空気清浄機おすすめ10選|家電量販店店員と家電ライターが徹底解説!

空気清浄機おすすめ10選MV

「おうち時間も増え、空気清浄機の購入を考えている」
「種類が多くてどれを選べばいいかわからない」

ハウスダストや花粉症、ニオイに加え、除菌への意識が高まり、空気清浄機を購入しようと考えている人は多いのではないでしょうか。でも、国内・海外メーカーともにさまざまなモデルが販売されていて、最適な一台にめぐり合うまでが一苦労……。

そこで今回、ヨドバシカメラ新宿西口本店 家電コンシェルジェチームの嶋田慎也さんに空気清浄機の選び方を教えてもらうとともに、おすすめの機種を10種類セレクトしてもらいました。また、数多くの媒体で執筆している家電ライターの田中真紀子さんにも最新情報やトレンドをお聞きし、おすすめの機種を選んでもらったので参考にしてみてください。

専門家が教える!

空気清浄機の基礎知識

まずは、空気清浄機の仕組みや最適な置き場所など、基本的な情報について嶋田さんにお聞きしました。

嶋田慎也さん

ヨドバシカメラ 新宿西口本店
家電コンシェルジェチーム

嶋田慎也さん

ヨドバシカメラ 新宿西口本店で、空気清浄機やエアコン、扇風機など季節コーナーをメインに担当。
HP:https://www.yodobashi.com/ec/store/0011/

買う前に知っておきたい!空気清浄機の基本情報

お部屋の空気をきれいにして、過ごしやすく快適な状態にしてくれる空気清浄機。その内部構造は、外側からパネル、集塵(しゅうじん)フィルター、脱臭フィルター、ファンからなるものが一般的です。ファンによって空気を吸引し、フィルターを通して空気中に浮遊するハウスダスト、花粉などの粒子やニオイをとってくれます。

空気清浄機の月々の電気代と効果的な置き場所は?

部屋の空気をきれいな状態で保ち続けるには、空気清浄機を24時間365日運転し続けることが効果的です。機種や使用状況などによって変動しますが、ずっと運転し続けても電気代は1ヶ月で400~500円程度におさまると思います。

<空気清浄機を置く場所のイメージ>

空気清浄機設定場所

空気清浄機を置く場所は、エアコンと同時に使うことを想定した場合、冷房運転時はエアコンの真下、暖房運転時はエアコンの対面が最適です。冷たい空気は下にたまり、暖かい空気は上がっていく性質があるため、冷房の風向きは「水平」か「上向き」、暖房は「下向き」に設定するのがよいとされています。そのため、イラストの位置に空気清浄機を置くことで、部屋の空気がしっかりと循環します。

ウイルス対策にはどんな機能が必要?

コロナ禍において、ウイルスや除菌に対する意識が高まったことで、それらへの対策として空気清浄機を購入する人が増えています。菌やウイルスを抑制する機能として有名なのは、シャープの「プラズマクラスター」パナソニックの「ナノイーX」ダイキンの「ストリーマ」です。除菌機能が気になる方は注目してみてください。

<ウイルス対策におすすめの機能>

  • プラズマクラスター(シャープ)
  • 自然界に存在するのと同じプラスとマイナスのイオンをプラズマ放電によって作り出し放出。浮遊ウイルスの作用を抑え、浮遊カビ菌などを分解・除去するシャープ独自の空中浄化技術。「プラズマクラスター7000」はイオン濃度7000個/cm3以上、「プラズマクラスター25000」は2万5000個以上とイオン濃度が上がると効果も上がり、最上位モデルに搭載されている「プラズマクラスターNEXT」は5万個以上。
  • ナノイーX(パナソニック)
  • 花粉、ニオイ、PM2.5、菌・ウイルス、アレル物質の働きを抑制する微粒子イオン。さまざまな有害物質を抑制する効果のあるOHラジカルを多く含む。「ナノイーX」は「ナノイー」の10倍、最上位モデルに搭載されている”高濃度の「ナノイーX」”は、「ナノイーX」の2倍の量のOHラジカルを含み、花粉や脱臭効果がよりパワフルに。
  • ストリーマ(ダイキン)
  • 酸化力の高い高速電子でニオイ・アレル物質などをすばやく分解するダイキン独自の技術。分解力は、10万度の熱エネルギーに匹敵。最新機種では、「ストリーマ」技術に加え、ウイルスや菌の抑制効果の高い265nm(ナノメートル)の深紫外線を照射する「UVC LED」技術を搭載。

