ホットサンドメーカーおすすめ8選|料理家と家電ライターが徹底解説

ホットサンドメーカー

目次

「家にいる時間が長いので、自宅で手軽に特別感を味わいたい」
「キャンプを始めたから、家でもアウトドアでも使えるホットサンドメーカーが欲しい」

自宅で何気なく食べているトーストをホットサンドにするだけで、少しだけ特別感が味わえる。そんな理由からホットサンドメーカーに注目が集まっています。また、最近人気のアウトドアでも、ホットサンドは手軽に作れます。

ホットサンドをどんなふうに楽しみたいかによって、選ぶべきホットサンドメーカーは違います。今回は、フードデザイナーの蓮池さんと、家電ライターのコヤマさんに、ホットサンドメーカーの選び方やおすすめの機種、ホットサンドのレシピについて教えていただきました

ホットサンドメーカーの基本情報

ホットサンドメーカーは、大きく以下の2種類に分かれます。

  • 直火式
  • 火にかけて使用するホットサンドメーカー。火があれば使用できるため、室内でも屋外でも使用できます。
  • 電気式
  • コンセントにつないで使用するホットサンドメーカー。温度が上がりすぎないので焦がしてしまう心配が少ないです。

直火式と電気式の特徴について、料理研究家と家電ライターのお二人に教えてもらいました。

直火式|火にかけて使用するタイプ

直火式の特徴については、アウトドアに行く機会が多く、自宅でも外でも直火式のホットサンドメーカーを使用しているという、フードデザイナーの蓮池さんに教えてもらいました。

蓮池さん取材写真
蓮池さんプロフィール写真

フードデザイナー

蓮池 陽子さん

ビストロに勤務した後、料理教室で料理・製菓講師をつとめる。その後、アウトドアで山菜や魚介を採る中で、おいしいものの背景には豊かな自然が存在すると気づく。現在は「食の物語を紡ぐ」をテーマに、ケータリング・料理教室、フードコーディネート、レシピ開発、執筆、飲食店プロデュースなどを手がけている。著書に『バウルー公認! アウトドアでホットサンド』(山と渓谷社)がある。

直火式は、小さなフライパンが重なったような形をしている、火にかけて使用するタイプのホットサンドメーカーです。

ホットサンドメーカーの形

直火式のホットサンドメーカーの特徴は、火があればどこでも使用できるので、自宅でもアウトドアでも使えること。外はカリッ、中はふわふわの食感に仕上げられます。

以下のような人には、直火式のホットサンドメーカーがおすすめです。

  • アウトドアでも、ホットサンドを作りたい人
  • 食感にこだわる人
  • 料理が好きな人

電気式|コンセントにつないで使用するタイプ

電気式の特徴は、5台の電気式ホットサンドメーカーを使用している家電ライターのコヤマタカヒロさんに教えてもらいました。

コヤマさんプロフィール写真

家電ライター

コヤマタカヒロさん

PCやデジタルガジェットから白物家電まで幅広いジャンルに精通し、各種ウェブ媒体や雑誌で執筆活動を行う。三女の父でもあり子育て目線での製品紹介が人気。企業のアドバイザーや家電コーディネートなども行う。米・食味鑑定士の資格も保有。2019年より家電のテストと撮影のための空間「コヤマキッチン」を設立。

電気式は、コンセントにつないで使用するため、室内など電源のある場所で使います。

電気式の特徴は、ホットサンドメーカーの上下から熱を加えるため、セットしておけば途中でひっくり返す必要がないこと。

直火式は焦げてしまうリスクがありますが、電気式はムラなくきれいに焼けて、失敗するリスクが低くて扱いやすいです。

ムラなく焼けたホットサンド

以下のような人には、電気式のホットサンドメーカーがおすすめです。

  • アウトドアで使わない人
  • 自宅で日常的にホットサンドメーカーを使いたい人
  • 手軽にホットサンドを作りたい人

料理家が教える!

