私たちについて知りたい方は

your SELECT.バナー:私たちについて

【美容師監修】メンズシャンプーのおすすめ12選!抜け毛や頭皮のニオイに効果的な商品は?

【美容師監修】メンズシャンプーのおすすめ12選!抜け毛や頭皮のニオイに効果的な商品は?

「最近、頭皮のニオイやボリュームダウンが気になるようになった」
「そろそろメンズ専用のシャンプーを使ったほうがいい?」

年齢を重ねるにつれて、抜け毛や頭皮のニオイなど、男性特有の髪の悩みは確実に増えていきます。その悩みに合わせて「これまでは女性向けのシャンプーを使っていたけれど、メンズシャンプーを使ったほうがいいのかな?」と考える人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、美容師で毛髪診断士の資格をもつ栗田卓弥さんに、メンズシャンプーの特徴や選び方を解説してもらいました。また、特にメンズカットを得意とする美容師の中野悠里さんに、男性の髪についてプロ目線からの気になるポイントもお聞きしています。

髪や頭皮にさまざまなお悩みを抱える男性は、ぜひ参考にしてみてください。

毛髪診断士・美容師
栗田卓弥さん
栗田卓弥
東京都内のサロンでスタイリストとして13年勤務した後、薄毛に悩む男性のための完全個室美容室「RELIVE」を2022年3月にオープン。毛髪診断士・ヘアケアマイスターの資格を取得し、薄毛が目立たないカットを独自に研究。自身も20代から薄毛に悩み、同じような悩みをもつお客様に寄り添う接客がメディアにも注目され、順調に顧客を増やしている。YouTubeにて、薄毛に悩む人に向けた「ハゲてもできる!お洒落ヘアスタイル研究室!」チャンネルも開設・運営中。

pickup!

おすすめメンズシャンプー3選

脂漏性による
頭皮トラブルに

KADASON

KADASON
薬用スカルプ
シャンプー

育毛剤ブランド発!
こだわり成分配合

chapup

チャップ
アップ
シャンプー

健康な頭皮をキープ!
太く・元気な髪へ

ケフトルEX

ケフトルEX
アミノ
シャンプー

【悩み別】おすすめメンズシャンプー
12選はこちら▼

本記事は、提携する企業のプロモーション情報が含まれます。掲載するサービス及び掲載位置に広告収益が影響を与える可能性はありますが、サービスの評価や内容などはyour SELECT.が独自に記載しています。(詳しくはAbout Usへ)

目次

【お悩み別】メンズシャンプー選びのポイント

インタビュー中の栗田さん2

「シャンプーは、自分の頭皮の状態や悩みを把握し、合ったものを選ぶのが重要です」と栗田さん。まずは、よくある髪や頭皮のお悩みに合わせたメンズシャンプーの選び方を詳しくお伺いしました。

特に男性が抱きがちな「お悩み別」に一覧でまとめると以下のようになります。

<お悩みごとのおすすめ洗浄成分・シャンプー>

フケやかゆみ 【乾燥性】アミノ酸系、ベタイン系
【脂漏性】高級アルコール系、石けん系、薬用系シャンプー
ニオイを予防したい 洗浄力のあるシャンプーで柑橘系やハーブ系の香りがついているもの
ボリュームが欲しい ノンシリコンシャンプーで洗浄力が強いもの
ダメージが気になる アミノ酸系、補修・保湿成分が入ったもの
抜け毛を減らしたい 上記を参考に、自分の頭皮に合ったもの

それでは、1つずつ解説していきます。

フケ・かゆみを抑えたい

お悩み別イラスト:フケ

フケやかゆみの原因は、乾燥によるもの脂の多さによるものに分けられます。原因に応じて合う成分が入ったものを選びましょう。

乾燥性のフケ・かゆみ

カサカサして白っぽいフケが出る場合は、乾燥が原因と考えられます。洗浄力が強くないアミノ酸系の中でも、やさしい洗い上がりのグルタミン酸系ベタイン系の洗浄成分や保湿成分が配合されているシャンプーがおすすめです。

アミノ酸系やベタイン系は原材料が高めなので、価格の目安としては2500円以上になります。

<おすすめの成分>

  • アミノ酸系(グルタミン酸系):ココイルグルタミン酸Na
  • ベタイン系:コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン
  • 保湿成分:セラミド、コラーゲン

脂漏性のフケ・かゆみ

過剰に分泌された皮脂が原因で出るフケは、黄色っぽくてベタベタしやすいのが特徴です。洗浄力が比較的強い高級アルコール系の洗浄成分が配合されたシャンプーを使ってみてください。厚生労働省が許可した有効成分が配合されている薬用シャンプーを使うのもおすすめです。

高級アルコール系は1500円以上、薬用シャンプーは2500円以上が目安です。

<おすすめの成分>

  • 高級アルコール系:ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na
  • 薬用シャンプー:ミコナゾール硝酸塩、オクトピロックス

