私たちについて知りたい方は

your SELECT.バナー:私たちについて

本当に安い光回線はこれ!ITジャーナリストが実質料金で比較

安い光回線を教える久原さん

「とにかく安くて速いおすすめの光回線が知りたい!」
「戸建てとアパート・マンションでは安い光回線は違うの?」

在宅勤務や自宅でのオンライン会議が増え、「家のネット環境を光回線に変えたい」、もしくは「既設の回線よりも安くて速い光回線に乗り換えたい」と考えている方も多いのでは? でも光回線って事業者が多くて、どこが安くて信頼できるのかわかりにくいですよね。

そこで今回は、ITジャーナリストの久原健司さんに、安くて速い光回線の選び方と、おすすめの光回線を聞きました

専門家が教える!安い光回線選びのポイント3つ

  • 「月額料金」「初期費用」「解約料」に着目する
  • 「キャッシュバックキャンペーン」がお得な代理店で加入する
  • 「実質料金」(=月額料金のほか、初期費用やキャンペーンを計算)で決める

<専門家おすすめ光回線&お得な代理店6社一覧(2021年11月5日更新)>

▼戸建ての場合

光回線(代理店)
料金(税込)(※1)
キャッシュバック
詳細

ドコモ光(ネットナビ)

実質月額(※2)

4941円

工事費

実質無料

解約料

1万4300円

スマホ
セット割

最大1100円
/月×利用台

最大2万円+dポイント2000円

auひかり(NNコミュニケーションズ)

実質月額

4541円

工事費

実質無料

解約料

1万6500円

スマホセット割

最大1100円
/月×利用台

最大5万2000円

So-net 光 プラス(公式)

実質月額

4835円

工事費

実質無料

解約料

2万円
(不課税)

スマホセット割

最大1100円
/月×利用台

最大6万円

NURO 光(公式)

実質月額

3923円

工事費

実質無料

解約料

1万450円

スマホセット割

最大1100円
/月×利用台

最大4万5000円

SoftBank 光(エヌズカンパニー)

実質月額

4999円

工事費

2200円~
(※3)

解約料

1万450円

スマホセット割

最大1100円
/月×利用台

最大3万7000円

OCN光(ブロードバンドナビ)

実質月額

4173円

工事費

2200円~

解約料

1万1100円
(不課税)

スマホセット割

最大3万円

※1:各社、契約料/登録料として契約時に事務手数料3300円(税込)が発生します

※2「実質料金」の計算方法で算出

※3:他社からの乗り換えの場合は実質無料

▼マンション・アパートの場合

光回線(代理店)
料金(税込)(※1)
キャッシュバック
詳細

ドコモ光(ネットナビ)

実質月額(※2)

3621円

工事費

実質無料

解約料

8800円

スマホ
セット割

最大1100円
/月×利用台

最大2万円+dポイント2000円

auひかり(NNコミュニケーションズ)

実質月額

2527円

工事費

実質無料

解約料

7700円

スマホセット割

最大1100円
/月×利用台

最大5万2000円

So-net 光 プラス(公式)

実質月額

3625円

工事費

実質無料

解約料

2万円
(不課税)

スマホセット割

最大1100円
/月×利用台

最大6万円

NURO 光(公式)

実質月額

3923円

工事費

実質無料

解約料

1万450円

スマホセット割

最大1100円
/月×利用台

最大4万5000円

SoftBank 光(エヌズカンパニー)

実質月額

3459円

工事費

2200円~
(※3)

解約料

1万450円

スマホセット割

最大1100円
/月×利用台

最大3万7000円

OCN光(ブロードバンドナビ)

実質月額

2856円

工事費

2200円~

解約料

1万1100円
(不課税)

スマホセット割

最大3万円

※1:各社、契約料/登録料として契約時に事務手数料3300円(税込)が発生します

※2「実質料金」の計算方法で算出

※3:他社からの乗り換えの場合は実質無料

より詳細に光回線(代理店)を比較する↓

SELECTorが教える!

