【医師監修】介護脱毛って必要?おすすめサロン&クリニック8選!料金や選び方を徹底解説

アイキャッチ(介護脱毛)

目次

親の介護に直面するだけなく、自身が介護される側になる老後がじわじわと迫っている40〜60代の間で、介護脱毛を検討する方が増えています。女性だけでなく男性の間にも関心が広がっている様子。「子どもたちには介護のときに面倒をかけたくないから」と介護脱毛に興味をもつ方も多いようです。

そこで本記事では、介護脱毛を検討する方に向けて「介護脱毛とは?」という基本から、介護脱毛の必要性やデメリット、料金までをわかりやすく解説します。介護脱毛におすすめのサロン・クリニックもご紹介しますので、介護脱毛を検討している方はぜひ参考にしてください。

※取材は十分な感染症対策のもと、距離をとって実施。マスクは撮影時のみ外しておりますが、通常はマスク着用のもと診察にあたっております。

【医師に聞く】介護脱毛の基礎知識、必要性とは

まずは介護脱毛の基礎知識や必要性をマスターしておきましょう。脱毛の専門家「シロノクリニック」の大野医師にお話を伺いました。

大野先生プロフィール画像

シロノクリニック 恵比寿 医師

大野由実先生

豊富な知識と経験に基づく、的確かつていねいなカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。脱毛・介護脱毛に関する知見も豊富です。https://www.shirono.net/

介護脱毛とは「老後に向けたVIO脱毛」

――介護脱毛とはどのような脱毛のことをいいますか?

介護脱毛は自分が介護される状態になったときに備えて、アンダーヘアを脱毛することをいいます。脱毛業界ではアンダーヘアの部位をその形状になぞらえて「V・I・O」と呼び、その部位を脱毛することを「VIO脱毛」と呼びます。

VIO脱毛の施術箇所

――VIO以外のパーツを同時に脱毛する方はいらっしゃいますか?

女性ですと、介護脱毛と同時に脇や口回りの産毛を処理される方が多いですよ。男性はヒゲですね。「自分自身のヒゲ剃りですら面倒なのに、要介護状態になって介護者にヒゲ剃りをさせるのは忍びない」と、ヒゲ脱毛を行う方がいらっしゃいます。

白髪は脱毛しにくいため介護脱毛は早めに開始したい

カウンセリング風景

――介護脱毛はいつ開始すればよいですか?

介護脱毛はできるだけ早く始めたほうがよいと思います。現在の年齢にもよりますが、40代以降であれば、思い立ったが吉日です。クリニックでのレーザー脱毛や、サロンでの光脱毛に使用される多くの脱毛機器は、白髪には反応しません

白髪の割合が多くなってしまうと、他の施術方法よりも痛みを伴いやすい「ニードル脱毛」でなければ施術できなくなるので、白髪になる前に脱毛したほうがいいですね。

また加齢によって男女ともに性器の潤いが減り、シワシワとしてしまうこともあります。その場合、シワを伸ばしながらの施術になるので時間がかかります。また乾燥した状態で施術すると施術後のトラブルが発生しやすい傾向も。スピーディーにトラブルなく脱毛したければ、早めにスタートしましょう。

――年齢を重ねると、女性器の色素沈着が気になる方が増えてくると思います。色素沈着したお肌でも介護脱毛は可能ですか?

ほとんどの方で可能です。クリニックなら照射するレーザーのパワーによってトラブルが起きないよう、レーザーの種類や強さを調整できるので、柔軟に対処できます。

介護脱毛を希望する患者様は男性・女性ともに増加中

介護の様子

――介護脱毛を希望する患者様は増えていますか?

最近は男女問わず、介護脱毛に関心をもつ患者様が増えていますね。多くのメディアで「介護脱毛」が取り上げられるようになった影響からか、3〜4倍ほどになっている感覚です。従来VIO脱毛は若い方が希望される割合が大きかったのですが、最近では若い方よりも40代以降の男性・女性の割合が増えているように感じています。

――どのようなきっかけで介護脱毛を決意しているのでしょうか。

自分で親御さんを介護するようになって、「毛の処理をしていないと世話が大変だ」と感じて介護脱毛を希望する方が多いですよ。また40〜60代の方はスポーツジムに通っている方も多く、「スイミングのときに、毛が水着にチクチク当たるのが気になっていたのよね」という方もいらっしゃいます。