ニオイが気になる

お悩み別イラスト:ニオイ

頭から嫌なニオイが出てしまう原因は、しっかりと落としきれなかった皮脂の酸化によるものだと考えられます。高級アルコール系や石けん系など洗浄力が強めのシャンプーで、よく泡立てて頭を洗いましょう。一度洗った後もベタつくようなら、2度洗いすると泡立ちが良くなり汚れが落ちやすくなります。柑橘系やハーブ系の爽やかな香りのシャンプーもおすすめです。価格は1500円以上が目安になります。

また、年齢を重ねていくと、皮脂の中にパルミトレイン酸という成分が増えるようになります。それが酸化するとノネナールという成分になり、加齢臭の原因となります。加齢臭には、皮脂の酸化を抑える効果のある成分が配合されたシャンプーが効果的です。

<おすすめの成分>

  • 高級アルコール系:ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、スルホコハク酸ラウレス2Naなど
  • 石けん系:石けん素地、脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリウム
  • 皮脂の酸化を抑える効果のある成分:オクトピロックス(薬用シャンプー)、カキタンニン、カタラーゼ、アスタキサンチン

ボリュームアップさせたい

お悩み別イラスト:ボリューム

男性は女性に比べて皮脂や汗の分泌量が多い傾向があるので、髪がベタついて重くなり、ボリュームが出にくくなることが多いです。また、通常は毛穴が少し空洞になっていてその真ん中に髪の毛が立っているのですが、毛穴に皮脂が詰まると毛が倒れてしまいます。そのため、髪のボリュームをアップさせたい場合は皮脂をキレイに取り除ける高級アルコール系の洗浄成分が入っているといいでしょう。 髪をふわっと仕上げられるノンシリコンシャンプーもおすすめです。価格の目安は1500円以上です。

<おすすめの成分>

  • 高級アルコール系:ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、スルホコハク酸ラウレス2Naなど

ダメージが気になる

お悩み別イラスト:ダメージ

パーマやカラーリングを頻繁にしていると、髪が短くてもダメージが蓄積されます。洗浄力がやさしいアミノ酸系の洗浄成分とともに、保湿・補修成分が配合されたものを選びましょう。女性向けシャンプーを使うのもおすすめです。価格は1500円以上が目安になります。

<おすすめの成分>

  • アミノ酸系:ココイルグルタミン酸TEA、ココイルグリシンK、ラウロイルサルコシンNaなど
  • 保湿成分:セラミド、コラーゲン
  • 補修成分:加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク

抜け毛を減らしたい

お悩み別イラスト:抜け毛

抜け毛が増えるのを防ぐには、頭皮をしっかり洗ってよく乾かし、清潔に保つことが基本です。合うシャンプーは人によって違うので、ここまでの悩み別シャンプーを参考にして自分の頭皮に合ったシャンプーを選んでみてください。一般的には、頭皮の血行を促進する成分(センブリエキスなど)や保湿成分(セラミドなど)が効果的といわれています。

ただし、人は通常でも每日50~100本の毛が抜けるといわれています。そのため、多少毛が抜けるのは、あまり気にしすぎないほうがいいでしょう。過度に抜け毛が増えたようであれば、病院の受診を検討してください。

<おすすめの成分>

  • 血行促進作用のある成分:センブリエキス
  • 保湿成分:セラミド

【お悩み別】おすすめメンズシャンプー12選

栗田さんに教えていただいた選び方を参考に、編集部おすすめのメンズシャンプーを12種類ピックアップしました。それぞれの特徴を解説します。

気になる内容をクリック

【お悩み別】おすすめメンズシャンプー12選
メーカー
商品名
MARO
薬用デオスカルプシャンプー(医薬部外品)
KADASON
薬用スカルプシャンプー(医薬部外品)
ロードダイアモンド
薬用スカルプデオシャンプー(医薬部外品)
チャップアップ
シャンプー
BULK HOMME
THE SHAMPOO
ケフトル
アミノシャンプーEX
アンファー
スカルプD 薬用スカルプシャンプー デオドラントオイリー(医薬部外品)
ZIGEN
シャンプー&ボディウォッシュ
Haru(ハル)
メンズスカルプ・プロ
サクセス
シャンプー ボリュームアップタイプ
Growth Project.
アロマシャンプー
モンゴ流
シャンプーEX®
MARO KADASON noimage_hair chapup bulk-homme-shampoo ケフトルEX アンファー ZIGEN haruメンズ サクセス Growth-Project.-アロマシャンプー モンゴ流
悩み 脂性によるフケやかゆみが気になる 乾燥によるフケやかゆみが気になる 頭皮のニオイが気になる 髪のボリュームが気になる
価格/容量 1100円/480ml 3278円/250ml 1650円/500ml 5300円/300ml 3300円/200g 4400円/500ml 4583円/350ml 4600円/500ml 3025円/300ml 989円~/350ml 2980円/300ml 4400円/350ml
洗浄成分のタイプ 高級アルコール系 アミノ酸系 高級アルコール系 アミノ酸系 アミノ酸系 アミノ酸系 石けん系 石けん系 アミノ酸系 高級アルコール系 石けん系、アミノ酸系 アミノ酸系
香り グリーンミント 無香料 フレッシュフルーティ フルーティローズ フローラル 柑橘系ハーブ シトラスハーブ 柑橘系 シトラスミント アクアシトラス フレッシュグリーン シトラスハーブ
購入サイト Amazon 楽天市場 Yahoo! 公式サイト Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! 公式サイト Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! 公式サイト Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! 公式サイト Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo! 公式サイト Amazon 楽天市場 Yahoo! Amazon 楽天市場 Yahoo!

