの中には、ベースメイクとして使えるものも販売されています。一般的には、化粧下地に使えるものやUV耐水性が高いものは、オフしにくい傾向にあります。ただし、最近ではベースメイクとして使えるものやUV耐水性が高いものであっても、せっけんで落とせるタイプも数多く出てきています

ウォータープルーフ、ベースメイク機能があってもオフしやすいパターン

ウォータープルーフ、ベースメイク機能があってもオフしやすいパターン

3. 使い心地や化粧との相性重視なら、テクスチャーにこだわる

日焼け止めには、さまざまなタイプのテクスチャーがあります。ベタつき感や化粧との相性などはテクスチャーによって異なってくるので、それぞれの特徴を把握しておくと、自分好みの日焼け止めを選ぶのに役立ちます。

<日焼け止めのテクスチャータイプと特徴>
タイプ 特徴 ベタつき感 化粧との相性
クリーム
日焼け止め_クリーム
一番こってりしたタイプ。塗ったときにムラになりにくい。他のタイプに比べて落ちにくいものが多い。
さんかく
まる
ミルク
日焼け止め_ミルク
クリームよりも伸びが良く、ジェルよりも少しこってりしている。比較的オフしやすいものが多い。
まる
まる
ジェル
日焼け止め_ジェル
伸びが良く、みずみずしい塗り心地。サラッとしているので化粧との相性が良い。
まる
はなまる
ミスト
日焼け止め_ミスト
手軽に吹き付けられる。髪、体に使うことがほとんど。
まる
ばつ
パウダー
日焼け止め_パウダー
粉タイプで、化粧の上からつけられる。出先での塗り直しに最適。
はなまる
はなまる

上記以外にも、ローションタイプやスティックタイプなど、さまざまなテクスチャーや形状の日焼け止めがあります。

一般的に、ベタつきやすさはクリーム>ミルク>ジェル>ミスト>パウダーの順に高くなります。塗り心地は個人の感覚に左右されますが、よりみずみずしい塗り心地を求めるなら、ミルクやジェルがおすすめです。

ミルクやジェルはみずみずしいだけでなく、伸びが良いので塗りやすいというメリットも

ミルクやジェルはみずみずしいだけでなく、伸びが良いので塗りやすいというメリットも

日焼け止めだけで1日過ごすという方も中にはいるかもしれませんが、多くの方は毎日化粧をすると思います。そこで気にしたいのが、化粧との相性です。水っぽい質感のジェルは、化粧を上から重ねても厚塗り感が出にくいのでおすすめです。逆に、クリームのようなこってりとしたテクスチャーのものは、相性があまり良くありません。ただし、乾燥しがちな方はクリームを使うと肌の油分を補えます。

三宅先生はジェルタイプの日焼け止めを愛用

三宅先生はジェルタイプの日焼け止めを愛用

出先で化粧の上から日焼け止めの塗り直しをするなら、パウダーがおすすめ。化粧を崩すことなく、手軽に塗り直しができます。

4. 白浮きが気になるなら散乱剤不使用のものを選ぶ

日焼け止めのよくある悩みといえば、白浮きです。紫外線を防ぐ成分には「散乱剤」と「吸収剤」の2種類があり、このうち散乱剤が使われていると白浮きしやすくなります。散乱剤のおもな成分は酸化チタンや酸化亜鉛などの金属類。これらの散乱剤が太陽の光を反射することによって、肌が白く光って見えるのが原因です。

「子ども用は散乱剤を使用しているものがほとんどのため、白浮きしやすい傾向があります」と三宅先生

「子ども用は散乱剤を使用しているものがほとんどのため、白浮きしやすい傾向があります」と三宅先生

現在は散乱剤をナノ化し、光の反射を抑える技術が進歩しているので、散乱剤を使用していても白浮きしない日焼け止めも増えてきています。ただし、高価な場合がほとんどです。

白浮きしにくい商品かどうかを見分けるには、散乱剤不使用のものを基準にするといいでしょう。パッケージや公式サイトに「白浮きしにくい」「散乱剤を細分化(ナノ化)」といった文言があるかどうかもチェックしてみてください。

