私たちについて知りたい方は

your SELECT.バナー:私たちについて

おすすめの枕12選比較!専門家が肩こりやいびきなど悩みに合った選び方を解説

枕MV

目次

「朝、すっきり起きられないのは枕が合っていないせい?」
「自分に合った枕の選び方やおすすめの枕を教えて!」

快適な眠りをサポートする枕。
きちんと睡眠時間を取っているのに疲れが取れなかったり、起きたときに肩や首がこっていると感じたり、何となく枕が合っていないかも?と感じていても、新しい枕の選び方がよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、快眠セラピストの三橋美穂さんに枕の選び方についてインタビュー!
睡眠における枕の重要性から枕選びの基準、お手入れ方法まで詳しく教えてもらいました
編集部が厳選したおすすめの枕12選も紹介しているので、併せてチェックしてみてくださいね。

<この記事で紹介している枕12選>

こんな人に
おすすめ
商品 価格(税込) 硬さ 素材 形状 詳細
高さ調節したい人
【ニトリ】
高さ10ヵ所調整できる枕
4990円 やや硬め パイプ ユニット型 詳細を見る
仰向け・横向きどちらも派な人
【西川】
首・肩フィットまくら
5500円 ふつう パイプ くぼみ型 詳細を見る
上半身の負担を軽減したい人
【ショップジャパン】
トゥルースリーパー
1万6280円※1 やや柔らかめ 低反発ウレタン 波形 詳細を見る
蒸れ・においが気になる人
【GOKUMIN】
プレミアム低反発枕
6578円 ふつう 低反発ウレタン 波形 詳細を見る
首・方の負担を軽減したい人
【テンピュール】
オリジナルネックピロー
1万6500円※2 やや硬め 低反発ウレタン 波形 詳細を見る
寝心地にとことんこだわりたい人
【東京西川】
[エアー4D]ピロー
2万2000円 ふつう 低反発ウレタン 標準(楕円形) 詳細を見る
肩こりが気になる人
【エアウィーヴ】
スタンダード
1万6500円 硬め 高反発ファイバー 標準(長方形) 詳細を見る
低めの枕が良い人
【アイリスオーヤマ】
エアリーピロー
7360円 硬め 高反発ファイバー 逆ハート形 詳細を見る
入眠姿勢に合った枕を選びたい人
【パラマウントベッド】
PILLOW by Active Sleep
1万4850円 やや柔らかめ ポリエステルわた 標準(長方形) 詳細を見る
極上の寝心地を体験したい人
【ロフテー】
ホテルピロー
1万2100円 柔らかめ※3 ポリエステルわた ユニット型 詳細を見る
フィット感重視の人
【Beech】
王様の夢枕II
7480円 柔らかめ 極小ビーズ 標準(長方形) 詳細を見る
ひんやり素材を選びたい人
【カインズ】
Moffle
6980円 やや柔らかめ TPE 標準(長方形) 詳細を見る

※1:シングルサイズ ※2:Sサイズ ※3:裏面はやや硬め

枕を買う前に知っておきたい6のこと

イラスト

1日のおよそ3分の1を占めるといわれる睡眠時間。寝ている間にしっかりと体を休められるか、その鍵を握るのが枕です。

「自分に合う枕にかえるだけで、寝つきがよくなりすっきりと目覚められるようになりますよ」と話すのは、快眠セラピストの三橋美穂さん。これまで数々の枕をプロデュースしてきた枕のプロでもあります。まずは三橋さんに伺った、枕に関する6つの基礎知識を紹介していきます。

三橋美穂さん

快眠セラピスト

三橋美穂さん

寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。これまでに1万人以上の眠りの悩みを解決してきており、特に枕は頭を触っただけで、どんな枕が合うかわかるほど精通。全国での講演や執筆活動の他、寝具や快眠グッズのプロデュース、ホテルの客室コーディネートなども手がける。著書に『眠トレ!ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣』(三笠書房)他多数。
https://sleepeace.com/

1. 87%の人が枕が合っていないと感じている

イラスト1

枕メーカーが行ったアンケート調査(睡眠の統計データ/まくら株式会社)によると、約87%もの人が枕が合っていないと感じていることがわかりました。

また、よく眠れていないと答えた人は約38%、現在使っている枕だと肩や首がこると答えた人は約48%と、多くの人が睡眠や枕に関する悩みを抱えているようです。

体形や頭の形、感触の好みは人それぞれ異なるため、大手メーカーの枕や価格の高い枕、評判のいい枕が必ずしも自分に合うとはかぎりません。自分に合った枕を使うことで、睡眠の質が上がり、スムーズな寝入りやすっきりとした目覚めにつながります。

枕をかえるだけで日中の体調やパフォーマンスの改善も期待できるので、まずはいろいろと試してみることが大切です。

枕の形状、高さ、硬さはさまざまあり、体形や悩みに合わせて選ぶのが◎

2. 寝返りは一晩で20回前後

イラスト2

一般的に、大人は一晩で20回ほど寝返りするといわれています。

寝返りは、血流やリンパの流れを促し、寝ている間の体の負担を軽減させるとともに、筋肉や体の歪みを調整するために行う行為です。また、布団の中の熱を分散させ、温度・湿度を調整する効果もあります。反対に寝返りをせず同じ姿勢のままだと血流が滞り、体の同じ部分にずっと負担がかかってしまいます。

柔らかすぎる枕は頭が沈み込んでしまい、寝返りがしにくくなってしまうので注意しましょう。

また、枕が小さいと寝返りをしたときに頭が落ちてしまうため、適度な硬さ、大きさの枕を選ぶことが大切です。

枕でレクチャーする三橋さん

「寝返りをしても姿勢が崩れないよう、両サイドが少し高くなった枕が増えています」と三橋さん

3. 枕は寝入りの姿勢で決める

イラスト3

枕は仰向け、横向き、うつ伏せなど、寝るときの姿勢に合わせて選びましょう

「寝返りするから関係ないのでは」と思いがちですが、睡眠は寝入りが重要といわれています。それは、寝始めてすぐのノンレム睡眠(脳が休んでいる状態)が睡眠の深度としてはもっとも深く、成長ホルモンが分泌されて疲労回復を促すため。