直火式ホットサンドメーカーを選ぶポイント

蓮池さん取材風景

直火式のホットサンドメーカーを選ぶときのポイントは以下の4つです。

<ホットサンドメーカー選びのポイント>

  1. シングルかダブルか
  2. 重さ
  3. 材質
  4. 上のフタが外せるか

1. シングルかダブルか

ホットサンドメーカーのシングルタイプ、ダブルタイプ

写真左側がシングルタイプ、右側がダブルタイプです。

シングルタイプは仕切りがないので、厚みのある具材を挟めます。ボリュームのあるホットサンドを作りたい場合はシングルがおすすめです。

ダブルは焼き上がると真ん中に線が入るので半分に切りやすく、仕切られているので耳がカリっとした焼き上がりになります。左右で別の具を入れて一緒に焼くこともできます。

2. 重さ

直火式は、材質やサイズによって重さに違いがあります。アウトドアで使用する人は、火を使う場所から流しまでが遠い場合もあるので、持ち運びしやすい軽いものをおすすめします。

3. 材質

フッ素加工がしてあるものは、焦げつきにくくホットサンド以外の料理にも使いやすいです。鉄は重量があり、手入れにも気を使う必要があるので、あまりおすすめしません。

4. 上のフタが外せるか

直火式には、上部が外れるタイプと外れないタイプがあります。上部が外れると使用後に洗いやすいです。

蓋が外れたホットサンドメーカー

出典:https://www.chums.jp/shop/g/gCH62-1180-0000-00/

タイプ別に紹介!直火式ホットサンドメーカー3選

直火式ホットサンドメーカーは調理器具の性質をもっているので、好みが分かれます。

今回は「軽くて持ち運びしやすい」「焼き印がかわいい」「価格が安い」というポイントで3種類紹介します。

【軽くて持ち運びしやすい】サンドイッチトースター ダブル/バウルー

バウルー

出典:http://www.italia-shoji.co.jp/sandwichdouble.html

<おすすめポイント>

  • 軽量で持ち運びがしやすい
  • 軽量なので、アウトドアで使用したい人におすすめです。
  • 1970年代に発売された老舗ブランド
  • バウルーは1970年代に生まれたブランドです。アウトドアの道具好きの人たちから人気の高い商品です。
価格(税込) 4950円 焼き上がり時間 4分(片面2分ずつ)
サイズ 長さ35.0×幅14.2×厚さ3.7cm 一度に焼ける数 1つ
重量 420g 耳まで焼けるか
材質 アルミダイキャスト、ステンレス、フェノール樹脂、フッ素樹脂加工(内面) フタが外せるか ×

バウルーは、イタリア商事という日本の会社が1970年代に発売したブランドです。ブラジルにあるバウルー市出身の青年が、大学の学生寮で使用していたものが広まったのが始まりだそうです。

私はアウトドアが好きで山登りをするのですが、道具好きの人にはバウルーは人気があります。

公式サイトへ

【焼き印がかわいい】ダブルホットサンドイッチクッカー/チャムス

チャムス

出典:https://www.chums.jp/shop/g/gCH62-1180-0000-00/

<おすすめポイント>

  • チャムスの焼き印がかわいい
  • パンの表面にチャムスの焼き印が入ります。
  • フタが外せるので洗いやすい
  • 上部が外れるので、洗いやすいです。
価格(税込) 6380円 焼き上がり時間 不明
サイズ 長さ37.0×幅17.0cm 一度に焼ける数 1つ
重量 620g 耳まで焼けるか
材質 本体:アルミニウム合金(フッ素樹脂膜加工)
ハンドル:ステンレス(フェノール樹脂)
フタが外せるか

チャムスは人気のあるアウトドアファッション、キャンプグッズのブランドです。アウトドア好きな人の中にファンが多いため、チャムスが好きな人にはおすすめのホットサンドメーカーです。

