【2023年】おすすめ人気うに通販13選!ウニ専門店シェフに聞いた選び方とお取り寄せ実食レビュー

おすすめの人気ウニ通販13選|ウニ専門店のシェフに聞いたウニの選び方とお取り寄せ実食レビュー

本記事は、提携する企業のプロモーション情報が含まれます。掲載するサービス及び掲載位置に広告収益が影響を与える可能性はありますが、サービスの評価や内容などはyour SELECT.が独自に記載しています。(詳しくはAbout Usへ)

目次

「以前に北海道で食べたおいしいウニを自宅でも楽しみたい」
「おいしいウニを購入できる通販サイトが知りたい」

通販でウニを買いたいけど、鮮度に問題はないか、型崩れしてないかなど、不安に感じている方もいることでしょう。

この記事ではウニ専門レストラン「ウニココ」のオーナーシェフ辻田啓伸さんに、ウニの選び方やおいしいウニを取り寄せるために知っておきたいことをインタビュー。さらに辻田さんのウニ選びの極意をもとに、おすすめのウニ通販をピックアップしました。

ウニの通販選びで悩んでいる方、おいしいウニを食べたい方はぜひ参考にしてくださいね。

<おすすめのウニ通販13選>

通販サイト

商品名

かねだい

生うに特上バラ詰め

マルマツ松浦水産

生うに 黄特上

北海道北釧水産

えぞばふん生うに【販売終了】

宮崎水産

生うに スペシャルA

北海道網走水産

特上生うに

島の人

旬凍キタムラサキウニ

伊勢志摩冷凍

冷凍うに キタムラサキウニ

STVショッピング

ふり塩うに・キタムラサキウニ

海士物産

極上粒うに

じもっと

吟味粒うに 木箱入り

きた蔵の畑

エゾバフンウニ 一夜漬け

ぎょれん

一夜漬粒うに【ビンうに2種】食べ比べセット

マル五

磯の匠 手作り 粒うに 瓶詰
かねだい マルマツ松浦水産 サイト 北海道北釧水産サイト 宮崎水産 北海道網走水産サイト 島の人 伊勢志摩冷凍サイト STVショッピングサイト 海士物産サイト じもっとサイト きた蔵の畑サイト ぎょれんサイト マル五サイト
価格(税込) 本体価格6980円
送料1390円(東京)
合計8370円
本体価格4500円
送料1300円(東京)
合計5800円
本体価格6980円
送料1290円(関東)
合計8270円
本体価格5184円
送料1300円(関東)
合計6484円
本体価格6400円
送料1200円(東京)
合計7600円
本体価格5389円
(送料無料)
本体価格2690円
送料1100円
合計3690円
本体価格5300円
送料990円
合計6290円
本体価格3564円
送料1100円 (東京)
合計4664円
本体価格4320円
送料不明
合計4320円+送料
本体価格4480円
送料1050円
合計5530円
本体価格7800円
(送料無料)
本体価格1980円
送料1555円
合計3535円
保存方法 冷蔵(板ウニ) 冷蔵(板ウニ) 冷蔵(塩水パック) 冷蔵(板ウニ) 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 瓶(常温輸送) 瓶(常温輸送) 瓶(冷凍便) 瓶(冷凍便) 瓶(常温輸送)
ウニの産地 ロシア、北方四島 北海道、北方四島 北方四島 北方四島 北海道 北海道 岩手 北海道 島根、韓国 韓国、チリ 北海道 北海道(利尻島・礼文島) 山口
配送日指定 不可
※注文後3営業日以内に発送
不可
※注文後1~3営業日以内に発送
不可
※月~金、金~日のお届け期間の指定可
不可
※入金確認後3営業日以内に発送
可能
6~19日後
可能
3営業日以降
不可 可能
1~2週間後
可能
※1週間~1ヶ月半後
可能
※1週間~1ヶ月半後
不可
※お届け時間のみ指定可能
可能
※10日~1ヶ月
可能
※10~15日後
こんな人におすすめ 3~4人でウニ丼を楽しみたい人 味にこだわる人 新鮮なウニを食べたい人 リーズナブルにウニを楽しみたい人 特上のウニを楽しみたい人 リーズナブルに楽しみたい人 一人暮らしの人 塩ウニを食べてみたい人 毎日の食卓をちょっとぜいたくにしたい人 外国産の瓶ウニを楽しみたい人 ぜいたくな瓶ウニを楽しみたい人 ウニを食べ比べたい人 老舗の瓶ウニを食べてみたい人
公式サイト 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
在庫あり!編集部厳選ウニはこちら↓
ウニ専門レストラン「ウニココ」オーナーシェフ
辻田啓伸さん
辻田啓伸
辻調理師専門学校を卒業後、東京・新宿御苑の『オステリア ヴィンチェロ』で料理とワインを学ぶ。イタリア各地での研修を経て、2012年に『オステリアT』を開業。同店で夏季に開催していた「ウニ祭り」が評判を呼び、ウニを探求していく。2016年にウニ専門レストラン『unico-co(ウニココ)』をオープン。季節を問わず、常時10種類以上のウニによるイタリアンのフルコースを提供している。

ウニの専門家・辻田さんに聞いた!