安い光回線の選び方

久原さんによると、光回線の料金は毎月の使用料だけを見てもダメなのだそう。安い光回線をどう選べばよいのか詳しく教えてもらいました。

久原健司さん

ITジャーナリスト

久原健司さん

ITの人材派遣会社やソフトウェア開発会社を経て、2007年に株式会社プロイノベーションを設立。現在はIT企業を経営するとともに、"日本一背の高いITジャーナリスト"としてさまざまなWEBメディアで執筆する傍ら、デジタル化推進やテレワークなどITについてのセミナーや講演会も全国各地で精力的に行っている。
HP:https://proinnv.com/

光回線の料金は、毎月の使用料の他、考慮すべき要素がいくつかあります。
まずは光回線にかかるコストコストを抑える方法を知り、そこから実質料金を割り出して決めましょう

安い光回線を語る久原さん

光回線にかかるコスト

光回線のコストには、「月額料金」の他、事務手数料や工事費などの「初期費用」があります。また、光電話やセキュリティソフト、Wi-Fiルーターのレンタルなどのオプションを追加すると、「オプション料金」がかかります。

その他、契約期間が満了する前や更新月以外に解約すると「解約料」が必要になる場合があります。

  • 月額料金
  • インターネットを利用するためにかかる毎月の費用。光回線使用料とプロバイダ利用料が含まれます
  • 初期費用
  • 事務手数料(契約料/登録料)と、光回線を新たに敷設する場合は工事費がかかります。事務手数料は多くの場合、3300円(税込)です。工事費は契約期間中の月額料金に含まれるなど、実質無料になるケースもあります
  • オプション料金
  • 光電話、セキュリティソフト、Wi-Fiルーターのレンタルなど。使用料の目安はそれぞれ550円(税込)/月です。
  • 解約料
  • 光回線は2~3年の契約期間が設けられており、自動更新される場合がほとんどで、更新月以外に解約すると解約料/違約金が発生してしまいます。更新月は事業者によって異なるので、契約時に確認しておきましょう。

<更新月の例>

契約期間 更新月
ドコモ光 2年契約 24~26ヶ月目
例)2021年6月契約→更新月:2023年5~7月
auひかり 2年契約 25~26ヶ月目
例)2021年6月契約→更新月:2023年6~7月
3年契約 37~38ヶ月目
例)2021年6月契約→更新月:2024年6~7月
NURO光 2年契約 25ヶ月目
例)2021年6月契約→更新月:2023年6月

戸建てとアパート・マンションで月額料金が異なる

光回線の月額料金は、戸建てとアパート・マンションで異なります。戸建ての相場は5000円後半アパート・マンションは4000円前後です。

<月額料金の例>

戸建て アパート・マンション
ドコモ光 5720円(税込) 4400円(税込)
SoftBank 光 5720円(税込) 4180円(税込)
OCN光 5610円(税込) 3960円(税込)

光回線のコストを抑える方法

光回線は「スマホセット割」と「キャッシュバックキャンペーン」を活用することで、コストを抑えられます

スマホセット割

「スマホセット割」とは、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアが行っているサービスです。対象となる光回線とセットで契約することで、スマホ料金が1台あたり毎月最大1100円(税込)割引され、全体の通信費を下げることができます

セット割りをすすめる久原さん

例えばドコモの場合、光回線に「ドコモ光」(定額プラン)を選んでいると、スマホ料金プラン「ギガホ」「ギガライト」に加入する家族全員(三親等以内)の使用料がそれぞれ1100円(税込)割引されます。

家族4人がこのスマホ料金プランに加入している場合は、毎月トータル4400円(税込)の割引となり、離れて暮らしていても割引の対象になります。

<各キャリアの「スマホセット割」>

対応する光回線 スマホセット割 セット割の内容 光電話への加入
ドコモ 「ドコモ光」 ドコモ光セット割 最大1100円(税込)/月×
利用台数
不要
au 「auひかり」「So-net 光 プラス」など auスマートバリュー 必要(550円(税込)/月)
ソフトバンク 「SoftBank 光」「NURO 光」など おうち割 光セット 必要(550円(税込)/月)