寝入りの姿勢に合わせた枕を使用することで、入眠がスムーズになり睡眠の質が向上すると考えられます。ちなみに、寝姿勢は人それぞれ好みにもよりますが、いびきや睡眠時無呼吸症候群に悩んでいる人には、気道がふさがりにくい横向き寝が推奨されています。

なお、うつ伏せ寝では基本的に枕は不要です。枕があると腰が反ってしまい、逆に負担がかかってしまいます。枕を使いたい場合は、低くて柔らかめの枕を選ぶとよいでしょう。うつ伏せ寝では顔が直接枕に当たるので、感触が柔らかい方が気持ちよく感じます。

4. 顔の傾斜は5度が理想

イラスト4

枕の上に頭を乗せたとき、頭から首、背中にかけてのカーブが、立っているときと同じ状態になるのが理想です。

寝ている状態でできる首とベッドの隙間を枕で埋め、立っているときと同じ姿勢を保つことで、体への負担を抑えることができます。

枕の理想の高さ

仰向け寝の場合は、寝ているときの顔の傾斜が約5度になっているとよいでしょう。

顔が上や下を向いてしまったり、首に違和感がある場合は、枕の高さが合っていない可能性があります。

NGOK

横向き寝の場合は、首の骨が頭から背中にかけてまっすぐになっている状態がベストです。
枕が高すぎると首が不自然な角度に傾き、負担がかかって呼吸もしにくくなります。

NGOK

5. 枕の寿命は3〜4年

イラスト5

素材にもよりますが、枕の耐用年数は平均3〜4年程度とされています。

先ほどのアンケート調査では枕を5年以上使っていると答えた人が25%以上いましたが、枕の耐用年数を大幅に過ぎると、へたったり硬くなったりと、体にも合わなくなります。

枕の寿命は以下の年数や状態を目安にしましょう。

<素材ごとの寿命の目安>

素材 寿命 買いかえのサイン
パイプ 5〜6年 パイプがつぶれて高さ、弾力がなくなる
ウレタン 3〜4年 変形したり、フィット感がなくなる
ポリエステルわた 2〜3年 わたが絡まって硬くなり、高さがなくなる
羽根・羽毛 2〜4年 ふんわり感が失われてへたってくる
そば殻 1〜2年 そば殻がつぶれて粉が出てくる。高さがなくなる

他に体形の変化や扱い方によっても、枕の寿命は変わってきます。

枕がフィットしなくなったり、汚れやにおいが気になってきたら、耐用年数を満たしていなくても買いかえを検討してみましょう。

6. 枕はひとつでなくてもいい

イラスト6

枕はまず自分にとってのベストをひとつ見つけて、さらに季節によって別の1〜2種類の枕と使い分けるのがおすすめです。

枕は素材により保温性や通気性、季節ごとに快適な質感も変わります。

夏は少しひんやりして通気性がいいパイプやそば殻などの枕、冬は保温性が高くふんわりとしたウレタンやポリエステルわたなどの枕と、複数を使い分けると一年を通して快適な睡眠を得ることができます

また、「今日はリラックスしたいからふわふわの素材」など、気分や体調によっても使い分けられると、毎日の睡眠が楽しみになりますよね。

家族が多かったり収納が少ないなどの理由で枕の複数もちが難しい場合は、枕カバーで肌触りを調整しましょう。夏は麻や接触冷感素材、冬はベロア素材など、カバーの素材を変えるだけでも快眠度が変わります。

三橋さん

「2〜3個の枕をときどきローテーションすると気分が変わっていいですよ」

快眠セラピストが教える! 自分にあった枕の選び方

日本の枕の世界はまさに百花繚乱。メーカーごとに工夫を凝らした多種多様な枕があり、自分にぴったりの一品を探すのは至難の業です。そこで三橋さんに枕選びの基準を5つ教えてもらいました。

枕選び5つのチェックポイント

  1. 形状
  2. 素材
  3. 高さ
  4. 硬さ
  5. 大きさ

理想の枕を見つけ出すためには、この5つすべてをチェックしたうえで、自分の中の優先度を決めましょう

5つのポイントについて、ここから詳しく解説していきます。

1. 形状で選ぶ

枕といわれてパッと思い浮かぶのは長方形ですが、他にもさまざまな形状があります。

まずおもな枕の形状とその特徴を見てみましょう。

<枕のおもな形状>

形状 特徴 対応する寝姿勢
仰向け 横向き うつぶせ
長方形(標準)
長方形(標準)
もっとも一般的な形。多くの商品が長方形を採用しているため選択肢が多い さんかく まる さんかく
くぼみ型
くぼみ型
中央部にくぼみがあり、後頭部にフィットする。両サイドが高くなっているタイプは横向き寝にも対応 まる まる さんかく
波形(ウェーブ)
波形(ウェーブ)
横から見るとS字の波形を描く形状で、頭と首の形にフィットしやすい。低反発素材が多い まる まる ばつ
逆ハート形
逆ハート形
ハートを逆さまにしたような形。首周りのボリュームが少なく、首への負担を抑えている。低反発素材が多い まる まる さんかく
ユニット型・頚椎(けいつい)支持型
ユニット型
枕が分割されており、それぞれ素材や高さが異なる。ユニットごとの高さ調整が可能なタイプも まる まる さんかく