通販サイトのウニ選びで失敗しないためのポイント

ウニの専門家である辻田さんに、通販サイトのウニ選びで失敗しないための選び方をお聞きしました。また、おいしいウニを選ぶために知っておきたい基礎知識についても教えていただきました。

「おいしいウニを注文するには、ウニの基礎知識を知っておくのが大事」と辻田さん

「おいしいウニを注文するには、ウニの基礎知識を知っておくのが大事」と辻田さん

<通販サイトでおいしいウニを注文するための6つのポイント>

  1. ウニの旬を知る
  2. 種類と特徴を知る
  3. おもな産地を知る
  4. 保存方法の違いを知る
  5. 価格の違いを知る
  6. 必要な量を知る

1. ウニの旬を知る

――ウニの旬は、いつですか?

ウニの旬は産地によって違います。ウニは日本の幅広い地域で採れるため、1年を通してさまざまな産地の旬のウニが楽しめます

<産地ごとのウニの旬>
地域 旬の時期
北海道(函館、釧路、羅臼、根室)、北方四島 12~6月
北海道(利尻など) 6~8月
東北 3~8月
佐賀(唐津)、兵庫(淡路島)、熊本(天草)、山口(萩) 3~11月くらい

2. 種類と特徴を知る

――バフンウニやムラサキウニなど、ウニの種類はどんなものがありますか?

おもなウニの種類は、大きく以下の5つに分類できます。

<ウニの種類ごとの特徴>
ウニの種類 味の特徴 おもな産地
バフンウニ オレンジ色や黄色みがかっていて、卵黄のような色合いをしています。甘みが特徴で、濃厚な味わいです。 全国各地
エゾバフンウニ バフンウニよりサイズが大きく、味わいはさらに濃厚です。 北海道や東北地方
ムラサキウニ 淡い色合いが特徴です。香りに磯っぽさがあり、繊細な味わいです。 全国各地
キタムラサキウニ ムラサキウニの中でも、北海道で採れるのが、キタムラサキウニです。ムラサキウニよりもサイズが大きいのが特徴です。 北海道
赤ウニ 甘みが強く、濃厚で芳醇な味わいです。生息地が限られていて希少価値が高く、産地以外にはなかなか出回りません。 九州の西側の沿岸や瀬戸内海など

爽やかで繊細な味わいが好きな人はムラサキウニやキタムラサキウニ、濃厚な味わいが好きな人はバフンウニやエゾバフンウニがおすすめです。

バフンウニ(左)とムラサキウニ(右)

バフンウニ(左)とムラサキウニ(右)

赤ウニは希少価値が高く、産地以外ではなかなか目にすることがありません。
上記のウニより流通量は少ないですが、シラヒゲウニと津軽ウニという種類もあります。

3. おもな産地を知る

――ウニの産地はどこがおすすめですか?

味の好みによるので一概にどこがおすすめとはいえませんが、産地によって味の傾向があります
北海道や東北などの冷涼な海と西の暖かい海では、海中の成分やウニの餌となる海藻の種類が違います。味の傾向としては、北海道や東北は繊細な味わい、西は濃厚な味わいです。

また、西のウニは北海道などに比べると小粒なので、瓶ウニによく使われています。産地の違いを楽しむなら、瓶ウニもおすすめです。

「産地の違いを楽しむのがおすすめです」と辻田さん

「産地の違いを楽しむのがおすすめです」と辻田さん

――外国産より国産の方がおいしいですか? チリ産はおいしいと聞いたことがあります

国産と外国産では、やはり国産がおいしいです。理由は鮮度と加工技術です。
鮮度では、外国産ウニは輸送時間がかかるため、冷凍でしか日本に入ってきません。冷凍より冷蔵の方が新鮮なウニが食べられます。

加工技術としては、日本はウニが生きた状態でワタや管を取り除き、くさみが出ないように加工できます。外国は日本よりは加工技術が低いため、くさみを感じることもあるでしょう。
ただ、外国の加工技術も上がってきていると聞いています。(チリ産のウニの味が気になる方は「国産・外国産のウニを専門店シェフが食べ比べ! 見た目や味の違いをレビュー」をチェックしてみてください)

――良質な海藻が採れる産地のウニはおいしいと聞きますが本当ですか?