※au、ソフトバンクは光電話への加入が必要です

しかし、2021年3月から始まったスマホの新料金プラン(ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO」)にはセット割が適用されません
これらの新料金プランに加入したり、スマホセット割を利用しない場合は、純粋に安いところを探すのがよいでしょう。

キャッシュバックキャンペーン

光回線は「公式」「プロバイダ」「代理店」など、申し込む窓口によってキャッシュバックを設けているケースがあります。上手に利用してコストを抑えましょう。

<「公式」「プロバイダ」「代理店」の違い>

  • 公式:光回線の事業者
  • プロバイダ:光回線をインターネットとつなげる役割を担う接続事業者
  • 代理店:公式やプロバイダと代理店契約を結び、回線を販売する事業者

<申込窓口とキャッシュバックの例(「ドコモ光」の場合)>

申込窓口 キャッシュバック 受取 詳細
ドコモ光(公式) 新規:dポイント2万円分
乗り換え:dポイント1万5000円分
翌々月 詳細を見る
GMOとくとくBB(プロバイダ) 最大2万円+dポイント2000円分 5ヶ月後 詳細を見る
ディーナビ(代理店) 最大2万円+dポイント2000円分 翌月末 詳細を見る
ネットナビ(代理店) 2万円+dポイント2000円分 翌月末 詳細を見る

上記の「ドコモ光」の場合、公式以外のキャッシュバック内容はすべて同じに見えます。しかし「GMOとくとくBB」と「ディーナビ」は、有料オプションへの加入が条件になるため、この場合はオプションへの加入なしでキャッシュバックがもらえる「ネットナビ」がお得といえます

光回線の申込窓口はさまざまあり、事業者によっては高額のキャッシュバックをうたうところもあります。しかし、たくさんの有料オプションへの加入が条件になっていたり、キャッシュバックを申請できる期間がとても短かったりと、結果損をしてしまうケースがあるので注意しましょう。

実質料金で決める

このように、光回線の料金形態はかなり複雑で、月額料金だけでは測りきれません。
実際の料金(実質料金)は、月額料金のほか、初期費用やスマホセット割、さらにはキャッシュバックも含めたトータルを計算し、契約期間で割るとわかります。

実質料金を説明する

<「実質料金」の計算方法>

「実質料金」の計算方法

(例)「SoftBank 光・戸建」の場合(窓口:エヌズカンパニー)※新規の場合

  • 月額料金:5720円(税込)
  • 光電話使用料:550円(税込)
  • スマホセット割:1100円(税込)
  • 契約期間:24ヶ月
  • 初期費用:5500円(税込)
  • キャッシュバック:3万6000円(税込)

実質料金の例

SELECTorが教える!

安い光回線おすすめ6選

久原さんに、スマホセット割を「使う場合」と「使わない場合」の両方で、安くておすすめの光回線を教えてもらいました。

スマホセット割を使う場合

「スマホセット割」が適用されるスマホが2台以上(割引額2200円〜)の場合、戸建て、アパート・マンションともに以下の5社がお得。どの光回線も、従来の接続方式よりも混雑が少ない「IPv6通信」に対応しているので、快適に使うことができます。

  • ドコモユーザー ⇒「ドコモ光
  • auユーザー ⇒「auひかり」。対象エリア外の場合は「So-net 光 プラス
  • ソフトバンクユーザー ⇒「NURO 光」。対象エリア外の場合は「SoftBank 光

<「auひかり」と「NURO 光」の対象エリア>

auひかり 全国対応
※関西・東海地方・沖縄県の戸建てでは提供なし
郵便番号で対象エリアを確認する
NURO 光 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県(一部エリアを除く)
郵便番号で対象エリアを確認する