※効果はお部屋の状況や使用方法によって異なります。すべての菌・ウイルスに効果があるわけではありません。菌・ウイルスの除去・抑制性能を重視したい人は、各メーカーが行っている実証実験効果を公式サイト上で確認するようにしましょう。

専門家に聞いた!空気清浄機の選び方

国内メーカー、海外メーカーともに、さまざまなタイプの空気清浄機が販売されています。そんな中で、自分の家に合った機種をどう選べばいいのか、嶋田さんにポイントを教えてもらいました。

選び方を教える嶋田さん

<空気清浄機の選び方のポイント>

  1. 部屋の広さに合った適用床面積
  2. フィルターのお手入れ方法
  3. 加湿機能の有無
  4. インテリアになじむデザイン

1. 部屋の広さに合った適用床面積

空気清浄機を選ぶうえで第一に考えてほしいのは、部屋の広さに合わせたものを買うということです。空気清浄機の能力が使う部屋より大きい分には問題ありませんが、能力が足りないと空気が汚れていくスピードに勝てません。

その際の指標となるのが「適用床面積」で、30分で清浄できる部屋の広さを示しています。ただ、空気清浄機は空気中にあるものしかとれず、空気中の汚れが床まで落ちるのに約15分かかるといわれています。つまり、メーカーが表示している適用床面積の、半分の数字を目安とした部屋で使うのが効果の面でおすすめです。

適用床面積の表示

ヨドバシカメラの「適用床面積」は、メーカー発表の半分の数字を表示しているとのこと

2. フィルターのお手入れ方法

フィルターのお手入れ方法は大きく2つのタイプに分かれます。パナソニック、シャープ、ダイキンといった国内の代表的なメーカーは、日常的にフィルターのお手入れをしながら使ってもらい、10年交換不要というタイプ。海外メーカーは、逆に日常的なお手入れはほぼ必要なく、半年や1年、2年といったスパンでフィルターを交換してもらうというタイプ。

コストはかからないけれど手間がかかる前者と、手間はかからないけれどコストがかかる後者、ご自身の生活スタイルや性格などによって、どちらがいいか検討してください。

ダイソンのフィルター交換

ダイソンの空気清浄機は、古いフィルターを外して新しいフィルターを装着するだけ

3. 加湿機能の有無

国内メーカーの特に適用床面積が大きい空気清浄機では、加湿機能の付いているモデルが主流になってきています。一方、海外メーカーの空気清浄機には基本的に加湿機能は付いていません。一台で空気清浄と加湿ができるのは便利ですが、その反面、加湿機能が付いていることで本体のサイズが大きくなってしまったり、お手入れが大変になったりします

4. インテリアになじむデザイン

エレクトロラックスがある部屋

出典:https://www.electrolux.co.jp/promotions/air_care_special/

一年中使い続けるものだからこそ、自分の部屋のインテリアに合うか、好みに合うか、デザインも選ぶうえで重要な要素の一つ。デザイン性でいうと、ダイソンブルーエアエレクトロラックスなどの海外メーカーの方が、和式・洋式問わずインテリアになじみやすい印象があるのではないでしょうか。国内でも、cadoバルミューダといったデザインにもこだわったメーカーが出てきています

デザイン性の高い空気清浄機

デザイン性の高さが人気のcado(左)、ダイソン(右)

専門家が教える!

おすすめの空気清浄機10選

部屋の広さに合わせた「ファミリー向け」「一人暮らし向け」と、デザイン性に注目した「インテリア向け」の3ジャンルに分けて、計10種類のおすすめ機種を嶋田さんに選んでもらいました。

空気清浄機を選ぶ嶋田さん
タイプ 商品イメージ メーカー名/商品名 価格(税込) 詳細
ファミリー向け
ダイキンMCZ70X-T ダイキン/
MCZ70X-T
11万4200円
(ヨドバシカメラ)
詳細へ
シャープKI-NP100 シャープ/
KI-NP100
10万6700円
(ヨドバシカメラ)
詳細へ
パナソニックF-VXT90 パナソニック/
F-VXT90
8万2500円
(ヨドバシカメラ)
詳細へ
一人暮らし向け
ダイキンMCK55X-W ダイキン/
MCK55X-W
4万9800円
(ヨドバシカメラ)
詳細へ
シャープFU-NC01 シャープ/
FU-NC01
1万9800円
(ヨドバシカメラ)
詳細へ
ブルーエアブルー3210 ブルーエア/
Blue 3210
2万4200円 詳細へ
インテリア向け
ダイソンDyson-Pure-Humidify+Cool ダイソン/
Dyson Pure Humidify+Cool
8万8000円 詳細へ
エレクトロラックスPURE-A9 エレクトロラックス/
PureA9 606
8万7780円
(ヨドバシカメラ)
詳細へ
バルミューダBALMUDA-The-Pure バルミューダ/
BALMUDA The Pure
5万7200円 詳細へ
cado/MP-C30-BK cado/
MP-C30
2万1800円 詳細へ