5. 敏感肌なら紫外線吸収剤フリーなどノンケミカルのものを選ぶ

敏感肌の方は、吸収剤が使われていない日焼け止めがおすすめです。化学物質である吸収剤は、化学反応によって紫外線を防ぐ特性があるため、肌への負担が大きくなる傾向があります。吸収剤が使われていないものは、パッケージに「ノンケミカル」「吸収剤フリー」「低刺激」という文言が記載されています。購入する前にチェックしておきましょう。

その他、合成香料不使用着色料不使用合成界面活性剤不使用パラベンフリーアルコールフリーと表記されているものも、肌が弱い方にはおすすめの日焼け止めです。

「ノンケミカル」以外にも、パラベンや合成香料などの成分が使われていない日焼け止めは肌にやさしいとされている

「ノンケミカル」以外にも、パラベンや合成香料などの成分が使われていない日焼け止めは肌にやさしいとされている

また、パッケージに使う部位が表記されていれば、それに応じた使い方をしましょう。基準はメーカーにより異なりますが、おもに「顔用」「からだ用」「顔・からだ用」の3種類があります。

最近では「顔・からだ用」の日焼け止めが増えている

最近では「顔・からだ用」の日焼け止めが増えている

顔用は皮脂腺が詰まりにくい成分を配合していて、肌への刺激が少ないように作られているものが多いです。逆に、からだ用は伸びやすさやコスパを重視したものが多いので、肌に負担がかかりやすい傾向があります。肌が弱い方は、特に注意してください。

日焼け止めのおすすめ15選

ここからは、三宅先生のお話を参考にして、your SELECT.編集部が選んだおすすめの日焼け止め15商品を紹介します。日常使いにぴったりな日焼け止め、レジャー向けの日焼け止め、敏感肌向けのノンケミカルの日焼け止めのおすすめをそれぞれピックアップしました。

気になる内容をクリック

おすすめの日焼け止め15選
用途 日常使い レジャー向け 敏感肌向け
メーカー
商品名
ニベア花王 ロート製薬 花王 ORBIS 日本ロレアル ALBION POLA POLA スタイリングライフ・ホールディングス BCL カンパニー ロート製薬 ニベア花王 資生堂 大正製薬 ALBION アクセーヌ
ニベアUV ディープ プロテクト&ケア ジェル スキンアクア スーパーモイスチャーUVジェル ビオレUV アクアリッチ アクアプロテクトローション(水層パック) オルビス リンクルブライトUVプロテクター(医薬部外品) ラ ロッシュ ポゼ UVイデアXL スーパー UV カット インテンスコンセントレート デイクリーム B.A ライト セレクター N ホワイトショット スキンプロテクター DX(医薬部外品) クリアラスト フェイスパウダー ハイカバー N キラ肌オークル スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンスゴールド ニベアUV ディープ プロテクト&ケア エッセンス アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク NA コパトーン プロテクションUVプラス ミルク スーパー UV カット ノンケミカル クリーム スーパーサンシールド ブライトフィット
花王|ニベアUV ディープ プロテクト&ケア ジェル ロート製薬|スキンアクア スーパーモイスチャーUVジェル 花王|ビオレUV アクアリッチ アクアプロテクトローション(水層パック) ORBIS|リンクルブライトUVプロテクター(医薬部外品) 日本ロレアル|ラ ロッシュ ポゼ UVイデアXL ALBION|スーパー UV カット インテンスコンセントレート デイクリーム POLA|B.A ライト セレクター N POLA|ホワイトショット スキンプロテクター DX(医薬部外品) BCL|クリアラスト フェイスパウダー ハイカバー N キラ肌オークル ロート製薬|スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンスゴールド 花王|ニベアUV ディープ プロテクト&ケア エッセンス 資生堂|アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク NA 大正製薬|コパトーン プロテクションUVプラス ミルク ALBION|スーパー UV カット ノンケミカル クリーム アクセーヌ|スーパーサンシールド ブライトフィット
参考価格(税込) 794円 1155円 822円 3750円 3762円 9990円 1万2100円 6600円 1327円 920円 794円 3250円 1073円 4000円 3300円
容量 80g 110g 70ml 50g 30ml 50g 45g 45g 12g 80g 50g 60ml 40ml 40g 40g
SPF 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 40 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 50+
PA ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ +++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++
UV耐水性 ★★ ★★ ★★
ばつ
ばつ
ばつ
ばつ
ばつ
ばつ
まる
(★の記載なし)
まる
(★の記載なし)
★★
まる
(★の記載なし)
まる
(★の記載なし)
テクスチャー ジェル ジェル ローション クリーム クリーム(乳液) クリーム ジェルクリーム クリーム パウダー クリーム エッセンス ミルク ミルク クリーム クリーム
白浮きのしにくさ
まる
まる
まる
まる
まる
まる
まる
まる
まる
まる
まる
まる
ばつ
ばつ
まる
使用部位 全身 全身 全身 顔・首・腕 顔・首・デコルテ 顔・デコルテ 全身 全身 全身 全身 全身 全身
購入サイト Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo!