このように、VIO脱毛が前から気になっていて、介護脱毛の必要性を知って脱毛に踏み切ったというパターンもお見受けしますね。

介護脱毛のメリット・デメリットを教えてください

――介護脱毛のメリットを教えてください。

介護脱毛のメリットは、陰部を清潔に保つことができ、介護者の負担を軽減できる点です。自力でトイレに行けなくなり排泄の介護が必要になったとき、VIO部に毛が生えていると不衛生になりやすく、清拭にも時間がかかってしまいます。

毛が生えていなければ、排泄の介護にかかる時間を短縮できますし、清潔に保ちやすいです。さらに、陰部のにおいを軽減できる効果もあります。

<介護脱毛のメリット>

  • 陰部を清潔に保てる
  • 介護者の負担を軽減できる
  • 陰部のにおいを軽減できる

――介護脱毛のデメリットを教えてください。

介護脱毛のデメリットは、費用がかかる点と施術時の痛みですね。サロン・クリニックを問わず、ある程度の費用がかかってしまいます。またVIO部は毛が濃いため、どうしても痛みを感じやすいですね。痛みに敏感な方にとってはデメリットになるかもしれません。

また介護脱毛を希望される方は40〜60代の男女が中心。自分よりも一回り以上若いスタッフにVIOを見られるのが恥ずかしい、といった感情面でのデメリットもあると思いますね。

<介護脱毛のデメリット>

  • 費用がかかる
  • 痛みを感じる
  • 一回り以上若いスタッフにVIOを見られるのが恥ずかしい

介護脱毛の方法とサロン・クリニックの選び方

続いて大野先生に介護脱毛の方法、そして介護脱毛におすすめのサロン・クリニックの選び方を伺いました。

介護脱毛は自分でもできる?

――介護脱毛を自分で施術することはできますか?

セルフケアが不要になるほどの脱毛は、自分では難しいです。家庭用脱毛機器は安全性を重視していることから、サロン・クリニックで使用されている機器よりも出力が低いため、施術後時間がたてばまた生えてきてしまいます。カミソリやワックスなどの処理も、効果が一時的です。

元気な間は定期的に自分でケアできると思いますが、介護が必要になってからの自己処理は現実的ではありませんね。

剃毛が不要になる介護脱毛の方法は3つ

施術の様子

――剃毛が不要になる介護脱毛の方法にはどのようなものがありますか?

セルフケアが不要になる脱毛方法は、レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛の3つです。

レーザー脱毛と光脱毛は毛根にレーザーや光を照射して、毛を生やす組織を変性させます。

ただしサロンでの光脱毛は脱毛ではなく、ムダ毛を減らす「減毛」と呼ばれるものなので、再び生えてきてしまいます。その分痛みは感じにくい傾向ですね。

ニードル脱毛は毛穴に細いニードルを差し込み、電気を流して毛根を焼く脱毛法です。

【介護脱毛法の種類】
脱毛の種類 脱毛の方法 効果の持続性 痛み
レーザー脱毛(クリニック) 医療用レーザーで毛根の組織を変性させる 痛みを感じる方が多い
光脱毛(サロン) サロン用の出力が低い光で毛根にアプローチする 痛くないと感じる方が多い
ニードル脱毛(一部のクリニック・サロン) 細いニードルに電気を流して毛根を焼く 痛みが強い

――ニードル脱毛を取り入れているクリニックはありますか?

最近は白髪の脱毛を希望される患者様が多いので、ニードル脱毛を再び取り入れているクリニックが増えています。

過去、VIOを全部ニードルで脱毛していた時代には、費用が高額なうえに強い痛みを感じながら脱毛していたものでした。しかし現在は、VIOの大部分はレーザーもしくは光によって脱毛し、白髪だけをニードルで脱毛するので、それほど大変ではないと思います。数本だけ生えている白髪を脱毛するなら、ニードル脱毛は有効です。

介護脱毛サロン・クリニックを選ぶポイント

――脱毛サロンやクリニックを選ぶポイントを教えてください。

徹底的に脱毛したいのであれば、医療脱毛を選ぶとよいと思います。また医療脱毛の中でも、熱破壊式の脱毛機器を導入しているところがいいですね。蓄熱式の脱毛機器は白髪にも効果があるといわれますが、個人差はあるものの熱破壊式の2倍ほど時間がかかることもあります。