公式サイトへ

【価格が安い】あつほかダイニング ホットサンドパン/和平フレイズ

和平フレイズ

出典:https://www.wahei.co.jp/products/atsuhokadining/21468.html

<おすすめポイント>

  • 価格が安い
  • 2000円以下なので、手軽に購入できます。
  • フタが外れるので洗いやすい
  • 上部が外れるタイプなので、洗いやすいです。
価格(税込) 1509円(※Amazon) 焼き上がり時間 3分(片面1分半ずつ)
サイズ 長さ35.2×幅15.2×厚さ3.2cm 一度に焼ける数 1つ
重量 402g 耳まで焼けるか
材質 本体:アルミニウム合金
内外面:シリコン樹脂塗装
フタが外せるか

和平フレイズは、さまざまな調理用品を販売しているメーカーです。紹介しているのはコンロで使用する直火式ですが、IHコンロで使用できるタイプの商品もあります。

あまりお金をかけずに、ホットサンドを作りたい人にはおすすめです。

公式サイトへ

家電ライターが教える!

電気式ホットサンドメーカーの選び方

電気式のホットサンドメーカーを選ぶときのポイントは以下の5つです。

<電気式ホットサンドメーカー選びのポイント>

  1. シングルかダブルか
  2. プレートを取り外せるか
  3. 交換プレートがあるか
  4. タイマー機能があるか
  5. パンの耳がつぶれずに焼けるか

1. シングルかダブルか

電気式の場合もシングルとダブルがあります。シングルはホットサンドがひとつ、ダブルはホットサンドが2つ同時に焼けます。

3人以上の家族で同じ時間に朝ごはんを食べる家庭などはダブルの方が一気にホットサンドを焼けて便利です。1~2人、または家族のご飯の時間がバラバラな場合はシングルでも問題ないでしょう。

2. プレートを取り外せるか

プレートが取り外せるタイプと取り外せないタイプがあります。取り外せないものはプレートを水洗いできないので、ホットサンドしか作れません。違うものを作ってしまうと汚れやニオイがとれなくなってしまうので気をつけてください。お手入れ方法としては使用前後に水拭きやアルコール消毒などをします。

取り外せるものはプレートを水洗いできるので、ホットサンド以外のものにも使用できます。おにぎりを挟んで焼きおにぎりにするのもおいしいです。

3. 交換プレートがあるか

プレートが取り外せるタイプのものは、ワッフルプレート、たい焼きプレートなどの交換プレートが付いていたり、別売りしていたりします。お菓子作りやホットサンド以外の料理ができると、さまざまな用途で使えます。

4. タイマー機能があるか

電気式の場合は焼きすぎてもあまり焦げることはありませんが、長くそのままにしておくと乾燥して、パンがパサパサになってしまいます。タイマー機能が付いていると、忘れる心配がないので安心です。

電気式ホットサンドメーカーのタイマー機能

5. パンの耳がつぶれずに焼けるか

電気式のホットサンドメーカーは、パンの耳をつぶして焼くタイプのものがあります。耳がつぶれるタイプだと、あまり具材が多く入りません。

子どもは、焼けた耳の部分を嫌がって食べないこともあるので、耳をつぶさずに焼きたい人はチェックしましょう。

家電ライターが教える!