日常使いにぴったりな日焼け止めのおすすめ9選

ふだんの生活で使うなら、オフしやすいものや伸びが良くて塗りやすいものを選ぶといいでしょう。your SELECT.編集部が選ぶ、日常使いにぴったりな日焼け止めおすすめ9選をご紹介します。

全身にたっぷり使える!せっけんで落とせるスーパーウォータープルーフタイプ ニベア花王(Nivea-Kao) ニベア UV ディープ プロテクト&ケア ジェル

参考価格

¥794(税込)

容量 80g
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ★★
テクスチャー ジェル
白浮きのしにくさ
香り クリアフローラルの香り
使用部位 全身

毎日使うなら、80gの大容量で価格も800円以下とお手頃価格の「ニベアUV ディープ プロテクト&ケア ジェル」がおすすめです。顔にもからだにも使用でき、これ1本で全身にたっぷり使えます

SPF値、PA値、UV耐水性、どれも高い数値で効果の高さがわかる

SPF値、PA値、UV耐水性、どれも高い数値で効果の高さがわかる

SPFは50+、PAは++++で、紫外線を長時間しっかりブロック。UV耐水性★★ウォータープルーフ効果も高く海やプールでの使用にもおすすめです。

金銀花エキス真珠タンパク抽出液などの美容液成分(保湿)を配合しており、日焼けを防ぎながらシミの予防もできます。

美容液成分(保湿)配合で、UVをカットしながら日焼けによるシミの予防と乾燥による小ジワのカバーもできる

美容液成分(保湿)配合で、UVをカットしながら日焼けによるシミの予防と乾燥による小ジワのカバーもできる

また、美容液成分(保湿)(※)配合により、乾燥による小ジワを目立たなくする効果も。使うたびに肌の負担になるのではなく、肌の美容ケアになるのがうれしいですね。

※ 金銀花エキス(スイカズラ花エキス)、真珠タンパク抽出液(加水分解コンキオリン)、ダマスクバラ花水、BG

みずみずしさのあるジェルタイプのテクスチャー

みずみずしさのあるジェルタイプのテクスチャー

テクスチャーはやや透明の白色ジェルタイプサラッとしており、肌なじみのいいつけ心地です。伸びが良く、腕や足などの塗る面積が広い部分にもサッと塗れます。微香性でほんのりクリアフローラルの香りがしますが、鼻を近づけたら香る程度でそれほど気になりません。

フタはスクリュータイプ

フタはスクリュータイプ

フタはねじって外す仕様で、中身が漏れないようしっかり閉められます。ひっくり返すと1滴ずつゆっくり落ちてくるので、ドバッと出てきてしまうことはなく、適量を手に取ることができます

伸ばしやすいジェルタイプ!たっぷり全身に使える大容量110g ロート製薬(ROHTO Pharmaceutical) スキンアクア スーパーモイスチャーUVジェル

参考価格

¥1,155(税込)

容量 110g
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ★★
テクスチャー ジェル
白浮きのしにくさ
香り 無香料
使用部位 全身

110gの大容量手頃な価格で普段使いしやすい日焼け止め。水のようにサラッとした使い心地のジェルタイプで伸びが良く、全身に使えます。高いUVカット効果だけでなく、厳選された3種のヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na、超低分子ヒアルロン酸、肌吸着型ヒアルロン酸)を配合しているため、塗るたびに肌がうるおいますUV耐水性★★のスーパーウォータープルーフタイプですが、せっけんで落とせるのもうれしいポイントです。