横向き寝に特化した形、肩へのフィット感を重視した形など、寝姿勢や悩みに合わせて枕の形状を選ぶのがポイントです。

上記の形状以外にも、背中までカバーする大きなタイプやハート形をさらに広げた形など、個性豊かな形状の枕が年々増えてきています。

2. 素材で選ぶ

寝心地を左右するのが枕の中の素材です。パイプ、ウレタン、わたなど素材の種類は多く、それぞれ硬さや触り心地、通気性、手入れ方法などが異なります。

おもな素材と特徴を見てみましょう。

<枕のおもな素材>

硬さ 洗濯 耐久性通気性値段特徴
パイプ
パイプ
ふつう〜硬め まる はなまる はなまる 安め ・短いストローのような素材で通気性や耐久性に優れている
・素材の量の調整で高さを変えられる
・フィット感にやや欠ける
低反発ウレタン
低反発ウレタン
柔らかめ ばつ まる さんかく 安め〜高め ・反発力が小さくマシュマロのような感触
・柔軟性や体圧分散性に優れ体にフィットしやすい
・柔らかめで寝返りがしにくい
高反発ファイバー
高反発ファイバー
硬め まる まる はなまる 高め ・針金のような樹脂素材の繊維を使用し、通気性が非常に高い
・首や肩をしっかり支え、寝返りがしやすい
・フィット感にやや欠ける
・製品によってはファイバーのこすれる音がする
ラテックス
ラテックス
ふつう ばつ まる さんかく ふつう〜高め ・ゴムの木からとれる天然素材を使用
・弾力性が高く寝返りしやすい
・ゴム特有のにおいが苦手な人やゴムアレルギーの人は使用できない
ポリエステルわた
ポリエステルわた
柔らかめ さんかく

(製品により異なる)

さんかく さんかく 安め〜ふつう ・わた状の人工繊維を使用
・クッション性がありふんわりと心地よい感触
・へたりやすい
・ほこりなどがたまりやすい
羽毛・羽根
羽毛・羽根
柔らかめ〜ふつう さんかく

(製品により異なる)

まる まる 羽毛:高め
羽根:安め
・水鳥の羽根(フェザー)や羽毛(ダウン)を使用
・吸放湿性が高く蒸れにくい
・枕から素材が出てきてしまうことがある
極小ビーズ
極小ビーズ
ふつう さんかく

(製品により異なる)

まる さんかく 安め〜ふつう ・超極小の発泡ビーズ素材を使用
・頭にフィットしやすい
・形が自在に変わるため安定性に欠ける
・熱がこもりやすい
そば殻
そば殻
硬め ばつ さんかく はなまる 安め ・そばの実の殻を乾燥させた天然素材
・通気性と吸湿性が高く清涼感がある
・使い続けるうちに殻がつぶれて粉が出てくる
・湿気がたまると虫がわくことがある

感触の好みはもちろん、機能性や使い勝手の良さも素材選びの大きなポイントとなります。

また、ウレタンに穴を開けて通気性を良くするなど、メーカーの工夫で弱点をカバーしている商品もあります。素材だけで選ぶのではなく、各商品の特徴をしっかり見比べて選びましょう。

ウレタンに穴をあけた枕

3. 高さで選ぶ

特に肩こりや首のこりなどの悩みを抱えている人は、枕の高さが重要になります。

頭の形や頸椎のカーブは人それぞれ違うため、高めや低めなど何となくの好みだけで選んでしまうと、体の不調を招いてしまう可能性もあります。

首のカーブの深さを測ることで枕の理想の高さをチェックすることもできますが、枕の素材や柔らかさ、使っているマットレスの沈み込み具合などによっても枕の高さは変わります。

目安として、小柄な人や痩せ型の人は低めの枕、大柄の人や猫背気味の人は高めの枕を選ぶといいでしょう。

高い枕を低くすることは難しいですが、低い枕はバスタオルを下に敷くことで少し高くすることができます。迷ったときは低めの枕を選んでおくといいですよ。

高さ調整が可能な枕もある

高さ調整シートを入れるタイプ

枕本体の下にウレタンなどの高さ調整シートを入れるタイプが多い

最近は高さが調整できる枕が多く出ています。パイプやそば殻など素材の量の増減、または高さ調整シートを出し入れすることで、枕の高さを微調整することが可能です。

中には枕の上部、首元、左右などパーツが細かく分かれたタイプの枕もあり、パーツごとに高さを調整することで、オーダーメイド感覚で使用することができます。 特に高さにこだわりたい場合は、高さ調整可能な枕を選ぶのもひとつの手といえるでしょう。

4. 硬さで選ぶ

素材はもちろん、製品によって枕の硬さは異なります。

硬さは特に好みが分かれるので、自分にとって心地よいものを選びましょう。

しっかり頭を支えてほしいという人は硬めの枕、ふんわりとした感触でリラックスしたいという人は柔らかめの枕がおすすめです。

しかし、柔らかすぎると頭が深く沈み込んでしまい、寝返りがしにくくなるので注意が必要です。

逆に硬すぎる枕だと人によっては寝心地が悪く感じるので、素材や硬さの目安表示などを参考に、慎重に選びましょう。

5. 大きさで選ぶ

枕のサイズは一般的に以下の3つに分類されます。

大きさ(幅×奥行) 向いている人
小さめサイズ 約50×35cm 小柄な人
基本サイズ 約63×43cm 普通体形の人
大きめサイズ 約70×50cm 大柄な人、ゆったり寝返りしたい人

適したサイズの目安として、どちらに寝返りしても頭が落ちないよう、頭3つ分くらいの幅をイメージしておくといいでしょう。

体格がいい人は少し大きめを選ぶと安心ですが、現在日本の各メーカーで作られている枕の多くが基本サイズとなっています。

他にも子ども用のさらに小さいサイズ、2人で使える細長いタイプなどがあります。用途や置くスペースに合わせて、適したサイズを選びましょう。

【素材別】おすすめ枕12選

ここからは三橋さんからのアドバイスをもとに編集部が厳選した、おすすめの枕を紹介していきます。

今回は「パイプ」「低反発ウレタン」「高反発ファイバー」「ポリエステルわた」「極小ビーズ」、さらにゴムとプラスチックの中間のような素材で近年注目を集めている「TPE」6つ素材別に、計12個の枕をピックアップしました。