【ファミリー向け】 ダイキン/MCZ70X-T

出典:https://www.daikinaircon.com/ca/ichiran/index.html

価格(税込) 11万4200円(ヨドバシカメラ)
設置方式 床置型
1日の電気代の目安 6.5円。節電運転時3.2円
適用床面積 32畳
サイズ 690(高さ)mm×415(幅)mm×360(奥行)mm
重さ 23kg(水なし)
加湿機能
フィルター交換の目安 約10年
運転音 18~54dB
公式サイトへ

加湿機能に加えて除湿機能も付いたダイキンの最高級モデル「うるるとさらら空気清浄機」。花粉、カビ、湿気、乾燥など、季節ごとの目に見えない空気の不快感に対応し、365日快適な空間をつくってくれます。下と左右、3方向からの「パワフル吸引」も特徴

嶋田慎也さん

これ一台で加湿も除湿もできるので、夏も冬も一年中快適に使えておすすめです。ダイキンの機種にはすべて「ストリーマ」が搭載されていて、菌やウイルスの抑制の効果も期待できます

【ファミリー向け】 シャープ/KI-NP100

出典:https://jp.sharp/kuusei/products/kinp100/

参考価格(税込) 10万6700円(ヨドバシカメラ)
設置方式 床置型
1日の電気代の目安 3.4円~(静音時)
適用床面積 23畳
サイズ 738(高さ)mm×427(幅)mm×371(奥行)mm
重さ 約17kg
加湿機能
フィルター交換の目安 約10年
運転音 21~54dB
公式サイトへ

独自の空気浄化技術「プラズマクラスターNEXT」を搭載した、シャープの最上位モデル。前方向にプラズマクラスターを集中的に放出し、付着臭や付着菌をきれいにする「プラズマクラスターパワフルショット」などの機能が充実。

嶋田慎也さん

プラズマクラスターは、菌の抑制やニオイをとってくれる効果が期待できます。本体のサイズは大きくなりますが、その分空気清浄のパワーも大きく、しっかりお部屋全体の空気を吸い込み快適に過ごせます。

【ファミリー向け】 パナソニック/F-VXT90

出典:https://panasonic.jp/airrich/products.html

参考価格(税込) 8万2500円(ヨドバシカメラ)
設置方式 卓上・床置両用
1日の電気代の目安 7.2円~(中)
適用床面積 40畳
サイズ 640(高さ)mm×398(幅)mm×287(奥行)mm
重さ 約11.7kg
加湿機能
フィルター交換の目安 約10年
運転音 18~55dB
公式サイトへ

高濃度の「ナノイーX」を搭載した、パナソニックの高機能モデル。独自の「3Dフロー花粉撃退気流」によって“手ごわい花粉”を集めて、パワフルに吸引します。

嶋田慎也さん

「ナノイー」をさらに進化させた高濃度の「ナノイーX」を搭載したモデルです。スマートフォンのアプリでエアコンと連動させ、さまざまな設定ができるのも特徴。木目調のデザインも人気です。

【一人暮らし向け】 ダイキン/MCK55X-W

出典:https://www.daikinaircon.com/ca/ichiran/index.html

参考価格(税込) 4万9800円(ヨドバシカメラ)
設置方式 床置型
1日の電気代の目安 4.6円。節電運転時3.2円
適用床面積 25畳
サイズ 700(高さ)mm×270(幅)mm×270(奥行)mm
重さ 9.5kg(水なし)
加湿機能
フィルター交換の目安 約10年
運転音 20~53dB
公式サイトへ

部屋になじむスクエアフォルムのスリムタワー型モデル。スリムながら、加湿力や清浄力もパワフル。給水タンクの取り外しが簡単で、パネルを開けずにフィルター掃除ができるなどお手入れも楽なのが魅力です。

