私たちについて知りたい方は

your SELECT.バナー:私たちについて

【2021年】月額料金の安いおすすめポケットWi-Fi10選!専門家が厳選

安いポケットwifi

「ポケットWi-Fiはたくさんあるけど、値段が安いのはどこ?」
「安くて容量無制限で使えるポケットWi-Fiを契約したい」

自宅でも外出先でも使える便利なポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)ですが、契約を考えている方の中にはこのような悩み、考えをもっている方もいらっしゃるかと思います。

そこで、YouTubeでポケットWi-Fiの情報を日々配信している専門家のふじもんさんに、安いポケットWi-Fiの選び方とおすすめのポケットWi-Fiをご紹介いただきました。

ふじもんさんプロフィール写真

ブロガー・YouTuber

ふじもんさん

日本最大のモバイル専門調査機関での勤務を経て、現在はインターネット回線やポケットWi-Fiなどのガジェットの情報をブログやYouTubeで発信している。

ブログURL:https://fujimotoyousuke.com/osusume-wifi-ranking/

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCW5OZVOB638Tq8YIaV1QFyw

安いポケットWi-Fiを選ぶ前に知っておきたい基礎知識

ふじもんさんに安いポケットWi-Fiを選ぶ前に知っておきたい基礎知識を語っていただきます。安くポケットWi-Fiを契約するにはどうすればいいのでしょうか。

ポケットWi-FiとWiMAXの回線の違いを知ろう

ふじもんさん取材

まずポケットWi-Fi(Pocket WiFi)はソフトバンクの登録商標で、正式には「モバイルWi-Fi」といいます。便宜的にここではポケットWi-Fiとさせていただきます。

ポケットWi-Fiは、SoftBank、NTTドコモ、auのいわゆる3大キャリアのモバイル回線を使う「クラウドSIM」と、独自回線とauの回線を使う「WiMAX」に大別されます。クラウドSIMはデータ通信容量や料金、契約の縛りの有無などいろいろと選択肢があり、人によっては使いやすいサービスです。一方WiMAXはいろいろな会社がサービスを行っていますが、ほとんど通信速度と料金は同じで、だいたいどこも3年契約です。

料金の安さ重視の人はクラウドSIMのWi-Fiサービスを、通信品質重視の人はWiMAXのサービスを選ぶ傾向があります。この二つは、通信と料金体系が大きく違う、と思っていただいていいです。

料金を重視するなら、クラウドSIMを選んだほうが安くなる場合が多いです。

 
月額料金 平均下り速度 制限時の通信速度 特徴
クラウドSIM 2000~3000円台 19Mbps程度 制限時128~256kbps程度 ・3大キャリアの回線が使える
・地下などでもつながりやすい
WiMAX 4000円台 30Mbps程度 制限時1Mbps程度 ・WiMAXの高速の独自回線を使える
・auのLTE回線も使用できる

みんなのネット回線速度(2021年10月13日)

どんな費用がかかるのか把握しよう

<実質月額料金に考慮すべき項目>

  • 月額料金:平均3000~4000円台
  • 初期費用(事務手数料):3300円(税込)
  • 端末費用:多くは月額料金に割賦される
  • オプション料金:必要な場合のみかかる

まず上記にポケットWi-Fi実質月額で考慮する点をまとめました。どのポケットWi-Fiのサービスでも初期費用(事務手数料)として、3300円(税込)がかかると思ってください。それと月額料金がかかってきます。月に100GB使えるクラウドSIMで3000円台、WiMAXは4000円台です。それに加えてもし途中で解約してしまうと、2万円弱の違約金がかかってしまいます

端末費用はレンタルの場合は、契約終了時に端末を返却するので必要ありません。レンタルではない場合は、端末を購入することになり、多くの場合月額で割賦になるので、一括購入することは少ないです。またキャンペーンなどで端末費用が実質無料になることもあります。