ウニの味わいは、何を食べているのか、どんな環境で育ったかによって違います。例えば、ウニは餌として海藻を食べます。そのため、栄養分が多い良質な海藻の産地で育つウニも良質になりやすいです。北海道は昆布の名産地でもあり、ウニの名産地でもあります

4. 保存方法の違いを知る

――ウニにはどんな保存方法があり、鮮度や味はどのように変わりますか?

通販のウニのおもな保存方法としては、以下の3つがあります。

<ウニのおもな保存方法>

  • ミョウバン
  • 塩水パック
  • ブランチ製法

ミョウバン

ミョウバンとは硫酸アルミニウムカリウムのことです。以前は、ウニの型崩れを防止するためにミョウバンがよく使われていました。ウニは型崩れすると、水分が抜けて鮮度が下がってしまうからです。
ただ、ミョウバンを使うことでえぐみが出るといわれており、最近ではミョウバンを使用しないケースが多いです

「ウニの保存方法を知っておくと、商品を選びやすいです」と辻田さん

「ウニの保存方法を知っておくと、商品を選びやすいです」と辻田さん

ただ、ミョウバン自体の改良は進んでいて、ミョウバンを使用しているからといっておいしくないわけではありません
実は、ウニを食べたときに感じることのあるえぐみや苦みは、ミョウバンだけが原因とは限りません。加工時にウニのワタを取り除けていないなど、加工技術が影響している場合もあります。

塩水パック

新鮮でおいしいウニを食べたいなら、冷蔵便で送られてくる塩水パックのウニを選ぶといいです。採れたてのウニを塩水につけているので、現地で食べるのと近い新鮮な味わいを楽しめます。

塩水パック

ブランチ製法

ブランチ製法とは、ウニの型崩れを防ぐために、表面を熱湯で少しだけ加熱する手法のことです。外国産ウニはブランチ製法がされていることが多いです。型崩れしにくくなるので、鮮度をより長く保てます。

――冷蔵と冷凍では、鮮度や味はどう変わりますか?

冷蔵と冷凍では、冷蔵の方が味がいいです。なぜなら、冷凍は解凍したときにどうしてもうま味が出ていきやすいからです。冷凍ウニでもおいしいものはありますが、新鮮なウニを味わいたいなら、食べる時期に冷蔵で手に入りやすいウニを選ぶことをおすすめします。

5. 価格の違いを知る

――Aランク、Bランクでは何が違いますか?

ランクは加工会社が決めていて、色や厚み、形崩れしていないかなどが基準になっています。型崩れをしていると水分が抜けて味はどうしても落ちてしまいます。
特に重要なのは厚みです。厚みのあるウニはしっかりと餌を食べていることが多いので、味わいが深くなりやすいです。

ただ、ランク自体は統一した基準があるわけではないので、目安程度に考えるといいでしょう。

「ウニの厚みは重要です。Aランクのウニは厚みがあるものが多いです」と辻田さん

「ウニの厚みは重要です。Aランクのウニは厚みがあるものが多いです」と辻田さん

――訳ありウニは「色が悪いだけで味は変わらない」と書かれていることがありますが、本当ですか?

訳ありの理由が色の悪さだけなら、味は変わらない可能性が高いです。注意したいのは型崩れや厚みが原因の場合です。すでにお伝えしたとおり、型崩れしていると鮮度が下がりやすくなります。また、厚みがないウニは餌を十分に食べていないので、おいしくない可能性が高いです
個人的には、せっかくウニを買うなら訳ありじゃない方がよいのではと思います。

6. 必要な量を知る

――ウニ丼にするなら、一杯当たりどのくらいの量を買えばよいですか?

ウニ丼をご飯茶碗で食べたいなら、1人前30~40gくらいで大丈夫です。どんぶりで食べるなら50gくらいはあるといいですね。一人前の量と人数をかけ合わせれば、だいたいの必要量がわかります。

例:ご飯茶碗のウニ丼を2人で食べるなら、30~40g×2=60~80g

通販サイトでは、ウニは40~120gくらいの幅で販売されています。必要量の目安にしてみてください。
通販サイトでウニを選ぶポイントをおさらいすると以下の6です。

  • 食べる時期に合わせて、旬の産地を選ぶ
  • 種類による味の特徴を知って、好みに合うものを選ぶ
  • 産地によって、ウニの味わいは違う
  • 新鮮なウニを食べたいなら、塩水パックがおすすめ
  • ランクは統一した基準ではないが、品質の目安になる
  • ご飯茶碗1杯のウニ丼は、ウニ30~40gほど