嶋田慎也さん

高さはありますが、設置面積は27cm角で比較的小さなスペースにも置けます。コンパクトでありながら、加湿機能もあり、空気清浄の能力も高いので、一人暮らしの方におすすめです。

【一人暮らし向け】 シャープ/FU-NC01

出典:https://jp.sharp/kuusei/products/func01/

参考価格(税込) 1万9800円(ヨドバシカメラ)
設置方式 卓上・床置両用
1日の電気代の目安 5.5円(中)
適用床面積 6畳
サイズ 330(高さ)mm×190(幅)mm×190(奥行)mm
重さ 約2kg
加湿機能 ×
フィルター交換の目安 約1年
運転音 22~48dB
公式サイトへ

円柱型の360度下吸い込み構造により、小空間にも設置しやすいコンパクトサイズを実現。就寝時に便利なナイトライトが搭載されています。

嶋田慎也さん

加湿機能が付いていないシンプルなモデルです。サイズが小さいので、物が多い一人暮らしのお部屋でも、置くスペースを取りやすいと思います。

【一人暮らし向け】 ブルーエア/Blue 3210

出典:http://store.blueair.jp/item/105534.html

参考価格(税込) 2万4200円
設置方式 卓上・床置両用
1日の電気代の目安 7.2円(最大) ※使用方法や環境により異なる
適用床面積 15畳
サイズ 425(高さ)mm×200(幅)mm×200(奥行)mm
重さ 約1.7kg
加湿機能 ×
フィルター交換の目安 約6ヶ月
運転音 18~48dB
公式サイトへ

スウェーデンの空気清浄機専業メーカーのシンプル&カジュアルなシリーズ。インテリア性に優れた北欧デザインの円柱形ボディで、360度全方向から部屋の空気をパワフルに吸引。コンパクトでありながら、ブルーエア独自の技術で0.1μm(マイクロメートル)以上の微粒子を99.97%まで除去できます。

嶋田慎也さん

ブルーエアさんは、フィルターの性能が特に高いといわれています。この機種なら、設置面積が直径20cmのコンパクトサイズなので、小さなスペースにも置けます。フィルターは掃除せず交換するだけでいいので、お手入れが面倒という人にもおすすめです。

【インテリア向け】 ダイソン/Dyson Pure Humidify+Cool

出典:https://www.dyson.co.jp/air-treatment/purifier-humidifier/dyson-pure-humidify-cool/ph01-dyson-pure-humidify-cool-white-silver.aspx

参考価格(税込) 8万8000円
設置方式 床置型
1日の電気代の目安 26.4円 ※使用方法や環境により異なる
適用床面積 12畳(30分)、36畳(60分)
サイズ 923(高さ)mm×312(幅)mm×312(奥行)mm
重さ 8.29kg
加湿機能
フィルター交換の目安 約1年
運転音
公式サイトへ

空気清浄機、加湿器、扇風機の三役をこなす多機能な一台。密閉性の高いフィルターによってPM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去。本体に搭載された3つのセンサーが空気中に浮遊する微細な汚染物質や有害なガス・ニオイを検知、分析し、空気の状態をLCDディスプレイにリアルタイムで表示してくれます。

嶋田慎也さん

海外メーカーにはめずらしく、加湿器付きの空気清浄機を販売しています。さらに扇風機も付いているので、夏場も快適に使えます。

【インテリア向け】 エレクトロラックス/PureA9 606

出典:https://www.electrolux.co.jp/appliances/aircare/

参考価格(税込) 8万7780円(ヨドバシカメラ)
設置方式 床置型
1日の電気代の目安 26.4円(最大) ※使用方法や環境により異なる
適用床面積 54畳
サイズ 750(高さ)mm×315(幅)mm×315(奥行)mm
重さ 約8.9kg
加湿機能 ×
フィルター交換の目安 約2年
運転音 18~52dB
公式サイトへ

五角形のデザインで室内の空気を360度あらゆる方向から吸引し、浄化されたきれいな空気を360度全方位に排出します。外装にファブリック素材を使用したスウェーデン生まれの洗練されたデザインが特徴で、持ち運びに便利なハンドルはレザー調。また、キャスター付きで移動も簡単です。