期間限定セール

  • Amazon 新生活SALE
    開催期間 3月1日(金)〜3月5日(火)23:59まで
    ▶詳細を見る

【脂性によるフケやベタつきに】おすすめのメンズシャンプー3選

脂性肌が原因のフケやベタつきには、洗浄力の高いシャンプーが効果的です。おすすめの商品を3つご紹介します。

泡立ちがよく、頭皮の汚れをしっかり落とす 薬用デオスカルプシャンプー(医薬部外品)

おすすめポイント

  • 泡立ち◎で頭皮の汚れをスッキリ落とす
  • 「高級アルコール系」洗浄成分配合
価格/容量 1100円/480ml
メインの洗浄成分 高級アルコール系
有効成分 イソプロピルメチルフェノールなど
香り グリーンミント
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分 ×

※価格は税込です

洗浄効果とニオイ除去を重視したシャンプーです。泡立ちが良く、頭皮の汚れをスッキリ落とします。殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールと、洗浄成分のシクロデキストリンがニオイの原因を改善。保湿成分として古くから使われ続けている、キハダ樹皮エキスやホップ花エキスなどの4種類の「伝承ハーブ」を配合し、頭皮と髪の潤いを守ります。保湿しながら、高い洗浄力で洗い上げるのが特徴です。

頭皮を健康にしてフケを抑える!脂漏性敏感肌のための専門ブランド 薬用スカルプシャンプー(医薬部外品)

おすすめポイント

  • 脂漏性専用シャンプー
  • グリチルリチン酸ジカリウムが頭皮の荒れを抑える
  • 洗浄力の強い「石油系界面活性剤」不使用
価格/容量 3278円/250ml(※1)
メインの洗浄成分 アミノ酸系
有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸など
香り 無香料
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分 ×

※価格は税込です
※1:2本以上で送料650円が無料

KADASONは、皮脂分泌が多く頭皮トラブルが起こりやすい脂漏性敏感肌のための専門ブランド。こちらの薬用スカルプシャンプーは、皮脂や汚れを落として頭皮を健やかに保ちます。抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムが頭皮のかゆみを、サリチル酸がフケを抑制。かくから余計にかゆくなると悩んでいる方におすすめです。

オードトワレと同じ爽やかな香り 薬用スカルプデオシャンプー(医薬部外品)

おすすめポイント

  • グリチルリチン酸ジカリウムがフケ・かゆみを抑える
  • 清潔感のあるフレッシュフルーティーの香り
価格/容量 1650円/500ml
メインの洗浄成分 高級アルコール系
有効成分 グリチルリチン酸ジカリウムなど
香り フレッシュフルーティ
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分 ×

※価格は税込です

本田圭佑氏がプロデュースするブランド「ロードダイアモンド」のシャンプー。グリチルリチン酸ジカリウムがフケやかゆみ、ニオイを防いでしっかり洗い上げます。保湿・補修成分を配合したオールインワン処方で、コンディショナーは不要。清潔感のあるフレッシュフルーティの香りが魅力的です。

【乾燥によるフケやかゆみに】おすすめのメンズシャンプー3選

保湿成分を配合したやさしい洗浄力のシャンプーは、乾燥によるフケやかゆみに悩んでいる方に向いています。おすすめ製品を3つ厳選しました。

イルドなアミノ酸系・植物系洗浄成分と保湿成分で乾燥を防ぐ チャップアップシャンプー

おすすめポイント

  • アミノ酸系・植物系洗浄成分でやさしく洗える
  • 独自の保湿成分「ジンゲルシックス®」配合
価格/容量 5300円/300ml
メインの洗浄成分 アミノ酸系
有効成分 ジンゲルシックス®(ショウガ根茎エキス)、γ-ドコサラクトンなど
香り フルーティローズ
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分

※価格は税込です

育毛剤で知られるチャップアップが、毛髪診断士と共同開発したシャンプーです。コカミドプロピルベタインなどのアミノ酸系・植物系洗浄成分でやさしく洗います。キュウリ果実エキスやセイヨウサンザシ果実エキスなどの天然オーガニック成分の他、チャップアップ独自の保湿成分「ジンゲルシックス®(ショウガ根茎エキス)」を配合。乾燥によるフケ・かゆみを防ぎます。コンディショニング成分を毛髪に吸着させる処方で、ハリ・コシもアップ