オプション料金は、契約期間の縛りをなくす「契約期間縛りなしオプション」や、端末の水濡れや破損時に無償交換してくれる「端末補償オプション」などがあります。

もしポケットWi-Fiを安く使いたいなら、クラウドSIMに20GBの容量で2000円台のサービスがありますので、そちらを使いつつ、容量が足りなくなったらチャージする、といった使い方をしてもいいかもしれません。

ふじもんさんプロフィール写真

今回紹介するクラウドSIMは、すべて端末がレンタルになります(後述)。その場合契約終了時に端末を返却しないといけないのですが、返却を忘れたり、壊れていたりすると、2万円近い金額を支払わないといけないケースがあります。また、端末の充電用のケーブルなども返却し忘れると2000円程度の金額を弁済金として支払う必要があります。

ポケットWi-Fiの端末

ポケットWi-Fiの端末。レンタルや買取など、実質月額料金にも関わってくる

自分に合った安いポケットWi-Fiを選ぶ

それでは、自分に合ったポケットWi-Fiの選び方、さらに安く契約する方法を紹介していきます。

今一番安くておすすめできるポケットWi-Fi

現在、「ポケットWi-Fi 安い」などで検索すると、「楽天モバイル」の名前を目にすることが多いかと思うのですが、確かに月額料金も安く、使える容量も実質無制限なのでおすすめです。その理由を解説していきましょう。

まず契約期間の縛りがないこと、初期費用もかからない、端末代も1円。20GB以上使っても3278円(税込)と、かなり安い料金設定になっています。2021年10月現在キャンペーンで3ヶ月月額料金無料サービスもやっていますし、まずポケットWi-Fiをお試しで使ってみたいなら、「楽天モバイル」を選ぶとよいでしょう

ただ「楽天モバイル」にもデメリットがあって、まだ回線の人口カバー率が95%になっていないことです。人口密集地はいいのですが、それ以外のエリアになるとパートナー回線(au回線)を利用することになり、5GBを超過すると最大1Mbpsの速度制限がかかってしまいます。

なので、まずは「楽天モバイル」のエリアマップをチェックして、自分の行動エリアが対象になるのを確認してもらいたいです。「楽天モバイル」のエリア内の方であれば、ファーストチョイスになってきますが、それ以外の方はほかのポケットWi-Fiを選ぶ、ということになります。

楽天モバイルのメリット・デメリット
メリット ・契約期間の縛りがない
・初期費用がかからない
・端末代が1円
・月額料金が最大で3278円(税込)
デメリット ・回線カバーエリアが若干狭い
・屋内だと電波が入りにくい
楽天の通信エリア

濃いピンクで色付けされているのが楽天の通信エリア。自分が楽天のエリア内か確認しよう

出典:https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/

「楽天モバイル」以外のおすすめはコレ!

もし「楽天モバイル」のエリア外の人であれば、料金面で考えると20GBを2000円台で使える「ZEUS WiFi」と「モンスターモバイル」が候補に入ってきます。オプションで契約期間の縛りを解除できるのも便利です。

100GBなど大容量を使いたい人は「MUGEN WiFi」「AiR-WiFi」を選んでもいいでしょう。しかし月に100GBはなかなか使い切れないです。MM総研の調査「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態」によると日本人が月間で使う容量は平均「7.56GB」なので、データ容量を持て余してしまう可能性があります。

オンライン会議などビジネスで使う人、容量を気にせずに使いたい人には、実質無制限のWiMAXをおすすめします。こちらは3日で15GBという制限がありますが、制限といっても1ヶ月に換算すると150GBです。

実質料金で選ぶ

ポケットWi-Fiを使う際にかかる金額については前述しましたので、ここでは実質月額料金の算出方法を述べていきましょう。実質月額料金は、初期費用(事務手数料)に端末代 やオプション料金を足し、キャンペーン料金を引いた額を契約する月数で割ります。