水のようにすーっと広がり、肌なじみが良い 花王(Kao Corporation) ビオレUV アクアリッチ アクアプロテクトローション(水層パック)

参考価格

¥822(税込)

容量 70ml
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ★★
テクスチャー ローション
白浮きのしにくさ
香り グリーンフルーティの香り
使用部位 全身

UVカット成分を含んだアクアカプセルが水のようにすーっと広がり、カプセルがはじけてぴたっと肌に吸いつくので肌なじみが良く、パック感覚でサッと塗れますローヤルゼリーエキスなど保湿成分を配合しており、メイクの下地として塗っても白浮きしにくく、透明感のある肌に仕上がります。アレルギーテストとノンコメドジェニックテスト済み(※)で、肌への負担が気になる人にもおすすめです。せっけんで簡単に落とせるので、日常使いにもぴったり。

※すべての方にコメド(ニキビのもと)ができないわけではありません

美容成分のWナイアシンなどをたっぷり配合 オルビス(ORBIS) オルビス リンクルブライトUVプロテクター(医薬部外品)

参考価格

¥3,750(税込)

容量 50g
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ×
テクスチャー クリーム
白浮きのしにくさ
香り 無香料
使用部位

累計販売個数が100万個を突破した、シワ改善(※1)と美白効果(※2)を両立させた高機能の日焼け止めです。美容液成分(※3)が88%も配合されているほか、大気中のちりやホコリ、近赤外線、ブルーライトなどをカットする膜を形成します。さらに使いやすさにもこだわっており、ベタつきやきしみ感のない保湿クリームのようなテクスチャーで、肌に触れた瞬間にとろんとなじんでくれます。

※1 乾燥による小じわを防ぐ
※2 メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ
※3 Wナイアシン、ベースエンハンサーWP、マルチプルフィトラスター

敏感肌・乾燥肌にも使える、フランス生まれの日焼け止め乳液 日本ロレアル(NIHON LOREAL) ラ ロッシュ ポゼ UVイデアXL

参考価格

¥3,762(税込)

容量 30ml
SPF 50
PA ++++
UV耐水性 ×
テクスチャー クリーム
白浮きのしにくさ
香り 無香料
使用部位

敏感肌や乾燥肌にも使いやすいアレルギーテスト済み・ニキビのもとになりにくい処方(※)の日焼け止め兼化粧下地です。みずみずしい使い心地でベタつきにくく、化粧なじみがいいのがポイント。シミ・シワ・たるみのおもな原因となるロングUVAをブロックし、紫外線やPM2.5などの大気中物質からも肌を守ってくれます。

※すべての人にアレルギーが起きたり、コメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません

紫外線から肌を守りながら透明感のある美しい肌に整える アルビオン(ALBION) スーパー UV カット インテンスコンセントレート デイクリーム

参考価格

¥9,990(税込)

容量 50g
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ×
テクスチャー クリーム
白浮きのしにくさ
香り
使用部位 顔・首・腕

上質なスキンケアクリームのようにコクのあるテクスチャーで、肌に溶け込むような使い心地でなじみのいい、メイクアップベースとしても使える日焼け止めです。SPFは50+、PAは++++で、シミ・そばかすの原因となる紫外線をしっかりブロックします。だけでなく、首すじにも使えます。

紫外線を浴びると肌のハリが高まる!日焼け防止しながら立体感のある肌へ ポーラ(POLA) B.A ライト セレクター N

参考価格

¥12,100(税込)

容量 45g
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ×
テクスチャー ジェルクリーム
白浮きのしにくさ
香り シアーグリーンを際立たせた香り
使用部位 顔・首・デコルテ

肌にいいとされる「赤色光」を透過し、UVをカットしつつ肌に立体感とハリを出す新発想の日焼け止め。PM2.5などのマイクロダストをカットする成分のほか7種の美容液成分(※)を配合し、肌の健康とうるおいを守ります。肌に溶け込むように密着する、みずみずしいクリームタイプのテクスチャーで、使い心地も抜群です。

※エクストラライトエキス、BAコアリキッド、仙人穀ロスマ、EGクリアエキス、YACエキス、マジョラムエキス、ペパーミントエキス

汗をかくと紫外線やホコリから肌を守るシールドがより強くなる ポーラ(POLA) ホワイトショット スキンプロテクター DX(医薬部外品)