まずは下の図を参考に、高さと硬さの基準で好みの枕を絞っていきましょう。

マトリクス

クリックすると高画質版が表示されます

素材は同じでも、製品ごとに特徴は大きく異なります。

形も寝返りを考慮したタイプや背中までカバーしてくれるものなどさまざま。気になる形から選んでみるのもいいかもしれません。

素材 メーカー/商品名 価格(税込) サイズ 形状 硬さ 高さ調整 洗濯
パイプ ニトリ/高さ10ヵ所調整できる枕
ニトリ
4990円 幅60×奥行40×高さ12cm ユニット型 やや硬め 手洗いOK(高さ調整シートを除く)
西川×医学博士/首・肩フィットまくら
西川×医学博士
5500円 高め:幅60×奥行40×高さ9(中心部)〜10(もっとも高い部分)cm
低め:幅60×奥行40×高さ8(中心部)〜9(もっとも高い部分)cm
くぼみ型 ふつう 洗濯機OK (ネット使用)
低反発ウレタン ショップジャパン/トゥルースリーパー セブンスピロー
ショップジャパン
シングル:1万6280円
セミダブル:1万9580円
ダブル:2万1780円
シングル:幅90×奥行68×高さ9cm
セミダブル:幅115×奥行68×高さ9cm
ダブル:幅140×奥行68×高さ9cm
波形 やや柔らかめ ×(カバーは洗濯機OK)
GOKUMIN/プレミアム低反発枕
GOKUMIN
6578円 幅53cm×奥行32cm×高さ4(もっとも低い部分)〜11(もっとも高い部分)cm 波形 ふつう ×(カバーは洗濯機OK)
テンピュール/オリジナルネックピロー
テンピュール
Jr:1万1000円
XS:1万5400円
S:1万6500円
M:1万7600円
L:1万8700円
Jr:幅40×奥行26×高さ7cm
XS:幅50×奥行31×高さ7cm
S:幅50×奥行31×高さ8cm
M:幅50×奥行31×高さ10cm
L:幅50×奥行31×高さ11.5cm
波形 やや硬め × ×(カバーは洗濯機OK)
東京西川/[エアー4D]ピロー
東京西川
2万2000円 高め:幅63×奥行38×高さ13cm
低め:幅63×奥行38×高さ11cm
標準(楕円形) ふつう ×(カバーは洗濯機OK)
高反発ファイバー エアウィーヴ/エアウィーヴ ピロー スタンダード
エアウィーヴ
1万6500円 幅56×奥行40×高さ11cm(リングコア+シートコア2枚の場合) 標準(長方形) 硬め 手洗いOK (カバーは洗濯機OK)
アイリスオーヤマ/エアリーピロー
東京西川
7360円 幅61×奥行37×高さ6cm 逆ハート形 硬め × 洗濯機OK (ネット使用)
ポリエステルわた パラマウントベッド/PILLOW by Active Sleep
パラマウントベッド
1万4850円 仰向けタイプ:幅80×長さ43×高さ9(中心部)〜10(サイド)cm
横向きタイプ:幅80×長さ36×高さ9(中心部)〜10(サイド)cm
標準(長方形) やや柔らかめ 丸洗いOK (仰向けタイプのウレタン部分を除く)
ロフテー/ホテルピロー リバーシブルタイプ
ロフテー
1万2100円 幅62×奥行39cm ユニット型 柔らかめ(裏面はやや硬め) × 手洗いOK (カバーは洗濯機OK)
極小ビーズ Beech/王様の夢枕II
Beech
7480円 標準:幅62×奥行40×高さ8(首元)〜12(両脇のもっとも高い部分)cm
低め:幅62×奥行40×高さ7(首元)〜10(両脇のもっとも高い部分)cm
標準(長方形) 柔らかめ × 手洗いOK (カバーは洗濯機OK)
TPE カインズ/Moffle 弾力性に優れたやわらかいまくら
カインズ
6980円 幅60×奥行40cm 標準(長方形) やや柔らかめ × ×(カバーは洗濯機OK)

パイプの枕

パイプの枕

まずはなじみがある人も多いパイプの枕から紹介していきます。

改めてパイプの枕のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット デメリット
・通気性が高く蒸れにくい
・劣化しにくく耐久性に優れている
・パイプの量の調整で高さを変えられる
・洗濯できるので清潔に保てる
・弾力性が低い
・パイプの量が多いと流動性がなくなり、頭の形にフィットしにくい
・パイプが擦れる音がする
・吸湿性に欠け汗を吸わない

パイプは通気性が高く、夏でも快適に使用できます。また、高さ調整が簡単にできるのも大きなメリットといえるでしょう。吸湿性はありませんが、枕カバーの素材を綿やレーヨンなど吸湿性が高いものにすることで補うことができます。

パイプは枕の素材として広く普及しており、比較的安価で種類が多いという点も魅力です。

オーターメイド並みの細かい高さ調整 ニトリ|高さ10ヵ所調整できる枕

価格(税込) 4990円
素材 パイプ
サイズ 幅60×奥行40×高さ12cm
重量 約1.66kg
硬さ やや硬め
形状 ユニット型
高さ調整 ○(ウレタンシート)
洗濯 手洗いOK(高さ調整シートを除く)
返品 14日間返品可能

数多くのオリジナル枕を販売しているニトリの中でも特に人気の商品です。 本体に4ヵ所、本体下の部分調整ウレタンシートに5ヵ所の高さ調整用パーツがあり、さらに最下層の全体調整ウレタンシートを出し入れすることで、計10ヵ所の高さ調整が可能です。

外側の生地には抗菌防臭加工が施されており、肌触りも滑らか。パイプの他、ラテックスとそば殻も同価格で販売しています。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

真ん中を低くサイドを高くする、首元をしっかり厚くするなど、体形や好みに合わせた細かい調整ができ、まるでオーダーメイド感覚! 5000円以下という価格も驚きです。

本体はファスナーからパイプを直接出し入れでき、中層の部分調整ウレタンシートはシートを出し入れしたりシートを折って部分的に厚くすることができます。

調整が簡単なので、少しずつ試して理想の高さを見つけましょう。

仰向け派・横向き派どちらにもおすすめ 西川×医学博士|首・肩フィットまくら

価格(税込) 5500円(参考小売価格)
素材 パイプ
サイズ 高め:幅60×奥行40×高さ9(中心部)〜10(もっとも高い部分)cm
低め:幅60×奥行40×高さ8(中心部)〜9(もっとも高い部分)cm
重量 約1.5kg
硬さ ふつう
形状 くぼみ型
高さ調整 ○(パイプ補充パック付き)
洗濯 洗濯機OK(ネット使用)
返品・交換