「しっかり効果を感じたい」「通う回数を減らしたい」のであれば、熱破壊式の医療脱毛を選ぶとよいでしょう。

【レーザー脱毛・光脱毛の詳細】
利用施設 種類 特徴 脱毛(減毛)効果
クリニック 熱破壊式(ショット式) 毛を作る組織に直接照射して、組織を変性させる 濃い毛への効果を実感しやすい。介護脱毛に向いている
蓄熱式 バルジ領域と呼ばれる毛を作る司令塔をレーザーの熱で破壊する 介護脱毛の完了までに時間がかかる可能性がある
サロン IPL式 メラニン色素に反応する光を毛根に照射する 濃い毛の脱毛に向いている
SSC式 施術前に塗布する抑毛ジェルの上から光を照射して肌に浸透させる仕組み 介護脱毛の完了までに時間がかかる可能性がある
SHR式 バルジ領域にダメージを与える方式 介護脱毛の完了までに時間がかかる可能性がある

介護脱毛の相場はいくら? 気になる料金を解説

カウンセリング

介護のためにVIOを脱毛する場合、サロンとクリニックの料金相場は5〜10万円前後が目安です。

【介護脱毛の相場】
脱毛の種類 1回当たりの料金 施術回数 脱毛完了の目安
レーザー脱毛(クリニック) 1〜5万円 5〜6回 5ヶ月〜1年
光脱毛(サロン) 1〜2万円 11〜12回 1〜2年

クリニックでのレーザー脱毛は高額なイメージがありますが、サロンと比較すると光の出力が強いため、トータルの料金が比較的抑えられます。

一方サロンでの光脱毛の場合、1回当たりの費用はクリニックよりも低額なケースがほとんどですが、光の出力が弱くおよそ2倍ほど通わなければならないため、トータルでは同額もしくはやや高額になる傾向です。

介護脱毛におすすめのサロン&クリニック8選

専門家のアドバイスをもとに、介護脱毛におすすめのサロンとクリニックをピックアップしました。VIOのみの施術が可能であり、全国に複数の拠点を有するサロンとクリニックを選んでいます

加えて白髪にも効果があるニードル式の脱毛機器を備えたサロン・クリニックも挙げていますので、サロン・クリニック選びの参考にしてくださいね。

【介護脱毛におすすめの脱毛サロン&クリニック】
                                               
クリニック/脱毛サロン名 脱毛機器の種類 VIO脱毛1回の料金 クリニックは5回、サロンは10回通った場合の料金 詳細
湘南美容クリニック 蓄熱式/熱破壊式 9800円 4万8100円詳細を見る
リゼクリニック 蓄熱式/熱破壊式 3万3800円 9万9800円詳細を見る
レジーナクリニック 蓄熱式/熱破壊式 4万6200円 9万2400円詳細を見る
フレイアクリニック 蓄熱式 4万1800円 9万3500円詳細を見る
エステティックTBC ニードル式/IPL方式 1本あたりビジター132円/メンバー110円 詳細を見る
ミュゼプラチナム SSC方式 2万1000円 9万800円※1詳細を見る
脱毛ラボ SSC方式 1万2100円(Sパーツ+Mパーツ3ヵ所) 12万1000円詳細を見る
ストラッシュ IPL方式/SHR方式 1万2100円(Sパーツ4ヵ所) 12万1000円詳細を見る

※価格はすべて税込

※1 通い放題コース

お手頃価格の医療脱毛、全国108拠点のネットワークで通いやすさ◎湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの公式画像
脱毛機器の種類 蓄熱式/熱破壊式
VIO脱毛1回の料金 9800円(税込)
5回通った場合の料金 4万8100円(税込)
シェービング費用 10分以内で対応できる場合は無料
麻酔費用 笑気麻酔:2200円(税込)
麻酔クリーム:2000円(税込)
拠点数 108

湘南美容クリニックは、VIO脱毛5回を4万8100円で受けられる、リーズナブルな価格設定で通いやすい美容クリニックです。全国108院展開だから、首都圏のみならず地方在住の方も無理なく介護脱毛をスタートできます。笑気麻酔とクリーム麻酔の2つが用意されており、適切な方で施術してもらえます。よって痛みに不安がある方も安心して通院可能です。

湘南美容クリニックは、脱毛のみならずさまざまな美容医療を取り扱っています。介護脱毛+若返りやエイジングケアといったメニューを試したい方にもおすすめです。

公式サイトへ

医療脱毛専門クリニックだから安心して任せられるリゼクリニック

リゼの公式画像
脱毛機器の種類 蓄熱式/熱破壊式
VIO脱毛1回の料金 3万3800円(税込)
5回通った場合の料金 9万9800円(税込)
シェービング費用 剃り残しのシェービング無料
麻酔費用 笑気麻酔:30分3300円(税込)
麻酔クリーム:1回3300円(税込)
拠点数 24

