エンジニアにおすすめの派遣会社7選|就職支援のプロが選び方を解説

MV

一般社団法人 日本人材派遣協会によると、2020年1〜3月の派遣社員数は約143万人。そのうちエンジニアなどの専門的な技術者が占める割合は派遣社員全体の8.5%と、全体で4位のボリュームとなっています。

エンジニアにとって、派遣という働き方は珍しくない時代。そこで本記事では、派遣という働き方を検討しているエンジニアに向けて、エンジニア就職の専門家である片山良平さんに、 派遣社員として働くメリット・デメリット、派遣会社の選び方を伺いました。

※なお、派遣という働き方に似た形態として、SES契約(システムエンジニアリングサービス契約)による客先常駐もありますが、今回は登録型派遣・常用型派遣についてお伺いしました。

片山さんプロフ

paiza株式会社 代表取締役社長

片山良平さん

インターネット黎明(れいめい)期より100を超える企業のWebデザイン、システム開発などに携わる。ITエンジニアなどのキャリアを経て2012年にギノ株式会社(現:paiza株式会社)を創業、代表取締役社長に就任。国内最大級のITエンジニア向け総合求職・学習プラットフォーム「paiza(パイザ)」を運営する。

派遣エンジニアとは? リアルな働き方を解説

まずは派遣エンジニアの基本について知っておきましょう。概要と種類について解説します。

派遣エンジニアとは?

エンジニアとは

派遣エンジニアとは、エンジニアが派遣社員として雇用され、派遣先で業務を行う働き方です。キャリアアップのため、エンジニアデビューのため、育児や介護で就業時間が限られるため、などのさまざまな理由で、派遣社員として働くエンジニアが存在します。

エンジニアの派遣タイプは2種類

派遣エンジニアの種類は、登録型派遣と常用型派遣の2つです。

登録型派遣は、エンジニアが派遣会社と雇用契約を結び一定期間働く働き方です。契約した就業期間が終了すると雇用契約も終了します。

常用型派遣とは、派遣会社の契約社員・正社員として雇用され、あらかじめ決められた期間のみ客先に派遣されて仕事をする働き方です。常用型派遣であれば派遣期間が終了しても雇用契約は続き、次の派遣先が決まるまでの待機期間も給与が発生しますので、収入は安定します。

派遣の種類 雇用契約の形態 求人数
登録型派遣 派遣元と就業期間のみの雇用契約を締結する 一般的な「派遣社員」といえば登録型派遣であり、求人数は多数
常用型派遣 派遣元の契約社員・正社員として雇用される スキルが高い専門職であれば募集されていることもあるが数は少ない

専門家に聞く!

派遣エンジニアとして働くメリット・デメリット

ここから、ITエンジニアの転職や就職、学習支援に特化したサービスを提供する、paiza株式会社の片山良平さんに、ITエンジニアが派遣社員として働くメリットとデメリットについてお話しいただきました。

片山さん2

派遣エンジニアとして働くリアルなメリット

まずは派遣エンジニアとして働くメリットから解説していただきました。

<メリット>

  1. さまざまな案件に参画でき、人間関係もリセットできる
  2. 経験ゼロからエンジニアに挑戦できる可能性がある
  3. 時間に融通を利かせながら働くことができる

1.さまざまな案件に参画でき、人間関係もリセットできる

派遣エンジニアはさまざまな現場に派遣されます。一つの会社に縛られず多くのプロジェクト、案件に参画できる点がメリットです。

正社員は同じ業務に取り組み続けていると、徐々に最前線の現場から離れてマネジメント業務を求められることが多くなります。派遣エンジニアの場合は、その都度どんな仕事を選択するかによって現場で活躍し続けることが可能です。

また正社員として長く同じ会社にいると、人間関係が固定化されやすいですが、派遣であれば案件の変更とともに、人間関係もリセットできますのでフレッシュな気持ちで仕事に取り組めます。

2.経験ゼロからエンジニアに挑戦できる可能性がある

全ての案件を確認しているわけではありませんが、未経験の派遣エンジニアが任せられる仕事はプロダクトのテストやデータ入力、サーバー監視が中心です。こういった案件なら、経験ゼロであっても就業できる可能性があります。

未経験のエンジニアは正社員として雇用されることは難しいですが、派遣社員であれば就業先が決まる可能性が高まりますので、IT業界でさまざまな経験を積むなら、まずは派遣エンジニアからスタートするというのもありだと思います。

3.時間に融通を利かせながら働くことができる

育児や介護など何らかの理由でフルタイム労働が難しくなった方でも、就業時間が限定される働き方である派遣社員であれば働き続けやすいでしょう。

「何らかの理由でフルタイムで働くのが難しいが、ITエンジニアとして働き続けたい」と考える方にとって、派遣という形は選択肢の一つとしてよいのではないかと思います。

片山さん5

派遣エンジニアとして働くデメリットは?