寝具メーカーの東京西川が医学博士の橋本修左氏と共同開発した枕です。

首の部分が独立しているため、首周りのパイプが流れることなく高さをしっかりキープしてくれます。首と後頭部の2ヵ所に調整箇所があり、パイプを出し入れすることで高さ調整が可能です。

また、肩にフィットするアーチ形状で肩の冷えを防いでしっかりサポート。中央がくぼんでおり、特に仰向けで寝る人におすすめです。

高め、低めの2種類があるので、体形に合わせて選べるのもうれしいですね。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

弾力性のあるソフトパイプを使用しているため、ゴツゴツとした感触はなく、パイプは硬くて苦手……と感じている人にもおすすめ。側生地にはソフトなニット生地を使用しているので、柔らかさも感じられます。

仰向け寝に優しい構造ですが、両サイドが高くなっており、横向き寝でも楽な姿勢をキープできます。

低反発の枕

低反発の枕

続いて、心地よいふんわり感が魅力の低反発素材の枕を紹介します。

低反発枕のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット デメリット
・ふんわり柔らかい感触でリラックスできる
・柔軟性が高く頭や首にフィットしやすい
・体圧分散性に優れ、体の負担を軽減
・頭が沈んでしまうため寝返りがしにくい
・通気性が悪い
・気温が低いと硬くなる
・洗濯できない

反発が小さいので包み込まれるような安心感があり、どんな形の頭にもしっかりフィットしてくれます。とにかく気持ちよさ重視という人におすすめの素材といえるでしょう。

ただし、品質が低いものだと柔らかすぎて寝返りがしにくい場合も。密度が高く適度な反発力がある枕を選びましょう

通気性が悪く蒸れやすい傾向にありますが、近年では穴を開けて通気性をアップしたタイプも出てきています。

頭から背中までしっかり支えるビッグサイズ ショップジャパン|トゥルースリーパー セブンスピロー

価格(税込) シングル:1万6280円
セミダブル:1万9580円
ダブル:2万1780円
素材 低反発ウレタン
サイズ シングル:幅90×奥行68×高さ9cm
セミダブル:幅115×奥行68×高さ9cm
ダブル:幅140×奥行68×高さ9cm
※高さはすべてもっとも高い部分
重量 シングル:約1.4kg
セミダブル:約1.7kg
ダブル:約2.1kg
硬さ やや柔らかめ
形状 波形
高さ調整 ○(高さ調整シート付き)
洗濯 ×(カバーは洗濯機OK)
返品 60日以内返品可能

上半身をカバーする大きな形状が特徴的なロングセラー商品です。

幅はシングルベッドにぴったり、奥行は頭から背中まで延びており、横から見るとなだらかな曲線を描いています。この形状により、頭、首、肩、腕、背中を優しく支えて負担を軽減。起きているときと同じ姿勢を自然に保つことができます。

さらにウレタンフォームに特殊加工を施し、通気性をアップ。抗菌・消臭加工済みの専用ピローカバーも付いているので、長く快適に使用できます。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

人間工学に基づいた構造と優れた衝撃吸収性で、どんな体形の人でも頭から背中までぴったりフィットします。また、横向きでも肩が適度に沈み込み、自然な寝姿勢に。なだらかな形状で寝返りもスムーズに打てます

ビッグサイズながらシングルサイズは約1.4kgと意外なほど軽いので、干すときの移動も楽ですよ。

蒸れ・におい対策にこだわり、コスパも◎ GOKUMIN|プレミアム低反発枕

価格(税込) 6578円
素材 低反発ウレタン
サイズ 幅53cm×奥行32cm×高さ4(もっとも低い部分)〜11(もっとも高い部分)cm
重量 約1.2kg
硬さ ふつう
形状 波形
高さ調整 ○(高さ調整シート付き)
洗濯 ×(カバーは洗濯機OK)
返品 30日以内返品可能

お手頃価格ながらさまざまな機能を備えた低反発枕です。

人間工学に基づく形で頸椎を自然なカーブに導くことにより、首を自然に正しくサポート。適度な反発力があるため頭が沈み込むことなく、寝返りしやすいのもポイントです。

高さが異なる波形なので、枕を回転させたり高さ調整シートを使うことで、4〜11cmと幅広い高さ調整が可能

側生地には高級ニット素材を使用し、肌触りにもこだわっています。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

仰向けに寝ると、くぼみに頭と首がフィットして自然な姿勢を保てるようになっています。首や肩の負担が軽くなるので、ストレートネックや肩こりの人には特に試してほしい商品です。 サイドが高いので横向き寝の人にもおすすめですよ。

また、ウレタンに穴あけ加工を施し、通気性の悪さを改善。調湿効果と消臭効果のある竹炭を配合し、寝汗による気になるにおいを抑えてくれます。

独自の波形で横向き寝にも対応

テンピュール|オリジナルネックピロー

価格(税込) Jr:1万1000円
XS:1万5400円
S:1万6500円
M:1万7600円
L:1万8700円
素材 低反発ウレタン(テンピュール®素材)
サイズ Jr:幅40×奥行26×高さ7cm
XS:幅50×奥行31×高さ7cm
S:幅50×奥行31×高さ8cm
M:幅50×奥行31×高さ10cm
L:幅50×奥行31×高さ11.5cm
重量 Jr:約0.63kg
XS:約0.74kg
S:約1.05kg
M:約1.26kg
L:約1.42kg
硬さ やや硬め
形状 波形
高さ調整 ×
洗濯 ×(カバーは洗濯機OK)
返品 30日以内返品可能

NASAの研究者がスペースシャトルに搭載するために開発したといわれるテンピュール®素材。 体温や体形に応じて自在に変形し、体にぴったり沿って体圧を分散します。

幅はやや小さめですが、高さはジュニアも含め5サイズあるので、体形に合わせて好みの高さを選びましょう。

テンピュールの枕の中でももっともスタンダードなオリジナルネックピローは、ボリュームをもたせた波形の形状が、頭部から首筋に沿うようにフィット。波形の高い方に首、低い方に頭を乗せることで、首のカーブをしっかり維持できます。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