頭皮ケアシャンプーの濃厚な泡で指通りも滑らか THE SHAMPOO

おすすめポイント

  • スキンケアブランド発の頭皮ケアシャンプー
  • 吸着型コラーゲンが頭皮と髪に保湿膜を形成
価格/容量 3300円/200g
メインの洗浄成分 アミノ酸系
成分例 加水分解シルク、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCIなど
香り フローラル
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策 ×
クセ毛対策
抜け毛対策
ボリュームアップ成分 ×

※価格は税込です

「頭皮にもスキンケアが必要」というスキンケアブランドならではの視点で開発された頭皮ケアシャンプー。保湿成分「ジグリセリン」による粘りと弾力のある泡が、頭皮や髪を摩擦から守ります。植物性のクレンジング成分が整髪剤や皮脂などを洗浄し、吸着型のコラーゲンが頭皮と髪に保湿膜を形成。乾燥やフケ、かゆみを防ぐ効果が期待でき、クシ通りを良くします。

スカルプケア成分をたっぷり配合 ケフトルEX アミノシャンプー

おすすめポイント

  • オイルクレンジング×アミノ酸洗浄成分で不要な皮脂を落とす
  • コラーゲンやリピジュアなど保湿成分たっぷり配合
価格/容量 4400円/500ml
メインの洗浄成分 アミノ酸系
成分例 加水分解コラーゲン、アセチルテトラペプチド-3など
香り 柑橘系ハーブ
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分

※価格は税込です

アミノ酸系洗浄成分とオイルクレンジングの効果で、皮脂をしっかり除去しながらマイルドな洗い心地が特徴です。コラーゲンやリピジュアなどの保湿成分を配合し、フケやかゆみの原因となる乾燥を防止。また、頭皮や毛髪に潤いを与え、健やかな頭皮と髪づくりのサポートをします。

【ニオイが気になる方に】おすすめのメンズシャンプー3選

頭皮のニオイを抑えたい方も、洗浄力の高いシャンプーを選ぶとよいでしょう。香りは柑橘系やハーブ系にすると爽やかな印象を与えられます。おすすめ製品を3点、ピックアップしました。

ニオイの原因菌にアプローチ 薬用スカルプシャンプー デオドラントオイリー(医薬部外品)

おすすめポイント

  • ニオイ対策特化シャンプー
  • イソプロピルメチルフェノールがニオイの原因菌を抑制
価格/容量 4583円/350ml
メインの洗浄成分 石けん系
成分例 グリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノールなど
香り シトラスハーブ
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分

※価格は税込です

頭皮の健康を追求するスカルプDシリーズの中でも、ニオイ対策に特化しています。イソプロピルメチルフェノールがニオイの原因菌に働きかけ、シトラスハーブの香りでマスキング。脱脂力の高い石けん系の洗浄成分と、「豆乳発酵液」などの頭皮ケア成分を配合しています。ニオイを抑えて毛髪にハリ・コシを与える効果の期待できるシャンプーです。

やさしく洗ってニオイ対策もできる シャンプー&ボディウォッシュ

おすすめポイント

  • 髪・頭皮だけでなく全身洗える多機能シャンプー
  • 柿渋エキスがニオイを抑える
  • 清涼感ある柑橘系の香り
価格/容量 4600円/500ml
メインの洗浄成分 石けん系
成分例 ジラウロイルグルタミン酸リシンNaなど
香り 柑橘系
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分 ×

※価格は税込です

ZIGENは環境問題に積極的に取り組んでいるメンズコスメブランド。シャンプー&ボディウォッシュは、これ1本で髪だけでなく体も洗えます。石けん系の洗浄成分に、ビワの葉エキスなどの保湿成分を配合。また、肌バリア機能をサポートするジラウロイルグルタミン酸リシンNaが、洗髪後の頭皮を保湿します。柿渋エキスがニオイを抑え、オレンジやラベンダーなどの天然アロマ精油がやさしく香る、ニオイ対策効果が期待できる製品です。

天然由来成分100%にこだわった メンズスカルプ・プロ

おすすめポイント

  • 天然由来成分使用で敏感肌でも使いやすい
  • 天然クレイが頭皮の汚れを吸着
  • メントール配合でスッキリとした洗いあがり
価格/容量 3025円/300ml
メインの洗浄成分 アミノ酸系
成分例 アルムK、カキタンニン、銀など
香り シトラスミント
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分 ×

※価格は税込です

天然由来の成分にこだわりをもつブランド「haru」の男性向けスカルプケアシャンプーで、敏感肌の方にもおすすめです。アミノ酸系の洗浄成分でやさしく洗いながら、天然クレイが汚れをしっかり吸着して落とします。トウガラシ果実エキスなどが頭皮の状態を健やかにして、ハリ・コシのある髪の成長をサポート。銀イオンなどがニオイをケアして、洗い上がりは清涼感のある爽やかな香りを楽しめます。