実質月額料金={(基本料金×契約期間)+初期費用+端末代+オプション料金ーキャンペーン割引額}÷契約月数

▼実質料金例

楽天モバイル ZEUS WiFi MUGEN WiFi
実質料金 0~3278円 2606円~(20GB) 3308円~(100GB)
初期費用 0円 3300円 3300円
端末代 1円 0円(レンタル) 0円(レンタル)
オプション料金(月額) 0円 440円 440~660円
キャンペーン 1~3ヶ月無料 1~3ヶ月980円(20GB) 1万3500円キャッシュバック
初期費用 なし 2年 2年

※価格はすべて税込です

料金を口座振替にしたい場合は、手数料が220円かかるので、それも計算に入れるとさらに正確な実質料金となるでしょう。これらをすべて足して、使う月数で割った料金が実質月額料金になります。

実質月額料金の計算例(ZEUS WiFi 20GBの場合)
{(980円×3ヶ月)+(2178円×21ヶ月)+3300円}÷24ヶ月=2165.75円(2166円)(※オプション料金は含まれていません)

BIGLOBE WiMAXはau携帯、UQ mobileを使っているとスマホ割になります。auは月1100円(税込)、UQ mobileは550円(税込)が割引かれます。

これらを念頭に置いて、実質月額料金を計算しましょう。

使いやすい実質無制限のWiMAX

クラウドSIMよりやや割高になってしまいますが、実質容量無制限で独自の高速回線をもつWiMAXは使いやすく、候補に入れたいですね。3日で15GBということは前述しましたが、3日で15GBを超えても1Mbpsで通信はできます。また通信制限がかかるのは、翌日の18時~深夜2時までの約6時間なので、昼の利用には影響がありません。つまり昼間であれば実質無制限で使えるといっても差し支えありません。

安いポケットWi-Fi10選

ここまで紹介してきたことを踏まえて、ふじもんさんに安いポケットWi-Fiを10種類選んでいただきました。まず「とにかく安いポケットWi-Fi5選」としてクラウドSIMを、次に「実質無制限のポケットWi-Fi5選」を紹介します。

詳細 実質料金 初期費用 基本料金 端末代 解約金 キャンペーン
楽天モバイル 詳細を見る 0円~3278円 0円 最大3278円(無制限) 1円 0円 3ヶ月無料
モンスターモバイル 詳細を見る 2365円(20GB) 3300円 2090円(20GB) レンタル 1~12ヶ月1万780円/14~24ヶ月3300円 NTTグループカードで新規申し込みをすると最大6000円キャッシュバック
ZEUS WiFi 詳細を見る 2606円(20GB) 3300円 2028円(20GB) レンタル 1~24ヶ月1万450円 1年間毎月ギガプレゼント
MUGEN WiFi 詳細を見る 3308円(100GB) 3300円 3293円(100GB) レンタル 1~12ヶ月9900円/13~24ヶ月5500円 1万3500円キャッシュバック
AiR-WiFi 詳細を見る 3279円(100GB) 3300円 3278円(100GB) レンタル 2~12ヶ月7700円/14~25ヶ月5500円/27~38ヶ月5500円 30日間モニターキャンペーン
GMOとくとくBB 詳細を見る 4428円 3300円 4336円 0円 1~12ヶ月2万900円/13~24ヶ月1万5400円/25ヶ月以降1万450円 GMOとくとくBB WiMAX +5G ギガ放題プラス 3年契約
カシモWiMAX 詳細を見る 4461円 3300円 4370円 0円 0~12ヶ月2万900円/13~24ヶ月1万5400円/25ヶ月~36ヶ月1万450円/38ヶ月以降1万450円 月額割引キャンペーン 端末代金無料キャンペーン
BIGLOBE WiMAX 詳細を見る 4733円 3300円 4378円 2万1912円 0~12ヶ月1100円 1万円キャッシュバック
Broad WiMAX 詳細を見る 4895円 3300円 3794円 0円 0~12ヶ月2万900円/13~24ヶ月1万5400円/25ヶ月以降1万450円 Web割キャンペーン初期費用2万743円割引
Vision WiMAX 詳細を見る 4899円 0円 5034円 0円 0~12ヶ月2万8050円/13~24ヶ月2万1450円/25ヶ月以降1万4300円 5000円キャッシュバック 最新機種を含む全機種が0円 新規契約事務手数料0円 最大2万8050円の違約金が0円(窓口から他社回線に乗り換え時)