次に派遣エンジニアとして働くデメリットも伺いました。

<デメリット>

  1. プロジェクトの全体像が見えにくい
  2. 一つのプロダクトを育てる経験が得にくい
  3. (登録型派遣の場合)無収入になるリスクがある

1.プロジェクトの全体像が見えにくい

エンジニアが派遣として働くデメリットは、プロジェクトの全体像が見えにくい点です。

プロジェクトの経緯やお客さまとの関係性がよくわからないまま、開発に携わらなければならないケースだと、業務が推進しにくいと思います。正社員なら、企画工程からプロジェクトに関われますからね。

2.一つのプロダクトを育てる経験が得にくい

一つのプロダクトをじっくり育てるという働き方がしにくい点も、デメリットだと感じます。近年は社内エンジニアによる「自社サービス開発」がトレンドになっていることもあり、正社員の人気が高まっている印象です。

自社サービス開発のエンジニアは高いレベルのスキルを求められるため、未経験からいきなり就業することは困難です。未経験から自社サービス開発のエンジニアを目指すのであれば、まずは派遣エンジニアとして就業し経験を積む、というのもキャリア戦略の一つとしてあるのではないかと思います。

3.(登録型派遣の場合)無収入になるリスクがある

登録型派遣のエンジニアは、次の派遣先が見つかるまでは無収入になってしまうリスクがあります。いつ派遣契約が終了してもいいように、金銭面の準備などをしておく必要があります。

専門家直伝

エンジニア派遣会社の選び方

では、エンジニアが派遣会社を選ぶときに気をつけるポイントは何でしょうか。片山さんに伺いました。

求人数が多くフォロー体制が整っている大手派遣会社がよい

片山さん1

ITエンジニア専門の派遣会社は、求人数が多い大手であれば比較的安心かと思います。多数の案件を一ヵ所で比べられた方が、よりよい派遣先に出会いやすくなるからです。

また大手の派遣会社は担当者によるフォローがしっかりしていることが多いです。派遣会社の担当者がフォローしてくれなければ、フリーランスと変わりませんから、担当者のフォロー体制は重視すべきです。

派遣会社の担当者だけでなく会社自体にも、気軽に相談できる体制が構築されているとなおよいですね。

正社員・フリーランスにコンバート可能な派遣会社もある

派遣としてエンジニアが働く場合は、中長期的なキャリア形成が心配な方もいらっしゃるかと思います。
派遣会社の中には、紹介予定派遣のように一定期間派遣社員として働いた後、正社員に登用される派遣方式を取り扱っているところが多くあります。また派遣先の希望があれば、就業期間にかかわらず契約を更改して正社員にコンバートできる派遣会社もありますね。

他に、フリーランスの案件紹介を行っている派遣会社もありますので、ゆくゆくはフリーで働きたいと考えている方は、そういったサービスのある会社を選んでもよいでしょう。

教育体制が構築されていれば◎

片山さん4

働きながらスキルアップを目指している方は、教育体制が整っている派遣会社をおすすめします。大手派遣会社の中には、登録者向けにスキルアップ教材を用意している会社もあります。

paizaはWeb上でeラーニングシステムを提供しているのですが、当社のシステムを取り入れている派遣会社さんもあるんですよ。多くの登録者さまがスキルアップのためのトレーニングに励んでくださっています。

エンジニアは常に向上し続けることが求められる職種ですので、このような教育体制が整っている会社であれば心強いですね。

案件多数!