厳選! おすすめのウニ通販13選

ウニ専門店オーナーシェフ直伝のおいしいウニを注文するポイントを考慮して、通販サイトやおすすめ商品をピックアップしました。

種類の違うウニを頼んで食べ比べしたり、日常使いの瓶ウニを頼んでみたりするのもおすすめです。

バフンウニのおすすめ通販サイト4選

冬にバフンウニがよく採れる旬の根室の加工場を中心に、新鮮なウニが購入できるサイトを選びました。採れたてのバフンウニが、新鮮なまま冷蔵便で届きます。

注意点としては、ウニの冷蔵便は配送日の指定ができないものが多いことです。届いたらなるべく早く食べて、鮮度のいいウニを楽しみましょう。

通販サイト 詳細へ こんな人におすすめ おすすめ商品 保存方法 価格(税込) ウニの産地 配送日指定
かねだい 詳細へ 3~4人でウニ丼を楽しみたい人 生うに(エゾバフンウニ)特上バラ詰め150g 冷蔵(板ウニ) 本体価格6980円
送料1390円(東京)
合計8370円
ロシア、北方四島 不可
※注文後3営業日以内に発送
マルマツ松浦水産 詳細へ 味にこだわる人 生うに 黄特上100g 冷蔵(板ウニ) 本体価格4500円
送料1300円(東京)
合計5800円
北海道、北方四島 不可
※注文後1~3営業日以内に発送
北海道北釧水産【販売終了】 詳細へ 新鮮なウニを食べたい人 えぞばふん生うに
100g入(無添加塩水パック)【A】
冷蔵(塩水パック) 本体価格6980円
送料1290円(関東)
合計8270円
北方四島 不可
※月~金、金~日のお届け期間の指定可
宮崎水産 詳細へ リーズナブルにウニを楽しみたい人 生うに(エゾバフンウニ)150gスペシャルA 冷蔵(板ウニ) 本体価格5184円
送料1300円(関東)
合計6484円
北方四島 不可
※入金確認後3営業日以内に発送

濃厚で上質なエゾバフンウニをたっぷり味わう かねだい

こんな人におすすめ

    • 濃厚な味わいのエゾバフンウニを楽しみたい人
    • 3~4人でウニ丼を楽しみたい人
通販サイト かねだい
おすすめ商品 生うに(エゾバフンウニ)特上バラ詰め150g
価格(税込) 本体価格6980円
送料1390円(東京)
合計8370円
ウニの産地 ロシア、北方四島
配送日指定 不可 ※注文後3営業日以内に発送

※価格は税込です

かねだいの「生うに(エゾバフンウニ)特上バラ詰め150g」は、濃厚で上質なエゾバフンウニがたっぷり楽しめるのが特徴です。150gあるのでご飯茶碗のウニ丼なら4人分はでき、ウニ丼だけでなく他の料理も楽しめます。

高級料亭や有名すし店と同じウニが味わえる マルマツ松浦水産

こんな人におすすめ

    • 味にこだわる人
    • プレゼントや記念日でウニを買いたい人
通販サイト マルマツ松浦水産
おすすめ商品 生うに 黄特上100g
価格(税込) 本体価格4500円
送料1300円(東京)
合計5800円
ウニの産地 北海道または北方四島
配送日指定 不可 ※注文後1~3営業日以内に発送

※価格は税込です

マルマツ松浦水産は、高級料亭や有名な寿司店でも使用されているウニを販売しています。「生うに 黄特上100g」は、味にこだわってウニを選びたい人におすすめです。統一感のある色みで高級感もあるため、プレゼントや記念日にもぴったりです。

採れたての新鮮なウニを楽しめる 北海道北釧水産【販売終了】

こんな人におすすめ

    • 新鮮なウニを食べたい人
    • 受け取りの希望曜日がある人
通販サイト 北海道北釧水産
おすすめ商品 えぞばふん生うに100g入(無添加塩水パック)
価格(税込) 本体価格6980円
送料1290円(関東)
合計8270円
ウニの産地 北方四島
配送日指定 不可 ※月~金、金~日のお届け期間指定可

※価格は税込です

北海道北釧水産の「えぞばふん生うに」は、塩水パックで届くので新鮮なウニを味わえます。受取日の指定はできませんが、受取曜日を月~金、金~日のいずれかで指定できるので、週末しか受け取れない人などにもおすすめです。

リーズナブルにウニを楽しみたい人におすすめ 宮崎水産

こんな人におすすめ

    • せっかく頼むなら、たっぷりウニを楽しみたい人
    • ウニ丼以外の料理も楽しみたい人
通販サイト 宮崎水産
おすすめ商品 生うに(エゾバフンウニ)150gスペシャルA
価格(税込) 本体価格
5184円
送料1300円(関東)
合計6484円
ウニの産地 北方四島
配送日指定 不可 ※入金確認後3営業日以内に発送