<契約期間中の実質月額>

光回線プラン(申込窓口) 戸建て アパート・マンション 詳細
ドコモ 「ドコモ光」
(ネットナビ)
4941円(税込)
<スマホセット割適用時>
1台:3841円(税込)
2台:2741円(税込)
3621円(税込)
<スマホセット割適用時>
1台:2521円(税込)
2台:1421円(税込)
詳細を見る
au 「auひかり」
(NNコミュニケーションズ)
4541円(税込)
<スマホセット割適用時>
1台:3441円(税込)
2台:2341円(税込)
2527円(税込)
<スマホセット割適用時>
1台:1427円(税込)
2台:327円(税込)
詳細を見る
「So-net 光 プラス」
(公式)
4835円(税込)
<スマホセット割適用時>
1台:3735円(税込)
2台:2635円(税込)
3625円(税込)
<スマホセット割適用時>
1台:2525円(税込)
2台:1425円(税込)
詳細を見る
ソフトバンク 「NURO 光」
(公式)
3923円(税込)
<スマホセット割適用時>
1台:2823円(税込)
2台:1723円(税込)
3923円(税込)
<スマホセット割適用時>
<契約期間中の実質月額> 1台:2823円(税込)
2台:1723円(税込)
詳細を見る
「SoftBank 光」
(エヌズカンパニー)
4999円(税込)
<スマホセット割適用時>
1台:3899円(税込)
2台:2799円(税込)
3459円(税込)
<スマホセット割適用時>
1台:2359円(税込)
2台:1259円(税込)
詳細を見る

※「ドコモ光」以外、光電話の利用料も含めて試算しています

「スマホセット割」が適用されるスマホが1台(割引額1100円)の場合も同様ですが、いくつか例外があります。

  • auユーザーで戸建て、かつ「auひかり」が対象エリア外の場合、スマホセット割なしの「NURO 光」がお得
  • ソフトバンクユーザーでアパート・マンションの場合、「NURO 光」よりも「SoftBank 光」がお得

ドコモ光|ドコモのスマホセット割が唯一使える光回線

出典:ドコモ光

戸建て アパート・マンション
エリア 全国
平均ダウンロード速度 235.95Mbps ※「みんなの回線速度」より
IPv6:対応
おすすめ申込窓口 ネットナビ
キャッシュバック 2万円+dポイント2000円分
条件:申込受付の担当オペレーターにキャッシュバック希望を申告すること
スマホセット割 ドコモ光セット割:最大1100円(税込)/月×利用台数
初期費用 事務手数料:3300円(税込)
工事費:実質無料
月額料金 5720円(税込) 4400円(税込)
契約期間 2年(自動更新)
更新月:24〜26ヶ月目
2年間の実質料金
スマホセット割適用時
11万8580円(税込)
1台:9万2180円(税込)
2台:6万5780円(税込)
8万6900円(税込)
1台:6万500円(税込)
2台:3万4100円(税込)
契約期間中の実質月額
スマホセット割適用時
4941円(税込)
1台:3841円(税込)
2台:2741円(税込)
3621円(税込)
1台:2521円(税込)
2台:1421円(税込)
解約料 1万4300円(税込) 8800円(税込)
公式サイトへ

ドコモのスマホセット割「ドコモ光セット割」が適用される唯一の光回線。「ギガホ」または「ギガライト」プランに加入していると、スマホ料金が1台につき毎月最大1100円(税込)割引されます。
例えば家族4人がこのプランに加入している場合は、毎月トータル4400円(税込)の割引となり、離れて暮らしていても割引の対象になります。

久原健司さん

「ドコモ光」を契約する際の窓口は、2万2000円分(dポイント2000pt含む)のキャッシュバックをもらえる「ネットナビ」がもっともお得。好きなプロバイダを選べて、プロバイダによっては高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。キャッシュバックを受け取るためには、担当オペレーターに「無条件でのキャッシュバックの受取り」を申請する必要があります。忘れないように注意しましょう。