※価格はすべて税込です 
※実質料金、基本料金は編集部で独自に計算したものです

とにかく安いポケットWi-Fi5選

安さで選ぶならコレ! と自信をもっておすすめできるポケットWi-Fiを紹介します。

安さで選ぶならファーストチョイス|楽天モバイル

楽天モバイル

出典:https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/internet/rakuten-wifi-pocket-2b/

実質料金 0円~3278円
初期費用 0円
基本料金 最大3278円(無制限)
端末代 1円
契約期間 なし
解約金 0円
キャンペーン 3ヶ月無料

※価格はすべて税込です

1GBまでなら無料、20GBまでなら2178円(税込)、20GB以上の実質無制限でも3278円(税込)という、月額実質料金の安さはおすすめ。端末も1円となっているので、実質月額の計算も楽です。

ただ実質無制限は楽天回線エリア内のみで、それ以外はau回線を使うことになり、その場合月5GBを超過すると速度制限がかかってしまいます。まずは自分の行動エリアが楽天回線エリア内かどうか確かめてから契約しましょう。

ふじもんさんプロフィール写真

安さで選ぶなら「楽天モバイル」でしょう、とおすすめできます。建物内で電波が入りにくい、などのデメリットはありますが、それを差し引いても今安いポケットWi-Fiを選ぶなら、「楽天モバイル」をおすすめしたいですね。

公式サイトへ

20GBから使え容量のチャージもできる|モンスターモバイル

モンスターモバイル

出典:https://monster-mobile.jp/

実質料金 2365円(20GB)
初期費用 3300円
基本料金 2090円(20GB)
端末代 レンタル
契約期間 1年(縛りなしのオプションあり)
解約金 1~12ヶ月1万780円/14~24ヶ月3300円
キャンペーン NTTグループカードで新規申し込みをすると最大6000円キャッシュバック

※価格はすべて税込です

20GB、50GB、100GBの容量が選べ、月々2000~3000円台の料金体系です。契約期間は1年ですが、オプション料金で縛りなしにすることができ、使い方の幅が広がります。容量のチャージが1GB330円(税込)からできるので、いざ足りなくなったときにも困ることがないでしょう

ふじもんさんプロフィール写真

「Macaroon」という円い端末がレンタルできます。縛りがあるプランといっても1年です。オプションを使えばその縛りもなしにをできるので、これもおすすめですね。

公式サイトへ

契約月から3ヶ月が安い!|ZEUS WiFi

ZEUS WiFi

出典:https://zeus-wifi.jp/

実質料金 2606円(20GB)
初期費用 3300円
基本料金 2028円(20GB)(※契約月から3ヶ月の割引料金を含む平均額)
端末代 レンタル
契約期間 2年
解約金 1~24ヶ月1万450円
キャンペーン 1年間毎月ギガボーナスプレゼント

※価格はすべて税込です

2022年1月31日までのキャンペーンで、最初の3ヶ月が20GB980円(税込)、40GBが1680円(税込)、100GBが3278円(税込)という安さです。また特典として、20GBには5GB、40GBと100GBには10GBが1年間無料で追加されます。

契約期間は2年間、解約手数料は1万450円(税込)です。

ふじもんさんプロフィール写真

少量のデータ量プランや、縛りなしオプションなど、いろいろな使い方のニーズに対応しており、顧客対応も個人的にいいという印象です。ZEUS WiFiは随時キャンペーンを行っているので、契約のタイミングを見極めるとお得に契約できると思います。