※価格は税込です

宮崎水産の「生うに(エゾバフンウニ)150gスペシャルA」は、根室でとれた新鮮なウニが150g入って6000円台で購入できるのでリーズナブルウニ丼なら3~4人分のボリュームです。たっぷり量があるので、ウニ丼だけではなくほかの調理法でも楽しめます

キタムラサキウニのおすすめ通販サイト4選

キタムラサキウニを購入できるサイトを選びました。ムラサキウニの旬は夏頃なので、2023年2月現在、キタムラサキウニを購入する場合は冷凍ものが多いです。

通販サイト 詳細へ こんな人におすすめ おすすめ商品 保存方法 価格(税込) ウニの産地 配送日指定
北海道網走水産 詳細へ 特上のウニを楽しみたい人 特上生うに70g 本体価格6400円
送料1200円(東京)
合計7600円
冷凍 北海道 可能
6~19日後
島の人 詳細へ リーズナブルに楽しみたい人 礼文・利尻島産 旬凍キタムラサキウニ 80g 本体価格5389円
(送料無料)
冷凍 北海道 可能
3営業日以降
伊勢志摩冷凍 詳細へ 一人暮らしの人 冷凍うに キタムラサキウニ 50g 本体価格2690円
送料1100円
合計3690円
冷凍 岩手 不可
STVショッピング 詳細へ 塩ウニを食べてみたい人 ふり塩うに・キタムラサキウニ 本体価格5300円>
送料990円
合計6290円
冷凍 北海道 可能
1~2週間後

爽やかな特上のウニを楽しみたい人におすすめ 北海道網走水産

こんな人におすすめ

    • 特上のウニを楽しみたい人
    • 爽やかで繊細な味わいを楽しみたい人
通販サイト 北海道網走水産
おすすめ商品 特上生うに70g
価格(税込) 本体価格6400円
送料1200円(東京)
合計7600円
ウニの産地 北海道
配送日指定 可能 ※6~19日後

※価格は税込です

北海道網走水産の「特上生うに70g」は、キタムラサキウニの爽やかで繊細な味わいを楽しめる一品です。70gと量は少なく2人分ほどなので少人数で楽しみたいときにおすすめです。 (味わいなどの詳細は「国産・外国産のウニを専門店シェフが食べ比べ!見た目や味の違いをレビュー」で紹介していますので確認してみてください)

リーズナブルにウニを楽しみたい人におすすめ 島の人

こんな人におすすめ

    • 名産地・礼文のウニを楽しみたい人
    • 贈答用のウニを探している人
通販サイト 島の人
おすすめ商品 礼文・利尻島産 旬凍キタムラサキウニ 80g
価格(税込) 5389円(送料無料)
ウニの産地 北海道
配送日指定 可能 ※3営業日以降

※価格は税込です

島の人の「旬凍キタムラサキウニ 80g」は、ウニの名産地として有名な礼文・利尻島のウニを使用しています。礼文・利尻のウニは利尻の昆布を食べているので、質がいいといわれています。オリジナルの専用包装で届くので、お世話になった人への贈り物としてもおすすめです。

一人分のウニをぜいたくに味わえる 伊勢志摩冷凍

こんな人におすすめ

    • ウニを自宅で楽しみたい一人暮らしの人
    • 養殖のウニを食べてみたい人
通販サイト 伊勢志摩冷凍
おすすめ商品 冷凍うに キタムラサキウニ 50g
価格(税込) 本体価格2690円
送料1100円
合計3690円
ウニの産地 岩手
配送日指定 不可

※価格は税込です

伊勢志摩冷凍の「冷凍うに キタムラサキウニ 50g」は、岩手県にある洋野うに牧場で育てられたウニを使用しています。大量の天然昆布が生える畑で育った品質の高いウニが楽しめます。注意点としては、配送日の指定ができないことです。また、50gと量が少ないので、一人暮らしの人におすすめです。

生に近いおいしさを目指した塩ウニ STVショッピング

こんな人におすすめ

    • 長期保存できるウニを買いたい人
    • 素材の味を生かした塩ウニを食べたい人
通販サイト STVショッピング
おすすめ商品 ふり塩うに・キタムラサキウニ
価格(税込) 本体価格5300円
送料990円
合計6290円
ウニの産地 北海道
配送日指定 可能 ※1~2週間後

※価格は税込です

STVショッピングが販売している「ふり塩うに・キタムラサキウニ」は、生の状態に近いおいしさを目指した塩ウニです。「子どもが里帰りしたときに、いつでもおいしいウニを食べさせたい」という母の想いから生まれた商品です。素材の味を生かした塩ウニを食べてみたい人におすすめです。