参考価格

¥6,600(税込)

容量 45g
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ×
テクスチャー クリーム
白浮きのしにくさ
香り 無香料
使用部位 顔・デコルテ

UVカットだけでなく美白ケアも両立した日焼け止め。「イオン応答粉体」を採用し、汗に含まれるイオンに反応してより強いシールド膜へ生まれ変わり、紫外線だけでなく近赤外線ブルーライト、大気汚染物質などから肌を保護してくれます。さらに、メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐトラネキサム酸をはじめ、9種類の美容液成分配合(※)で外出中も美白ケアできます。

※エンメイソウエキス、サンザシエキス、EGクリアエキス、YACエキス、SSリキッド、SCリキッド、m-Aクリアエキス、マジョラエキス、クジンエキスクリア

ササッと塗り直しができる!フェイスパウダータイプの日焼け止め スタイリングライフ・ホールディングス BCL カンパニー (StylingLife Holdings Inc. BCL COMPANY) クリアラスト フェイスパウダー ハイカバー N キラ肌オークル

参考価格

¥1,327(税込)

BCL|クリアラスト フェイスパウダー ハイカバー N キラ肌オークル

出典:Amazon

容量 12g
SPF 40
PA +++
UV耐水性 ×
テクスチャー パウダー
白浮きのしにくさ
香り やさしいピーチの香り
使用部位

これ1つでファンデーション、UVカット、コンシーラー、フェイスパウダーの4つの機能をこなしてくれる、日焼け止め効果のあるハイカバーパウダーです。8種のマイクロ微細パウダーが毛穴や肌の凸凹をフラットに整え、ふんわり美肌をかなえます。また汗や皮脂に強く、肌のテカリやメイク崩れを防ぎます。UVカット効果のあるベースメイクに加えると、さらに効果的です。

レジャー向けの日焼け止めのおすすめ3選

アウトドアや水場のレジャーなど、汗をかいたり水に浸かったりする予定がある日は、UV耐水性の高い日焼け止めを選びましょう。おすすめの商品を3つご紹介します。

とにかく焼きたくない人に。汗をかいてもサラサラな使い心地 ロート製薬(ROHTO Pharmaceutical) スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス ゴールド

参考価格

¥920(税込)

容量 80g
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ○(★の記載なし)
テクスチャー クリーム
白浮きのしにくさ
香り 無香料
使用部位 全身

スキンアクアシリーズのなかで高いUVカット効果をもつ、エッセンスタイプの日焼け止めです。ムラなく均一に伸ばすブロックベール処方」でしっかり肌に密着してくれます。とにかく肌を焼きたくない人、日焼けムラをつくりたくない人におすすめです。

高い日焼け止め効果を発揮

高い日焼け止め効果を発揮

SPFは50+、PAは++++と高い数値をマーク。しっかり紫外線をカットしてくれます。

これ1本で全身に使える便利なタイプ。海やレジャーに持っていく荷物も少なく済みます。

テクスチャーはクリーム状で、ややもったりしているがベタつかない

テクスチャーはクリーム状で、ややもったりしているがベタつかない

色は白色。同じく編集部おすすめ商品の「ニベアUV ディープ プロテクト&ケア ジェル」よりはもったりした触り心地ですが、伸びはいいです。香料はややアルコール臭が強めなのが少し気になる程度です。余分な汗を逃がすサラサラパウダー配合で、汗をかいても快適な使い心地が続きます。

チューブタイプで、フタはスクリュータイプ

チューブタイプで、フタはスクリュータイプ

テクスチャーがひっくり返しても出てこないくらい硬めのクリーム状のため、フタを開けてすぐ垂れる心配はありません。チューブを押すと出てくるので、適量を調整できます。

光耐久技術やせっけんで簡単オフできるなど多彩な機能

光耐久技術やせっけんで簡単オフできるなど多彩な機能

UVカット機能の低下を起こりにくくする光耐久技術」を採用しているため、日焼け止め効果が長続きします。

高いUVカット効果とウォータープルーフ効果がありますが、落とすときは専用のクレンジングは必要なく、せっけんで簡単に落とせます

海やレジャーにおすすめ!3次元UVフィルムで汗・水に強い ニベア花王(Nivea-Kao) ニベア UV ディープ プロテクト&ケア エッセンス

参考価格

¥794(税込)