電気式ホットサンドメーカー5選

電気式ホットサンドメーカーを選ぶときは、家族の人数や価格帯、使いたい用途などから選びましょう。

【初心者向け】プレスサンドメーカー プラッド(マットホワイト)/レコルト

レコルト

出典:https://recolte-jp.com/products/press-sand-maker-plaid/

<おすすめポイント>

  • 価格が安いので、初心者におすすめ
  • 5000円以下で入手できるので、初めてホットサンドメーカーを買う人も手を伸ばしやすい価格です。
  • 小型でシンプルなデザインの多色展開
  • 幅13.0×奥行21.0cmと小型なので、キッチンでも場所をとりません。色のバリエーションも多いので台所の雰囲気に合わせて選びやすいです。
価格(税込) 4950円 付属品 専用レシピブック
カラー マットレッド、マットネイビー、マットホワイト 焼き上がり時間 4分(片面2分ずつ)
消費電力 700W 一度に焼ける数 1枚
定格電圧 AC100V 50/60Hz パンの耳がつぶれずに焼けるか ×
サイズ 本体:約幅13.0×奥行21.0×高さ12.0cm
プレート:約幅12.7×奥行14.5cm
プレートが外せるか ×
重量 約960g タイマー機能 なし
材質 本体:フェノール樹脂
プレート:アルミダイキャスト(ノンスティック加工)
交換プレート なし

レコルトは、2009年に日本で生まれたキッチン家電ブランドです。日本のキッチンに合ったサイズ感で、すっとなじむシンプルなデザインが特徴。50種類のレシピが載っている本が付属しているので、さまざまなホットサンドがすぐ作れます。

同じシリーズのスマイルイエローは、下記写真のようにかわいい焼き印を入れられます。

出典:https://recolte-jp.com/products/press-sand-maker-plaid-smile-yellow/

公式サイトへ

【マルチに使える】マルチグリル エブリデイ サンド&ワッフルメーカー/デロンギ

デロンギ

出典:https://kitchen.delonghi.co.jp/products/multigrill/everyday/

<おすすめポイント>

  • ホットサンドだけでなく、肉や魚介も焼ける
  • 付属のグリルプレートを利用すれば、肉や魚もおいしく焼けます。
  • 垂直に立てて収納ができる
  • マルチに利用できるためサイズは少し大きめですが、立てて収納できるので場所をとりません。
価格(税込) 1万4168円 付属品 プレート各2枚(グリルプレート、ホットサンド
カラー シルバー 焼き上がり時間 不明
消費電力 800W 一度に焼ける数 2枚
定格電圧 100V 50-60Hz パンの耳がつぶれずに焼けるか ×
サイズ 幅29.5cm×奥行25.0cm×高さ10.5cm プレートが外せるか
重量 2.9kg(グリルプレート含む) タイマー機能 なし
材質 不明 交換プレート あり

ファンの多いイタリアの家電ブランド、デロンギのホットサンドメーカーです。グリルプレートが付いているので、ホットサンドだけでなく1台で幅広い料理が作れます。

デロンギのグリルプレート

出典:https://www.shop-casa-delonghi.com/SHOP/0231020006.html

注意点としては、ホットサンドプレートの仕切りが小さいので、パンの耳をカットして使用した方がよいです。ホットサンド以外の用途で使用することが多い人におすすめです。

公式サイトへ

【厚切りサンドを耳までおいしく焼ける】厚焼きホットサンドベーカー gooood(グード)/ビタントニオ

gooood(グード)

出典:https://www.vitantonio.jp/products/waffle-baker/VHS-10.html

<おすすめポイント>

  • 厚切りのホットサンドが作れる
  • プレートが深く大きめなので、具材をたっぷり入れられます。
  • カラー展開が豊富
  • くすんだパステルトーンのカラーなど、多色展開しています。
価格(税込) 5918円 付属品 なし
カラー トマト、エッグ、レタス、ハリネズミ 焼き上がり時間 3~4分
消費電力 800W 一度に焼ける数 1枚
定格電圧 AC100V 50/60Hz パンの耳がつぶれずに焼けるか
サイズ 約幅12.6×奥行24.4×高さ10.2cm プレートが外せるか
重量 約1.4kg タイマー機能 なし
材質 本体:フェノール樹脂、
プレート:フッ素樹脂加工アルミダイキャスト
交換プレート なし