瓶ウニのおすすめ通販サイト5選

瓶ウニの魅力は賞味期限が長いこと。使用されているウニの産地は中国地方や九州地方などが多く、その理由はウニのサイズが小粒なため、板ウニのようにきれいに盛り付けしにくいからです。

通販サイト 詳細へ こんな人におすすめ おすすめ商品 保存方法 価格(税込) ウニの産地 配送日指定
海士物産 詳細へ 毎日の食卓をちょっとぜいたくにしたい人 極上粒うに 本体価格3564円
送料1100円 (東京)
合計4664円
瓶(常温輸送) 島根、韓国 可能
※1週間~1ヶ月半後
じもっと 詳細へ 外国産の瓶ウニを楽しみたい人 吟味粒うに160g 木箱入り 本体価格4320円
送料不明
合計4320円+送料
瓶(常温輸送) 韓国、チリ 可能
※1週間~1ヶ月半後
きた蔵の畑 詳細へ ぜいたくな瓶ウニを楽しみたい人 バフンウニ 塩うに 一夜漬け 本体価格4480円
送料1050円
合計5530円
瓶(冷凍便) 北海道 不可
※お届け時間のみ指定可能
ぎょれん 詳細へ エゾバフンウニとキタムラサキウニを食べ比べたい人 一夜漬粒うに【ビンうに2種】食べ比べセット 本体価格7800円 (送料無料) 瓶(冷凍便) 北海道(利尻島・礼文島) 可能
※10日~1ヶ月
マル五 詳細へ 老舗の瓶ウニを食べてみたい人 磯の匠 手作り 粒うに 瓶詰 本体価格1980円
送料1555円
合計3535円
瓶(常温輸送) 山口 可能
※10~15日後

自宅での日常使いにおすすめ 海士物産

こんな人におすすめ

    • お酒のあてを探している人
    • 毎日の食卓をちょっとぜいたくにしたい人
通販サイト 海士物産
おすすめ商品 極上粒うに
価格(税込) 本体価格
3564円
送料1100円(東京)
合計4664円
ウニの産地 島根、韓国
配送日指定 可能 ※1週間~1ヶ月半後

※価格は税込です

海士物産の「極上粒うに」は、炊きたてのご飯にも合う瓶ウニです。特別な日でなくても、毎日の食卓をちょっとぜいたくにしたい人におすすめです。酒の肴にもなるので、お酒が好きな人へのプレゼントにも喜ばれます

木箱入りなので贈答品にもおすすめ じもっと

こんな人におすすめ

    • 瓶ウニをプレゼントしたい人
    • 外国産の瓶ウニを楽しみたい人
通販サイト じもっと
おすすめ商品 吟味粒うに160g 木箱入り
価格(税込) 本体価格
4320円
送料不明
合計4320円+送料
ウニの産地 韓国、チリ
配送日指定 可能 ※1週間~1ヶ月半後

※価格は税込です

じもっとの「吟味粒うに160g 木箱入り」は容量が大きく、韓国やチリのウニを使用しています。国産の瓶ウニと一緒に購入して、味を比較してみるのもおもしろいかもしれません。また、木箱入りなので、ちょっとした手土産にも喜ばれます。

エゾバフンウニを瓶で楽しむ きた蔵の畑

こんな人におすすめ

    • 北海道産のエゾバフンウニを味わいたい人
    • ぜいたくな瓶ウニを楽しみたい人
通販サイト きた蔵の畑
おすすめ商品 エゾバフンウニ 一夜漬け
価格(税込) 本体価格4480円
送料1050円
合計5530円
ウニの産地 北海道
配送日指定 不可 ※お届け時間のみ指定可能

※価格は税込です

きた蔵の畑の「エゾバフンウニ 一夜漬け」は、北海道のエゾバフンウニを使用しています。瓶ウニで、エゾバフンウニを食べてみたい人におすすめです。賞味期限も長いので、手軽にウニを楽しめます

配送日の指定ができない点は注意が必要です。

瓶ウニの食べ比べを楽しめる ぎょれん

こんな人におすすめ

    • エゾバフンウニとキタムラサキウニを食べ比べたい人
    • ウニ好きの人にプレゼントしたい人
通販サイト ぎょれん
おすすめ商品 一夜漬粒うに【ビンうに2種】食べ比べセット
価格(税込) 本体価格7800円(送料無料)
ウニの産地 北海道(利尻島・礼文島)
配送日指定 可能 ※10日~1ヶ月後