【ボリュームが気になる方に】おすすめのメンズシャンプー3選

髪をボリュームアップしたい方は、頭皮がベタつかないように洗浄力が高めのシャンプーを選ぶとよいでしょう。有効成分にも着目して選んだシャンプーを、3つご紹介します。

余分な皮脂をスッキリ落として、髪を根元から立ち上げてふんわりさせる シャンプー ボリュームアップタイプ

おすすめポイント

  • 高級アルコール系洗浄成分が余分な皮脂をスッキリ落とす
  • 耐湿型ボリュームアップ成分「ポリシリコーン-9」配合
価格/容量 989円~/350ml
メインの洗浄成分 高級アルコール系
成分例 ポリシリコーン-9、PPG-2ヒドロキシプロピルトリモニウムセルロースなど
香り アクアシトラス
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策 ×
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分

※価格は税込です

高い洗浄力で、髪がペタンと寝てしまう要因の1つである皮脂をすっきり落とします。また、ポリシリコーン-9などの耐湿型ボリュームアップ成分を配合。根元から髪を立ち上げ、汗や湿気に負けないハリ感を出します。頭頂部や分け目のボリュームが気になる方や、細い髪の方でも全体をふわっと仕上げて長時間ボリュームをキープ。コンディショナーは不要です。

香りに癒やされながら頭皮ケアできる アロマシャンプー

おすすめポイント

  • ヒノキチオールや加水分解シルクなどが髪にハリ・コシを与える
  • 天然アロマの爽やかな香り
価格/容量 2980円/300ml
メインの洗浄成分 石けん系、アミノ酸系
成分例 グリチルリチン酸ジカリウム、水溶性コラーゲン、セラミド3など
香り フレッシュグリーン
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分

※価格は税込です

石けん系・アミノ酸系洗浄成分で、必要な潤いは残しながら余分な汚れは落としてくれる製品です。ユーカリやティーツリーなど、保湿やダメージケアに優れた成分を配合。ヒノキチオールや加水分解シルクなどが髪にハリとコシを与えます。基礎化粧品にも使われるポリクオタニウム-10のコンディショニング効果で、ノンシリコンでも指通り滑らか。天然アロマオイルの香りにも癒やされます。

ロングセラーが信頼の証し モンゴ流 シャンプーEX®

おすすめポイント

  • 26種の天然植物成分が頭皮環境を整える
  • 亜鉛がハリ・コシのある髪へ
価格/容量 4400円/350ml
メインの洗浄成分 アミノ酸系
成分例 グリチルリチン酸ジカリウム、ピロクトンオラミン、サリチル酸、グルコン酸亜鉛など
香り シトラスハーブ
メントールの有無
シリコンの有無
フケ・かゆみ対策
ニオイ対策
クセ毛対策 ×
抜け毛対策
ボリュームアップ成分

※価格は税込です

太くて黒々した髪をもつモンゴロイドが古くから使っているイラクサ、ユッカ、シーバックソーン(サジー)を配合し、毛髪にハリとコシを与えるシャンプー。11年続くロングセラーのシャンプーで、2021年6月のリニューアルでも黒ショウガエキスなどの強化成分を配合。頭皮を健やかに保ち、ハリ・コシのある髪を育てます

メンズシャンプーの特徴を解説。女性用と何が違う?

インタビュー中の栗田さん1

メンズシャンプーは、女性向けシャンプーとどのような違いがあるのでしょうか? 続いて、メンズシャンプーの特徴や女性用シャンプーとの違いを栗田さんにお聞きしました。

メンズシャンプーは洗浄力が強い

シャンプーに配合されている洗浄成分は大きく4種類に分けられます。

接客中の栗田さん

一般的に男性は女性に比べて皮脂や汗が分泌されやすいので、メンズシャンプーは洗浄力の強い「高級アルコール系」の洗浄成分が配合されたものが多いです。

<シャンプーの洗浄成分の種類>

特徴 成分名の例
アミノ酸系 人間の頭皮や肌をつくるタンパク質のもととなるアミノ酸と同じ成分から作られている。さらに、肌と同じ弱酸性のため、髪や頭皮にやさしい。洗浄力はマイルドで、泡立ちが良い ココイルグルタミン酸TEA
ココイルグルタミン酸Na
ラウロイルグルタミン酸Na
ココイルグリシンK
ココイルメチルタウリンNa
ラウロイルサルコシンNa
高級アルコール系 洗浄力が比較的強い洗浄成分。メンズシャンプーの多くに配合されている。 ラウリル硫酸Na
ラウレス硫酸Na
ラウレス硫酸アンモニウム
スルホコハク酸ラウレス2Na
石けん系 おもに天然素材の油脂からできた洗浄成分。香料や防腐剤が添加されたものもある。洗浄力が強く、髪がきしみやすい 石けん素地
脂肪酸カリウム
脂肪酸ナトリウム
ベタイン系 洗浄力がおだやかで刺激性も低い。ベビーシャンプーによく配合されている。 コカミドプロピルベタイン
ココアンホ酢酸Na