容量 50g
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ○(★の記載なし)
テクスチャー エッセンス
白浮きのしにくさ
香り クリアフローラルの香り
使用部位 全身

3次元UVフィルムにより紫外線をしっかりブロック。さらに汗・水に強く、海やプール、スポーツ、レジャーにおすすめの日焼け止めです。光拡散パウダー配合で素肌をきれいに見せられるほか、美容液配合(※)でつけるたびに肌にうるおいを与えます。化粧下地にも使える、サラッとした使い心地のエッセンスタイプのテクスチャーです。

※ 金銀花エキス、真珠タンパク抽出液、チューベロース多糖体、BG

汗・水・熱でさらにUVブロック膜がパワーアップ 資生堂(Shiseido) アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク NA

参考価格

¥3,250(税込)

容量 60ml
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ★★
テクスチャー ミルク
白浮きのしにくさ
香り フルーティーフローラルの香り
使用部位 全身

空気中の湿度と汗や熱に反応し、UVブロック膜が均一化してさらにブロック効果が高まるオートブースター技術」を採用。汗や水に強いほか、こすれにも耐性があり、落ちにくいのがポイントです。植物由来成分をブレンドした保湿などスキンケア成分を50%配合し、紫外線による肌の乾燥を防ぎながらうるおいも与えてくれます。

敏感肌向けのノンケミカル日焼け止めのおすすめ3選

敏感肌の方は、肌にやさしいノンケミカルのものを選びましょう。おすすめの商品を3つご紹介します。

値が張りがちなノンケミカル商品を手軽に使える 大正製薬(Taisho Pharmaceutical) コパトーン プロテクションUVプラス ミルク

参考価格

¥1,073(税込)

容量 40ml
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ○(★の記載なし)
テクスチャー ミルク
白浮きのしにくさ ×
香り 無香料
使用部位 全身

ノンケミカルタイプは肌にやさしいぶんお値段が張りますが、「コパトーン プロテクションUVプラス ミルク」は1000円台と安価で手軽に使えるので、敏感肌や乾燥肌の方におすすめです。

安価で紫外線吸収剤不使用でも高い日焼け止め効果を発揮

安価で紫外線吸収剤不使用でも高い日焼け止め効果を発揮

紫外線吸収剤を使っていないとはいえ、SPFは50+、PAは++++と、高いUVカット効果があります。ヒアルロン酸やセラミドなど、美肌のための保湿成分が配合されており、つけるたびに肌がうるおいます。

汗・水に強いウォータープルーフタイプ

汗・水に強いウォータープルーフタイプ

強力UVをカットするだけでなく、ウォータープルーフタイプUVカット効果が長持ちします。せっけんなどで簡単にオフできるのもうれしいポイントです。

テクスチャーは液状に近く、すぐに流れる

テクスチャーは液状に近く、すぐに流れる

色は白色。他の日焼け止めに比べてやや白さが濃い印象です。触り心地はシャバシャバで水っぽく、よく伸びますやや白浮きしますが、しっかり伸ばせば大丈夫です。

フタはスクリュータイプ

フタはスクリュータイプ

テクスチャーが液状のため、フタを開けてひっくり返すとすぐに1滴ずつポタポタ出てくるので、出しすぎに注意しましょう。

デリケートな肌でもUVを徹底的にブロックしたい方に アルビオン(ALBION) スーパー UV カット ノンケミカル クリーム

参考価格

¥4,000(税込)

容量 40g
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性
テクスチャー クリーム
白浮きのしにくさ ×
香り
使用部位 全身

ノンケミカルやさしい使い心地の日焼け止めクリームです。高いSPF値と汗、水、皮脂に強いウォータープルーフタイプで、しっかり紫外線をカットしてくれます。マイルドな肌触りで、化粧下地としても使えます。

UVも汗もしっかりはじいてくれるのに肌の負担感なし! アクセーヌ(ACSEINE) スーパーサンシールド ブライトフィット

参考価格

¥3,300(税込)

容量 40g
SPF 50+
PA ++++
UV耐水性 ○(★の記載なし)
テクスチャー クリーム
白浮きのしにくさ
香り 無香料
使用部位 全身

ノンケミカル色素が直接肌に触れない「パーフェクトヴェール」を採用しているなど、徹底的に肌へのやさしさを追求した、サラッとした使い心地の乳液タイプの日焼け止めです。「高密着UVカットパウダー」により白浮きのない透明感のある肌へ、そして「ブリリアントパウダー」配合でくすみが目立つ肌も明るくツヤのある肌へ仕上げます。

美容皮膚科医が教える!