公式サイトへ

キャッシュバック1万3500円がうれしい|MUGEN WiFi

MUGEN WiFi

出典:https://mugen-wifi.com/

実質料金 2868円(100GB)
初期費用 3300円
基本料金 3293円(100GB)
端末代 レンタル
契約期間 2年(縛りなしのオプションあり)
解約金 1~12ヶ月9900円/13~24ヶ月5500円
キャンペーン 1万3500円キャッシュバック

※価格はすべて税込です

100GBで実質月額2868円(税込)という安さがうれしいポケットWi-Fiです(この実質月額にするにはキャッシュバック1万3500円を受け取る必要があります)。30日間お試しで使えます。契約期間の縛りは2年ですが、オプションで月額660円(税込)追加することで、縛りなしにできます。

ふじもんさんプロフィール写真

MUGEN WiFiは立ち上げ当初はあまり有名ではなかったのですが、今となっては人気サービスになっており、キャッシュバックも1万3500円とすごい金額を設定しています。MUGEN WiFiが人気の理由は、やっぱり「30日間おためし」というキャンペーンだと思います。2年以上使うんだったらお得に契約できるので、長期契約する方はぜひ検討してみてください。

公式サイトへ

330円で縛りなしに|AiR-WiFi

MUGEN WiFi

出典:https://wifi-airwifi.com/

実質料金 3279円(100GB)
初期費用 0円(※30日間お試しキャンペーン利用の場合、返却処理手数料1100円+クリーニング・メンテナンス費用2200円が必要)
基本料金 3278円(100GB)
端末代 レンタル
契約期間 1年(縛りなしのオプションあり)
解約金 2~12ヶ月7700円/14~25ヶ月5500円/27~38ヶ月5500円
キャンペーン 30日間モニターキャンペーン

※価格はすべて税込です

100GBが3278円(税込)から利用でき、30日間モニターキャンペーン中で、初月が無料になります。契約期間は1年間ですが、オプションで月額330円(税込)支払うことで縛りをなくすことができます

ふじもんさんプロフィール写真

安く使いたいという人はAiR-WiFiもおすすめです! 実質的に最安値クラスというポジションを維持しているといった印象です。オプション(月額330円・税込)で縛りなしになるのもいいと思います。2021年2月に始まった後発サービスですが、今のところ目立ったトラブルはないので、今後もっと人気になってほしいと個人的に思います。

公式サイトへ

実質無制限のポケットWi-Fi5選

実質無制限で使えるWiMAXの中から、料金がなるべく安く済む5つのサービスを選んでいただきました。

WiMAX最安値クラス|GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

出典:https://gmobb.jp/

実質料金 4428円
初期費用 3300円
基本料金 4341円
端末代 0円
契約期間 3年
解約金 1~12ヶ月2万900円/13~24ヶ月1万5400円/25ヶ月以降1万450円
キャンペーン GMOとくとくBB WiMAX +5G ギガ放題プラス 3年契約

※価格はすべて税込です

インターネットサービスの大手、GMOグループが運営するWiMAXのサービスです。実質月額4426円(税込)はWiMAXサービスの中で最安値クラスです。WiMAXの回線以外のau回線を使うプラスエリアモードも無料。契約期間は3年、違約金は1万450円(税込)~です。

ふじもんさんプロフィール写真

5Gプランでは実質料金が最安値クラスです。さすがWiMAXでは強いですね。担当者さんによると、WiMAXでは絶対に負けないと言っていたので、今後もいろいろ攻めた仕掛けをしてくるんじゃないかなと思います。

公式サイトへ

初月1408円がうれしい|カシモWiMAX

カシモWiMAX

出典:https://www.ka-shimo.com/

実質料金 4461円
初期費用 3300円
基本料金 4370円
端末代 0円
契約期間 3年
解約金 0~12ヶ月2万900円/13~24ヶ月1万5400円/25ヶ月~36ヶ月1万450円
キャンペーン 月額割引キャンペーン
端末代金無料キャンペーン