テンピュール®素材は一般的な低反発素材と異なり、密度とサポート力が高いのが特徴。低反発枕にありがちな沈み込みすぎるという心配もなく、ほどよい反発と柔らかさを両立しています。

やや大きめの波形が首と肩にしっかりと沿って、仰向けの姿勢を楽にキープ。寝返りもしやすく、横向き寝でも背骨がまっすぐ伸びるのを助けてくれます。

テンピュールの枕は他にも形状や硬さが多彩にそろうので、気になる方はチェックしてみてください。

熱がこもりにくい立体構造! 高めは男性、低めは女性向け 東京西川|[エアー4D]ピロー

価格(税込) 2万2000円
素材 ウレタンフォーム
サイズ 高め:幅63×奥行38×高さ13cm
低め:幅63×奥行38×高さ11cm
重量
硬さ ふつう
形状 標準(楕円形)
高さ調整 ○(高さ調整シート付き)
洗濯 ×(カバーは洗濯機OK)
返品 30日以内返品可能

4D感覚の特殊な立体構造を採用したワンランク上の枕です。

快適さをとことん追求し、表層のウレタンは優れた頭圧分散性と通気性を備えたハイブリッドメッシュ構造に。さらに中間層には枕内部の温度上昇を抑えるゲルを内蔵し、蒸れを軽減する工夫もされています。

高さは11cmと13cmの2種類。それぞれ高さ調節シートが両サイドと中央上下の4分割になっているので、横向き寝のときも高さを個別に調節することができます

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

通気性、フィット感、高さ調整など、欲しい機能を集約させた[エアー4D]ピローは、究極の枕と呼ぶのにふさわしい一品です。

「首にフィットして楽」「硬さがちょうどいい」「調整できるのがうれしい」などの口コミもあり(※)、高めの価格でも納得の使い心地といえそうです。

※参考:https://www.airsleep.jp/voice/voice_4d.html#voice

高反発ファイバーの枕

高反発ファイバーの枕

次に紹介するのは高反発ファイバーの枕です。

まずは高反発ファイバーの枕のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット デメリット
・通気性が高く蒸れにくい
・首や肩をしっかり支え、寝返りがしやすい
・丸洗いできる
・硬めでフィット感に欠ける
・商品によっては値段が高い
・種類が少ない

高反発ファイバーの枕は、針金のような樹脂繊維を編み込んで成形されています。

空気が通るすき間が多く、通気性の高さが大きな特徴です。また、しっかりとした硬めの素材なので、頭や首をしっかり支えてくれます。

汚れても丸洗いできるというメリットがある一方、ふわふわとした柔らかめの素材を好む人は、商品によっては寝心地が悪いと感じてしまうかもしれません。

体圧分散性と高さ調整機能で肩こり解消 エアウィーヴ|エアウィーヴ ピロー スタンダード

価格(税込) 1万6500円
素材 エアファイバー®
サイズ 幅56×奥行40×高さ11cm(リングコア+シートコア2枚の場合)
重量 約1kg
硬さ 硬め
形状 標準(長方形)
高さ調整 ○(シートコア付き)
洗濯 手洗いOK(カバーは洗濯機OK)
返品 30日以内返品可能

エアウィーヴが独自開発した新素材、エアファイバー®を使った枕です。

適度な反発力で頭と首を支え、体圧を均等に分散。睡眠中の肩や腰への負担を軽減し、寝返りもサポートしてくれます。

エアファイバー®製の本体(リングコア)の中は空洞になっており、シートコアと呼ばれるパーツを出し入れすることで高さ調整が可能です。

また、シートコアのうち1枚はU字形にくり抜かれているので、首元の細かい高さ調整にも便利です。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

枕の中身は、90%以上が空気でできているというエアファイバー®で、やはり通気性の高さが大きな特徴。夏でも汗で蒸れることなく、朝まで快適に過ごせます。

また、反発力と体圧分散性にも優れているので、頭が沈み込まず、まるで浮いているような感覚で眠ることができます。エアウィーヴのマットレスと組み合わせて使用すれば、さらに効果が倍増しますよ。

低め仕様で女性におすすめ アイリスオーヤマ|エアリーピロー

価格(税込) 7360円
素材 高反発ファイバー(エアロキューブ®)
サイズ 幅61×奥行37×高さ6cm
重量 約0.6kg
硬さ 硬め
形状 逆ハート形
高さ調整 ×
洗濯 洗濯機OK(ネット使用)
返品 不可

アイリスオーヤマのエアリーピローは、弾力性のあるチューブ状の素材が複雑に絡み合ったエアロキューブ®という特殊な素材を使用しています。

エアロキューブ®の高い復元性と体圧分散性で頭の沈み込みを防ぎ、理想の高さをキープウレタンの約10倍という通気性の高さで、熱や湿気がこもらず一年中快適な寝心地を感じられます。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

頭と首をしっかり支えながらも、クッション性にも優れているのでほどよい硬さ。首・肩口にフィットするアーチ形状で、肩こりや首のこりの改善が期待できます。8万回の圧縮テストでも硬度保持率は85%(※自社調べ)という驚きの耐久性にも注目です。

高さは6cmとやや低めなので、首のカーブが浅い人や小柄な女性におすすめです。使ってみて低いと感じたら、バスタオルなどを敷いて高さを調整しましょう。

ポリエステルわたの枕

ポリエステルわたの枕

クッションの中材としても使われているポリエステルわた。

枕の素材としてはどんな特徴があるのか、メリットとデメリットをチェックしましょう。

メリット デメリット
・ボリュームがあり触り心地が良い
・比較的安くコスパがいい
・洗えるものが多い
・へたりやすい
・ほこりがたまりやすい
・吸湿性が低く蒸れやすい