おすすめエンジニア派遣会社7選

専門家の片山さんに伺ったエンジニア派遣会社の選び方のポイントをもとに、your SELECT.編集部がおすすめの派遣会社をピックアップしました。

案件が多く、サポート体制が充実していて、教育体制も構築されている派遣会社を選んでありますので、派遣会社選びの参考にしてください。

派遣会社名 ロゴ 公開求人数 サポート体制 教育体制
エンジニアガイド エンジニアガイドロゴ 2万3821件 キャリアカウンセラーによるアドバイスを受けられる eラーニング/通信講座
パーソルテクノロジースタッフ パーソルTSロゴ 3177件 職種ごとにキャリアアドバイザーが在籍 資格取得インセンティブ制度/eラーニング/オープンカレッジ
パソナテック パソナテックロゴ 838件 専門コーディネーターによるキャリアコンサルティング オンライントレーニング制度/資格取得支援制度
Modis modisロゴ 5447件 専任担当者による定期的なフォローあり 年に4回開催されるキャリア開発イベントでスキルアップ
リクルートスタッフィング リクルートスタッフィングロゴ 1225件 経験豊富なキャリアコンサルタントに相談可能 eラーニング/各種セミナー/資格試験の団体割引
マイナビスタッフ マイナビスタッフロゴ 1678件 キャリアアドバイザーによるサポートを受けられる 入職時研修/年次研修
JOBNET JOBNETロゴ 1040件 専任のラーナビリティサポーターが研修プログラムを作成してくれる eラーニング/提携スクールでのスキルアップ/セミナー/スキルチェックテスト

※求人数は2021年8月5日現在

案件多数&きめ細かなアフターサービスが魅力エンジニアガイド

エンジニアガイド

出典:https://www.engineersguide.jp/

対応エリア 全国
公開求人数 2万3821件
サポート体制 キャリアカウンセラーによるアドバイスを受けられる
教育体制 eラーニング/通信講座
職種 システムエンジニア/プログラマー/サーバー・ネットワークエンジニア/システム運用管理・保守/WEBデザイナー・WEBディレクター/ヘルプデスク/ITアシスタント/テスト・評価
運営会社 株式会社スタッフサービス・エンジニアリング事業本部
公式サイトへ

おすすめポイント

  • 就業中のサポート体制が充実
  • eラーニング、通信講座完備
  • キャリアカウンセラーによるアドバイスを受けられる

エンジニアガイドは、株式会社スタッフサービス・エンジニアリング事業本部が運営するエンジニアの派遣に特化したサイトおよび派遣サービスです。同社は2021年3月現在で1万1194人のエンジニアを有している「エンジニア派遣業界の雄」です。

大手ならではのアフターサービスが魅力。定期的に担当者が派遣先を訪れてくれますので、困ったことはすぐに相談できます。派遣先での就業中にはエンジニア専用のポータルサイトを活用可能。連絡掲示板に勤怠管理システム、エンジニアの用語集などの機能が満載です。

eラーニング、通信教育講座も完備していますので、高い向学心をもつエンジニアに適しているといえます。キャリアカウンセラーによる、キャリア設計や自己学習についてのアドバイスも受けられるので、「派遣のその先」を考えたい方におすすめです。

使いやすいインターフェース&スキルアップ支援パーソルテクノロジースタッフ

出典:https://persol-tech-s.co.jp/

対応エリア 関東/東海/関西
公開求人数 3177件
サポート体制 職種ごとにキャリアアドバイザーが在籍
教育体制 資格取得インセンティブ制度/eラーニング/オープンカレッジ
職種 システムエンジニア・プログラマ・開発エンジニア/ネットワーク・サーバーエンジニア/セキュリティエンジニア/PMO・SEアシスタント/テストエンジニア/ヘルプデスク・テクニカルサポート・OAインストラクター/FAE・セールスエンジニア・プリセールス
運営会社 パーソルテクノロジースタッフ株式会社
公式サイトへ

おすすめポイント

  • スキルアップを重視するエンジニア専門派遣会社
  • 使いやすい検索画面
  • 職種ごとにキャリアアドバイザーが在籍

パーソルテクノロジースタッフは大手人材グループ・パーソルホールディングス傘下の、エンジニアに特化した派遣会社です。

パーソルテクノロジースタッフの魅力は、使いやすいインターフェースの検索画面と充実したスキルアップ支援。最小限の画面移動で希望する勤務地と職種を絞り込めるので、手が空いているときに気軽に職探しができます。

またエンジニアのスキルと時給は直結するとして、登録者のスキルアップ支援に積極的。就業中であれば、無料で公開講座やeラーニングを受講できます。登録するだけで資格取得のための提携校も案内してもらえるなど、エンジニアに寄り添う派遣会社です。

Webクリエイター専任、アプリエンジニア専任、インフラ専任など職種に分かれたキャリアアドバイザーが在籍していますので、よりご自身の立場に近しいアドバイサーの助言を受けることができます。