日焼け止めの正しい使い方

使い道に合わせて日焼け止めを選んでも、正しく塗らないと紫外線防止効果は下がってしまいます。ここからは、三宅先生にお聞きした、日焼け止めの正しい使い方を解説します。

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めの正しい塗り方を、顔とからだに分けて解説します。

日焼け止めの正しい塗り方・顔

  1. 適量(パール粒大)の日焼け止めを手に取り、両頬、額、鼻、あごの5点に置く
  2. 適量(パール粒大)の日焼け止めを手に取り、両頬、額、鼻、あごの5点に置く

    Point

    ・水性成分と油性成分でできている2層式の日焼け止めは、成分を混ぜるためにも、手に取る前によく振る

  3. 顔の中心から外側に向かって伸ばす
  4. 顔の中心から外側に向かって伸ばす

    Point

    ・手のひらではなく指先を使い、塗り残しを防ぐ
    ・顔の中でも高さのある部位(頬、額、鼻、あご)は特に日焼け止めが落ちやすいので、しっかりと重ね塗りする

  5. 両手のひらで顔全体を包み込むように、ゆっくりと押さえてなじませる
  6. 両手のひらで顔全体を包み込むように、ゆっくりと押さえてなじませる

日焼け止めの正しい塗り方・からだ

  1. 日焼け止めを肌の上に線状に出す
  2. 日焼け止めを肌の上に線状に出す

    Point

    ・量が少ないと塗りムラができやすいので、たっぷり出す

  3. 手のひら全体を使って、大きく円を描きながら塗り広げる
  4. 手のひら全体を使って、大きく円を描きながら塗り広げる

    Point

    ・手の甲から腕の部分は特に日焼けしやすい部位なので、一度全体を塗ってから、最後に重ね塗りする

日焼け止めの効果的な使用回数

汗をかいたり衣服やマスクでこすれたりすることで日焼け止めが落ちると、効果はなくなってしまいます。なので、3~4時間ごとに塗り直すのがベスト汗をかいたな、と思ったらその時点で塗り直すのもいいでしょう。特にプールや海水浴といった水場でのレジャーは日焼け止めが落ちやすいので、塗り直す際も多めに使うように心掛けてみてください

化粧をした上から日焼け止めを塗り直すときは、パウダータイプが便利です。

三宅先生が愛用しているパウダータイプの日焼け止め

三宅先生が愛用しているパウダータイプの日焼け止め

日焼け止めの正しい落とし方と注意点

パッケージに「せっけんで落とせる」「お湯で落とせる」と表記されているものは、ふだん使っている洗顔せっけん(またはボディソープ)を使って落とします。それ以外はクレンジングを使います。ウォータープルーフ処方のものは特に落ちにくいので、洗浄力の強いオイルクレンジングか、日焼け止め専用のクレンジングを使いましょう。

「お湯で落とせるものでも、日中の汗や皮脂汚れを落とすという意味では洗顔せっけんやボディソープを使いましょう」と三宅先生

「お湯で落とせるものでも、日中の汗や皮脂汚れを落とすという意味では洗顔せっけんやボディソープを使いましょう」と三宅先生

日焼け止めを落とすときの注意点は、洗顔と同じで肌をゴシゴシこすらないこと。肌への刺激を抑えるためにも、洗顔料やボディソープはしっかり泡立ててから使います。また、小鼻や髪の生え際、フェイスラインなどは洗い残しが起きやすい部位です。日焼け止めが残ったままだと肌荒れの原因になるので、洗い残しがないように注意しましょう。

日焼け止めに関するよくある疑問 Q&A

日焼け止めに関するよくある疑問について、三宅先生にお答えいただきました。

Q.メンズにおすすめの日焼け止めは?