ポリエステルをわた状にした人工繊維で、ふんわりと弾力のある感触が特徴です。柔らかくボリュームのある枕が好みという人には、まさにぴったりな素材といえるでしょう。

また、人工繊維のためカビやダニが増殖しにくく、比較的安価というメリットも。

ほこりや湿気がたまりやすいという面もあるので、定期的に丸洗いや天日干しをするなど手入れをすると、快適な寝心地が長く楽しめます。

寝返りと入眠姿勢にこだわった仰向け・横向き専用枕 パラマウントベッド|PILLOW by Active Sleep

価格(税込) 1万4850円
素材 ポリエステル粒わた(上層)、ポリエステルファイバー(中芯)
サイズ 仰向けタイプ:幅80×長さ43×高さ9(中心部)〜10(サイド)cm
横向きタイプ:幅80×長さ36×高さ9(中心部)〜10(サイド)cm
重量
硬さ やや柔らかい
形状 標準(長方形)
高さ調整 ○(調整パッド付き)
洗濯 丸洗いOK(仰向けタイプのウレタン部分を除く)
返品 不可

おもに医療・福祉用の電動ベッドを製造しているパラマウントベッドが手がける枕です。

快眠のキーワードである寝入りに着目し、入眠姿勢に合わせた2タイプの枕を用意。仰向け用は首元、横向き用は肩をしっかりサポートする構造で、それぞれ自然な姿勢を保ちながらリラックスして眠りにつけます。

また、幅広&フラットな形状で左右への寝返りがスムーズに。通気性と耐久性に優れた粒わたを使っているので、比較的蒸れにくく夏でも快適です。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

仰向け用は特殊な形状で、頭を深く乗せれば高め、浅く乗せれば低めと、寝る位置で高さを調整できます。また、内部に硬めのウレタン層を入れることで、首への負担を軽減して頭を動かしやすくする工夫も。

一方、横向き用は180度回して上下を入れかえることで、肩口のフィット感を調節可能。 どちらにも質のよい睡眠を追求してきた企業ならではの目線が生かされています。

一流ホテルのような極上の寝心地 ロフテー|ホテルピロー リバーシブルタイプ

価格(税込) 1万2100円
素材 表面:ポリエステルわた
裏面:パイプ
サイズ 幅62×奥行39cm
※高さはS(低め)、M(標準)の2サイズ
重量
硬さ 表面:柔らかめ
裏面:やや硬め
形状 ユニット型
高さ調整 ×
洗濯 手洗いOK(カバーは洗濯機OK)
返品 30日以内返品可能

LOFTY(ロフテー)はエアウィーヴグループの枕専門メーカーです。

独自の5分割構造を採用し、内部は上・下、左・右、中央部の5つのパーツに分かれています。首元が高く、中央部が少し低くなっているため、仰向け時の後頭部にしっかりフィット。両サイドは高めなので、横向きでも楽に寝られます

表面には弾力のある柔らかいポリエステルわた、裏側には通気性のよいソフトパイプが入っており、好みに合わせて素材を変えられるのもうれしいポイント。ホテルのような快適さを、ぜひ自宅で体験してみてください。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

枕専門メーカーならではの考え抜かれた構造で、首や肩への負担を抑え、快適な睡眠へと導いてくれます。また、パーツが分かれていることで、中身が偏りにくいというメリットも。

季節や気分によって素材を変えられるユニークなリバーシブル構造も魅力です。

高めと低めの2種類があるので、女性やストレートネックの人は低め、男性や横向き寝が多い人は高めを選ぶといいでしょう。

極小ビーズの枕

ビーズの枕

続いて紹介するのは、独特のふわもち触感が人気の極小ビーズの枕。

まずはメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット デメリット
・流動性があり頭や肩にフィットしやすい
・弾力があり触り心地がよい
・耐久性に優れている
・安定感がなく寝返りがしにくい
・通気性はいまいち

極小ビーズの枕の最大の特徴はフィット感

マイクロビーズとも呼ばれる非常に小さな発泡ビーズが、枕の中を自在に移動して頭や首の形にぴったり沿ってくれます。フィットするとぎゅっと硬い感触になり、頭や首もしっかり支えられます

形が変わりやすいので安定感には欠けますが、中のパーツが分かれているタイプの枕であれば、ビーズの流動性が抑えられ、安定感がアップします。

もっちり触感の超極小ビーズが頸椎にフィット Beech|王様の夢枕II

価格(税込) 7480円
素材 超極小ビーズ、ポリエステルわた
サイズ 標準:幅62×奥行40×高さ8(首元)〜12(両脇のもっとも高い部分)cm
低め:幅62×奥行40×高さ7(首元)〜10(両脇のもっとも高い部分)cm
重量 標準:約0.8kg
低め:約0.73kg
硬さ 柔らかめ
形状 標準(長方形)
高さ調整 ×
洗濯 手洗いOK(カバーは洗濯機OK)
返品

王様の夢枕IIは、パウダー状の超極小ビーズとポリエステルわたを絶妙なバランスで配合し、ふんわり&もっちりとした独特の感触を実現。

ポリエステルわたと組み合わせることで弾力性がプラスされるとともに、超極小ビーズの流動性を適度に抑えるので、すぐに形が変わってしまうという心配もありません。

肩にフィットするアーチ形状なので、仰向け・横向きどちらの寝姿勢でも頸椎をしっかり支えて、寝返りもサポートしてくれます。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

不思議なもっちり感が特徴の超極小ビーズが、どんな体形、寝姿勢にもぴったりフィット。心地よさと安心感で深い眠りに導いてくれます。

高さは標準と低めの2展開。ビーズの流動性を抑えた標準タイプは首元をしっかり支えるので、高い枕や硬めの感触が好きな人におすすめです。低めタイプはビーズがほどよく流動する構造。低めの枕や柔らかい感触が好きな人に向いています。

TPEの枕

TPE(Thermo Plastic Elastomer)とは、プラスチックとゴムを融合させたような素材で、熱可塑性(ねつかそせい)エラストマーとも呼ばれています。

まずはTPEのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット デメリット
・ゴムのような伸縮性があり柔らかい
・弾力性と体圧分散性に優れている
・丈夫で通気性も高い
・比較的重く移動しづらい
・種類が少ない

枕の新素材として話題のTPEは、医療器具や哺乳瓶などにも使われている安全な素材です。

ゴムのような柔らかさと弾力をもっていますが、ゴム特有のにおいはありません。

三角や四角の格子状に形成されており、体圧分散性と通気性、耐久性にも優れています。新しい素材なのでまだ製品の種類は多くありませんが、メリットが多くこれから注目の素材です。

ひんやりもっちり新感覚の触り心地 カインズ|Moffle 弾力性に優れたやわらかいまくら

価格(税込) 6980円
素材 TPE、ポリエステル
サイズ 幅60×奥行40cm
重量 2.12kg
硬さ やや柔らかめ
形状 長方形(標準)
高さ調整 ×
洗濯 ×(カバーは洗濯機OK)
返品

ホームセンターのカインズは、近年寝具にも力を入れています。中でも注目なのが「Moffle」シリーズ。

引っ張るとゴムのように伸びる格子状のTPEにポリエステル素材も組み合わせ、頭や首をしっかり支えながらほどよい柔らかさも感じられます。

通気性も高く、触ると少しひんやりした素材なので、真夏でも朝まで快適に眠れますよ。

Editor's Voice

your SELECT.新ロゴ

your SELECT.