※価格は税込です

ぎょれんの「一夜漬粒うに【ビンうに2種】食べ比べセット」は、北海道産のエゾバフンウニとキタムラサキウニが食べ比べられるぜいたくな瓶ウニセットです。ウニ好きの人に送るプレゼントとしても喜ばれるでしょう

リーズナブルな老舗の瓶ウニ マル五

こんな人におすすめ

    • 老舗の瓶ウニを食べてみたい人
    • リーズナブルに瓶ウニを楽しみたい人
通販サイト マル五
おすすめ商品 磯の匠 手作り 粒うに 瓶詰
価格(税込) 本体価格1980円
送料1555円
合計3535円
ウニの産地 山口
配送日指定 可能 ※10~15日後

※価格は税込です

「磯の匠 手作り 粒うに 瓶詰」は、昭和21年創業の老舗の魚屋さんが作っている瓶ウニです。送料込みで3000円台とリーズナブルに瓶ウニを楽しめます。瓶ウニ初心者におすすめです。

国産・外国産のウニを専門店シェフが食べ比べ!

見た目や味の違いをレビュー

国産と外国産(共に冷凍)のウニを選び、辻田さんと編集部で実食しました。通販で購入した国産ウニと外国産ウニとでは、味や鮮度にどのような違いがあるのでしょうか。

国産と外国産ウニの基礎情報

今回注文した国産ウニ、外国産ウニについて紹介します。

国産ウニ 外国産ウニ
通販サイト 北海道網走水産 ユーショップ
おすすめ商品 特上生うに70g チリ産 冷凍うに
70g 100g
価格(税込) 本体価格6400円
送料1200円(東京)
合計7600円
本体価格1739円
送料800円(東京)
合計2539円
ウニの産地 北海道 チリ
保存方法 冷凍 冷凍
配送日指定 可能
※6~19日後
可能
※2日~1ヶ月後
詳細 詳細へ 詳細へ

解凍後の状態を比較

どちらも冷凍便なので、実食の前に解凍しました。

(左)外国産ウニ、(右)国産ウニの解凍後

(左)外国産ウニ、(右)国産ウニの解凍後

外国産はオレンジ色のような濃厚な色合いです。ブランチ製法で一度湯通しされているので、解凍しても型崩れしにくく、みずみずしい印象です。
国産ウニは外国産に比べると色合いが淡く、少し水気を含んで膨らんでいるように見えます。

実食して、味と香りを比較

まず、外国産のウニを辻田さんに実食していただきました。

「香りがしっかりしていますね」外国産ウニの香りをかぐ辻田さん

「香りがしっかりしていますね」外国産ウニの香りをかぐ辻田さん

辻田和浩

外国産のウニは、味が濃厚ですね。香りは少し強い印象がありました。ふだんは国産のウニを取り扱っているので、外国産のウニを食べる機会は少ないのですが、想像していたよりもおいしかったです! 冷凍ウニの場合は賞味期限が長いので、好きなタイミングで調理しやすいのがいいですね。

編集部: まずは、何もつけずにチリ産ウニをいただいてみると…「濃厚」の一言。解凍特有の水っぽさがなく、しっとりとした食感です。香りはたしかに強いので、気になる人もいるかもしれません。

次に、国産ウニも食べて比較していただきました。

「国産ウニはほとんど型崩れしていませんね」と辻田さん

「国産ウニはほとんど型崩れしていませんね」と辻田さん

辻田啓伸

解凍後の国産ウニは少し水分を含んで膨らんでいるような印象がありました。香りはそこまでありませんでしたが、くさみがまったくなく、繊細な味わいがありました。

編集部:国産ウニはとても爽やかで、スッと口の中で溶けていく感じでした。ウニのくさみが苦手な人には、外国産より国産ウニをおすすめしたいです。

通販のウニをよりおいしく食べる方法

外国産と国産のウニを実食後に、それぞれのウニをよりおいしく食べる方法を教えていただきました。

外国産ウニは、ウニ丼にしてのりや卵黄をプラスして濃厚にいただく

「海苔をかけて、磯の風味をプラスすると、よりおいしく食べられます」と辻田さん

「のりをかけて、磯の風味をプラスすると、よりおいしく食べられます」と辻田さん

ウニの香りが気になるときは、ウニを醤油につけて漬け丼みたいにするのもおすすめ

ウニの香りが気になるときは、ウニをしょうゆにつけて漬け丼のようにするのもおすすめ

編集部:濃厚なウニだからこそ、卵黄をのせてさらに濃厚に食べるという辻田さんの発想のもと、漬けウニ丼もいただきました。しょうゆでウニのうま味がしっかりコーティングされ、さらに濃厚な味わいでした!