A. 一般的に、脂性肌で化粧をしない男性が多いことから、男性にはテカリやベタつきを抑える効果のあるものサラッとした使い心地のものせっけんやお湯だけで落とせるもの白くならないものがおすすめです。「メンズ用」と表記された日焼け止めにはそうした特徴のものが多いので、選んでみてください。

Q.安いドラコスと高いデパコス、何が違う?

A. 価格の違いが、日焼け止めの効果に影響をおよぼすことはありません。日焼け止めの効果は最初に説明したように、SPF・PAの表示どおりです。ただし、高価になるほどプラスアルファの効果(美容液成分、保湿成分、散乱剤の質など)が含まれているものが多くなってきます。また、ノンケミカルだけど白浮きしにくいなど、肌にやさしくかつ仕上がりがきれいになるものも高価なものが多い傾向があります。

三宅先生監修の「obc UVプロテクター」は、美白成分などのプラスアルファ要素を備えている

三宅先生監修の「obc UVプロテクター」は、美白成分などのプラスアルファ要素を備えている

ドラッグストアなどで販売されている低価格帯の日焼け止めは、とにかく費用を抑えたいときや、日焼けを防ぐ以外の効果はなくてもいいという方におすすめです。逆にデパートやクリニックなどで販売されている高価格帯の日焼け止めは、日焼けを防ぐだけでなくきれいに仕上がるもの、美白(※)・美容効果が備わっているものを選びたい方におすすめです。

※ メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

Q.中高生が日焼け止めを使うときに注意するポイントは?

A.部活動中は汗をかきやすい=日焼け止めが落ちやすいので、塗り直しやすいものか、ウォータープルーフのものを選ぶのがおすすめ。また、中高生はいわゆる思春期ニキビができやすい時期でもあります。肌に負担をかけたくない場合はノンケミカルの日焼け止めを選びましょう。

ウォータープルーフタイプ(左)とノンケミカルタイプ(右)

ウォータープルーフタイプ(左)とノンケミカルタイプ(右)

日焼け止め選びも大切ですが、中高生の方は特に日焼け止めを使ったらしっかり落とすのを忘れないようにしてください。ふだん化粧をしないぶん、クレンジングの習慣はないかもしれませんが、パッケージの表示に従って正しく日焼け止めを落としましょう。落とさずに寝るのはNG! 日焼け止めが残るとニキビや肌荒れの原因になってしまうので、気をつけてくださいね。

Q.日焼け止めの使用期限は?

A. 日焼け止めを含む化粧品の使用期限は、未開封で3年、開封後は1年が目安です。ただし、夏の終わりに開けたものであっても、翌年に持ち越すのはNG。コスパを考えて大容量のものを買うのもいいですが、使いきれる量かどうかも考えて購入しましょう

日焼け止めのAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングをチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでは日焼け止めの売れ筋ランキングを見ることができます。日焼け止めを選ぶ際の参考にしてみてください。

Amazonの売れ筋ランキングへ 楽天市場の売れ筋ランキングへ Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングへ

まとめ

  • 日常使いならSPF10/PA+~SPF30/PA++、レジャー用はSPF30/PA++以上を選ぶ
  • マリンスポーツ用、汗をかく夏場用などは「ウォータープルーフ」「UV耐水性」表記があるものを選ぶ
  • 白浮きが気になるなら散乱剤不使用のものを選ぶ
  • 日焼け止めの効果を持続させるには、3~4時間ごとに塗り直すのがおすすめ

日焼け止めはとりあえずSPF・PAの数値が高いものを選んでいたという方も多いのではないでしょうか。日常的に使うならSPF・PAはそれほど高くなくてオフしやすいもの、汗をかく季節やマリンスポーツをする日などに使うならSPF/PAが高くウォータープルーフのものを選ぶなど、用途によって使い分けてみてください。

敏感肌の方はノンケミカル(吸収剤不使用)のもの、脂性肌の方はさっぱりとしたミルクタイプやジェルタイプ、乾燥肌の方はクリームタイプなど、肌タイプに合わせて成分やテクスチャーを選ぶのも、自分に合った日焼け止めを選ぶポイントになります。化粧をした上から塗り直すなら、パウダータイプを使うのがおすすめです。

この記事を参考にして日焼け止めを選び、紫外線から正しく肌を守ってみてはいかがでしょうか。

このページをシェアする

TOP