auひかり|安くて速くてスマホ利用料金もお得に

出典:auひかり

戸建て アパート・マンション
エリア 全国対応
※関西・東海地方・沖縄県の戸建てでは提供なし
郵便番号で対象エリアを確認する
平均ダウンロード速度 374.84Mbps ※「みんなの回線速度」より
IPv6:対応
おすすめ申込窓口 NNコミュニケーションズ
キャッシュバック 5万2000円
条件:光回線+光電話+指定プロバイダ(BIGLOBE、@nifty、So-net)
スマホセット割 auスマートバリュー:最大1100円(税込)/月×利用台数
初期費用 事務手数料:3300円(税込)
工事費:実質無料
月額料金 ●ずっとギガ得プラン
1年目:5610円(税込)
2年目:5500円(税込)
3年目以降:5390円(税込)
auひかり電話:550円(税込)
※初月無料(auひかり電話 料金除く)
●お得プラン・タイプV
4180円(税込)
auひかり電話:550円(税込)
※初月無料(auひかり電話 料金除く)
契約期間 3年(自動更新)
更新月:37〜38ヶ月目
2年(自動更新)
更新月:25〜26ヶ月目
契約期間中の実質料金
スマホセット割適用時
16万3490円(税込)
1台:12万3890円(税込)
2台:8万4290円(税込)
6万640円(税込)
1台:3万4240円(税込)
2台:7840円
契約期間中の実質月額
スマホセット割適用時
4541円(税込)
1台:3441円(税込)
2台:2341円(税込)
2527円(税込)
1台:1427円(税込)
2台:327円(税込)
解約料 1万6500円(税込)
撤去費用3万1680円(税込)
7700円(税込)
公式サイトへ

NTTが敷設した未使用の光回線と自社回線を組み合わせて使用。NTTのフレッツ光よりも混雑が少なく、IPv6に標準対応しているため、通信速度が速く快適に使うことができます。
「auひかり電話」に加入することで「auスマートバリュー」が適用され、スマホ料金が1台につき毎月最大1100円(税込)割引されます。

久原健司さん

「auひかり」を契約する際の窓口は、5万2000円のキャッシュバックが最短で翌月末にもらえ、KDDIから優良代理店として12期連続で表彰を受けている「NNコミュニケーションズ」がおすすめ。 また、KDDI公式特典として、他社回線からの乗り換えによる解約料を最大3万円まで還元+さらに上乗せで2万5000円※のキャッシュバックも付いてくるので、乗り換え時の解約料を気にせず選ぶことができます。

※戸建ての場合。アパート・マンションの場合は1万5000円

So-net 光 プラス|6万円キャッシュバックキャンペーン中!

出典:So-net 光 プラス

戸建て アパート・マンション
エリア 全国
平均ダウンロード速度 277.12Mbps ※「みんなの回線速度」より
IPv6:対応
おすすめ申込窓口 公式
スマホセット割 auスマートバリュー:最大1100円(税込)/月×利用台数
初期費用 事務手数料:3300円(税込)
工事費:実質無料
So-net 光 電話 回線工事費:3300円(税込)※「So-net 光 プラス」と同時工事の場合、減額されます
月額料金 6138円(税込)
So-net 光 電話:550円(税込)
4928円(税込)
So-net 光 電話:550円(税込)
契約期間 3年(自動更新)
更新月:36〜38ヶ月目
3年間の実質料金
スマホセット割適用時
17万4068円(税込)
1台:13万4468円(税込)
2台:9万4868円(税込)
13万508円(税込)
1台:9万908円(税込)
2台:5万1308円(税込)
3年間の実質月額
スマホセット割適用時
4835円(税込)
1台:3735円(税込)
2台:2635円(税込)
3625円(税込)
1台:2525円(税込)
2台:1425円(税込)
解約料 2万円(不課税)
公式サイトへ

「auひかり」は対応していないエリアやマンションが多く、利用できるエリアが限られています。対象エリア外でauのスマホを使っている場合は「So-net 光 プラス」を選びましょう。
「So-net 光 電話」に加入することで「auスマートバリュー」が適用され、スマホ料金が1台につき毎月最大1100円(税込)割引されます。