派遣も派遣以外も!キャリアを見直したい方にパソナテック

出典:https://www.pasonatech.co.jp/service/

対応エリア 北海道/関東/東海/関西/九州
公開求人数 838件
サポート体制 専門コーディネーターによるキャリアコンサルティング
教育体制 オンライントレーニング制度/資格取得支援制度
職種 システム開発/ヘルプデスク・システム運用/データベース/サーバー・ネットワーク/UI・IAデザイン/ソフトウェア制御/機能・論理設計・コーディング
運営会社 株式会社パソナテック
公式サイトへ

おすすめポイント

  • 派遣だけでなく、契約社員、正社員、フリーランスの求人も多数
  • 求人数は2021年8月現在838件
  • eラーニングなどスキルアップメニューが豊富

パソナテックは人材派遣大手パソナグループの、エンジニアの派遣に特化した派遣会社です。パソナテックの特徴は、派遣だけでなく契約社員や正社員、フリーランスの求人も多数登録されていること。「派遣と正社員で迷っている」という方は、一度パソナテックに登録して案件を検索してみるとよいでしょう。

スキルアップメニューも豊富で、就業中の方はeラーニングを無料で受講できます。登録するだけで無料で受講できるオフラインセミナーも開催されていますので、スキルアップ重視派におすすめできます。

アデコ社員として常用型派遣も可能Modis

出典:https://www.modis.jp/

対応エリア 全国
公開求人数 5447件
サポート体制 専任担当者による定期的なフォローあり
教育体制 年に4回開催されるキャリア開発イベントでスキルアップ
職種 システムコンサルタント・プロジェクトマネジメント/システムエンジニア/プログラマ/テスト・評価・QA/インフラエンジニア/運用管理・保守/ユーザーサポート・ヘルプデスク/ITインストラクター/情報セキュリティエンジニア/データアナリスト
運営会社 アデコ株式会社
公式サイトへ

おすすめポイント

  • 年に4回開催されるキャリア開発イベントでスキルアップ
  • 世界20ヵ国以上で、IT・エンジニアリング領域の派遣実績あり
  • 常用型派遣もあり!

Modisは人材派遣のアデコが運営するエンジニア派遣に特化したサイト・派遣サービス。日本のみならず世界20ヵ国以上で約3万人のエンジニアを派遣しています。Modisの特徴はきめ細かな教育メニューと、全世界に広がるネットワーク

さらに特筆すべき点はアデコ株式会社の社員として雇用され、派遣先で就業する常用型派遣も選べる点です。「派遣社員としてさまざまな現場を経験したいけれど、雇用形態の不安定さがネック」という方におすすめできます。

その他、通常の登録型派遣や紹介予定派遣など、バリエーション豊かな派遣の形態を選択できる点も魅力です。

安心のリクルートグループリクルートスタッフィング

出典:https://www.r-staffing.co.jp/

対応エリア 全国
公開求人数 1225件
サポート体制 経験豊富なキャリアコンサルタントに相談可能
教育体制 eラーニング/各種セミナー/資格試験の団体割引
職種 開発エンジニア/テスター・品質管理・QAエンジニア/サーバーエンジニア/ネットワークエンジニア/セールスエンジニア/PMO・SEアシスタント
運営会社 株式会社リクルートスタッフィング
公式サイトへ

おすすめポイント

  • 教育プログラムが多彩
  • 大手だから安心
  • 求人サイトの情報量が多い

リクルートスタッフィングは、リクルートグループの派遣サービスに特化した派遣求人会社。ITスタッフィングというITエンジニアに特化したサイトが存在しましたが、現在はリクルートスタッフィングに合併する形で運営されています。

リクルートスタッフィングは、求人数こそ多くはないものの大手ならではの教育メニューが魅力的。eラーニングにOAセミナー、資格取得支援などの多彩な教育プログラムや、キャリア相談などの支援体制が用意されています。リクルートスタッフィングのコンテンツも充実しており、登録してサイトを一読するだけで派遣という働き方の基本が理解できるでしょう。