辻田啓伸

外国産は濃厚な味わいで香りが強めなので、しっかりとしょうゆをかけるのがいいですね。ウニ丼にしてからしょうゆをかけるのではなく、初めにウニだけをしっかりしょうゆにつけると味の調整がしやすいです。お好みでウニ丼に卵黄をのせて、さらに濃厚な味わいにするのもおすすめです。

国産ウニは、だしと野菜と一緒に「ウニ鍋」で爽やかにいただく

「ウニの味が繊細なので、ウニ鍋が合いそう」と話した辻田さんは、出汁でウニ鍋を作ってくれました

「ウニの味が繊細なので、ウニ鍋が合いそう」と話した辻田さんは、出汁でウニ鍋を作ってくれました

ウニ鍋の作り方

  • <材料>
    だし(かつお、昆布などお好みで)、長ネギ、キャベツ、わかめ、ウニ
    (お好みで)
    ハーブ、小ネギ
  • <手順>
    ・長ネギは斜め切り、キャベツは一口大くらいに切っておく
    ・かつおや昆布などでだしをとる
    ・だしにわかめ、キャベツを入れ、歯ごたえが残る程度に煮る
    ・仕上げる少し前に、ウニと長ネギを入れる(煮すぎないように注意、入れるだけでOK)
    ・お好みでケッパー、オリーブオイルをかける

編集部:ウニを鍋にする発想がまったくなかったので最初は驚きました。しかし、食べてみると「ウニの味わいが濃くなっている!」。だしとわかめによって磯の香りが増していました。さすが料理人さん! 個人的にウニ鍋がとっても気に入ったので、ウニを入手したら試してみたいです。

辻田啓伸

国産ウニの繊細な味わいを生かすならしょうゆよりだしがいいなと思って、ウニ鍋にしてみました。ウニがより爽やかになって、これはうまいです! ウニ鍋は以前ウニの産地で食べたことがあったんですよね。ネギの爽やかさがウニを引き立ててくれて、よりおいしさが引き立ちます。

ウニに関するQ&A

最後に、ウニに関するよくある質問について辻田さんに聞きました。

「ウニが保存方法により賞味期限が大きく違います」と辻田さん

「ウニが保存方法により賞味期限が大きく違います」と辻田さん

Q. 殻付きのウニは新鮮?

A.殻付きのウニは、手元に届くまでに時間がたってしまえば鮮度は失われますし、賞味期限も非常に短いです。プロであっても殻が付いた状態のウニがおいしいか判断することは難しいといわれています。

Q. 自宅に届いてからどのくらいまで鮮度を保てる?

A.保存方法によってウニの賞味期限が異なります。目安としては以下のとおりです。

保存方法 賞味期限
殻付きウニ 到着当日から翌日
冷蔵の塩水ウニ 3日ほど
ミョウバンを使用した冷蔵の板ウニ 5~8日
冷凍 1ヶ月
瓶ウニ 10ヶ月~1年

冷蔵は賞味期限内であっても、なるべく早く食べた方がおいしいです。詳しくは、購入するウニの商品説明などを確認してみてください。

Q. 訳ありウニとは? どこで購入できる?

A. 訳ありウニは色合いが悪かったり、型崩れしているウニのことで、ネット通販などで販売されています。購入するときは訳ありの理由を確認しましょう。厚みがなく薄いウニは餌を食べていないため、おいしくない可能性が高いです。

Q. 店舗でウニを購入できる?

A. 一般の方が購入できる店舗は、あまり多くありません。一部のデパートなどでも売っていますが、割高になります。ネット通販で産地の加工会社などから購入する方が割安になると思います。

Q. ふるさと納税でウニを購入する方法は?

A.さとふる」や「ふるさとチョイス」などのふるさと納税サイトから、ウニを購入できます。クチコミやレビューなども確認してみましょう。

Q. ウニを食べるときに必要な調理道具はある?

A. 特に必要なものはありませんが、「ウニべら」があるとキレイにウニを取り分けられます。食器屋さんなどで販売しています。

先が平たくなっていて、うにを取りやすい「ウニべら」

先が平たくなっていて、ウニを取りやすい「ウニべら」

まとめ

ウニ通販のおすすめ13選を、ウニ専門店のオーナーシェフ辻田さんに教えていただいたポイントをもとに紹介しました。

ウニは種類や産地によって味わいが違いますし、保存方法によって鮮度が異なります。購入したい時期や食べてみたいウニの種類などから、気になるものを選んでみましょう。
また、ウニ丼だけでなく、ウニ鍋やウニパスタなどの調理方法もあります。ウニを食卓に取り入れて、日常の生活をちょっとぜいたくにしてみませんか?

このページをシェアする

JCB法人カード
TOP