久原健司さん

「So-net 光 プラス」を契約する際は、公式のWebサイトから申し込みましょう。利用開始から3ヶ月後に3万円、12ヶ月後に4万円と、計7万円のキャッシュバックを受けられます。また申し込み特典として、IPv6に対応したWi-Fiルーターを無料でレンタルできるのも魅力です。

NURO 光|月額料金が1年間980円

出典:NURO 光

戸建て アパート・マンション
エリア 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県(一部エリアを除く)
郵便番号で対象エリアを確認する
平均ダウンロード速度 468.83Mbps ※「みんなの回線速度」より
IPv6:対応
おすすめ申込窓口 公式
スマホセット割 おうち割 光セット:最大1100円(税込)/月×利用台数
初期費用 事務手数料:3300円(税込)
工事費:実質無料
NURO 光 でんわ 回線工事費:3300円(税込)
月額料金 1年間:980円(税込)
13〜31ヶ月目まで:5216円(税込)
32ヶ月目以降:5217円(税込)
NURO 光 でんわ:550円(税込、北海道・関東)、330円(税込、東海・関西・九州)
契約期間 2年(自動更新)
更新月:25ヶ月目
2年間の実質料金
スマホセット割適用時
9万4152円(税込)
1台:6万7752円(税込)
2台:4万1352円(税込)
2年間の実質月額
スマホセット割適用時
3923円(税込)
1台:2823円(税込)
2台:1723円(税込)
解約料 1万450円(税込)
撤去費用1万1000円(税込)
公式サイトへ

NTTが敷設した未使用の光回線を使用。NTTのフレッツ光に比べて混雑が少なく、最大ダウンロード速度2Gbpの超高速通信が魅力です。
「NURO 光 でんわ」に加入することで「おうち割 光セット」が適用され、ソフトバンクのスマホ料金が1台につき毎月最大1100円(税込)割引されます。

久原健司さん

「NURO 光」を契約する際は、公式のWebサイトから申し込みましょう。今なら開通月を含む1年間の月額料金が81%オフの980円になり、かなりお得です。
また月額料金の中に無線LAN機能付きのONUと総合ウィルス対策ソフト「カスペルスキー」の使用料が含まれており、これらを自分で用意する必要がないのも魅力です。

SoftBank 光|キャッシュバック+違約金、撤去費用等を最大10万円分まで補償

出典:SoftBank 光

戸建て アパート・マンション
エリア 全国
平均ダウンロード速度 280.85Mbps ※「みんなの回線速度」より
IPv6:対応
おすすめ申込窓口 エヌズカンパニー
キャッシュバック 新規:3万6000円
乗り換え:1万5000円
スマホセット割 おうち割 光セット:最大1100円(税込)/月×利用台数
初期費用 事務手数料:3300円(税込)
工事費:2200~2万6400円(税込、他社からの乗り換えの場合は実質無料)
月額料金 5720円(税込)
おうち割 光セットオプション:550円(税込)
4180円(税込)
おうち割 光セットオプション:550円(税込)
契約期間 2年(自動更新)
更新月:24ヶ月目
2年間の実質料金
スマホセット割適用時
11万9980円(税込)
1台:9万3580円(税込)
2台:6万7180円(税込)
※新規の場合
8万3020円(税込)
1台:5万6620円(税込)
2台:3万220円(税込)
※新規の場合
2年間の実質月額
スマホセット割適用時
4999円(税込)
1台:3899円(税込)
2台:2799円(税込)
※新規の場合
3459円(税込)
1台:2359円(税込)
2台:1259円(税込)
※新規の場合
解約料 1万450円(税込)
公式サイトへ

「NURO 光」は北海道・関東・中部・関西・九州の一部にしか対応しておらず、利用できるエリアが限られています。対象エリア外でソフトバンクのスマホを使っている場合は「SoftBank 光」を選びましょう。

「おうち割 光セットオプション」(光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+電話サービス)に加入することで「おうち割 光セット」が適用され、スマホ料金が1台につき毎月最大1100円(税込)割引されます。