案件数は他のサイトと比較すると少なめですが、教育メニューや情報量の多さは他の派遣サイトよりも頭一つ抜けていますので、まずは登録しておくとよいでしょう。

転職支援サービスもあるから人生の選択肢が広がるマイナビスタッフ

出典:https://staff.mynavi.jp/

対応エリア 全国
公開求人数 1678件
サポート体制 キャリアアドバイザーによるサポートを受けられる
教育体制 入職時研修/年次研修
職種 システムエンジニア/プロダクトマネジャー/プログラマー/プロジェクトリーダー/ネットワーク設計・構築/ネットワーク運用・監視/サーバー・マシン運用・監視
運営会社 株式会社マイナビワークス
公式サイトへ

おすすめポイント

  • 歴史と実績のある大手・マイナビグループ
  • 派遣も転職支援も対応可能
  • 派遣エンジニアからのキャリアパスが豊富

マイナビスタッフは、求人サイトで有名なマイナビグループが運営する派遣特化型求人サイト・派遣サービスです。ITエンジニア専門サイトではないものの、一定数のITエンジニアの求人が掲載されています。

マイナビスタッフの特徴は、派遣だけでなく転職支援サービスも提供している点です。派遣社員として働いてキャリアを構築した後、正社員になりたいという方は、シームレスでマイナビスタッフのサポートを受けながら転職活動が可能。

派遣社員と正社員、どちらにしようか悩んでいる方にもおすすめできます。

エンジニア教育サービスが充実JOBNET

出典:https://www.manpowerjobnet.com/

対応エリア 全国
公開求人数 1040件
サポート体制 専任のラーナビリティサポーターが研修プログラムを作成してくれる
教育体制 eラーニング/提携スクールでのスキルアップ/セミナー/スキルチェックテスト
職種 ネットワークエンジニア/サーバーエンジニア/セールスエンジニア/テスト・評価/システム開発/OAインストラクション
運営会社 マンパワーグループ株式会社
公式サイトへ

おすすめポイント

  • 世界75ヵ国、地域に2200のオフィスをもつマンパワーグループの日本法人
  • 派遣スタッフ満足度調査ナンバー1(『月刊人材ビジネス』実施)

マンパワーグループが運営するJOBNETは、月刊人材ビジネス第35回派遣スタッフ満足度調査で「今後もこの派遣会社のスタッフとして仕事がしたい部門」を含む7部門で1位を獲得しています。派遣として心地よく快適に働きたい方におすすめです。

エンジニアにとってうれしいポイントは、独自の教育プログラムが用意されていること。自宅にいながら、最先端のIT技術を学べます。また登録時のスキルチェックテストも用意されていますので、ご自身のレベルにふさわしい派遣先を選べます。

エンジニア派遣の不安はここで解消! Q&A

片山さん3

最後にエンジニア派遣に関するよくある質問や不安について、片山さんにご回答いただきました。

経験が少ないけれど派遣先は見つかる?

IT業界は人材不足の状態が続いていますので、派遣社員であれば未経験であっても十分に派遣先は見つかるでしょう。ただし「何もできないから教えてほしい」という姿勢では、エンジニア業界では独り立ちが難しいので、常に自分で情報を取りに行く姿勢が大切です。

履歴書・職務経歴書を書くにあたって気をつけることは?

一般的な職種と同様の点に注意すれば問題ありません。顔写真の撮影方法や履歴書の書き方などのノウハウは、インターネット上にも多く出回っていますので確認しておきましょう。

エンジニアだからこそ注意すべき点は、技術的な部分の知見です。例えば「開発ができます」とアピールしているのに、扱えるのが「HTMLだけ」では開発ができるとはいえません。これに限らず、エンジニアとしての基礎知識を学んだうえで、履歴書や職務経歴書を書くべきです。

どういう人材が派遣社員として求められますか?

派遣社員か否かを問わず、エンジニアには向学心や自走力が求められます。自分でインプット・アウトプットができる人材でなければ、引き合いは少ないと思います。本業で開発をしながら、勉強と趣味を兼ねて自主的にアプリの開発を行っているエンジニアも多数いますよ。

ご自身の経験が少ないのであれば、そういった形で自主制作したプロダクトを用意しておくと印象が変わります。

まとめ

多彩な職場で、さまざまなプロジェクトに関わることができる派遣エンジニアという働き方。エンジニアの経験が浅い方、諸事情により働く時間が制限される方、さまざまなプロジェクトに参画したい方にとっては、多くのメリットがある働き方といえます。

派遣エンジニアを検討している方は、ご自身のやりたいこととできることをしっかりと見据えたうえで、サポート&教育体制が整っている派遣会社に登録し、新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

TOP