洗浄成分の分類はもっと細かく、1つのシャンプーに複数の成分が配合されていることも珍しくありません。「〇〇系シャンプー」とくくられることも多いですが、洗浄成分だけに注目してシャンプーを分類することは難しいです。洗浄成分の種類は、洗浄力の強さや、効果を判断する1つの目安ぐらいにチェックしてください。

ノンシリコンや薬用シャンプーって何?

洗浄成分以外に配合されている成分によっても、シャンプーの種類は分類されます。シリコンシャンプー、ノンシリコンシャンプーや薬用シャンプー、スカルプシャンプーといったシャンプーの種類の違いについて、栗田さんに解説していただきました。

<シャンプーの種類の違い>

特徴 成分名の例
シリコンシャンプー 人工のコーティング剤・シリコンが入ったシャンプー。髪のツヤや手触りを良くし、まとめやすくなる ジメチコン
シクロメチコン
メチコン
ノンシリコンシャンプー シリコンが含まれていないシャンプー。シリコン入りよりも髪がふわっとしてボリュームが出やすくなる。毛量が少ない人におすすめ。 上記のシリコンを指す成分が入っていないもの
薬用シャンプー 厚生労働省が許可した有効成分が配合されていて、医薬部外品に指定されているシャンプー。例えば、フケの原因となる菌の増殖を抑える有効成分には「ミコナゾール硝酸塩」や「オクトピロックス」がある。 ミコナゾール硝酸塩
オクトピロックス

頭皮にフォーカスした配合になっている「スカルプシャンプー」もありますが、頭皮に効果的な成分はその人の状態によって違うので、ひとまとめにどの成分が良いというのは難しいです。自分の頭皮が乾燥しやすいのか脂が出やすいのかなど、頭皮の状態を見極めて、それに合ったものを使いましょう。

女性向けシャンプーは何が違う?

洗浄力以外にも、香りや仕上がりなど、メンズシャンプーと女性向けシャンプーではさまざまな違いがあります。

シャンプーを手にもつ栗田さん

栗田さんからお聞きした女性向けシャンプーとのおもな違いを以下にまとめました。

<メンズシャンプーと女性向けシャンプーのおもな違い>

メンズ 女性向け
洗浄成分 高級アルコール系が多く洗浄力が強い アミノ酸系が多く洗浄力は控えめ
香り 柑橘系、メントールなど、爽快感のある香りが多い フローラルな香りが多い
ダメージケア 特化したものは少ない 保湿・補修成分が入っているものが多い
仕上がり ボリュームアップするものが多い まとまりやすく、ボリュームダウンするものが多い

女性は髪が長い人やカラーリングしている人の比率が高く、男性よりも髪が傷みやすい傾向があります。そのため、女性向けシャンプーは保湿成分や補修成分が入っているものが多いです。男性でもダメージが気になる人や乾燥肌、敏感肌の人は、女性向けシャンプーのほうが合うこともあります。

【女性美容師に聞く】男性の髪の気になるポイントは?

フケやベタつき、頭皮のニオイなど、多くの男性が気にかけているポイントは、プロから見るとどのように映るのでしょうか? メンズカットも多く手掛けるフリーランス美容師・中野悠里さんに、男性の髪に関する気になるポイントをお聞きしました。

フリーランス美容師
中野悠里さん
中野さん-プロフィール
『GO TODAY シェアサロン』銀座店にてフリーランス美容師として活躍。女性目線を生かしたメンズカットが得意。

中野さんに挙げていただいたポイントをまとめると、以下のようになります。

<男性の髪の気になるポイント>

  1. フケやベタつきは男性にありがち
  2. 脂っぽい頭皮のニオイは×
  3. 整髪剤で固めすぎると悪目立ちする
  4. 髪の薄さはあえて隠さないほうが○

それでは、順番に紹介していきます。

フケやベタつきは男性にありがち

――フケやベタつき、伸び切ったモミアゲやえりあしなど、男性の髪や頭皮の清潔感について気になる点はありますか?