久原健司さん

「SoftBank 光」を契約する際の窓口は、新規契約で3万6000円のキャッシュバックが最短2ヶ月後にもらえ、ソフトバンクから5期連続で感謝状を受賞している「エヌズカンパニー」がおすすめです。
他社回線からの乗り換えの場合は、1万5000円のキャッシュバックに加えて工事費が実質無料に。さらにソフトバンク公式特典「あんしん乗り換えキャンペーン」によって違約金、撤去費用などを最大10万円分まで補ってもらえます。

スマホセット割を使わない場合

スマホセット割を使わない場合や、ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO」に加入している場合は以下がお得です。

  • 戸建て ⇒「NURO光」。対象エリア外の場合は「auひかり」。どちらも対象エリア外の場合は「OCN光
  • アパート・マンション ⇒「auひかり」。対象エリア外の場合は「OCN光

<契約期間中の実質月額>

●戸建て
NURO光 3373円(税込)
auひかり 3991円(税込)
OCN光 4173円(税込)
●アパート・マンション
auひかり 1977円(税込)
OCN光 2856円(税込)

OCN光|光回線の老舗は料金もお得

出典:OCN光

戸建て アパート・マンション
エリア 全国
平均ダウンロード速度 244.09Mbps ※「みんなの回線速度」より
IPv6:対応
おすすめ申込窓口 ブロードバンドナビ
キャッシュバック 4万円 3万2000円
初期費用 事務手数料:3300円(税込)
工事費:2200〜1万9800円(税込)
事務手数料:3300円(税込)
工事費:2200〜1万6500円(税込)
月額料金 5610円(税込) 3960円(税込)
契約期間 2年(自動更新)
更新月:25〜26ヶ月目
2年間の実質料金 10万140円(税込) 6万8540円(税込)
2年間の実質月額 4173円(税込) 2856円(税込)
解約料 1万1100円(不課税)
公式サイトへ

「OCN光」はNTTコミュニケーションズが提供する光回線で、フレッツ光と同じ回線を使用しています。光回線の老舗で契約者数が多く、信頼されているプロバイダです。

久原健司さん

「OCN 光」を契約する際の窓口は「ブロードバンドナビ」がおすすめ。アパート・マンションタイプの場合、キャッシュバックを利用すると2年間の実質月額が2856円(税込)になり、「auひかり」の1977円(税込)の次に安くなります。IPv6に対応しているので回線速度も問題なく、スマホセット割を利用しない場合に選びたい光回線です。

SELECTorが教える!

光回線を安くするTips

Tips1 Webで申し込む

光回線は、各キャリアのショップや家電量販店などの店頭、もしくは公式・プロバイダ・代理店のWebから申し込むことができます。

おすすめはWebでの申し込みです。店頭では受けられない代理店独自のキャッシュバックや、公式が提供しているキャンペーンを併用することができます。

Tips2 Wi-Fiルーターは自分で購入する

ルーターを見せる久原さん

光回線を家で使うために必要なWi-Fiルーター。契約した業者から月500円程度でレンタルできますが、2年間レンタルしたとして約1万2000円かかります。1万2000円あれば最新のWi-Fiルーターを買うことができ、2年後以降も使えるので、自分で買った方がお得です。

Tips3 セキュリティソフトも自分で購入する

多くのプロバイダは、月額制で利用できるセキュリティソフトを提供しています。しかし長い目で見ると、自分でそろえることをおすすめします。

例えばOCNのセキュリティソフト「マカフィー インターネットセキュリティ」の利用料は月539円(税込)で、1年間で6468円(税込)かかります。一方で「マカフィー」を自分で購入した場合の利用料は1年間4104円(税込)になり、自分で買った方がお得になります。

まとめ

安い光回線を選びたいなら、月額料金の他、初期費用やキャッシュバックも含めて再計算した「実質料金」で決めましょう。
その際にポイントとなるのが、スマホ料金を1台あたり最大1100円割引し、全体の通信費を下げることができる「スマホセット割」です。

スマホセット割を利用しない場合や、スマホセット割が適用されない新料金プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」に加入している場合は、純粋に実質料金が一番安い光回線を選ぶとよいでしょう。

TOP