ビタントニオは1999年に生まれた日本の調理家電ブランドで、シンプルで使いやすく、愛される暮らしの道具をコンセプトにしています。

厚切りのホットサンドが楽しめるので、断面をカラフルにして楽しみたい人、ボリュームのあるホットサンドを作りたい人におすすめです。

公式サイトへ

【同時に2つ焼ける】ホットサンドメーカー ダブル ホワイト/ブルーノ

ホットサンドメーカー ダブル ホワイト/ブルーノ

出典:https://idea-onlineshop.jp/category/SH_BR_PR_01_02/07760446.html

<おすすめポイント>

  • 2つ同時に焼ける
  • 家族や大人数で楽しみたいときにもすぐ焼き上げられます。
  • タイマー機能があるので、焼きすぎの心配がない
  • タイマー機能が付いているので、忙しいときにも安心。うっかり焼きすぎてしまう心配がありません。
価格(税込) 9900円 付属品 なし
カラー ホワイト、レッド 焼き上がり時間 5分
消費電力 900W 一度に焼ける数 2枚
定格電圧 AC100V パンの耳がつぶれずに焼けるか ×
サイズ 幅29.0×高さ14.0×奥行31.2cm プレートが外せるか
重量 約2000g(プレート含む) タイマー機能 なし
材質 本体:フェノール樹脂/スチール
プレート:アルミニウム合金(内面フッ素樹脂塗装)
交換プレート あり

ブルーノは日本のライフスタイルブランドです。いつもの食卓が華やかになるようなキッチン家電を展開しています。

別売りで、ワッフルプレートやミニタルトプレートなどがあるので、購入すればさまざまな用途で使用できます。

公式サイトへ

【幅広い用途で使える】2枚焼きホットサンドメーカー/グリーンハウス

2枚焼きホットサンドメーカー/グリーンハウス

出典:https://www.green-house.co.jp/products/gh-hotsb/

<おすすめポイント>

  • 2枚同時に焼けて、タイマー付き
  • 2枚同時に焼けるので、家族や大人数で楽しみたいときに便利です。タイマー機能もあるので焼きすぎる心配がありません。
  • 仕切りのないホットプレートとして利用できる
  • 付属の平面プレートに交換すると、ホットプレートとしても利用できます。お好み焼きや鉄板焼き、焼き肉などさまざまな用途で使えます。
価格(税込) 9878円 付属品 平面プレート、レシピブック
カラー ホワイト、レッド 焼き上がり時間 不明
消費電力 900W 一度に焼ける数 2枚
定格電圧 AC100V 50/60Hz パンの耳がつぶれずに焼けるか ×
サイズ 幅27.0×奥行22.2×高さ13.0cm プレートが外せるか
重量 約2.7kg(ホットサンドプレート装着時) タイマー機能 あり
材質 筐体:フェノール樹脂
プレート:アルミニウム
交換プレート あり

グリーンハウスは日本の企業で、「どの商品にも驚きと感動を。使って嬉しくなるモノづくり」というコンセプトを掲げています。

平面プレートに交換すると、下記写真のようにホットプレートとして使用できるので、幅広い用途で使いたい人におすすめです。

グリーンハウスの平面プレート

出典:https://www.green-house.co.jp/products/gh-hotsb/

公式サイトへ

料理家が教える!

ホットサンドをおいしく作るポイント

とても簡単に作れるホットサンドですが、さらにおいしく作るためのポイントは、以下の4つです。

蓮池さん取材写真

<ホットサンドをおいしく作るポイント>

  1. タイマーを使って焼き時間を計る
  2. 焼いた後、すぐにお皿に置かない
  3. 火が通りにくい食材を避ける
  4. 完成の断面をイメージしてサンドする

1. タイマーを使って焼き時間を計る

直火式のホットサンドメーカーの場合、片面を弱めの中火で2分半~3分ほど焼き、ひっくり返してさらに2分半~3分ほど焼きます。

焼きすぎると表面が焦げてしまうので、タイマーなどをかけておくと安心です。

2. 焼いた後、すぐにお皿に置かない

ホットサンドメーカーで焼いた後、すぐにお皿に出してしまうと、蒸気でパンがふやけてしまいます。網やざるなど目の粗いものの上に数分置くと、蒸気が抜けてカリっとした食感が楽しめます。