男性のお客様で、フケやベタつきを気にされている方はけっこう多いです。肌荒れと同じような感覚なので、不衛生というよりは、ケアの仕方を間違えているといった印象のほうが大きいでしょうか。

フケにはカサカサした「乾性フケ」とベタベタした「脂性フケ」の2種類があります。フケの種類が違えば対策も変わってきます。一般的に男性は脂性フケが多いとされていますが、必ずしも全員がそうとは限りません。例えば乾性フケの男性が「自分は脂っぽいからフケが出ているんだ」と勘違いをして、洗浄力の強いシャンプーでごしごし洗ってしまうと、症状は余計に悪化してしまいます。

中野さんインタビュー4

――自分だけで対策をせずに、専門家に状態のチェックなどを頼んで改善を目指すほうがよさそうですね。

そうですね。美容室で医療行為はできませんから、シャンプーや洗い方を変えてもフケが改善されない方は、一度皮膚科に相談されるのがいいと思います。

逆に、清潔感という観点で気になるのは、伸び切ったモミアゲやえりあしです。特にえりあしは自分でチェックしづらいので、盲点かもしれません。でも、電車に乗っていると前後の人との距離が近いので、案外他人の目に留まってしまう部分なんです。ここの長さや形が整っていると、やっぱり清潔感がありますね。

脂っぽい頭皮のニオイは×

――男性の髪からのニオイが気になったことはありますか?

頭皮の脂っぽいニオイはやっぱり気になります。特にカット前にシャンプーをする際は、至近距離なのと湿度が高くなることもあって、余計にニオイが強くなりますね。

――脂っぽいニオイを改善するにはどうしたらいいでしょうか?

まずは生活習慣を変えるのがおすすめです。脂っぽい食べ物を控えたり、お風呂の入り方を変えたりですね。ふだんシャワーを浴びるだけの方は、湯船に漬かって汗をかいてください。頭皮に汗をかくことで、汚れも落ちやすくなります。お風呂に入ったらまず髪を予洗いして、湯船に漬かった後、最後にシャンプーで髪を洗うと効果的です。

――逆に、男性から女性向けシャンプーのフローラルな香りがするのは気になりますか?

それはないです! いい香りがするぶんには「清潔感がある方だな」と思うので、むしろ好感度は上がりますよ。

中野さんインタビュー3

最近ではユニセックスな香りのシャンプーも売っています。ご自身が気になるようでしたら、フローラルすぎないものを選ぶといいかなと思います。

整髪剤で固めすぎると悪目立ちする

――髪が伸び切ってシルエットが崩れている人についてどう思いますか?

あまりにも髪が伸び切っていたりボサボサだったりすると、だらしなく見えてしまうかも……。そうならないためには、自分の髪質に合ったシャンプーを選んで適切なメンテナンスを行うことが重要です。
また、寝癖を整えるときに、いきなり整髪剤を使うのはNG。余計にボサボサになってしまいます。まずは髪を濡らしてドライヤーで乾かしてから、最後に整髪剤を使うようにしてみてくださいね。

――髪型を作り込みすぎている人についてはどう思いますか?

最近は、男性でも女性用のオイルやバームなどを使ってナチュラルな髪型に仕上げるのがトレンド。整髪剤でガチガチに固めた髪型はかえって目立つように思います。時間をかけてスタイリングしても、ウケが良くないともったいないですよね。

とはいえ、一番いいのは、顔の形やファッションスタイルに合った髪型を選ぶことです。例えば、ふだんスーツを着ている人のえりあしが長めだと、ちぐはぐな印象になりますよね。逆に、髪型をバッチリ決めても、服装がジャージだとアンバランスになってしまいます。どんな髪型にしようか悩んだときは、トータルバランスで考えてみてください。

髪の薄さはあえて隠さないほうが○

――白髪や髪のボリュームなど、年齢とともに気になってくる髪の悩みは多いです。女性目線では、このあたりの悩みはどう見えるでしょうか。

個人的には、白髪はあまり気になりません。最近は白髪を生かしたスタイルも多いですし、カラーリングした際のダメージを恐れて、あえて染めない方もけっこういらっしゃいます。どちらかというと、やっぱり髪の薄さのほうが気になります。

――髪の薄さについて、女性目線で気になる形などありましたら教えてください。

女性目線だと、薄くなってきた生え際を前髪で隠すスタイルが気になるかな。生え際が薄くなってくると、前髪を伸ばして隠そうとする人は案外多いんです。でも、前髪が不自然に長いと、女性としては気になってしまいますね。

中野さんインタビュー2

特に、長い髪の間から額がチラッと見えたり、耳にかけたときに前髪に分け目ができたり……そういう部分に目が行ってしまいます。いっそのこと前髪を短くしてスタイリングしたほうが、清潔だし自然に見えますよ。

重要なのは、薄くなる前に予防を心がけること。最近では、20~30代の方でも薄毛の予防をされている方は多くいらっしゃいます

――薄毛を予防するおすすめの方法はありますか?

ご家庭で行えるおすすめの方法は、​​家族で同じシャンプーを使わないことです。奥さまと同じシャンプーを使っている、という男性はけっこう多いと思いますが、ぜひ男性用のシャンプーを用意してください。というのも、女性用シャンプーは髪の補修に特化しているものが多いので、頭皮ケアを重視したい男性にはあまり向かないんです。

もちろん、自身の目的に合ったシャンプーであれば、女性用のものを使ってもかまいません。

――髪のボリュームが少なくなってきたときの対処法はいかがでしょうか?