※価格はすべて税込です

初月1408円(税込)で使え、次の月から4455円(税込)になります。WiMAX2+の端末なら無料で使え、5Gプランへの乗り換えも無料で行うことができます。LTEオプション(au回線を使う契約)も無料になっています。契約期間は3年、違約金は最大2万900円(税込)です。

ふじもんさんプロフィール写真

カシモWiMAXはサポートの質が良く、特に従来のWiMAX2+から5Gプランへの乗り換えサポートも手数料なしで、しかもていねいに対応してくれるので、私の中でイチオシになっています。今後のカシモWiMAXに注目です。

公式サイトへ

WiMAXの中で唯一1年契約|BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX

出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/

実質料金 4733円
初期費用 3300円
基本料金 4378円
端末代 2万1912円
契約期間 1年
解約金 0~12ヶ月1100円
キャンペーン 1万円キャッシュバック

※価格はすべて税込です

プロバイダ、ポータルサイトなどを運営するBIGLOBEのWiMAXのサービスです。WiMAXのサービスの中で唯一1年契約ができるサービスです。それでいて違約金は1100円(税込)という安さ。契約月の翌月に1万円がキャッシュバックされます。またauとUQ mobileのスマホ割があるので、どちらかの携帯電話を使っている人はお得に使えます。口座振替も使えるので、クレジットカードを持っていない人が利用するのに便利です。

ふじもんさんプロフィール写真

BIGLOBEの良さは、1年契約ができるというところに尽きます。ただ1年契約は割高になるので、料金のことを考えるとデメリットもあります。1年契約と、口座振替対応という需要があれば、使ってみてもいいと思います。

公式サイトへ

乗り換え時の契約解除料を負担してくれるサービスあり|Broad WiMAX

Broad WiMAX

出典:https://wimax-broad.jp/

実質料金 4895円
初期費用 3300円
基本料金 3794円
端末代 0円
契約期間 2年、3年
解約金 0~12ヶ月2万900円/13~24ヶ月1万5400円/25ヶ月以降1万450円
キャンペーン Web割キャンペーン初期費用2万743円割引

※価格はすべて税込です

WiMAXに関するレスポンスが速いサービスで、後述の「Speed Wi-Fi 5G X11」にもいち早く対応する予定です。5G対応ギガ放題プラスDXプランが初月から3ヶ月2090円(税込)で利用できます。一部のプランで他社から乗り換える場合の契約解除料(上限1万9000円)を負担してくれるキャンペーンが利用できます。

ふじもんさんプロフィール写真

ちょうど3ヶ月前に「ふじもんYouTube」にBroad WiMAXのスタッフの方が出演してくださったのですが、Broad WiMAXはどこよりも早く5Gプランを発表し、予約受付を開始しました。新商品の提供開始は他社よりも早くするということにはこだわっているようで、「少しでも早く5Gプランを皆さんに試してもらえるように気合を入れた」と言っていました。Broad WiMAXは、緊急体制で対応するぐらいリリーススピードには力を入れているようです。

公式サイトへ

Wi-Fi業界トップクラス|Vision WiMAX

Vision WiMAX

出典:https://visionwimax.com/

実質料金 4899円
初期費用 0円
基本料金 5034円
端末代 0円
契約期間 3年
解約金 0~12ヶ月2万8050円/13~24ヶ月2万1450円/25ヶ月以降1万4300円
キャンペーン 5000円キャッシュバック
最新機種を含む全機種が0円
新規契約事務手数料0円
最大2万8050円の違約金が0円(窓口から他社回線に乗り換え時)

※価格はすべて税込です

Vision WiMAXは株式会社ビジョンが提供するWiMAXサービスです。初月は2980円(税込)、1ヶ月~24ヶ月は4980円(税込)でギガ放題5Gプランが利用できます。現在5000円キャッシュバックなど、いろいろなキャンペーンを行っています。契約期間は3年、違約金は最大で2万8050円(税込)です。