ホットサンドを焼いた後置いている様子

3. 火が通りにくい食材を避ける

ホットサンドはほとんどの食材と合うといってもいいくらい、合わない食材は少ないのですが、火の通りにくい食材は避けましょう。

例えば、生肉や火を通していないじゃがいもやネギなどは、ホットサンドメーカーだけでは加熱しきれないので避けた方がいいでしょう。

4. 完成の断面をイメージしてサンドする

具材をただ挟むのではなく、カットする位置で断面がきれいに見えるように、具材を挟む順番や配置を考えてみましょう。

料理家が教える!

ホットサンドメーカーのおすすめレシピ3つ

ホットサンドと相性のいい食材は多いですが、今回は以下の3品のレシピを紹介します。

  • ツナメルト
  • ウィンナーとオクラ
  • 焼きうどん

焼きうどんはホットサンドではないですが、ホットサンドメーカーで簡単に作れるので紹介します。

濃厚なチーズとツナと、トマトの酸味が好相性!ツナメルト

ツナメルト

準備するもの

  • 食パン(8枚切り)2枚
  • ツナ(水をよく切ったもの)
  • スライスオニオン 玉ねぎ1/8
  • とろけるチーズ1枚
  • ミニトマト3個
  • マヨネーズ適量

食パンにマヨネーズを塗り、食材を重ねます。最後に食パンを重ねます。

パンにマヨネーズ、具材を乗せている様子

片面を2分半ずつ焼いたら完成です。

断面がかわいくて、オクラのシャキシャキ感もおいしい!ウィンナーとオクラ

ウィンナーとオクラ

準備するもの

  • 食パン(8枚切り)2枚
  • ウィンナー3本
  • オクラ3本
  • カレー粉少々
  • マヨネーズ適量

食パンにバターを塗り、カレー粉を少々ふりかけます。オクラとウィンナーを交互に並べます。

パンにオクラ、ウィンナーを乗せている様子

食パンを重ねて上のプレートを閉じて、片面2分ずつ焼いたら完成です。オクラとウィンナーの断面を見せるようにカットします。

焼きうどん

焼うどん

直火式のホットサンドメーカーはプレートのサイズが小さいので食材が温まりやすく、焼きうどんなど簡単な焼き料理にも使えます。

準備するもの

  • うどん(ゆで麺)1玉
  • 乾燥野菜 お好み
  • 干しエビ5g
  • めんつゆ、ごま油、ラー油などの調味料 適量

シングルタイプのホットサンドメーカーに乾燥野菜と干しエビを入れて、浸るくらいのお水を入れてから火にかけます。

ホットサンドメーカーで具材を炒める

沸騰したら軽く混ぜて、うどんを重ねて上のプレートを閉じて蒸し焼きにします。

ホットサンドメーカーにうどんを入れる

3分加熱したら、フタをしてホットサンドメーカーを裏返し、めんつゆなどのたれを加えて2~3分加熱します。ごま油を回しかけたら完成です!

これらのレシピは、蓮池さんが書かれた『バウルー公認!アウトドアでホットサンド』(山と渓谷社)の本でも紹介されています。家やキャンプでも作れるレシピが80種類紹介されています。

まとめ

ホットサンドメーカーは大きく分けて直火式・電気式があります。

直火式は自宅でもアウトドアでも使用でき、食感にこだわる人や料理好きな人におすすめです。アウトドアでも使う場合は重さを確認しておくといいでしょう。

電気式は失敗が少ないので手軽に使えるので、自宅で日常的にホットサンドメーカーを使いたい人におすすめです。交換プレートが充実しているタイプを選ぶと、ホットサンド以外の料理やお菓子も作れて便利です。

直火式・電気式の専門家のポイントを確認しながら、自分の使いたいシーンやタイプに合うホットサンドメーカーを選んでみましょう。

TOP