髪のボリュームダウンにはいくつかの原因が考えられますが、加齢によりハリ・コシが失われてきた方は、頭皮用シャンプーブラシの使用をおすすめします

中野さんインタビュー1

健康的な頭皮であれば、1つの毛穴からは2~3本の髪が生えているのですが、ハリ・コシがないとそのうち数本はぺたんと倒れてしまっていることが多いんです。頭皮用シャンプーブラシでブラッシングすることにより、倒れている髪が根元から立ち上がるので、ふんわりとした髪に仕上がりますよ。

ハリ・コシタイプのシャンプーを選ぶのも対策の1つです。最近髪のボリュームが減ってきたなと感じた方は、シャンプーの見直しを検討してみてはいかがでしょうか。

メンズシャンプーに関するQ&A

インタビュー中の栗田さん4

最後に、メンズシャンプーに関する疑問について、栗田さんに答えていただきました。

Q. 正しいシャンプーの方法が知りたい

A. 正しいシャンプーの流れは以下のとおりです。

<正しいシャンプーの手順>

シャンプー法1 1.シャワーでよく予洗いする
シャンプー前に、お湯で2~3分髪をすすぎます。ここで、油分以外の汚れを洗い流します。

<Point!>
ホコリなどの汚れが少ないほうが、シャンプーの泡立ちが良くなります。使う量も減って、一石二鳥。
シャンプー法2 2.シャンプーを泡立てる
手のひらでしっかりとシャンプーを泡立てます。

<Point!>
髪に直接シャンプーをつけると泡立ちにくいのでNG。泡立っていないシャンプーはシャワーで洗い流しにくいので、頭皮に残留しやすくなります。
シャンプー法3 3.頭皮をしっかり洗う
泡立てたシャンプーで頭皮をマッサージするようにやさしく洗います。

<point!>
頭皮が傷つかないように爪は立てず、指の腹を使います。
シャンプー法4 4.しっかり洗い流す
シャンプーが残留しないよう、しっかりとすすぎます。

<point!>
シャンプーが頭皮に残留すると、頭皮のトラブルを起こす原因になる場合があるので要注意!

整髪料を多く使用した日は1度のシャンプーでは汚れを落としきれない場合が多いので、少量のシャンプーで2度洗いするといいですよ。

Q. 適切なシャンプーの頻度は?

インタビュー中の栗田さん3

A. 基本的には1日1回です。1日に何度もシャンプーをすると、かえって洗いすぎになる可能性もあります。日中、汗をかいて気持ちわるいと思ったときは、シャンプーを使わずにお湯で流すだけでOK。
ただ、寝ている間に皮脂が多く分泌される方もいらっしゃるので、そういう場合は朝起きてもう一度シャンプーしてもいいかと思います。皮脂を洗い流したほうがセットしやすいので。

Q. 男性が女性向けシャンプーを使うのはアリ?

A. アリです。ただ、女性向けシャンプーの香りはあくまで女性向けに作られているものなので、ものによっては皮脂のニオイと甘い香りが混ざって不自然なニオイになってしまう場合もあるので注意が必要です。例えばバニラの甘い香りの中に、脂っぽいニオイが混ざっている……とかですね。香りの相性も考えながら選んでみてください。

Q. シリコン入りのシャンプーは使わないほうがいいの?

A. シリコンには髪の表面を整えて手触りを良くする効果があるので、髪にツヤがなくなってきた方はシリコンシャンプーを選ぶのも選択肢の1つではないでしょうか。

よく「シリコンは毛穴に詰まる」という説を目にしますが、そのような事実はないと考えてよいでしょう。重要なのは、シャンプーが頭皮に残留しないようしっかり洗い流すことです。ノンシリコンシャンプーにこだわっている方もいるかもしれませんが、コンディショナーにシリコンが含まれていることも多いです。ノンシリコンにこだわるのであれば、シャンプーだけではなく、コンディショナーの成分表もきちんと確認することをおすすめします。

シリコン入りにもノンシリコンにもそれぞれの良さがあるので、自分の目的に合ったものを選びましょう。

▼ ノンシリコンシャンプーのおすすめはこちら

まとめ

栗田さんが一貫して語るのは、シャンプーは自分の悩みに合ったものを選ぶのが大事ということです。いくらいい成分が入っていても、髪や頭皮の状態に合っていなければ、症状は改善するどころか悪化してしまいかねません。

まずは、自分の悩みは何なのか、その原因はどこにあるのか、見極めるところから始めましょう。解決するべき問題が見つかったら、ぜひ今回の記事を見てピッタリのシャンプーを選んでみてください。

当記事は、弁護士法人ネクスパート法律事務所監修のもと、薬機法、景品表示法等で定められたルールを遵守して作成しています。

このページをシェアする

TOP