リゼクリニックは、医療脱毛に特化したクリニックです。2020年10月時点で、症例数は100万件を超えており、デリケートな介護脱毛も安心して任せられます。ご自身でのケアが難しいVIO部位の剃り残しシェービングが無料な点も、おすすめポイントのひとつです。

脱毛完了後にトラブルが発生した場合も、すべて無料で対処してもらえます。繊細なVIOだからこそ、ていねいにケアしてもらいたい方におすすめできます。

公式サイトへ

麻酔も剃り残しシェービングも無料!レジーナクリニック

レジーナの公式画像

出典:https://reginaclinic.jp/

 
脱毛機器の種類 蓄熱式/熱破壊式
VIO脱毛1回の料金 4万6200円(税込)
5回通った場合の料金 9万2400円(税込)
シェービング費用 剃り残しのシェービング無料
麻酔費用 麻酔クリーム:無料
拠点数 23

レジーナクリニックは医療脱毛専門のクリニック。剃り残しシェービングだけでなく麻酔クリームも無料です。介護脱毛での痛みには個人差があるものの、麻酔費用が無料であれば気軽に麻酔クリームの塗布を依頼できますね。

さらに、冷却装置のある脱毛機器を採用し、肌を冷やしながら照射するため、痛みを感じにくい傾向です。看護師が患者様の痛みの様子を観察しながら、照射出力を調整してくれるので安心感があります。

レジーナクリニックは、痛みへのケアと費用面の両方に不安を抱えている方におすすめできるクリニックです。

公式サイトへ

当日キャンセル可能で追加料金もなし!フレイアクリニック

フレイアの公式画像  
脱毛機器の種類 蓄熱式
VIO脱毛1回の料金 4万1800円(税込)
5回通った場合の料金 9万3500円(税込)
シェービング費用 剃り残しのシェービング無料
麻酔費用 麻酔クリーム:無料
拠点数 10

フレイアクリニックはレジーナクリニックと同じく、シェービングや麻酔を無料で受けられる医療脱毛専門クリニックです。

当日キャンセルがコース中1回のみ無料な点も、フレイアクリニックのおすすめポイント。仕事に家事、育児や介護に忙しいとどうしても予約した日に通院できないこともありますが、フレイアクリニックならコース中で1回のみ、当日キャンセルが無料なので、予定の立てにくいお忙しい方にもおすすめできます。

ただし全国10拠点のみの展開ですので、近隣にフレイアクリニックがあれば選択肢のひとつに入れたいクリニックといえます。

公式サイトへ

白髪をピンポイントで狙えるニードル脱毛ありエステティックTBC

エステティックTBC

出典:https://www.tbc.co.jp/epi/campaign/super/af=hikaku20180301/

 
脱毛機器の種類 ニードル式/IPL方式
VIO脱毛1回の料金 1本あたりビジター132円/メンバー110円(税込)
10回通った場合の料金
シェービング費用 施術前の自己処理は不要
拠点数 約200

エステティックTBCは、美容ニードル脱毛の草分け的存在。光・レーザー脱毛が主流になった現在でもニードル脱毛を提供し続けている老舗エステサロンです。

TBCのニードル脱毛は1本単価ですので、VIOすべてを施術してもらうことは現実的ではありません。しかしながら「サロンやクリニックで脱毛できなかった白髪を脱毛したい」という場合に最適なサロンです。

介護になったときに備えて白髪まですべてを脱毛したいと考えている方は、スポット的にTBCで施術を受けるとよいでしょう。

公式サイトへ

通い放題&多数店舗展開でストレスフリーな介護脱毛をミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

出典:https://musee-pla.com/mpla/lp_123/

 
脱毛機器の種類 SSC方式
VIO脱毛1回の料金 2万1000円(税込)
10回通った場合の料金 9万800円(税込)(通い放題コース)
シェービング費用 剃り残しのシェービング無料
拠点数 176 ※2021年3月末時点

ミュゼプラチナムは脱毛専門サロン。介護脱毛におすすめなポイントはVIOの通い放題プランが存在する点です。VIOは毛が太く濃いため、なかなか脱毛が完了しないとされています。回数が決められているコースでは、追加料金が次々とかかってしまって心配という方でも、通い放題なら心置きなく気が済むまで通えますね。

また全国に176店舗展開していますので、予約が取りにくかったら別の店舗に通うといったフレキシブルな通い方も可能。費用と予約の取りやすさを重視する方におすすめできる脱毛サロンです。