嶋田慎也さん

掃除機で有名なスウェーデンのメーカーで、空気清浄機も人気があります。キャスターは、天然木のウッドレッグ(別売)に付け替えることもできます。

【インテリア向け】 バルミューダ/BALMUDA The Pure

出典:https://www.balmuda.com/jp/pure/

参考価格(税込) 5万7200円
設置方式 床置型
1日の電気代の目安 1.6円 ※使用方法や環境により異なる
適用床面積 36畳
サイズ 700(高さ)mm×260(幅)mm×260(奥行)mm
重さ 約7.4kg
加湿機能 ×
フィルター交換の目安 約1年
運転音 19~64dB
公式サイトへ

独自の構造により力強く大容量の空気を吸引し、花粉・ウイルス、ペットやタバコのニオイなどを捕集。さまざまな部屋に調和するシンプルなデザインで、空気をきれいにする下部の吸気口と、流路が点灯する“光の柱”もデザインのアクセントになっています。

嶋田慎也さん

シンプルでおしゃれなデザインが人気です。吸気口が光るので、暗い部屋で使うと小さいホコリが吸い込まれているのが目に見えて、空気がきれいになっているのが実感できるはずです。

【インテリア向け】 cado/MP-C30

出典:https://cado.com/pages/portable_c30

参考価格(税込) 2万1800円
設置方式 ポータブル型
1日の電気代の目安
適用床面積
サイズ 180(高さ)mm×66(幅)mm×66(奥行)mm
重さ 0.5kg
加湿機能 ×
フィルター交換の目安 約半年
運転音 25~40dB
公式サイトへ

持ち運びができるコンパクトなサイズながら、高性能フィルターを搭載し、ニオイやホコリ、花粉、PM2.5を除去。LEDライト(弱・中・強の3段階設定)が内蔵されているので、空気を整えながらテーブルランプとしても使用できます。出張先や車内・デスク周りなど、パーソナルスペースでの使用に最適。

嶋田慎也さん

おしゃれな家電メーカー、cadoの商品です。小さいので車の中でも使えますし、ライトがつくのでベッドサイドに置いて使ってもいいと思います。

家電ライターに聞いた!空気清浄機の最新情報

ここからは、空気清浄機の最新情報やトレンドについて、家電ライターの田中真紀子さんにお話を伺いました。

田中真紀子さん

家電ライター

田中真紀子さん

白物家電と美容家電を得意とするフリーライター。各種メディアでの記事執筆、監修、出演多数。
Twitter:https://twitter.com/Tmakiko89/

海外メーカーの高性能モデル

――空気清浄機の近年のトレンドについて教えてください。

今までの空気清浄機はHEPAフィルターという集塵フィルターを使っているものが一般的で、0.3μm(マイクロメートル)の微粒子を99.97%以上除去というのが標準でした。それが最近はコロナ禍の影響もあって、より細かいウイルスレベルの微粒子を捕集できるものが開発されてきています。

例えば、昨年発売された「Airdog」という海外メーカーの空気清浄機は、ウイルスよりも小さな0.0146μmの微細粒子まで除去が可能になっています。0.3μmに比べると圧倒的に小さいですよね。他にも、アメリカの「mediAir(メディエアー)」という空気清浄機は0.007μm、「ナノドロン」というドイツ製の空気清浄機は0.001μmまで捕集するものなどが出てきて、選択肢が広がっていると思います。

――海外メーカーの方が性能の高いものが出てきているんですか?

日本のメーカーは、加湿機能付きの空気清浄機が大半を占めている一方で、海外メーカーにはほとんどありません。日本は機能を増やす方に注力してきたため、空気清浄のパワーを上げていくことについては弱かった部分があったと思います。こうして海外から数字的にも清浄能力の高いものがどんどん入ってきて、二分化しているところはあるかなと思います。

――海外メーカーの空気清浄機を買う人は増えてきていますか?

そうですね。今は皆さん、自分が納得した性能のものをきちんと選んで買うと思うんです。例えば日本製だと、フィルター自動掃除機能が付いていたり、静音性が高かったり、きめ細かな機能が多く、それが好きな人は日本製を買うと思います。それに対して、よりパワフルな清浄能力で空気をきれいにしてくれるものはどれかと探したときに、海外製に行き着く人もいるのではないかと思います。

田中さん取材の様子

スマホアプリとの連携

――スマホとの連携機能についてはいかがですか?