編集部

ふんわりしているのに弾力もある新感覚の寝心地は、一度は試してみる価値ありです! TPEは耐久性が優れているので、他の素材に比べて快適さが長く続くというメリットも。

こちらのスタンダードなタイプの他、波形になったネックフィットタイプ、少し低く中心部がくぼんでいるフィットタイプも同価格で販売しているので、好みに合わせて選べます。

枕に関するよくあるQ&A

最後に枕の使い方や選び方に関する疑問について、三橋さんにお答えいただきました。

QA

枕は洗える? 正しいお手入れ方法は?

枕の素材の中でもパイプ、高反発ファイバー、わたなどは丸洗いが可能ですが、製品によっても異なります。洗う前に必ず洗濯表示を確認しましょう。

洗い方も手洗い、洗濯ネットに入れて洗濯機洗いなど、表示の指示に沿って正しく洗うことが長持ちのポイントです。ただし、素材によっては完全に乾くまでに1日以上かかることも。かえの枕がある場合や、使わなくてもいいタイミングを狙って洗うようにしましょう。

洗えない素材の場合、また洗える素材であっても、ふだんのお手入れは干すだけでも十分です。天日干し、陰干しのどちらが適しているかは素材によって異なります。

天日干しが向いている素材 パイプ、ポリエステルわた、そば殻、コルマなど
陰干しが向いている素材 低反発ウレタン、高反発ファイバー、ビーズ、羽根・羽毛など

何日も枕を置きっ放しにしていると、ダニやカビが発生してしまうことも。週に1〜2回ほど干して、中の湿気を取り除きましょう

また、枕カバーも2〜3日に一度は洗い、清潔に保つことが大切です。

店舗で枕を選ぶときの注意点は?

枕は高さや硬さ、感触の好みなど実際に確かめないとわからない要素が多いので、お試し用の枕が置いてある店舗で購入するとよいでしょう。

寝具の専門スタッフが常駐しているお店で相談しながら選ぶと、より失敗が少なくなります。

このとき、自宅のマットレスや敷き布団の硬さを確認してくれるスタッフだとより安心です。マットレスの硬さによって枕の高さは変わるので、店舗で確認して問題ないと思っても、自宅で使ってみたら思っていたより高かった、低かったということもあるからです。

また、締め付けの少ない服装で行くのもポイントです。できるだけパジャマに近い服装、髪形で試した方が、実際に寝るときの感覚で選ぶことができます。

枕を通販で失敗なく選ぶポイントは?

枕はお店で選ぶとよいとお伝えしましたが、いくつかの店舗で枕を試してから通販で購入するともち帰る手間も省けます

ただし、通販の口コミだけで選ぶのはNG。頭の形や枕の感触の好みは一人一人違うので、口コミ評価が高くても自分に合うとはかぎりません。

商品の特徴やサイズをしっかり見比べて、自分の目や感覚を頼りに選ぶことが大切です。 使ってみてもし合わなかったときのために、返品保証が付いている枕を選ぶとより安心ですよ。

性別や年齢で枕の選び方は変わる?

頭の形

「頭の形を触ってみると、合う枕は人それぞれ違うということがよくわかります」

枕の最適な高さは性別、体形に左右されます。一般的に大柄な人や体格がいい人は高め、小柄な人や細身の人は低めの枕を選ぶといいでしょう。

S字カーブが発達していない乳幼児は枕を使わなくてOK。ベビー用の枕は後頭部の絶壁予防を目的としているため、使わなくても睡眠の質には影響しません。

子どもが欲しがる場合や寝汗対策には、バスタオルを四つ折りにして敷いておくだけでも十分です。

だいたい小学校低学年頃(身長120cmくらい)から低めの枕を使い始め、S字カーブがしっかりと形成される小学校高学年〜中学校くらい(身長150cmくらい)で大人と同じ枕に切りかえましょう。

また、加齢により姿勢が変化したり、筋肉が衰えて腰痛などの悩みも生じてきます。枕を定期的に見直し、自分に合った形や高さにかえていくことが大切です。

まとめ

  • 枕は寝入りの姿勢を基準にして、寝返りのしやすいものを選ぶ
  • 枕の上に頭を乗せたとき、首のカーブが立っているときと同じ状態になるのがベスト
  • 枕を選ぶときは「形状」「素材」「高さ」「硬さ」「大きさ」の5つをチェック
  • 素材の特徴から絞って、自分好みの高さ、硬さを探すと失敗が少ない
  • 枕の寿命は平均3〜4年。体形の変化などにも合わせて定期的に見直し

枕は睡眠の質を左右する大切なアイテム。合わない枕を使い続けると、不眠や肩こり、腰痛、いびきなど体にさまざまな不調が現れます。

枕を選ぶ際は、「形状」「素材」「高さ」「硬さ」「大きさ」の5つのポイントを押さえましょう。この5大要素が寝心地の良しあしや寝返りのしやすさ、フィット感、通気性など、快適な睡眠に影響する重要なポイントとなります。

近年では、高さ調整が可能な枕や触り心地を追求した枕など、さまざまな工夫を凝らした商品が次々と出ています。中には素材の弱点を克服した進化系の枕もあるので、最新の枕事情をチェックして、自分にぴったりの一品を見つけましょう。

このページをシェアする

人気の記事

TOP