公式サイトへ

短いスパンで通えるスピード介護脱毛脱毛ラボ

脱毛ラボ

出典:https://datsumo-labo.jp/

 
脱毛機器の種類 SSC方式
VIO脱毛1回の料金 1万2100円(税込)(Sパーツ+Mパーツ3ヵ所)
6回通った場合の料金 12万1000円(税込)
シェービング費用 剃り残しシェービング1500円(税込)
拠点数 52 ※2021年8月時点

脱毛ラボは駅近&午後10時まで営業している、通いやすさ抜群の脱毛サロン。介護脱毛に向いている点は、痛みを感じにくいSSC方式の脱毛機器を採用している点と、2週間に1回など短いスパンで通えるから、他のサロンと比較すると早く脱毛を完了できる点です。サロン脱毛ですので、減毛・抑毛効果ではあるものの、一定期間はムダ毛が減ったと実感できるとされています。

「仕事が終わるのが遅いから夜遅くまで通えるサロンを探している」「短いスパンで集中的に通いたい」――このように考えている方におすすめできる脱毛サロンです。

公式サイトへ

IPLとSHR、両方同時に施術できる!ストラッシュ

ストラッシュLP
 
脱毛機器の種類 IPL方式/SHR方式
VIO脱毛1回の料金 1万2100円(税込)(Sパーツ4ヵ所)
10回通った場合の料金 12万1000円(税込)
シェービング費用 パックプランのみ剃り残しシェービング無料
拠点数 47

ストラッシュは、全身脱毛に特化した脱毛サロンです。全身脱毛だけでなく部位別プランも用意しているため、VIO脱毛のみを希望する介護脱毛希望者におすすめできます。

ストラッシュの特徴は熱破壊式に該当するIPL方式と、蓄熱式に該当するSHR方式を同時に照射できる点。蓄熱式は、黒くて太い毛だけでなく産毛にも効果を発揮しますので、VIOの毛の色素が薄い方も脱毛可能です。

またストラッシュは2週間に一度施術できるとしていますので、スピーディーなサロン通いを実現できます。

公式サイトへ

【医師に聞く】介護脱毛のここが知りたい!よくある質問と回答

介護脱毛をこれから始める方のために、介護脱毛のよくある質問を大野先生に伺いました。介護脱毛に関する疑問はこちらで解消しておきましょう。

VIO脱毛は痛みを感じやすいと聞きますが、本当でしょうか?

クリニックでの医療脱毛では個人差はあるものの、痛みを感じやすいです。ただ麻酔クリームや笑気麻酔などで痛みをコントロールできます。サロンでの脱毛は、医療脱毛よりも出力が低く、痛みは感じにくい傾向です。

VIO脱毛の施術の所要時間はどれくらいですか?

使用している機器にもよりますが、30〜45分程度です。着替える時間を入れると1時間ほどと考えておけばよいでしょう。

脱毛サロンやクリニックは若い人ばかりで恥ずかしくないですか?

最近では介護脱毛のみならず、脱毛を始める30代以降の男女が増えています。年齢で恥ずかしさを感じることはほとんどないと思いますよ。サロンやクリニックは完全予約制なので患者様どうしが顔を合わせる気まずさも少ないでしょう。

VIO脱毛の施術前にやっておくべきことはありますか?

サロン、クリニックを問わず、施術前に脱毛する箇所のムダ毛をシェービングしておく必要があります。VIOはシェービングしにくい箇所ですので、剃り残しが生じることがありますが、多くのサロンやクリニックで剃り残しのシェービングを無料としています。

VIOのシェービングの方法がわからない場合は、カウンセリング時に詳しく説明してもらいましょう。

VIO脱毛の施術後にやるべきことはありますか?

VIO脱毛の施術後は、皮膚が乾燥しやすくなっています。脱毛後はしっかりと保湿しておきましょう。皮膚トラブルが発生したら、サロンやクリニックに連絡をすれば処置してもらえます(※サロンの場合は提携クリニックへの受診となります)。

この点クリニックでの医療脱毛ならば、レーザーの出力やトラブル前の皮膚状態を知っている医師が診察するので、安心できると思います。

まとめ

自身に介護が必要になったときに、VIOを清潔に保ち、介護者の負担を軽減できる介護脱毛。VIOに加えて、脇や口周りを脱毛する方もいらっしゃいます。

サロンやクリニックでの光脱毛・レーザー脱毛は、基本的に白髪には反応しませんので、VIOの中で白髪の占める割合が少ないうちに脱毛しておくのが吉。介護脱毛のためのサロンやクリニックを選ぶ際は、VIOプランや部位別パックが用意されている施設を選びましょう。

TOP