トレンドというか、すでにその方向に進んできていると思います。空気が汚れているのは目に見えないので、今までは空気清浄機の必要性がなかなか理解しづらかったんです。でもスマホと連携することで、自宅の空気の状態や空気清浄機の働きが可視化されて、外出先からでも「汚れているからオンにしよう」とか「風量を上げよう」という使い方ができるようになりました。それは本当に便利なので、連携機能が使えるものを選んだ方がいいと思います。

他にも、エレクトロラックスやブルーエアは、アプリと連携しておけばフィルターの交換時期をお知らせしてくれるんです。それも「6ヶ月だから」「1年たったから」ではなく、実際の使用状況や汚れ具合を見て、正しい交換時期を知らせてくれます。

――今後、どんな空気清浄機が出てくると思いますか?

今は壁掛けタイプの空気清浄機を試していますが、こういうのもありだなと思っています。置きやすさという意味で、新しい視点のものが出てくるといいですね。マンションの小さな玄関にも置けるコンパクトなものであったり、それぞれの空間によって置きやすいものが出てきたりするといいなと思います。

家電ライター・田中さんおすすめの空気清浄機3選

最後に、田中さんがおすすめする空気清浄機も3種類セレクトしてもらったので、チェックしてみてください。

ブルーエア/Protect 7770i

出典:https://store.blueair.jp/category/PROTECT/105842.html

参考価格(税込) 15万7080円
設置方式 床置型
1日の電気代の目安 50.4円(最大) ※使用方法や環境により異なる
適用床面積 70畳
サイズ 855(高さ)mm×340(幅)mm×340(奥行)mm
重さ 約19kg
加湿機能 ×
フィルター交換の目安
運転音 27~55dB
公式サイトへ

ブルーエアの最上位モデル。ブルーエア独自の技術で、0.03μmまでのウイルスレベルの超微粒子を99%以上除去してくれます。※周囲環境、運転時間、フィルターの使用期間、劣化状況により異なります。

田中真紀子さん

空気清浄の性能の面でいうと、ブルーエアの最上位モデルがおすすめです。パワフルな清浄能力がありながら、タワー型のデザインは圧迫感がなく、部屋になじみます。フィルターを交換するだけなのでお手入れも簡単で使いやすいなど、バランスのとれた商品だと思います。

シャープ/KI-NP100

出典:https://jp.sharp/kuusei/products/kinp100/

参考価格(税込) 10万6700円(ヨドバシカメラ)
設置方式 床置型
1日の電気代の目安 3.4円~(静音時)
適用床面積 23畳
サイズ 738(高さ)mm×427(幅)mm×371(奥行)mm
重さ 約17kg
加湿機能
フィルター交換の目安 約10年
運転音 21~54dB
公式サイトへ
田中真紀子さん

プラズマクラスターが搭載されているので、空気清浄に加え、ニオイに対してもアプローチしてくれます。「プラズマクラスターイオン発生機」を家で使っていて、プラズマクラスターNEXTの脱臭効果は実感しています。また、「COCORO AIR」というアプリと連携させると、AIが屋外の空気の情報やその人の使い方などを学習して最適運転を提案してくれます。そういったきめ細かな機能は日本らしくていいと思います。

cado/LEAF 320i

出典:https://cado.com/pages/leaf-320i

参考価格(税込) 6万500円
設置方式 床置型
1日の電気代の目安 7.2円 ※使用方法や環境により異なる
適用床面積 26畳
サイズ 652(高さ)mm×242(幅)mm×242(奥行)mm
重さ 6.4kg
加湿機能 ×
フィルター交換の目安 約1年
運転音 30~60dB
公式サイトへ

室内の空気を早く大量に循環させることで実現した高い浄化スピードと、インテリアに溶け込みやすい円柱型のデザインが特徴。「きれい」「少し汚れている」「汚れている」といった目に見えない空気のコンディションを、3色のLEDで可視化してくれます。

田中真紀子さん

デザイン的な観点からいうと、cadoがいいですね。シンプルなのでオブジェのように置けて、洋室でも和室でもどんな部屋にも合いますし、LEDの光もきれいです。もちろんパワフルな清浄能力など、基本的な性能は備えています。

まとめ

空気中の汚れやニオイを取り除くだけでなく、ウィルス抑制機能、加湿・除湿、扇風機などプラスアルファの機能も充実してきている空気清浄機。機能だけでなく、海外メーカーを中心にデザイン性の高いモデルも続々と登場してきています。

そんな中から自分に合う機種を選ぶのは大変ですが、まずは利用する部屋の面積を把握することから始めましょう。そのうえで、お手入れのタイプ、デザイン、性能などを比較していけば、きっと自分に合った最適な一台が見つかります。

TOP