ふじもんさんプロフィール写真

あまり知名度はありませんが、Vision WiMAXは、「WiFiレンタルどっとこむ」を扱っている会社が運営していて、会社規模としてはWi-Fi業界で一番大きい会社です。今後知名度が上がり、WiMAXでも人気上位になってくるのは間違いないと思います。

公式サイトへ

安いポケットWi-Fiを選ぶ際のよくあるQ&A

最後にふじもんさんに安いポケットWi-Fiを選ぶ際のよくある質問を聞いてみました。

ふじもんさん取材

Q. ポケットWi-Fiでゲームはできますか?

A. ポケットWi-Fiでもゲームはできます。ただしFPS(First Person Shooter)といった応答速度が重要な環境ではPING値が低いほうが有利にゲームを楽しめます。(※ポケットWi-FiのPING値は50~100msなのに対して、光回線だと10~30msと光回線の方が、通信環境は優秀です)。FPSなどを頻繁に遊ぶ人は、光回線を選んだほうがいいでしょう。

Q. 通信速度が遅いときはどうすればいいですか?

A. ポケットWi-Fiの通信速度が遅い場合は、まず窓際に置いて電波を拾いやすくすることです。それでもつながりが悪い場合や通信速度が遅い場合は、再起動してみてください。特にクラウドSIMの場合は再起動でつながる回線が変わり、通信速度が上がる場合があります。それでも遅い場合は端末の故障が考えられますので、契約したサービスに相談してみましょう。

Q. クレジットカードがない場合はどうすればいいですか?

A. BIGLOBE WiMAXなど一部のサービスが口座振替に対応しています。しかし引き落とし手数料がかかります。少しでも安くポケットWi-Fiを使いたい場合は、できることならクレジットカードで契約するようにしましょう。

Q. 光回線とポケットWi-Fiの使い勝手の差について教えてください。

A. 光回線が引けるのであれば、光回線のほうが使い勝手はいいです。ただ工事の期間がかかります。マンションの場合は大家さんが工事のOKを出してくれないこともありますので、光回線を使いたいけれど使えない、という人もいるかもしれません。それに比べてポケットWi-Fiは工事が必要ありませんし、何より持ち運びができるのがいいところです。

ふじもんさん取材

Q. 「顧客対応がいいと評判のサービス」はどう調べればいいですか?

A. Twitterの書き込みやYouTubeをこまめにチェックしてください。特にTwitterは実際に使っているユーザーのダイレクトな書き込みが見られるので、下調べにはおすすめです。YouTubeは私も含め、ポケットWi-Fiを扱っているYouTuberもいるので、チェックしてみてください。

Q. ポケットWi-Fiは海外でも使えますか?

A. クラウドSIMのポケットWi-Fiは使えます。私はインドネシア、フィリピン、マレーシアで試しましたが実際に使えることは確認済みです。ただし、1日あたり1GB程度しか使えないので、ちょっとした調べ物をする以外には使い道があまりない、というのが実情です。

Q. ポケットWi-Fi界隈の最新情報があったら教えてください。

A. 10月時点の最新情報なのですが、UQ WiMAXとBroad WiMAXから「Speed Wi-Fi 5G X11」という最新端末がリリースされました。これまでポケットWi-Fiの端末は海外製のものが多かった中で、NEC製という国内製の端末が出るというのは大きいと思います。

出典:https://www.uqwimax.jp/annai/news_release/202110071.html

まとめ

安くポケットWi-Fiを使うには、まず楽天モバイルがファーストチョイスになる、という話をふじもんさんからお聞きしました。自分の行動エリアが楽天回線エリア内である人は、3ヶ月無料キャンペーン中でもあるので、とりあえず楽天モバイルと契約してみて、その中でほかのサービスも検討して切り替えていく、というのもアリかもしれません。

新しい端末の情報も出てきましたが、これからポケットWi-Fiを取り巻く環境はいろいろと変わっていく時期です。比較検討して、安く、自分に合った使いやすいポケットWi-Fiを探してみてください。

TOP